けん さむ 熊本。 けんさむさん!!けんさむさんって何者ですか・・・?

《熊本市・県北・県央》熊本No.1ブロガー・けんさむが見つけた「最高の5皿」を教えて!

けん さむ 熊本

096-355-8787/熊本市西区二本木5-3-6) 「訪れた店は必ず繁盛するらしい」。 まことしやかに囁かれるウワサの人物。 幸運の女神か、はたまた座敷童か! ?……その答えは、月間75万PVという驚異の記録を誇るブロガー・けんさむだ(ちなみに熊本市の人口は約74万人)。 熊本中の美味しいお店、ユニークなお店を訪ね歩き、遂には情報番組にも進出を果たした彼のブログは、どうやって生みだされているのだろうか? 超人気ブログの舞台裏に迫ってみた。 「まじ美味いやばいブリリアン」「熊本ハンバーグランキング暫定1位に躍り出ました」といったパワーワードに加え、軽妙なリズムで綴られる文章。 臨場感あふれる写真。 そして、ほぼ2日に1本更新という情報鮮度の高さ! 圧倒的なコンテンツ力で瞬く間に熊本のNo. 1ブログへと上り詰めた「けんさむの熊本紹介」。 話を聞いてみると、実は県外の出身、正直に書きたいから取材は自腹、本業はサラリーマンでブログは趣味……興味深すぎる実像が見えてきた。 ブログにもたびたび登場するけんさむさんは福岡県出身。 移住当初は熊本の珍スポットや面白ネタを綴るブログを書こうと考えていたのだとか。 「関西から引っ越してきたんですけど、 熊本の情報、少なくない?と思って。 ないなら自分が書いちゃおうと思ったんですよねぇ」。 柔和な笑顔と口調は、まさにブログの文体そのまま。 月に15〜20本ほどアップしている記事は、なんと週末にまとめて取材し、出勤前の早朝に書き上げているという。 「土日は1日3〜4件、取材のハシゴです。 協力してくれる家族には感謝しかないですね」と軽やかに笑うが、ちょっと趣味としては信じられない熱意と行動力だ。 「熊本には魅力的なお店がいっぱいあるから、行かずにいられないんです」と語る取材先は、最近は読者からの推薦も多いらしい。 が、訪れる前に必ず下調べをするのも、けんさむ流。 「これだけの量を書き続けていると、下調べの時点でわかるようになってきました。 あぁ、愛されてるな〜と口コミから伝わるお店は、やっぱり実際に行ってみても最高なんですよ!」。 今回ご紹介してくれた5店舗も、けんさむさんが「ブラボー!」と叫ばずにいられないベストofベスト。 ぜひ実際に訪れて感動してほしい。 人気ブロガー・けんさむの記憶に残るひと皿はどこだ!? パントマイムの「ジャンボスペシャル」.

次の

けんさむさん!!けんさむさんって何者ですか・・・?

けん さむ 熊本

096-355-8787/熊本市西区二本木5-3-6) 「訪れた店は必ず繁盛するらしい」。 まことしやかに囁かれるウワサの人物。 幸運の女神か、はたまた座敷童か! ?……その答えは、月間75万PVという驚異の記録を誇るブロガー・けんさむだ(ちなみに熊本市の人口は約74万人)。 熊本中の美味しいお店、ユニークなお店を訪ね歩き、遂には情報番組にも進出を果たした彼のブログは、どうやって生みだされているのだろうか? 超人気ブログの舞台裏に迫ってみた。 「まじ美味いやばいブリリアン」「熊本ハンバーグランキング暫定1位に躍り出ました」といったパワーワードに加え、軽妙なリズムで綴られる文章。 臨場感あふれる写真。 そして、ほぼ2日に1本更新という情報鮮度の高さ! 圧倒的なコンテンツ力で瞬く間に熊本のNo. 1ブログへと上り詰めた「けんさむの熊本紹介」。 話を聞いてみると、実は県外の出身、正直に書きたいから取材は自腹、本業はサラリーマンでブログは趣味……興味深すぎる実像が見えてきた。 ブログにもたびたび登場するけんさむさんは福岡県出身。 移住当初は熊本の珍スポットや面白ネタを綴るブログを書こうと考えていたのだとか。 「関西から引っ越してきたんですけど、 熊本の情報、少なくない?と思って。 ないなら自分が書いちゃおうと思ったんですよねぇ」。 柔和な笑顔と口調は、まさにブログの文体そのまま。 月に15〜20本ほどアップしている記事は、なんと週末にまとめて取材し、出勤前の早朝に書き上げているという。 「土日は1日3〜4件、取材のハシゴです。 協力してくれる家族には感謝しかないですね」と軽やかに笑うが、ちょっと趣味としては信じられない熱意と行動力だ。 「熊本には魅力的なお店がいっぱいあるから、行かずにいられないんです」と語る取材先は、最近は読者からの推薦も多いらしい。 が、訪れる前に必ず下調べをするのも、けんさむ流。 「これだけの量を書き続けていると、下調べの時点でわかるようになってきました。 あぁ、愛されてるな〜と口コミから伝わるお店は、やっぱり実際に行ってみても最高なんですよ!」。 今回ご紹介してくれた5店舗も、けんさむさんが「ブラボー!」と叫ばずにいられないベストofベスト。 ぜひ実際に訪れて感動してほしい。 人気ブロガー・けんさむの記憶に残るひと皿はどこだ!? パントマイムの「ジャンボスペシャル」.

次の

SVASTI(スワスティ)

けん さむ 熊本

だし日本一のまち、天草牛深。 豊かな海に囲まれた、熊本県天草市牛深町。 熊本県内でも有数の海水浴場があることでも有名なまちです。 海に囲まれた小さな漁師町の牛深では 毎朝新鮮なお魚が毎朝港に水揚げされます。 鮮魚だけが特産と思われがちですが実は日本の食文化を支える食材があるんです。 地元の人にも多く知られていませんが、 業務用で多く利用されている「だし」の原材料となる 「雑節」の生産が日本一。 誰もが知っている即席うどんのスープや TVCMが印象的な大手うどんチェーン 家庭で使われている「めんつゆ」、コンビニのおでんのだしにも 「牛深の雑節」が使われています。 そんな「雑節・だし」や「天草牛深」の魅力を伝えるイベントが開催されるんです! だしサミットPR動画 だしサミットのPR動画をご紹介。 牛深の風景や、だしの原材料となる雑節の加工の様子などぎゅっと詰まった動画です。 牛深だしサミットイメージビデオ 牛深で情景を描写してるだけ!? イベントPRソング だしサミット・牛深魚市場感謝祭ここがポイント! だしサミット/天草牛深うまみ体感マルシェ ポイント• だしをつかったご当地グルメが楽しめる• 牛深の特産物がぎゅっと集合!• だし食材の詰め放題や量り売り! お得に購入!!• だしの削り・だし取り・飲み比べが体験できる• お子さんも一緒にたのしい! 【注】2020年のイベントは終了しました。 天草漁協牛深総合支所 魚市場感謝祭 ポイント• お魚のプロの生き〆やさばき方を見れる!• きびなごのあおさ汁が【無料】でふるまわれる• 天草全域でとれたお魚 が一同に集結! お得に楽しめる!• 鮮魚の競体験では、実際に 自分の言い値でお魚を競り落とせる!! 【注】2020年のイベントは終了しました。 熊本・鹿児島・長崎どこからでも楽しめる!? 天草牛深〜鹿児島間を結ぶ三和フェリー 天草は鹿児島県や長崎県とも船でつながっているので、 県外の方からも楽しめる地域です。 熊本・鹿児島・長崎の(タッキューおなじみの)ブロガーさんにもイベントの魅力・お越しの地域に応じた楽しみ方を伝えてもらっているのでその記事ぜひご覧ください〜。 熊本県/けんさむさん 熊本市内から牛深まで、車で約3時間。 同じ県にありながらも少し遠いまち牛深。 そんな牛深のまちを人気グルメブロガーけんさむさんが実際に訪れ、イベントや「牛深」の楽しみ方をレポート! 記事ではけんさむさんが「こんな場所があったなんて知らなかった!」と思わず感動した周辺の観光・グルメスポットも詳しく紹介。 さらに、イベントで体験できる雑節けずりや車海老のつかみ取りにもチャレンジしてもらいました! 長崎県/猫町さん 長崎でファンが多いブロガーの猫町さんがイベントの魅力をご紹介。 実は長崎と天草って船でつながってるんです。 車ごとフェリーで移動できちゃうので前入りで宿泊がおすすめです。 「味噌汁がうまい店はだいたいなんでもうまい。 」と断言する猫町さん。 だし美味しさを お子さんも一緒に楽しめる体験型のイベントとして紹介。 詳しい情報はブログでぜひチェックしてください! 鹿児島県/かざりさん 鹿児島から牛深町は船で約30分で移動できるんです。 鹿児島のブロガーかざりさんが、鹿児島からの楽しみ方をご紹介。 「長距離運転が苦手なんだよ〜」という人にオススメな阿久根で一泊のルートや、熊本市内を経由して楽しむルートは必見です。 熊本からお越しの方も、鹿児島を経由して帰るのはおすすめですよ。 【注】2020年のイベントは終了しました。 詳しい情報は特設サイトへ イベントの詳細は、特設サイトでご確認ください。 イベントだけではなく、周りの地域もぜひお楽しみください〜! 【注】2020年のイベントは終了しました。 なんと、1万人の皆さんにご来場いただいたそうです。 (ちなみに天草市牛深町の人口は約1.6万人だそうです。 ) 実際の様子をご紹介します! 会場にはたくさんの大漁旗!! 会場に飾られた大漁旗は実際の漁師さんから提供していただいたものです。 九州でも有数の市場の広さを誇る牛深魚市場。 流石の迫力です。 くまモン登場前の会場の様子。 こんなにぎゅうぎゅうに人が集まったことに運営のみなさん喜んでいらっしゃいました。 うまみ体験ワークショップ いろんな種類の雑節がずらり。 こんなに種類があるんですね…ここまで並ぶと圧巻。 かつおだしは割と馴染みがあるのですが、「いわしだし」や「さばだし」の飲み比べもできました。 このだしを混ぜて行って味の変化を体感できました。 こんな風に実際にだしが取られているところを見ると本当に使われているんだな〜と思いました! だしに節が使われている上にさらに鰹節をトッピングされたうどん… うまみと甘みが最高でした! 牛深市場感謝祭 写真は、ヒラメの模擬競りの様子。 日扇貝と車海老、写真には写っていませんがアワビの海鮮BBQ。 とっても美味しいのにこんな値段!?という価格で販売されていて、長蛇の列でした。 おまけ 会場でタッキューとのコラボ動画が流れていたのですが、なぜか子供達に人気だったそう。 「車がとおる〜」「だしサミット〜」のフレーズを口ずさんでしまう方もいたとか…。

次の