便秘 で 胃 が 痛い。 便秘でみぞおちに違和感や痛みがあるのは!?原因と対策法!

胃の痛みや不快は機能性胃腸症、便秘や下痢、下腹部の張りなどは過敏性腸炎が大部分の原因であることをご存じですか?|内視鏡医師のなんでも相談室|福岡天神内視鏡クリニック

便秘 で 胃 が 痛い

最近、という人は必見です。 胃の痛みは急に痛くなる事が多く、だらだらと痛かったり、我慢できないほどの痛みだったりと症状は様々です。 ここでは胃が痛い原因と対処法を見ていきます。 胃が痛いときの考えられる原因と症状とは 胃が痛いときには、その症状に応じて原因があります。 忙しいとき、大きな悩みやストレスがあるとき、空腹時、逆に食後にも胃が痛くなることがあります。 胃が痛くなる原因とは何でしょうか。 以下に考えられる原因を挙げてみましょう。 過度なストレスが原因の場合 胃が痛いときの大きな原因として挙げられるのが、ストレスだとされています。 過度な精神的ストレスが胃に悪影響を与えます。 仕事の忙しさや労働環境、住居環境などライフスタイルの様々な場面でのストレスが大きくなると、私たちの自律神経はすぐに乱れてしまいます。 自律神経は胃酸の分泌や胃の動きを制御しており、自律神経が乱れることで胃酸が必要以上に分泌され、胃粘膜を守るしくみとのバランスが崩れ、胃の粘膜が傷つくといったことが起こります。 最近、胃が痛いことが増えたなと感じるようであれば、今一度環境を見直しストレスが過度にかかっていなかったか振り返ることが大事です。 自分でも心身を休めるように努めて、労わってあげましょう。 神経性胃炎、過敏性腸症候群の場合 神経性胃炎・過敏性腸症候群はいずれもストレスに大きく関係する病気ですが、これらがある場合、胃痛に加えて下痢・便秘も併発することがあります。 過食気味、食べ過ぎが原因の場合 これは、先のストレスに大きく関わりがありますが、人はストレスなどの精神的負荷がかかると飲食でストレスを発散しようとしてしまいます。 忙しさとストレスで、食べられるときに思い切り食べ、飲めるときに思い切り飲むといったように暴飲暴食をしてしまいがちです。 仕事が忙しいと、夕食の時間も遅い時間になりがちで体への負担は非常に大きくなってしまいます。 また、アルコール・タバコなど刺激物も痛みの原因となります。 コーヒーやお酒、香辛料や熱い食べ物、極端に冷たい食べ物などは極力控えるようにしましょう。 なるべく飲食でのストレス解消を避け、自分なりの健康的なストレスの発散方法を見つけることが重要です。 空腹が原因の場合 空腹が原因で胃が痛いという場合には胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍などが考えられます。 胃は胃酸から粘膜を守る仕組みがありますが、十二指腸にはそのような仕組みが手薄で、胃よりも酸に弱いと言われており、過分に分泌された胃酸によって粘膜が傷ついてしまいます。 急性胃腸炎 胃の痛みに加え、水のような下痢、止まらない嘔吐、発熱など付随症状が激しい場合、急性胃腸炎が挙げられます。 ノロウイルスやロタウイルスといったウイルス性の胃腸炎が有名です。 風邪症状を伴うこともあり、「お腹の風邪」などと呼ばれることもあります。 胃がん 一般的にはがんは痛みが乏しいですが、胃の痛みに加えて胃のむかつき、吐き気、嘔吐、食欲低下、体重減少、全身の倦怠感、吐血といった症状があると胃がんを疑う場合があります。 ピロリ菌という細菌感染があり慢性的な胃炎があると胃がんの発生率が上がると言われています。 胃潰瘍 胃潰瘍の痛みは強いズキズキとした痛みがみぞおちの辺りに起こります。 食事前後にこのような痛みが現れる場合は胃潰瘍の可能性が考えられます。 原因としては、ピロリ菌感染に加え、非ステロイド性消炎鎮痛剤、ステロイド薬などといった薬物が胃の粘膜を傷付け、胃が溶かされることが原因とされます。 胆のう・胆道・膵臓の病気 胃以外にもみぞおちのあたりにある臓器として、胆のう・胆道・膵臓などがあります。 胆のうの中にいつの間にか胆石ができていて、それが何かのきっかけで移動し、狭い胆道に詰まると、胆汁の流れが妨げられ、胆道の筋肉がけいれんして強い痛みが起こります。 放置すると高熱、黄疸が起こります。 脂っこいものを食べた後に、みぞおちから右わき腹に強い痛みがある場合に胆石発作を疑います。 また、膵臓に炎症や何らかの問題があると、みぞおちから背中にかけて痛みが起こります。 心臓の病気 狭心症や心筋梗塞といった心臓の病気が、胸ではなくみぞおちの痛みとして自覚される場合もあります。 胃が痛いときは無理をせず専門医療機関の受診を 軽い胃の痛み、またいつもの痛みなどといって放っておかず、無理をせずに専門の医療機関を受診しましょう。 胃が痛いときの対処法とセルフケア 上記のように、胃が痛い原因は様々です。 胃が痛いときに、とにかくすぐに出来る対処法を挙げてみましょう。 静かに横になって寝る 環境的に可能な限り、横になって安静にして胃が痛いのが和らぐのを待ちましょう。 食後の場合、胃の出口がある右を下にして休むと、胃の中身の流出を促すことができます。 ゆったりとリラックスを心がけることが大切です。 温かい飲み物を飲む 油っこい食事や刺激物を控えて、温かい飲み物を飲むようにしましょう。 白湯やホットミルクが良いでしょう。 軽いストレッチと深い深呼吸をする ゆったりとリラックス状態を心がけて、優しく体をストレッチすることと深呼吸することをおすすめします。 痛みが和らぐかどうか、様子を見ながら行ってみてください。 胃が痛いときの薬の服用はどうすればよい? 胃が痛い症状のなかでも、食べ過ぎ、飲みすぎの場合には胃腸薬が効くことが多いです。 胃腸薬のなかでも、総合胃腸薬などといったものはいずれの胃痛にも効果的とされています。 しかし、胃が痛い原因の特定が必要ですので、いつまでも市販薬に頼るのではなく、早めに専門医療機関の受診をおすすめします。 胃が痛くなる前にしておきたいこと 胃痛の大きな原因である「ストレス」を極力なくすことが重要です。 ストレス原因を遠ざけることが自分の身を守ることにつながります。 環境を変える、気分転換を工夫するなど、自分に合ったストレス発散法を見出しましょう。 どういった時間を過ごせば自分がリラックスできるか把握しておくことはとても重要です。 バランスの取れた食事と良質の睡眠、適度な運動といった、健康的な規則正しい生活スタイルを心がけましょう。 生の大根に含まれるジアスターゼ、生のキャベツに含まれるビタミンUなど、消化を助ける酵素が含まれる食品をうまく取り入れましょう。 最後に医師から一言 胃が痛いときはセルフケアを行うこと、そして早めに消化器内科など医療機関を受診するように心がけましょう。 監修:Doctors Me 医師• 今井 さいこ 私は「心の健康を保つためには、『I love you』より『I love me』を大切にしましょう」とクライエント様に発信し続けています。 自分を大切にできない人は周りも大切にすることはできない、と考えているからです。 悩みを抱える方がこのことに気づけば、自分自身で問題を解決していく力を持っています。 変えられない環境に振り回されるのではなく、どんな環境にいても「あなた」でいられる軸を一緒に見つけるお手伝いをいたします。 また、悩みを抱える多くの方が「眠れない」悩みも抱えていることに気づき、睡眠指導者の資格を取得しました。 睡眠習慣についてのお悩みもお伺いいたします。 「こんな悩み、相談してもいいのかな」と思わず、どんな悩みでもご相談ください。 妊活、不妊治療、産前産後うつ、夫婦間コミュニケーション、親子間コミュニケーション、対人コミュニケーション、依存症、... 斉藤 恵一 企業や商品・製品には様々なブランドがありように、これからの時代は個人にもブランドが求められる時代です。 あなたにとって、自分ならではの強みや価値は何ですか?「パーソナルブランド」を築くことを通じて、より活き活きと自分らしく、輝くことができると考えています。 誰もが持つ「可能性」を最大限に引き出すための 「知識」、「技術」、「マインド」を磨き、セルフマネジメントすることで誰もが「なりたい自分」を手に入れ、夢の実現を引き寄せることができるのです。 世間のモノサシに依存するのではなく、自分のモノサシを持ち、セルフイメージを上げて自分の可能性を信じ行動することこそが夢を叶えるために大切なことです。 メンタルトレーニング、コミュニケーションスキル、パーソナルマネジメント、人材育成、対人関係.

次の

「ご飯を食べると胃が痛い…」考えられる原因と解消法を徹底解明!

便秘 で 胃 が 痛い

胃が痛くてみぞおちなども気持ち悪い原因には何がある? 胃の痛みや胃の不快感の原因にはどんなことが考えられるのでしょうか? 胃というのは位置的には左右の肋骨のちょうど真ん中あたりの「みぞおち」の部分にあり、胃痛ではその付近の痛みがあります。 胃の痛みの原因としては、• ストレス• 過労や寝不足• 刺激物の摂りすぎ• 痛み止めなどの薬の飲み過ぎ• ピロリ菌の感染症• 便秘 などがあります。 ではそれぞれ説明していきましょう。 ストレス 胃や腸の働きというのは、すべて自律神経によって調整されています。 もし、精神的に強いストレスを受けたら、それが自律神経に伝わり、胃の動きを活発にさせて胃液を多く分泌させます。 またストレスを受けると、胃の血液循環も悪くなり、胃粘膜を保護してくれる粘液の量も少なくなってしまいます。 このように大きなストレスがあると、粘液が少ないため胃が十分保護されていない上に、胃液 胃酸 の分泌が増えてしまって、胃に炎症や胃潰瘍などが起こるのです。 「胃が痛いな」と感じるときには、仕事やプライベートなどでストレスが続いていないか振り返ってみる必要があります。 喫煙 タバコのニコチンは吸って身体に入ってくると、自律神経 交感神経 を刺激して血管を収縮して胃粘膜の血液の循環を悪くさせます。 胃の粘膜にはたくさんの毛細血管があってこの血液循環が悪くなると、胃は機能が低下して抵抗力も無くなってしまいます。 毎日、喫煙することで胃潰瘍などのリスクが高まってきます。 過労や寝不足 寝不足が続いてしまうと、自律神経のバランスが崩れてしまいます。 すると、胃が働きすぎて胃酸が多く分泌されたり、胃酸の濃度が強くなりすぎたりします。 過労も寝不足もストレスになりますので、ストレスが原因となって胃痛が起こるのです。 刺激物の摂りすぎ にんにくや香辛料、唐辛子など刺激の強い食べ物やアルコール濃度の高い飲み物を摂ると胃酸の分泌を促進させて、胃粘膜が炎症を起こして胃痛の原因になります。 暴飲暴食なども同様なので、要注意です。 痛み止めなどの薬の飲みすぎ 頭痛などでよく飲まれている痛み止めなどのお薬や、他にも抗生物質などで、「非ステロイド性抗炎症薬」と言われるお薬があります。 これらのお薬には、胃を保護してくれる物質の分泌を抑制してしまう作用があるのです。 すると、胃酸の出す強い酸の刺激で胃粘膜が炎症を起こしてしまいます。 もし、痛み止めや抗生物質などを飲む際には、なるべく胃薬と一緒に飲むようにしましょう。 ピロリ菌の感染症 ピロリ菌は胃の粘膜に生息している細菌のことです。 胃の中の強い酸があってもずっと除菌しない限りは住み続けることができる細菌です。 ピロリ菌は経口感染と言われていますが、その感染経路は不明です。 ピロリ菌に感染したほとんどの人に胃炎が起こっています。 また胃の不快感などがある時には慢性胃炎や胃潰瘍などを発症していることが多いですが、その場合ピロリ菌に感染していることが多いです。 ピロリ菌に感染した場合、お薬を飲んで除菌治療をしないと胃の中から除去できません。 便秘 便秘で腸の中に便がどんどん溜まってきてしまうと、胃を圧迫してしまうので胃の痛みが起こることがあります。 胃を圧迫することで、胃の不快感なども出てきます。 胃の痛みだけではなく、ひどくなるとお腹のほうも痛くなってきますので、なるべく便通はスムーズにしないといけません。 以上、7つの原因を紹介してきましたが胃の痛みや不快感の原因は様々です。 そして、それぞれの原因の多くはよく見てみると、 胃の健康は自律神経が全て調整しているということがわかります。 ストレスなどなにか不調があると、自律神経のバランスが乱れて胃が正常に働かなくなります。 そうすると、食べたものも消化できず腸への運搬も遅れて、胃の中に長い時間食べ物が留まっているため胃もたれや気持ち悪い感じが出てきます。 胃酸はとても強い酸性の刺激があります。 普段の健康な時の胃は、粘膜を保護してくれる作用もありますので胃酸の刺激には動じません。 しかし、ストレスなどの刺激で胃粘膜を保護してくれる粘液の分泌量が少なくなると、胃は荒れて胃痛や不快感の症状が出てきます。 このように、胃酸分泌、胃粘液分泌など調整をしているのは自律神経のバランスです。 何かの不調があって、そのバランスが乱れてしまうと胃の機能が正常に働かず、胃粘膜を保護する粘液の量も減り、胃炎などの胃の症状につながるということです。 次に、 胃の痛みや不快感がある場合に可能性のある病気について6つほど紹介しておきます。 胃の痛みがある時に疑う病気 胃の痛みや不快感があった場合には、次のような病気にかかっている可能性があります。 簡単にどんな病気なのか説明していきましょう。 慢性胃炎 慢性的に胃の粘膜の炎症が起こっている状態です。 ピロリ菌感染の可能性もありますので、胃の症状が続けば我慢せずに受診しましょう。 胃潰瘍 胃の粘膜がただれて、傷ついた状態です。 ただれた部分から出血したり、更に状態が悪化すると胃の粘膜に穴があいてしまうこともあります。 逆流性食道炎 胃と食道のつなぎ目の付近で胃酸が食道に逆流するため、食道の粘膜が荒れて炎症を起こした状態です。 この逆流性食道炎の場合には、胸焼けや酸っぱいものがこみあげてくる症状が出てきます。 胃がん 胃の粘膜にできるガンです。 胃カメラの際に組織 細胞 を採取して検査すると、どれくらい進行しているガンなのか、そのステージがわかります。 機能性消化管障害 胃の症状である胃痛や胃もたれなどがあるのに、胃カメラなど検査をしても全く異常がみつからない病気です。 命にかかわるような病気ではないにしろ、患者さんには症状があるので苦痛を伴います。 胃もたれや胃痛、胸焼けのような症状が出てきます。 呑気症 どんきしょう 無意識に空気を飲み込んでしまう病気です。 胸焼けやゲップの症状が多いです。 多くはストレスが多い人や精神科的な病気がある うつ病や神経症など 人によく見られます。 これらの病気はほとんどが胃の痛みや不快感などを伴います。 そしてそんな症状は生活の質を落としてしまいます。 あまり我慢せずに、早めに受診することをおすすめします。 胃が痛い原因についてのまとめ 今回は胃が痛い原因などについて説明してきました。 では、まとめてみましょう。

次の

胃が痛い時の対処法や食事などの胃痛の知識…知っておいて損はない!

便秘 で 胃 が 痛い

何故、ご飯を食べると胃が痛いのか 食後にやってくる胃痛。 普段は痛まないのに、何故ご飯を食べると胃が痛いのでしょうか。 キリキリと刺すような痛み、キューッと締め付けられるような痛み… 一口に胃痛と言っても、その原因により痛み方や胃痛と共に出る症状には特徴があります。 ここでは主な胃痛の原因をご紹介します。 自分の症状と照らし合わせて胃痛の原因は何なのか探ってみましょう。 急性胃炎 急性胃炎は胃の疾患の中でも最も発生しやすい病気のひとつです。 胃の粘膜に炎症が起こります。 キリキリ、シクシクといった痛み方をするのが特徴です。 急性胃炎の症状 主な症状は名前の通り 急な胃の痛み、不快感、胸のむかつき、嘔吐などが起こります。 時には 吐血や 下血(血が混ざった便が出る)する場合事もあります。 急性胃炎の主な原因• アルコール、カフェイン、香辛料、熱いもの、冷たいものなど刺激物の過剰摂取• 暴飲暴食や不規則な食事など食生活の乱れ• 薬(アスピリンや抗生物質など)の服用によるもの• ストレス• 煙草の吸い過ぎ• 風邪やインフルエンザ• アレルギー 慢性胃炎 慢性胃炎は胃の炎症が長期に渡って改善しない状態が続きます。 胃の不快な症状が慢性的になっている場合はこの「慢性胃炎」の疑いがあります。 慢性胃炎の症状 ご飯を食べると 胃が痛いのはもちろん、 常に上腹部に不快感がある、腹部膨満感、むねやけ、胃のむかつき、食欲不振などが慢性的に起こります。 慢性胃炎の主な原因• アルコール、カフェイン、香辛料、熱いもの、冷たいものなど刺激物の過剰摂取• 暴飲暴食や不規則な食事など食生活の乱れ• 過度の飲酒や喫煙• ストレス• ヘリコバクター・ピロリ菌の感染• 胃の老化 日本でのピロリ菌感染は戦後の動乱のときに水道設備が十分でない環境で子供時代を過ごした人に多く、 高齢者の7~8割が感染しているとも言われています。 ピロリ菌は経口感染であるため、衛生環境が整った現在でも、 ピロリ菌を保有した人が消化器が未成熟な子供に口移しや食器の共用をしたり、キスをすることで感染することがあります。 ピロリ菌感染の連鎖は今も続いているのです。 慢性すい炎 膵臓に毎日のように炎症が起こり膵臓の細胞が破壊されてしまうのがこの 慢性すい炎です。 膵臓の組織は一度壊れると元には戻りません。 後期には血統のコントロールが出来なくなり糖尿病を発症しやすくなります。 慢性すい炎の症状 慢性膵炎は食後すぐではなく、何時間かしてから痛みが出てくるのが特徴です。 膵臓は胃の裏側にあることから、 みぞおちの痛みだけでなく、 背中にも痛みが出ます。 その他 吐き気、嘔吐、食欲不振、腹部膨満感などが挙げられます。 脂肪が消化されず便と一緒にドロドロの状態で排出されるといった症状もみられます。 慢性すい炎の原因 慢性膵炎の一番の原因は アルコールの過剰摂取です。 胆石が原因になる事もあります。 胃潰瘍 胃潰瘍は胃に関する病気の中で最も有名と言っても良いかもしれません。 普段、胃は胃液で消化されないよう保護されています。 しかし様々な要因でその防御能力が低下したり胃液の分泌が盛んになると、防御しきれず胃が損傷を受けたり、時には胃壁に穴が開いてしまう事があります。 これが胃潰瘍のメカニズムです。 胃潰瘍の症状 胃潰瘍は 食後すぐに痛みだすのが特徴です。 胸やけを伴うことが多く、 膨満感、酸っぱい口臭を伴った げっぷ、吐き気、嘔吐、食欲不振などの症状が見られる場合もあります。 悪化すると 吐血(どす黒い血)や タール便(黒い便)といった症状が出る事もあり、食前・食後関係なく痛むようになります。 胃潰瘍の原因• アルコール、カフェイン、香辛料、熱いもの、冷たいものなど刺激物の過剰摂取• 暴飲暴食や不規則な食事など食生活の乱れ• 過度の飲酒や喫煙• ストレス• ヘリコバクター・ピロリ菌の感染 ピロリ菌は原因の1つというより、主な原因といっても良いほどです。 ピロリ菌に感染することにより胃粘膜が弱り潰瘍が出来る事がわかっています。 以前は手術で胃内部の止血をしていましたが、現在は薬物療法が主流になっています。 しかし、潰瘍の状態によっては外科手術による治療に切り替えることがあります。 NSAIDs潰瘍 ピロリ菌による胃潰瘍の次に問題になっているのが解熱鎮痛薬が原因の「 NSAIDs潰瘍」です。 NSAIDs潰瘍の症状 症状は、胃潰瘍と同様です。 NSAIDsの原因 非ステロイド性抗炎症薬の副作用で胃粘膜に異常が起こり、ピロリ菌による胃潰瘍と同じように胃酸が胃液を荒らして潰瘍を生じます。 最近は優れた鎮痛剤が簡単にドラッグストアなどで購入できるので、頭痛や生理痛などで簡単に服用しがちですが、飲み方を間違えるとこういった思わぬ副作用が起きる事があります。 説明書をよく読み正しく服用しましょう。 また、坐薬タイプのNSAIDsでも身体への影響は変わらない為、潰瘍は出来ます。 機能性ディスペプシア 胃カメラを行っても異常が見られないのに、胃に違和感や痛みがある状態のことを 機能性ディスペプシアと呼びます。 機能性ディスペプシアの症状 機能性ディスペプシアは みぞおちの痛み、胃もたれ、すぐ満腹になる、むかむかする、胸やけがするといった症状が慢性的に起こります。 機能性ディスペプシアの原因 主な原因は ストレスと言われています。 以前は「 神経性胃炎」と呼ばれていた症状ですが、炎症がある訳ではないため機能性ディスペプシアと命名されました。 ディスペプシアは、医学用語で「上腹部消化管症状」という意味です。 機能性ディスペプシアについて、以下の動画で詳しく説明しています。 軽度な胃炎なら 数日間安静にしていれば早期に症状が治まり自然に治癒します。 急性胃炎を 繰り返していると慢性胃炎に移行する事もあるので、生活習慣を見直し、胃炎を起こす原因を避けるよう心がけましょう。 症状がひどい場合は、病院での止血処置や点滴による栄養補給、状態によっては入院治療が必要になる事もあります。 慢性胃炎、胃潰瘍の対処法 慢性胃炎や胃潰瘍の治療も、急性胃炎と同じく原因を取り除くのが一番重要ですが ピロリ菌の有無を病院で調べる必要があります。 ピロリ菌の感染が確認された場合、薬の服用による除菌治療を受けます。 ピロリ菌に感染している場合、慢性胃炎や胃潰瘍を誘発するだけでなく 胃がんになる確率が20倍になります。 若い内に除菌治療を行うと萎縮性胃炎の予防効果もあると言われているので、胃の不調を少しでも感じたら検査する事をオススメします。 慢性すい炎の対処法 アルコール摂取量の見直しが第一です。 膵炎になるとアルコールを飲む事は一切禁じられます。 そうならないように適度な量とペースで楽しみたいですね。 胆石が原因の場合は、医師と相談の上、除去する必要があります。 機能性ディスペプシアの対処法 機能性ディスペプシアの解消法は原因となっているストレスを取り除く事です。 とはいえストレスの元を解消するというのは、なかなか簡単に出来る事ではないですよね。 そういう場合は、治療の第1歩としてできる事から始めてみましょう。 胃に負担の少ないものを食べる• よく噛んで食べる• ゆっくりと食べる• 腹八分目に抑える• 食後、活発に動くと消化に悪いので動き回らず30分は休憩をとる• 十分な睡眠をとる• 適度な運動を行う(ラジオ体操などでも構いません) など。 これにより身体的ストレスの軽減が期待出来ます。 こういった生活を一週間続けても改善がみられなければ、早めに医療機関を受診して下さい。 胃痙攣の対処法 胃痙攣が起きた時は、まず体をリラックスさせましょう。 横になったり椅子に座り症状が落ち着くまで安静にする• お腹を圧迫するベルトなどは外す• 湯たんぽ、カイロなどでお腹を温める 食欲がなければ無理に食べる必要はありません。 ただし、空腹過ぎても胃酸の刺激が胃痙攣の原因となるため、症状が落ち着いたら消化の良いものを食べて過ごしましょう。 スポンサーリンク 原因は胃じゃなかった!?関連痛って何? 関連痛とは、 痛みの原因とは異なる場所に痛みが生じる事を指します。 これは複数の痛みを感じる神経が同じ脊髄を通っているためで、 脳が痛みの場所を勘違いしてしまう事で起こります。 例えば、かき氷などを勢いよく食べたときに頭が「キーン!」となる症状。 実はこれも関連痛だと言われています。 冷たい氷が喉の奥を刺激すると顔全体の痛みの感覚を司っている三叉神経(さんさしんけい)が刺激され、このとき発生した伝達信号を脳が勘違いして直接氷が触れた訳ではない頭が痛くなってしまいます。 お腹は内臓が密集しているエリアである為、胃の周囲にある内臓に異常が起きたとき脳が勘違いして胃の痛みとして現れてしまう事があります。 胃が痛いと思ったら実は心筋梗塞だったというケースも。 原因不明の胃痛は、胃だけでなくあらゆる疾患の可能性を考える必要があるといえます。 精神的ストレスは解消しようと思ってもすぐ出来るものではないかもしれませんが、肉体的ストレスは自分次第で排除する事が出来ます。 心当たりのある人はまず「肉体的ストレス」を発生させないところから始めましょう。 また、少しでも不安に思う事がある場合は、自己解決しようとせず必ず医師に相談して下さい。 28ビュー カテゴリ: ,• 17ビュー カテゴリ: ,• 16ビュー カテゴリ: ,• 13ビュー カテゴリ: ,• 13ビュー カテゴリ: ,• 12ビュー カテゴリ: ,• 10ビュー カテゴリ: ,• 10ビュー カテゴリ: ,• 9ビュー カテゴリ: ,• 9ビュー カテゴリ: ,• 9ビュー カテゴリ: ,• 9ビュー カテゴリ: ,• 8ビュー カテゴリ: ,• 7ビュー カテゴリ: ,• 7ビュー カテゴリ:• 7ビュー カテゴリ: , ,• 7ビュー カテゴリ: ,• 7ビュー カテゴリ: , ,• 7ビュー カテゴリ: ,• 7ビュー カテゴリ: ,.

次の