馬車 道 さくら クリニック。 馬車道さくらクリニック模擬診察Q&A|横浜市 関内・馬車道

関内・馬車道で評判の泌尿器科・皮膚科|馬車道さくらクリニック

馬車 道 さくら クリニック

12:30からは手術を行っています。 必要性につきましては下記の通りです。 ・疾病の状態、病歴、治療中の病気や服用している薬の有無 ・内容、各種のアレルギー等、必要な医療情報を的確に確認する必要 ・避けられないリスクが伴う処置や処方の副作用等への理解と適切な判断を仰ぐ必要 ・診療の方針を決定する際、保護者の方の判断や同意が必要 なお、緊急時(その場で適切な処置を行わないと、重大な後遺症や生命の危険 があると担当医が判断する時)はご承諾なしに診断、治療を開始いたします。 中学生以下の方は必ず保護者の同伴が必要です。 やむを得ず保護者の方が同伴できない場合には、電話で診療の確認、説明や同意をお願いすることがありますので、必ずご連絡が取れるようにご配慮ください。 ご連絡の取れない場合や診療の内容によりましては、担当医の判断により後日改めて同伴で御来院していただく場合があります。 ご不便をお掛けすることもあるかと存じますが、安全・安心な医療提供の取り組みのため、ご理解ご協力のほどお願いいたします。 2.泌尿器悪性腫瘍、前立腺疾患、排尿障害に高い専門性を発揮します。 泌尿器科癌、前立腺疾患、排尿障害に高い専門性を発揮して診療に当たります。 前立腺がん、膀胱がん、腎臓がん、精巣腫瘍などの泌尿器悪性腫瘍の精査、治療や、前立腺肥大症や過活動膀胱など、排尿トラブルを起こす病気の精査、治療を行っています。 3.様々な皮膚のトラブルに対処します。 様々な皮膚のトラブルに対処いたします。 イボやシミには、内服外用治療に加え、液体窒素やレーザー治療を駆使して幅広く対応しています。 4.内科疾患、救急外科疾患を幅広く診療します。 専門にとらわれずに、風邪、花粉症、高血圧、高脂血症などの一般内科疾患や、ケガや出血などの救急外科処置に迅速に対応します。 5.泌尿器科や皮膚科、外科の小手術を行います。 日帰りで前立腺生検、泌尿器科小手術(包茎、精管結紮、陰嚢水腫、精巣摘除術、など)、皮膚科手術(粉瘤、脂肪腫、イボ切除、陥入爪手術、など)を行っています。 6.訪問診療をしています。 在宅でお困りの排尿のトラブルや皮膚の異常、内科一般について、往診でも拝見しています。 まずは、お電話でご相談ください。 当院は24時間対応をする在宅支援診療所として認可されています。 7.各種がん検診や二次健診を行っています。 血尿の精密検査、腎臓検査、尿路結石検査、各種がん検診ができます(超音波、レントゲン、膀胱鏡完備)。 前立腺がん検診は3次検診として生検検査まで嫉視しています。 また、横浜市の各種検診、就学次検診、入職時検診などの一般健診も行っています。 8.自費治療も行います。 皆様のニーズに合わせ、医療保険の適応ではない、勃起障害(ED)治療、男性型脱毛症(AGA)治療、男性ホルモン注射、プラセンタ注射、ニンニク注射、レーザー治療、パイプカット手術、包茎手術、精巣摘除手術などの自費治療も行います。 9.大学病院、基幹病院、専門クリニックとの連携を積極的に行っています。 東京慈恵医大病院、北里大学病院、横浜みなと赤十字病院、横浜市立大学附属市民総合医療センター、けいゆう病院、横浜中央病院等の病院と積極的に連携を図ってまいります。 さらに、地域医師会との連携も重視し、診療所間の連携も積極的に進めます。 10.生涯にわたり相談できるクリニックを目指します。 専門に固執することなく、何でも気軽に相談できるような雰囲気づくりに努め、総合的に患者さんの健康に貢献いたします。 排尿の悩み、皮膚のトラブルは、日常生活に大きな影響を与えます。 これらの悩みは誰もが抱える身近なものであるにもかかわらず、なかなか相談しにくいものです。 当クリニックでは、泌尿器科・皮膚科のエキスパートとして、皆様の悩みを少しでも解消するお手伝いをしたいと考えています。 お悩みを改善し、明るく活動的な生活をぜひ取り戻してください。 また、皆様のホームドクターとして一般内科も診療しています。 どんな悩みでも、一度ご相談ください。 いついらしても温かい気持ちで安心してお帰りいただけるよう、スタッフ一同お待ちしております。 挨拶 馬車道さくらクリニックは、横浜で40年以上にわたり地域医療に貢献された「三木医院」を引き継ぎ、2013年9月に新規オープンいたしました。 前院同様、泌尿器科・皮膚科のエキスパートとして、皆様に信頼していただけるクリニックを目指しています。 私自身は長らく前立腺がんの研究に携わってまいりました。 近年ますます増加している前立腺がんに対し、専門的な立場から診断を行っております。 ご来院される方のご相談の多くは、排尿障害や頻尿などデリケートな問題です。 そうしたなか、安心して通える、気軽にご相談いただけるクリニックでありたいと願っています。 また、尿もれが原因による肌のかぶれなど、泌尿器科と皮膚科は密接に関わっていることから、当クリニックでは皮膚科にも力を入れています。 アトピー性皮膚炎などの一般皮膚疾患から、レーザー治療による美肌治療を行っています。 2014年2月の移転に伴い、新たに内科も拝見できるようになりました。 皆様の健康な毎日に少しでもお役に立てるよう、日々研鑽してまいります。 どうぞお気軽にお立ち寄りください。 馬車道さくらクリニック 院長 車 英俊 院長経歴• 1991年 防衛医科大学校 卒業• 1991年~1993年 1995年~1997年 防衛医科大学校病院• 1993年~1995年 自衛隊大湊病院(青森県)• 1997年 国連平和維持活動PKO(シリアーイスラエル)• 1998年~2000年 自衛隊佐世保病院(長崎県)• 2000年~2001年 北里研究所メディカルセンター病院• 2001年 相模台病院• 2002年~2005年 北里大学病院• 2008年~2011年 バンクーバー総合病院前立腺センター(カナダ)• 2005年~2008年 2011年~2013年 東京慈恵会医科大学附属病院• 2013年 馬車道さくらクリニック開院 三木 健太(みき けんた) 東京慈恵会医科大学泌尿器科講師。 水曜日担当。 資格:医学博士、日本泌尿器科学会指導医、同専門医。 診療科目:泌尿器科、皮膚科、内科 前立腺癌の国際的なスペシャリストです。 東京慈恵医大で前立腺癌に放射線のチップを埋め込む密封小線源治療を日本で2番目に始めて、今や国内トップレベルの治療経験を誇ります。 最近では、前立腺癌に対する凍結治療で大きな注目を浴びています。 国内外で講演や指導に当たっている、前立腺癌のオピニオンリーダーのひとりです。 水曜日は三木先生の前立腺癌の専門外来となります。 もちろん、他のご病気の方も拝見いたしますが、予約の患者さんが優先となりますのでご了承ください。

次の

桜みちクリニック

馬車 道 さくら クリニック

「すべての方に最良の手術を」 私は15年にわたり大学病院で診療、研究、教育に携わる中、特に手術に関して日々理想的な方法を模索してきました。 1万件を超える手術経験のから、従来の手術方法に比べ大幅に低侵襲な手術方法を開発しました(Flanged IOL fixation technique, Ophthalmology 2017。 この術式ははアメリカ、ヨーロッパ、アジアの学会で高く評価され、世界的にスタンダードな治療法となり、各学会には毎年インストラクターとして参加しています。 2019年には招聘されたブラジルの学会でのライブサージェリーを成功させ、本術式の有用性を示すことができました。 当クリニックでは最先端の医学知識と最新の医療機器により、考えうる最良な治療の提供を目指します。 白内障、網膜硝子体手術に力を入れており、安心して手術を受けていただくため、感染症予防や落ち着いた院内環境の整備にも力を入れています。 また、局所麻酔での手術時にはどうしても恐怖心や不安感が伴いますので、よりリラックスして手術を受けていただけるよう低濃度笑気麻酔や鎮静も行えるようにしております。 手術をしない、という選択肢を含めてあなたに最も合った治療法を一緒に考えていきますのでどうぞお気軽にご相談ください。 院長 山根 真 医学博士、眼科専門医 略歴 1996年3月 聖光学院高等学校卒業 2002年3月 横浜市立大学医学部卒業 2004年4月 横浜市立大学附属市民総合医療センター眼科常勤特別職 2006年4月 横須賀共済病院眼科 2009年4月 横浜市立大学附属市民総合医療センター眼科常勤特別職 2010年4月 横浜市立大学附属市民総合医療センター眼科助教 2016年4月 横浜市立大学附属市民総合医療センター眼科講師 所属学会・資格• 日本眼科学会• 日本網膜硝子体学会• 日本白内障屈折矯正手術学会• 日本眼科手術学会• 米国眼科学会• 米国網膜硝子体学会• 米国白内障屈折手術学会• 欧州白内障屈折手術学会.

次の

馬車道慶友クリニック(横浜市中区/馬車道駅)|ドクターズ・ファイル

馬車 道 さくら クリニック

医者って偉そうじゃん!って気持ち、よくわかります。 そこで、そんな悪評を払拭せんがため、わたくし市民医療講演を孤軍奮闘頑張っています。 題して「いきいき健康相談会」。 このたび、5月26日(日)10時から、第27回のいきいき健康相談会を中本牧コミュニティーハウスにて開催します。 今回のテーマは「睡眠時無呼吸症候群」。 意外と多いんですね、これが。 結構、生活習慣病の原因になったり、夜間頻尿になったりするんです。 今回は、業者にお手伝いいただき、実際の機械をお見せしながら説明したいと思います。 ぜったいに来てよかったって思っていただけるように準備していますので、ぜひ皆さん、お誘いあわせのうえ、気楽にお越しください。 投稿者: 馬車道さくらクリニック 当院は水曜日と木曜日の午後は閉まっています。 院長、遊んでばかりいないで開けてよ!って時々言われてしまいます。 いやあ、ありがたいお言葉、ありがとうございます。 ですが、遊んでいませんよー。 実は在宅診療をしているのです。 当院は在宅支援診療所といいまして、ご自宅で療養されている患者さんを訪問診療しているクリニックなのです。 とはいえ、弱小個人経営、大きな在宅専門クリニックのように看護師さんを連れて車で次々と訪問しているわけではなく寂しく一人でお宅を回っています。 でも、ここで大活躍なのが、愛車「リード125」。 ホンダの原付です。 中古で購入したのですが、これがなんとも快適。 風薫る5月、バイクが気持ちいい!訪問診療もなかなか楽しいですよ。 投稿者: 馬車道さくらクリニック 最近、待ち時間が長くなってしまうことが多くなってしまいました。 私の要領が悪いせいで、おひとりにかかる時間が長くなっているのが主な原因です。 皆様には本当にご迷惑をおかけしていると心苦しく感じています。 予約制にしてはというご意見もいただいていますが、以前予約制にしていたことがあり、予約した方もお待たせして予約外の方にいたっては本当にとってもお待たせしてしまう事態になってしまいました。 現在は、超音波検査や膀胱鏡検査、手術後の処置の方などだけ予約を取らせていただき、ほかの方は来院順での診察を基本としています。 とはいえ皆様お忙しい方ばかりで、待ち時間がネックで治療のタイミングを逃してしまっては元も子もありません。 どうぞお急ぎの方は受け付けにその旨お申し出ください。 ほかの患者さんとの兼ね合いもございますが、可能な限り対応させていただきたいと思っています。 当院としましては、待ち時間自体を減らすことを第一の努力目標としています。 また、待ち時間も有効に使っていただけるようにいくつかの機器を導入することを検討しています。 今しばらく改善までにお時間をいただけましたら幸いです。 投稿者: 馬車道さくらクリニック.

次の