あおぞら 皮膚 科。 あおぞら皮膚科クリニック(神奈川県神奈川県横浜市都筑区北山田1丁目9

あおぞら皮膚科(世田谷区/千歳烏山駅)|ドクターズ・ファイル

あおぞら 皮膚 科

インターネット受付サービスのご案内 当クリニックの受診が2回目以降の方は、待ち時間を少しでも短縮するため、当日受付システムのご利用をお勧めいたします。 混雑状況の確認も可能ですので、ぜひご利用下さい。 インターネット スマートフォン・パソコン・携帯電話 で、当日の診察の順番をお取りいただけます。 時間や順番の指定はできません• 診察開始後は、今何番の方が診察中か確認できます。 ご確認の上、順番に遅れないようにご来院ください。 順番に遅れた方は、しばらくお待ちいただく事になりますのでご注意ください。 ご都合が悪くなった場合は、インターネット上でキャンセルをお願いします。 インターネット受付された方は、ご来院時に窓口にお申し出ください。 お問い合わせは診療時間内に窓口へお電話ください。 インターネット受付時間 当日受付 午前診察は 7:30~11:30 午後診察は 13:00~17:30 土曜のインターネット受付時間は、17:00迄となります。 もちろん、直接来院していただいても受診可能です。 急なお肌のトラブルでお困りの際などは、どうぞご遠慮なく、あおぞら皮膚科クリニックへお越しください。 インターネット受付のご利用方法• 受付方法 混雑状況の確認 メール設定 家族登録 あおぞら皮膚科クリニックの診療科目 皮膚科 皮膚の病気は、患者様ご自身でも目で見て自覚できることも多く、同じく治療の結果も分かりやすいので、皮膚科の医師にはそれだけ幅広い知識と経験が必要になります。 当院では、皮膚科専門医である院長が適切な診断の下、治療にあたります。 小児皮膚科 当クリニックでは、地域の拠点病院や地域密着の医院で多くの経験を積んだ皮膚科専門医の院長が、お子さんのお肌にこそ必要な視点で状態をよくよく拝見し、日常のケアまで視野に入れた診療を行います。 親御さんにとって何ものにも代えがたい宝物だからこそ、ここにしかない特別な小児皮膚科医療を、皆さんの一番近くで行っていきたいと考えております。 アレルギー科 アレルギー科では、アトピー性皮膚炎やアレルギーによるかぶれ、食物アレルギーなどを拝見します。 表面的な症状に関することだけでなく、日常生活におけるお困り事や、お肌の状態(見た目)が原因となっているお悩みなどについても詳しくお話をお聞きした上で診療にあたります。 そして、病気を治すことが明るく前向きな生き方を得ることに直結していくような心身のケアを、皮膚科専門医の院長を中心に行いますので、これまで通ったことのある医療機関ではなかなか改善の見られなかった方も、まずはご相談にお越しいただければと思います。 美容皮膚科 当クリニックの院長は、国内の中核病院だけでなく、海外の大学や先進的な美容医療を行うクリニックでも経験を重ねた「お肌の全てを知り尽くしたエキスパート」です。 そして美容皮膚科では、アメリカで初めてFDA(政府機関であるアメリカ食品医薬品局)の認可を得たレーザー脱毛のパイオニアである企業の医療用レーザー脱毛器をはじめとして、院長が厳選した国内外トップメーカーの医療機器を導入し、自費診療ならではの豊富な選択肢の中かた、患者さんお一人お一人に最適な「なりたい自分を叶える医療」を提供して参ります。

次の

横浜市の皮膚科、北山田駅直結の あおぞら皮膚科クリニックより診療のご案内

あおぞら 皮膚 科

皮膚科診療• 皮膚科診療 皮膚科のご案内 皮膚科疾患全般にわたる診療と治療を、基本的に保険診療で行っております。 爪切り、うおのめやタコ、 かかとの角質肥厚、ひびわれなどに対するフットケアも行っています。 ご高齢で爪切りが大変な方もご遠慮なくご相談ください。 も取り入れています。 皮膚疾患以外でも漢方薬をご希望の場合はご相談ください。 診療科を超えた疾患もまずはご相談ください。 患者さまの心に寄り添った治療を心がけてまいります。 こんなこと聞いていいかしら・・など悩まず、気になることはどんな些細なことでも お気軽にご相談ください。 病診連携を行っておりますので、必要に応じて適切な医療機関にご紹介いたします。 皮膚科の担当医 知念 タエコ 日本皮膚科学会認定皮膚科専門医 <略歴> 東邦大学医学部卒業 東邦大学医療センター大森病院第一皮膚科助手、大森赤十字病院皮膚科医長、 都内クリニックを経て現在に至る。 専門は、アトピー性皮膚炎・接触皮膚炎などのアレルギー•

次の

横浜市の皮膚科なら、北山田駅直結の あおぞら皮膚科クリニックへ

あおぞら 皮膚 科

所在地 神奈川県 ディレクター 廣村デザイン事務所:廣村正彰 デザイナー 廣村デザイン事務所:平島太一 カメラマン ナカサアンドパートナーズ クライアント あおぞら皮膚科クリニック 応募者コメント 神奈川県にある一般皮膚科と美容皮膚科が併設された「あおぞら皮膚科クリニック」のサイン計画。 病院へ行く、施術を待つという不安な気持ちを内装のグラフィックを通じて緩和する役割を担っている。 壁面全体に配置されたそれぞれ異なるパターングラフィックは、視覚を刺激し、空間全体のアイデンティティーとなるように設計した。 また、院内全体に清潔な印象を与えるためにCIは爽やかなブルーを採用し、パターングラフィックにも反映している。 さらにパターンが盛り上がる特殊な印刷を施すことで、大人も子どもも触れたくなるような環境を目指した。 審査評 柔らかく立体的に盛り上がった水色のパターンは、実際に触らなくとも患者を優しく迎え入れる空間を作り出した。 皮膚科という触覚に敏感な世界で、優しい手触りの環境を作り出し、そのパターンも患者の不安を和らげるような活性化した文様を採用している。 患者に対する思いやりを感じさせる空間を作り上げることで医院の理念をも集約した空間が作り出されている。 (横田保生) 特別審査員賞 審査評 「あおぞら皮膚科クリニック」のサインは、標識という役割以上に、爽やかで装飾的な機能美を追求しています。 青と白の配色は、澄み切った青空を表し、クリアで滑らかなトラブル知らずの素肌を彷彿とさせます。 そして、空間には様々な肌表面を顕微鏡で拡大したかのようなグラフィックパターンが広がります。 フラットな壁面に施された立体感ある印刷パターンは、肌のキメの概念をより強調し、見る人は思わず手で触れてみたいという気持ちに駆られるのではないでしょうか。 遊び心を取り入れたインタラクティブなデザインのおかげで、患者さんは治療に来ている緊張感から解放され、より美しくクリアな素肌を約束されているような期待を抱くことができるでしょう。 (アストリッド・クライン) See more• Prev:• Back:• Back:• Next:.

次の