ほうれん草 ゆで方。 ほうれん草の洗い方、ゆで方・あく抜き・ゆで時間

ほうれん草は下茹でした方が良いのでしょうか?

ほうれん草 ゆで方

レシピ 常夜鍋 材料• ほうれん草:2束• 豚ロース肉(しゃぶしゃぶ用):500g• 水:6カップ• 酒:1カップ• 塩:小さじ1 【つけだれ】• 醤油:100ml• レモン汁:50ml 【薬味】• ねぎ、にんにく(みじん切り):適量 作り方• 鍋に水を入れて沸騰させる。 ほうれん草は洗って4cmの長さに切り、豚肉とともに皿に盛りつける。 「1」に酒と塩を加え、再び沸騰したら、ほうれん草と豚肉を、食べる分だけ入れる。 煮えたらつけだれにつけ、お好みで薬味を添えていただく。 ポパイサラダ 材料• ほうれん草(生食用):2束• ベーコン:2枚• フランスパン(小さいもの):2個• オリーブオイル:大さじ1• パルメザンチーズ:適量 【ドレッシング】• オリーブオイル:大さじ3• 白ワインビネガー:大さじ3• コショウ:少々• パルメザンチーズ(粉):大さじ1 作り方• ベーコンは1枚を4つに切り、フライパンでカリカリに炒める。 フライパンにオリーブオイルとにんにくを入れて中火で熱し、香りが出たら、くし切りにしたフランスパンを入れ、キツネ色になるまで炒める。 ほうれん草は洗って食べやすい長さに切り、水気をきっておく。 器にほうれん草を盛り、「1」、「2」と、薄く切ったパルメザンチーズを加えて混ぜ、ドレッシングの材料を混ぜてかける。 グリーンチキンカレー 材料(4人分)• 鶏肉:300g• 塩、コショウ:少々• サラダ油:大さじ5• ほうれん草:1束• 水:2カップ 【A】• にんにく:1片• しょうが:2枚• パセリ:1本• とうがらし:2本• たまねぎ:1個 【B】• ターメリック:小さじ1• ローズマリー:少々• コショウ:少々 作り方• 鶏肉は1口大に切り、塩、コショウをふる。 鍋にサラダ油大さじ2を熱し、キツネ色に焼いて水を加え、弱火で20分煮る。 Aの材料はすべてみじん切りにする。 ほうれん草は茹でた後、みじん切りにする。 鍋に残りのサラダ油を入れ、Aを加えて炒める。 たまねぎに色がついたら、ほうれん草を加えて炒める。 「1」に「3」とBを加え、弱火で10分煮込み塩味をととのえる。

次の

ほうれん草のゆで方はレンジじゃダメ?塩は?栄養を流さない方法は?

ほうれん草 ゆで方

ほうれん草の砂が取れる洗い方 ほうれん草に砂や土がついているのは、茎の下の方と根元の部分です。 ほうれん草の根元の赤い部分には、抗酸化作用のあるポリフェノールや、骨の形成に必要なマンガンが多く含まれていて、栄養価が高く、砂や土がついているからといって捨ててはいけない部分なのです。 葉の部分や茎の上方についている汚れは、通常に水を使って流すという洗い方で取りきれるので、根元の砂や土の取れる洗い方に重点化します。 通常に流水で何回か繰り返したり、歯ブラシか何かのブラシを使って落としたりすればきれいになるが、それでは時間がかかりすぎます。 根元に一文字または十文字に切り込みを入れて水に漬けると、切込みから水を吸って根元が開き、隙間を洗うことが出来るようになります。 水に二、三分漬けておくと、砂や土、汚れが浮いてきます。 水を一度捨てて、今度は流水でよく洗いましょう。 流水にすると、水の勢いにより砂や土、汚れが落ちやすいです。 束になっている場合は、面倒でも一個ずつ分けて洗った方が砂や土、汚れが取れやすくなり、全体の時間では束のままよりもかえって早くなります。 その後、ためた水の中で振り洗いしましょう。 様子を見て不十分のようなら、ためた水の中での振り洗いをもう一度繰り返してください。 容器は大きめの方がおすすめです。 水に漬けると、根から水を吸うことになり、葉がしまった感じになります。 スポンサードリンク まとめ 完璧な洗い方をしなくとも、茹でる間に砂や土が落ちるので、過剰な心配は不要です。 砂が取れる洗い方は、ほうれん草に限らず、小松菜や、他の青菜についても適用できます。 水に漬けることで、しおれていた葉が生気を取り戻し、調理後の食感もシャキシャキするようになるが、水洗いのコツは、長時間水に漬けないことです。

次の

ほうれん草の栄養を逃がさない方法は?根元のほうはどうする?

ほうれん草 ゆで方

ほうれん草の旬 ほうれん草の旬は11~1月の冬野菜です。 ほうれん草の下ごしらえ ほうれん草の根元には小さな土や砂などがついているので、ボウル等の中に溜めた水の中でふり洗いをしたあと、流水で丁寧に洗います。 ほうれん草は茎と葉を切り離さずにゆでます。 湯であがったらすぐに水に浸すので、ボウルに水をはっておきます。 順を追って説明します。 ほうれん草のゆで方(アク抜き)• 大きめの鍋に、たっぷりの湯を沸騰させ、色よく仕上げるために塩少々をいれます。 沸騰している状態で、ほうれん草の根元~茎の部分を湯に入れ、6~7秒ほどおき、茎がしんなりしてきたら葉もゆでます。 再び沸騰したら、手早く裏返します。 茎がしんなりしたらゆで上がりです。 ゆで過ぎたらベタベタになるので、ゆで上がったら素早く冷水をはったボウルにほうれん草を入れ、冷たくなるまで数回水を替えてさらします。 水にさらして一気に冷やすと、アクが取れ色鮮やかに仕上がります。 冷水にさらしながら根元の部分を揃えて束ねます。 長く水につけていると、味が落ち、栄養もなくなるので手早く仕上げます。 束にまとめたまま水から引き上げ、根元を上にして、上から下へ徐々に手を移動させながら水気を絞ります。 絞るときは、雑巾絞りのようにヒネるのではなく、ギュッと軽くしっかりと握るように絞っていきます。 根元を切り落とし、食べやすい大きさに切り揃えます。 ゆでてアク抜きしたほうれん草を煮物に使うときは、ゆで時間を短めにして、煮物の火を止める直前に鍋に入れます。 茹で上がる感覚は、もう慣れ!です。 料理によっては硬めに茹でたり・・・、と茹で時間を調整してください。 器にかたち良く盛り付けて、削り節少々をのせます。 新鮮なほうれん草の見分け方 葉の緑にツヤがあって葉先がピンとしたもので、根元の赤みが濃いものが新鮮です。 葉が黄色くなっているものや、萎びているものは新鮮ではありません。 茎が太すぎるものは育ち過ぎで、葉が硬く、アクが強いことがあります。

次の