履歴 書 テンプレート a4。 【履歴書・職務経歴書】用紙サイズの選び方(A4・B5テンプレあり)

履歴書テンプレート・フォーマットを無料ダウンロード!エクセル・ワード・A4対応

履歴 書 テンプレート a4

ファイルはExcelとWordのどちらにも対応しているので、Windowsをお使いの方もMacをお使いの方も「Microsoft office」を使ってご利用ください。 応募先企業へ提出するにあたり適切なフォーマットを選択し、ご自身のアピールポイントを存分に伝えられる履歴書の作成に取り組みましょう。 この記事で紹介するのは、どんな企業にでも使える一般的な履歴書(JIS規格)になります。 PC上で作成が完了したらPDFに変換し、応募先企業に提出するようにしましょう。 特定の拡張子を指定されている場合は、指定のファイル形式に従って提出してください。 手書きで作成したい場合はダウンロードした後、そのまま印刷をし手書きで記入をしてください。 またアルバイトやパートへの応募はA4の履歴書1枚で対応が可能の場合もあります。 応募先企業の規定にそってフォーマットを選択しましょう。 (Word、Excelともにデューダ JIS規格履歴書を想定して説明文を入れています。 Macをお持ちの方は「Microsoft Office for Mac」でご利用ください。 ダウンロード後は各項目を入力し、印刷しましょう。 企業へデータで送る場合はPDFへ変換し、送付しましょう。 PDFに変換し送ることで、操作ミスにより内容が書き換わってしまうことを避けることができます。 また送付容量も軽くなるため、データの送受信がスムーズです。 Wordのバージョンにもよりますが、Wordで文章を作成した場合に誤字脱字があれば、文字の下に「赤い波線」が表示される場合もあります。 見直した際に見つけた時は修正しておきましょう。 Excelの場合、「校閲」の「スペルチェック」の機能を使えば自動で修正されます。 これらの機能も覚えておくと短時間で正確に履歴書作成をするのに役立ちます。 PDF版(印刷して手書き用) PDF版テンプレートはダウンロードの後、ご自宅やコンビニで印刷してお使いください。 印刷時はA4ないしB5で印刷してください。 見開きで印刷したい場合はA3を選択し、1枚あたりのページ数を2枚に設定いただいて印刷をお願いします。 A3で印刷する場合は、右ページと左ページに分かれていることを確認してください。 もし、はみ出たりする時は「用紙サイズに合わせる」や「イメージ全体をプリント」などを選択すると1枚に収まります。 印刷後は、市販の履歴書と同じように手書きで項目を記入していきましょう。 写真なしタイプの履歴書の無料テンプレート 基本的に履歴書には顔写真が必要ですが、応募先企業から「証明写真不要」と指定されている場合は写真欄のないタイプを使いましょう。 記入の方法は写真ありのものと変わりません。 履歴書テンプレートファイルの使い方(編集・保存・印刷) 上記でご紹介したダウンロードファイルの使い方をご紹介します。 ステップ1 ファイルに名前をつけて保存する 任意の場所に履歴書のテンプレートファイルを保存しましょう。 通常、「ダウンロード」フォルダ等が選択されます。 自分がわかりやすい場所に保存しておきましょう。 ステップ2 ファイルを開き編集する 履歴書のテンプレートファイルを開き、各項目を順番に埋めていきましょう。 記入は通常の履歴書を手書きで記入する時と同様に、誤字脱字や入力ミスなどに注意しましょう。 ステップ3 全体の見直し 全体を見渡し、バランスが悪い箇所があれば調整しましょう。 氏名やふりがなを入力した際、フォントの大きさや位置を違和感なく調整すると良いでしょう。 また、記入欄は8割ほどは文章で埋めるようにするのがポイントです。 全ての項目を埋め、全体を整えたら保存しましょう。 一度しっかりと項目を埋めた履歴書を完成さえておくと、この履歴書をテンプレートとして活用できます。 自己PRや志望動機などは応募先企業毎に見直しをする必要がありますが、学歴・職務経歴箇所は共通です。 今後の利用も考えて大切に保管しておくと良いでしょう。 ステップ4 上書き保存し、印刷する 次に印刷です。 「ファイル」から「印刷」を選択しましょう。 お使いのプリンタを選択しA4を選択したら印刷可能です。 プレビューで全体を確認し、問題がなければ印刷を実行しましょう。 またExcel版で履歴書を作成する場合は、応募した企業ごとにシートを分けて保存しておくと便利です。 複数社に応募を出す際に、内容を書き換えたり確認したりといったことが容易にできます。 添え状の無料テンプレート 履歴書の準備だけでなく、「添え状」の用意をしましょう。 こちらも無料で使えるテンプレートを下記リンクよりダウンロードできるので、ぜひご活用ください。 添え状は基本的にはパソコンで作成することをおすすめします。 添え状の書き方から郵送方法まで詳しく説明しているので、併せてご確認ください。 履歴書を郵送する場合、送付状は必ず必要です。 また「添え状」を付けるのはビジネスマナーのポイントになっています。 履歴書に添え状があると、丁寧な印象を持たれることもあるので、忘れずに用意しておきましょう。 フォーマットは自由で良い? 履歴書の代表的なフォーマットとしてJIS規格があり、標準の書式が定められています。 これは履歴書が多様化、無秩序化してしまわないようにするために作られました。 しかし就職や転職活動では、「必ずしもJIS規格のものを使用しなくてはならない」という決まりがある訳でもありません。 企業からJIS規格の履歴書の提出を求められていない場合、志望動機の欄がない形式や、職歴が多い場合に対応した形式など、フォーマットは自由に選択できます。 自身や応募先企業の事情に合わせて、自分のアピールポイントをしっかりと伝えられるフォーマットを選ぶと良いでしょう。 まとめ 無料でダウンロードできる履歴書の活用方法を紹介してきました。 今回用意した履歴書は、大抵の企業への応募に使える一般的なフォーマット(JIS規格)になります。 また転職や就職、アルバイト問わず幅広い応募先へも安心して利用できます。 綺麗な字で文字を書くのが苦手な方はパソコンで、手書きで書きたい場合は印刷して履歴書を作成しましょう。 市販のものや無料でダウンロードできるテンプレートを適宜使い分け、ご自身の履歴書作成に役立ててください。

次の

【経験別に選べる】履歴書テンプレート(エクセル、ワード、PDFで無料ダウンロード)│#タウンワークマガジン

履歴 書 テンプレート a4

2.『履歴書』だけを提出するときはアピールしたい項目に絞る• 標準的な履歴書(JIS規格)• 経験が浅くヒューマンスキルをアピールしたい人向け• 経歴が多い、転職回数が多い人向け• 異業種への転職で志望動機をしっかりアピールしたい人向け• シニア、中高年向け 1.標準的な履歴書(JIS規格) JIS規格• 志望動機やピーアールポイントなど自由欄• 通勤時間、配偶者の有無等• 本人希望欄 JIS規格(日本工業規格)で定められている最も利用されている様式です。 経歴や資格・免許欄に加えて、志望動機や自己PRを自由に書ける形となっています。 自分のPRしたい項目を絞って記載しておくと良いでしょう。 3.履歴書を『手書きで作成』する時のポイント・注意点 黒のボールペンで書く 使う筆記用具は、細い黒のボールペンを使用するようにしましょう。 青色でも良いと紹介しているところもありますが、転職書類で使用している人はほぼいません。 また、書類の汚れにも注意しておきましょう。 ボールペンで記入したときのインクのにじみや裏映り、他の書類へインク飛びなど、書類の見た目が悪くなってしまう原因の一つです。 修正液、修正テープを使わない 基本的に文字の修正はNGです。 修正液だけでなく、修正テープであっても同様です。 職務経歴書もビジネス文書ですので、修正液の使用はできません。 間違ってしまった場合は、1から書き直しする方が良いでしょう。 履歴書を手書きで作成する一番のリスクは「書き間違い」でしょう。 不安のある人はPCで作成することをおすすめします。 消せるボールペンは使わない ボールペンであってもこすれば消えるボールペンの使用は控えておきましょう。 郵送時にこすれや何かしらの接触があったときに消えてしまったり、滲んでしまうことがあります。 また、一般的にビジネス文書として扱われる郵送物や雇用契約書などの署名に消せるボールペンを使用することはNGとされています。 履歴書も採用活動の資料であり、ビジネス文書として扱われているため、消せるボールペンを使うことはNGとされています。 4.履歴書を『PCで作成』する時のポイント・注意点 4-1.見やすくなるポイント(フォント、字体、レイアウト) 字体は明朝体もしくはゴシック体のどちらかに統一させましょう。 名前や住所など基本情報については16Ptなど少し大きく書いておきましょう。 また、それぞれの項目に空白スペースを入れて書き始めを統一したり、学部学科とのスペース入れるなど見やすいレイアウトを心がけましょう。 4-2.自分に合った履歴書のフォーマットを使ってしっかりPRする 一般的に履歴書として用いられるJIS規格を使っておけば問題ないでしょう。 『志望の動機、特技、好きな学科、アピールポイントなど』のフリースペースは、自己PRや志望動機など応募企業に求めるスキルや人物像に合わせて、作成しておきましょう。 4-3.用紙サイズはA4サイズ(A3二つ折り)もしくはB5(B4二つ折り) 履歴書のサイズはA4サイズとB5サイズの二つ種類が一般的に使用されています。 職務経歴書のサイズを合わせて提出することが多く、セットで提出する場合はA4サイズでプリントアウトしておきましょう。 4-4.作成が終わったら一度プリントアウトして、文字切れや誤字・脱字をチェックする PCで作成したときにありがちですが、パソコン画面上では文字切れしていないのに、プリントアウトしてみると文字切れしているということがあります。 プリントアウトした後に必ず確認しておきましょう。 5.まとめ 履歴書は名前や住所、家族構成など入社後に必要な人事情報以外には、定まった項目はありません。 あなたの経歴や人柄をPRできるテンプレートを選び、選考突破につなげていきましょう。

次の

履歴書テンプレート・フォーマットを無料ダウンロード!エクセル・ワード・A4対応

履歴 書 テンプレート a4

応募側の考え• 受ける会社の分、作成する必要があって 手間がかかる(面倒)• 手間を減らしたいが、1つ1つ真剣に作る必要がある• 志望度が高い企業にはちゃんとアピールしたい 採用側は実は履歴書をそこまで重視していません。 なんとなく経歴・写真・自由記述欄は見ますが、 細かいことは職務経歴書で見ます。 確かに履歴書で変なところがあると気になります。 たとえば、志望動機が明らかにコピペであったり、写真がスマホかなにかで取ったものだったり、離職期間が異常に長かったりする場合には注目します。 ただ、 若手であっても学歴・職歴、志望動機、写真だけで判断するのは難しいですし、経験があるならなおさら履歴書だけではよくわかりません。 もちろん、写真を見てなんとなく好青年だなという印象を受けたり、手書きの場合には字がきれいだなと思うことはあります。 ただ、そこまでプラスになることはありません。 ポイント つまり、応募者から見たポイントは3つあります。 できるだけ 減点されないようにする• できるだけ 手間をかけない• アピールできる要素は残しておく 履歴書での加点は難しいので、 減点を避けるようにすることと、手間をかけすぎないということです。 上のフォーマットはこれを踏まえて、お勧めしています。 そこについても見ていきます。 おすすめのフォーマット(JIS規格準拠)がいい理由 最初にご紹介したおすすめフォーマットはJIS規格に準じて作成したものを紹介しています。 JIS規格とは JISとは、 Japanese Industrial Standardsの略で日本工業規格を意味します。 国家標準の1つで、品質の改善や安全性の向上を目指して作られている規格です。 要は、勝手に民間各社や個人が作成するよりも標準を定めたほうが都合がいいので作られています。 なぜいいのか? なぜJIS規格のものがいいかというと、シンプルに上の2つの要素を満たすことが簡単だからです。 まず、減点されにくくするためには、 書く項目や量が少ないことが重要です。 履歴書はフォーマットによっては、特技・趣味・自己PRなどが欄に分かれているものがあります。 このように多岐に渡る項目に触れるには、1つ1つ書き方に注意する必要がありますし、単純に時間もかかります。 逆に志望動機欄など自由記述欄がほとんどないものもありますが、これはこれで 違和感が残ります。 楽をするためにわざと消しているのではないかと思われるのもあまりよくないですよね。 JIS規格のものでは、1つだけ自由記述欄があるので、そこで アピールもできますし、 たくさんの項目を書く手間もリスクもないので、都合がいいわけです。 余裕がある人はフルバージョンも 上で紹介したフルバージョンの方では、趣味・特技・自己PRといった欄も設けています。 もちろん、履歴書はしっかり書いておくに越したことはありません。 ただ、転職では 履歴書以外にも職務経歴書、面接対策、求人検索などやれることはたくさんあります。 そちらを優先したほうがいというのが個人的な意見です。 ただ、すべて完璧にしたい、普通のアプローチでは書類に通りそうにないというときはこうしたアプローチもいいでしょう。 他人にチェックしてもらう ここまで見てきたように、履歴書では いかにミスをせずに、手間もかからず、多少アピールができるかという点が重要です。 最も早いのが他の人に見てもらう方法です。 履歴書や職務経歴書などの選考書類はこまかいルールやマナーが多いです。 さらに、 書類選考だけではなく、書類選考通過後の面接でも参考にされる重要な資料です。 ここで、ベストな志望動機や自己PRを選ばないと 後から修正するのは困難で、その選考対策の方法も企業ごとに異なります。 プロのサポートを受けましょう 自分で対策するのは構いませんが、 自分一人で考えるよりもプロのサポートを得て効率的に進めましょう。 自分では気づかない点に関するアドバイスをもらえます。 たとえば、書類のアドバイス以外にも、このようなメリットがあります。 転職市場の状況• あなたの市場価値• あなたが受かりそうな仕事• あなたが興味のある仕事の内部事情• 面接に対するアドバイス 非常に有効な情報とアドバイスがたくさんもらえます。 自力で転職サイトでも求人は探せますが、転職のアドバイスをくれる人はいません。 書類で落ちても、面接で落ちてもフィードバックはもらえません。 転職エージェントの場合には、 落ちた理由に関してもわかります。 いいエージェントであれば、あなたが直接応募をして落ちたところでも選考に進めることもあります。 僕も3回転職をしていますが、 転職のときには必ず転職エージェントに登録します。 おすすめの転職エージェント 選考対策に強い転職エージェントをいくつか紹介しますので、ぜひ相談しましょう。 書類も面接もしっかり対策できれば、成功には大きく近づきます。 選考書類に強い転職エージェント• やはり大手の転職エージェントが安心です。 あわせて活用したいサービス 自分のペースで探したいという人は転職サイトのを活用しましょう。 転職する人のほとんどが使う転職サイトで、登録しておくだけでスカウトももらえます。 また、というサービスは 登録するだけで市場価値がわかり、起業からスカウトを受けることもできます。 転職は頻繁にするものでもないので、あらゆる選択肢について検討しましょう。 よくある疑問 志望動機なしはありですか? 志望動機について触れるメリットは明確にあります。 あなたが、若手であったり、その業務の経験が少なかったりすると経験でのアピールが難しいからです。 未経験職種への転職の場合などは他の部分での判断が難しいので、書いておきたいです。 経験が豊富な場合にはさほど問題がないかもしれませんが、昔ながらの会社ほど形式的なことを気にするので注意しましょう。 写真なしでも大丈夫ですか? 写真は絶対にあった方がいいです。 履歴書においても非常に重要なポイントなので、必ず準備するようにしましょう。 自作するのはありか? どうしてもこだわりがあるという人は自分で作ってみるのもありです。 また、テンプレートはたくさんありますので、そうしたものから選ぶ方法もあります。 一番、重要なのはあなたのアピールポイントが書けて、ネガティブなものを書かないで済むものです。 ただ、 必要事項がなかったり、奇抜すぎるものは避けましょう。 履歴書の書き方は? 履歴書の書き方については別記事でも詳しく説明しています。 こちらもあわせてどうぞ。

次の