君も人間か。 韓国ドラマ「キミはロボット」感想 / ソ・ガンジュン主演 AIロボットと人間の甘く切ない究極のファンタジーラブロマンス

SIerがつまらないのは、君が技術の人間ではないから|SIerで悩み続けている3年目の君へ

君も人間か

スポンサーリンク ネタバレなし、でも完全ではない あらすじ 幼少の ナム・シンを連れチェコから韓国へ一時帰国した、母親で工学博士の オ・ローラ(キム・ソンリョン)。 ローラが講義を終えた大学構内で、PK財閥理事 ソ・ジョンギル(ユ・オソン)が2人に、財閥の後継者でもあったローラの夫が死亡したと告げる。 次の財閥後継者のシンは、そこで強制的に連れ去られ、その後ローラは息子を追うが、シンの拒絶で断念。 「泣いたら抱きしめる」 ローラの心を癒やす機能を搭載する優しいロボットが完成。 17年の年月が流れ、ナム・シンは少年から青年、大人へと成長。 ある日チェコで、 シン ソ・ガンジュン が殺害されかけ意識不明となる。 彼がロボットであるとソボンに気付かれないよう、周囲は細心の注意を払うのだが・・・。 (2019. 視界に入るもの全てをレコーダーで保存。 ストーリーのジャンルはサイエンスフィクション。 高度なテクノロジーで作られたアンドロイドが、人間の身代わりを果たすという科学的な空想物語なのですが。 架空世界なのにソ・ガンジュンのロボットが妙にリアルで… 人間が演じているからでは?。 それが可愛いカッコイイ。 超能力もののような人間を超越した力で悪に対抗する痛快さがあり。 カッコ良くヒロインを救うト・ミンジュン「星から来たあなた」を思い出しました。 ロボットと宇宙人 ・ㅂ・ bよく考えたら、似たようなもんだ。 人ではないものとのラブに萌えるかは、個人の自由だと思います。 メカ好きな私はそこも面白かった!自動運転やハッキングを目の当たりにすると、便利さと危険性は表裏一体。 自分たちより優秀な存在を生み出して、人はそれを制御しきれるのか?課題と不安を感じました。 銀行や旅館などのコールセンターや、医療。 Googleの検索エンジン順位もAIで制御されています。 これらは感情を持たないロボットですが。 すでに近年、感情を持つ汎用人工知能AGIが開発されていて。 知性、推論する能力を伸ばす自立性まで備えたロボットが実現しつつあります。 感情を持つロボットに人格を認めざるを得ず。 作った人の予想を超えてAIが一人歩きし始めるのはやはり怖いかな。 ソ・ジョンギルみたいなAI以上に怖い人間もいるけど。 タイトルについて 原題の「君も人間か?」には、人間に紛れてAIが潜む可能性を示唆する含みがあり。 アンドロイド開発が進み、「君も人間か?」と人に問いかける時代の到来に思いを馳せました。 韓ドラの邦題には言いたいことがたくさんあるけどこの辺で~。 演じ分けが上手かった。 時々ハッと我に返り『人間が演じているんだった! 』となる程。 彼の色素の薄い眼球、広角の上がった口、整った白皙が人間離れしていて、ロボット役は打って付け。 今まで視聴したソ・ガンジュンの出演作品の中で一番役に合っていました。 も面白かったけどね。 カン・ソボン役 コン・スンヨン 元格闘技選手で、ナム・シンのボディガード。 父親はチャンピオンジムの館長。 リングで勝ってもお金には負けると知り、お金を稼ぐ為なら何でもするように。 とっても可愛いヒロインでした。 ソ・ガンジュンとお似合いで、声も好きです。 「サークル~繋がった二つの世界」はリタイアしたけど、コン・スンヨンが出ているなら再挑戦します。 チ・ヨンフン役 イ・ジュニョク シンの親友で秘書。 孤児施設を出てから実力を買われ。 PKグループ会長から絶大な信頼を受け、シンの補佐を担当。 イ・ジュニョクの出演ドラマはあまり観てなくて、記憶にない俳優でしたが彼が良かったんです。 常に主人の守りに徹し、控えめな色男。 彼のストーリーも展開され、幸せにしてあげてーと願いました。 ソ・イェナ役 パク・ファニ PKグループの広報チーム長で、シンの婚約者。 父親のソ・ジョンギルを信じているが…。 ピュアで可愛い女の子、全く憎めないキャラでした。 出典 韓国サイト sagunin. 人工知能界のアインシュタインの異名を持つロボット工学博士。 キム・ソンリョンは美しくて大好きな女優です。 「相続者たち」でキム・ミギョンとの掛け合いが最高だったな。 本物と偽物の息子との間で揺れる母親の愛についても考えさせられました。 ソ・ジョンギル役 ユ・オソン PKグループ総括専務で、ソ・イェナの父親。 いろいろ悪事を働くけど、娘には弱い。 ナム・ゴンホ役 パク・ヨンギュ PKグループ会長で、ナム・シンの祖父。 他人を信じられず、常に何かを企んでいる。 カン・ソボンの父親に最近よく見るキム・ウォネ。 ソボンの友人役キム・ヒョンスクが、 チョ記者役で面白かった。 OST 主演のソ・ガンジュンが挿入歌に歌手として参加し、話題になっています。 AIって、結局機械じゃねーかってなるかも?話しかけるたびに優しく応えてくれる存在、それが人間ソックリなロボットなら愛情が湧いても不思議はなく。 機械と言えど、魅力的なロボットに市民権をあげたくなるドラマでした。 宇宙人に萌えたことのある寛容さがあれば大丈夫!人間以外には萌えないという方も、覚悟を決めて ? 一度ご覧になれば、AIロボットへの目線が少し変わるかもしれません。 ストーリーは面白いので、価値観に捉[トラ]われず、優しい目線で深く考えずに観ればとっても楽しめるドラマです 条件多いな。 スポンサーリンク 関連記事 ソ・ガンジュン主演ドラマ kandsoramame.

次の

君も人間か?

君も人間か

1997年、ロボット人工知能の研究者ロラ(キム・ソンリョン)は、韓国の大学での講義のために、シン(ソ・ガンジュン)を連れて韓国に一時帰国していた。 そんなロラたちの前にPKグループの総括理事であるソ・ジョンギル(ユ・オソン)が現れ、シンはロラから引き離されてしまう。 2018年、ソウルで暮らすシンはPKグループの本部長となり、我が物顔で暮らしていた。 シンは、いつもパパラッチたちに狙われており、そのために沢山の警護員を雇っている。 その警備チームの一人カン・ソボン(コン・スンヨン)は、知り合いのパパラッチと手を組み、シンの新しい彼女の写真を盗撮してお金儲けしようとしていたが…。 ソボンも可愛く自然な演技でお似合いです。 似てるけど全く違う人に見えました。 あり得ない話だけど、こんなことがあったらいいなぁと思える素敵なドラマでした。 ラストシーンの涙がとても美しかったです。 脇役の方々も熱演されていました。 2役いや4役にも匹敵するガンジュンの素晴らしい演技力。 ストリーも後半になるほどどんどん面白くなります。 涙なしではみられませんでした。 2役いや4役にも匹敵するガンジュンの素晴らしい演技力。 ストリーも後半になるほどどんどん面白くなります。 涙なしではみられませんでした。

次の

韓国ドラマ「キミはロボット」感想 / ソ・ガンジュン主演 AIロボットと人間の甘く切ない究極のファンタジーラブロマンス

君も人間か

KBSドラマ「君も人間か」主要キャスト、登場人物紹介です。 人工知能ロボットが財閥家の殺伐な権力戦争に飛び込んで広がるストーリー。 自身と同じ人間が存在するということを精密に分析する暇もなく、母親の要請で大韓民国そしてPKグループという見慣れない人間世の中に飛び込むことになる。 ナム・シン ソ・ガンジュン 28歳、PK本部長。 うっとりする程綺麗なビジュアルとは反対に、乱暴な言葉遣いは基本。 パワハラ蛮行もはばからない。 他人を考えなかった訳ではない。 見た目と違い、ひどく哀れで孤独なせいだ。 最高でなければ意味がない、強いのが良いことだと、あらゆる脅迫と刺激を駆使し、愛する孫では無くただPKグループ後継者を育てるのに余念が無い祖父のそばで、彼の心は日増しに無感覚になってきた。 カン・ソボン コン・スンヨン 28歳 熱血警備員。 一時は期待された格闘技選手時期を経て、いつの間にか警護員になって4年目。 私的には温かくて思慮深いナムシンの唯一の友達であり、公的には誰よりも合理的で冷徹で現実的なPKグループの総括チーム長であり、ナムシンの個人秘書。 PKグループが後援する施設出身である彼は。 誰よりシンに対する愛情と忠誠心が深い。 自分自身のようにシンのためにすることが、面倒を見てくれて高等教育支援をしてくれ、大企業のチーム長にまでしてくれたナム会長に対する最高の恩返しだと考える。 ソ・イェナ パク・ファニ 25歳 ナム・シンの婚約者。 PKグループ総括理事ソ・ジョンギルの一人娘であり、PKグループの広報チーム長。 肩書に比べると幼い年齢だが、有能さを発揮してきた理由の8割はナム・シンだ。 PKグループを狙う父親ソ・ジョンギル総括理事の陰険な心により、シンのフィアンセにされた。 だが父親の思惑とは違いイェナはシンにすっかり嵌っている。 ナム・シンの実の母であり、人工知能ロボット ナムシンIIIの研究者。 恐ろしいほどの意志と誠実さと他の追従を許さない天才的な才能のおかげで世界的に脳科学および人工知能分野で嘱望された彼女は、ある日突然姿をくらました。 それは愛する息子シンのためであった。 舅ナム会長はPKグループの代を引き継ごうと、彼女から残忍にシンを奪い取った。 夫ジョンウの急な死には明らかに陰謀があることと、ナム会長でないソ・ジョンギルのせいでシンを本当に失う可能性があることを悟った。 ソ・ジョンギル ユ・オソン 50代 PK総括理事。 合理的なこと処理と大人らしい風貌でPKグループ理事陣から甚大な信任を得ている。 あらゆる嫌なことを全部引き受け、ナム会長の忠僕である振りをするが、本当はいつでも彼を切りつける刃物を抱いている。 PKグループ会長になるためならどんなことでもできる野心男。 ナム・コンホ(ナム会長) パク・ヨンギュ 70代 PKグループ会長。 PKグループを興した人物で、シンの祖父。 オ・ロラの舅。 息子が早く世を去ったことだけ除いては、世の中全てのものを持ったように見える人間。 皆が羨む人生を享受してそうな彼だが、実状不幸な人に近い。 人の間の温みを分けることができないためだ。 持ったものが多いため、いつも失うことが恐ろしい彼は、誰も信じることができない。

次の