名実ともに 類語。 企業情報

「名実ともに」とは?意味や使い方!

名実ともに 類語

「名実ともに」の意味 「名実ともに」の意味は、 「その人の名声と功績がつりあっていること」です。 人は社会人として働いたり貢献したりしていると、段々と肩書がついたり、地位を与えられるものです。 会社では一般社員から係長・課長・部長、そして成功する人は役員や社長になることもあります。 また、肩書がない職業でも長く続けていると 「その道のプロ」 「ベテラン」などと呼ばれることもあります。 しかしそれはその人が周囲の人がそう読んでいるだけであり、実際にはその地位と実力が全く見合っていない人も多いのです。 ひたすら人を押しのけて出世したり、ただそのポジションに長く居座っていたお蔭で出世できたという人もいます。 その様な人は何かトラブルが起きたり、決断が必要な時になると全く実力を発揮できないのです。 「名実ともに」と言われる人は、高い地位があり、周囲の人からの評判も非常に良い人物です。 そしていざというときには自ら行動してトラブルを解決したり、他の人々を導いていくなどして、その実力を証明できる人です。 組織や団体で上の地位にあり、しかも優れた人物であったり、歴史上成功した人でエピソードが残っている人などを言い表す言葉です。

次の

「印象に残る」とは?意味や使い方をご紹介

名実ともに 類語

「銘を打つ」の意味とは? 「銘を打つ」の類語や言い換え・似た言葉• 「銘を打つ」の言葉の使い方• 「銘を打つ」を使った例文• 「銘を打つ」の対義語• 「銘」を使った言葉 「銘を打つ」の意味とは? 「銘を打つ」という言葉を聞いたことがあるでしょうか? 通常、普通に生活している中では、あまり聞くことや自分で使う機会がそんなに多くはない言葉かもしれません。 「銘を打つ」は 「〇〇と銘打って〜」といったようなフレーズで使われることがありますが、使用される機会としては会話の中で使われるというよりは、大きなキャンペーンや施策を展開されること場合に使われることがあります。 「銘を打つ」という言葉の意味は、 「名目をつける」や、 「もっともらしい名目をかかげる」ことを指しています。 「環境にやさしいと銘打った商品」というようなケースで、この言葉を用いることがあります。 「銘を打つ」で使われている 「銘」という漢字には、 「金属製の器具に刻まれた製作者の名」という意味や 「器物また茶・酒・菓子などの固有名」、または 「名のある上等なのもの」という意味をもあります。 このことから、 「銘を打つ」には、元来、 「有名で高級な刀剣や器物に製作者の名を刻むこと」を指していました。 この意味合いから転じて、 「形式上、言葉上のもっともらしい体裁を掲げるさま」や 「内実を差し置いて理由や目的を飾るさま」という意味合いになってきました。 「何々と称して」という意味で用いられるので、 「創業10周年と銘打って大売出しする」などで使われることが多いです。 「建前」 「銘を打つ」に近い意味を持つ言葉としては、 「建前」という言葉が挙げられるでしょう。 表向きの方針」という解釈になります。 「本音と建前」という使い方が最もポピュラーな用法ではないでしょうか? よくビジネスの商談や交渉事でも、表向きは、表向きのこといって 建前 を言いつつも、心の中では全く別のこと 本音 を持っていることがよくあります。 自分の不利なことを隠しつつ、 「建前」を前面に押し出して、折衝しているビジネスタイルは、日常茶飯事で行われていることです。 「銘を打つ」の対義語 「銘を打つ」と反対の意味を持つ言葉をしては、 「名実とともに」という言葉が対義語として挙げることができると思います。 「名実とともに」とは、 「名声と実力がつりあっているさま」や 「実力や地位が評価・評判にふさわしいものとなったさま」という意味があります。 名声の 「名」と。 実力の 「実」が釣り合っているという意味で 「名実ともに」という言葉が成り立っています。 よく大河ドラマや歴史番組でも、歴史上の人物などを紹介する時に聞くことがあることが多いこの言葉ではないでしょうか? 「地位は高い反面、周囲の人々からの評判は低くで悪い」 このような人物には使われることはありません。 周りから人からは評価が非常に高くて、地位も名声も高く人格的にも良い人物に使われます。 まさに 「名実ともに偉大な人物であった」という人物になるでしょう。 その一方で、人だけに使われる言葉ではありません。 レースで多くの戦績を残した馬などに対しても 「名実ともに優れた馬」をたとえることがあります。 また、知名度の高い有名レストランやお店などに対して、 「名実ともに東洋一のレストラン」という表現することもあります。

次の

「銘うって」の意味とは?類語、使い方や例文を紹介!

名実ともに 類語

レジャー業界の一角を成すぱちんこ業界。 その業界において名実ともに確固たる地位と成長を続けているのが、私たち日本ぱちんこ部品です。 当社は社名の通り、ぱちんこの顔とも言えるセンター役物(盤面ユニット)を中心にぱちんこの周辺機器の企画からデザイン・設計・製造・販売までを行っている会社です。 近年では、ぱちんこ部品の開発で培ったノウハウを生かし、パチスロ部品の開発・製造にも着手しております。 現在国内には数十社の遊技機メーカーがありますが、当社ではその大半に製品・部品を提供した実績があります。 創業から半世紀。 業界をリードする牽引者として、たゆまぬ努力と挑戦を続け、常に安定した成長を続けています。 代表取締役 足立 憲昭 経営理念 つぶれない会社づくり ロマンある会社づくり 社訓 限界への挑戦 基本方針 1、部品メーカーとしての技術向上を図り、研究、開発を推進する。 1、生産性を高め優れた製品を生みだす。 1、能力開発に務め、人材の育成を図る。 スローガン 「ダントツ No.

次の