バニシングツイン。 双子の不思議な話5選|奇跡のシンクロを見せるすごい話

26歳の女性脳腫瘍摘出手術で頭から胎児 バニシングツイン現象か

バニシングツイン

バニシングツインの発生率について正確な統計はありませんが、双胎妊娠のうち1割程度だといわれています。 バニシングツインの発生確率 双胎妊娠がなんの問題もなく継続されれば双子のまま出産となりますが、妊娠初期にどちらか一方の赤ちゃんが消えてなくなってしまうことがあります。 この現象を「バニシングツイン」といい、医学的には「双胎一児死亡」といいます。 初期流産のようなもので、流産してしまった方の胎児は子宮内で吸収されて消えてしまうのです。 バニシングツインは双胎妊娠の場合にのみ起こる現象です。 双胎妊娠とは、同時に二人の赤ちゃんがお腹の中に入っている状態、つまり双子のことです。 妊娠初期の妊婦健診の際、胎嚢が二つ確認されるか、1つの胎嚢の中に二つの胎芽がある状態が確認されると双胎妊娠と判断されます。 バニシングツインとは バニシングツインの原因ははっきりとはわかっていません。 現時点では、初期流産のように、先天的な染色体の異常などが原因で一方の赤ちゃんが流産し、もう一方の赤ちゃんの妊娠を維持するために、子宮に吸収されることで消失するという考えが有力です。 バニシングツインの原因と予防法 大抵の場合は、心拍数が確認できる妊娠9〜10週までに起こると言われていますが、それ以降の12〜16週頃に起こるケースもあります。 なお、妊娠中期に入ってから双子の一方が死亡すると、バニシングツインが起こらず子宮に残ることがあります。 この場合、もう一方の元気な赤ちゃんが元気であれば経過観察し、出産時に一緒に取り出します。 バニシングツインが起こる時期 バニシングツインが起こることで、残った方の赤ちゃんはどうなるのでしょうか? 妊娠初期の段階でバニシングツインが起こったのであれば、残された赤ちゃんや母体に影響を与えることはほとんどないといわれています。 バニシングツインが起こった後はどうなる? 胎児側の原因で起こるものなので残念ながら予防法も見つかっていない状態です。 ママのせいではないので、もし起こっても自分を責めないようにしてくださいね。 妊娠中・出産後ともに発達過程での問題が起こることはほぼないので心配しすぎないようにしてください。 流産した赤ちゃんは子宮に吸収されるので特別な処置も必要ないといわれています。 しかし、妊娠中期を過ぎてからバニシングツインが起こった場合は、一卵性双胎か二卵性双胎かで影響が異なります。 二卵性双胎であれば異なる胎盤を持っているのでバニシングツインが悪影響を与えることはほとんどありません。 バニシングツインと告知されたら? 一方、一卵性双胎では同じ胎盤を共有しているために、残されたほうの赤ちゃんも死亡したり脳障害を起こしたりする可能性があります。 しかし、残った赤ちゃんのためにできる対応はなく、経過観察するかないのが現状です。 一度双子の妊娠を診断されたのにバニシングツインを告知されたときのショックはかりしれないものがあります。 悲しいことですが、バニシングツインを含む初期流産は誰にでも起こるものです。 いなくなってしまった赤ちゃんの分まで残された赤ちゃんを大事にしてあげてください。

次の

7W6D バニシングツインの予兆

バニシングツイン

双子が消える バニシングツインとは、 双子の片方が子宮に吸収されて消えてしまうことです。 単胎妊娠でも初期流産がありますが、それと同じようなものと考えられているようです。 初期流産と同じく染色体異常などが原因とされ、 予防することはできないと言われています。 予防することができないものなので、もし不幸にもバニシングツインが起こってしまった場合も、夫婦は自分を責めないようにしないといけませんね。 いつごろ起こるの? ほとんどの場合 妊娠15週目までに起こり、特に9週目までに起こることが多いようです。 ネットで実例を調べると、双子と分かった段階で胎児の大きさに差があり、その後小さいほうが消失したというケースをちらほら見ます。 うちの場合も先生が二人の胎児の大きさを気にしています。 順調かどうかの大きな指標なんでしょうね。 起こった時の危険性は? バニシングツインが起こると、残った胎児のほうへの影響が気になりますが、その危険性はによって違います。 DDツインの場合 胎盤が別なので残った胎児への 影響は少ないです。 MD、MMツインの場合 胎盤を共有しているため、残った胎児に 悪影響がある危険性があります。 片方の胎児が消失すると、残された胎児への血流が悪くなったり逆に良くなりすぎたりして、障害が起きたり、死亡したりします。 思ったこと この記事を書いている段階で、うちの子達はまだ10週。 先週(9週時点)で検査に行った時には順調でしたが、今はどうだろう、これからどうだろうと不安になってきました。 ネットで色々と情報や実例を見ていると、いたたまれない気持ちになります。 危険性のことについて書くのは辛いですね。 バニシングツインは予防することができません。 予防することができないもののことを知ってもあまり意味がないばかりか、不安を煽る形になるかもしれませんね。 ただ、起こった時に、自分達を責めないようにする、という意味があるのかな。 そうだ。

次の

バニシングツインを乗り越えて

バニシングツイン

おはようございます、やすまるです。 みなさん、 バニシング・ツインって、 聞いたことありますか? バニシング vanishing =消失する ツイン Twin =双子 言葉の通り、 「消える双子」という意味です!! ちょっと、怖いですね~ バニシング・ツインは、 双子を妊娠しているママのお腹のなかで、 双子のうち1人が亡くなり、 そのまま消えてしまう現象のことです。 【もう少し詳しく】 多胎妊娠を継続できれば、 双子の赤ちゃんを出産できますが、 妊娠中にどちらか一方の胎児が 亡くなることがあります。 これを 「双胎一時死亡」といいます。 妊娠初期に双 胎一時死亡が起きた場合、 亡くなった赤ちゃんが 子宮内で消えてしまうことが多く、 この現象を バニシング・ツインと呼びます。 やっぱり、怖いです。 消える? でも、 母体に特に目立った症状は見られないらしい…。 それも、不思議すぎる…。 どうして??? 1人、亡くなっているのに??? 双子じゃなかった場合、 成長が止まるということは、流産ですよね? 自分で流れ出てくることもなく、 手術して掻き出すこともなく、 自然に消える????? そんなことが、 ホントに起こるの~?! ミラクルです!!! 人間の身体って、不思議ですよね。。。 バニシング・ツインの原因は特定されておらず、 予防法も見つかっていないみたいです。 この現象は、 妊娠6週から7週までに起こることが多く、 妊娠8週を過ぎるとほとんど見られなくなる。 流産率と同じくらいですね。 バニシング・ツインって、 初期流産と同じで、 誰にでも起こりうるものなんですね~ 一生懸命頑張って、 子宮にしがみついてくれているのに、 1人の命が失われてしまうなんて悲しい。 悲しすぎる…。 いつも、 祈ってばかりの毎日な気がします。 祈ることしかできないなんて、 私、なんて 無力なんでしょう。。。。

次の