激辛 腹痛 対処。 【検証】激辛料理には水より「牛乳」が効くって本当なのか!?

激辛を食べた後の腹痛、下痢になったときの対処方法

激辛 腹痛 対処

こんにちは、ARuFaです。 季節は冬! 辛い料理を食べて身体の内側からポカポカしたい季節が今年もやってきました。 辛い料理は苦手な僕ですが、それでも寒いこの季節にはピリ辛料理を食べて身体を温め、そして大満足で腹を壊しています。 さて、そんな唐辛子の効いた辛い料理を食べていると、 ついつい「 水」を飲んで辛さを抑えようとしがちですよね。 …でもその水。 実は辛さに逆効果だって知っていましたか? というのも、唐辛子の辛味成分 「カプサイシン」は油に溶ける性質を持つため、水ではその成分を洗い流すことはできずに、 逆に辛さが口中に広がってしまう原因ともなるとか。 それでは、辛さを抑えてくれる飲み物は何なのかというと…実は 「牛乳」 らしいんです。 その理由は牛乳に含まれる 「カゼイン」という成分。 このカゼインが辛味成分の働きをブロックしてくれるらしく、辛味を感じにくくなるどころか、お腹も壊しにくくなるらしいのです。 まさか水よりも牛乳の方が辛さ対策になるとは、なんとも意外ですよね。 …そして、そんな情報を先日インターネットで発見した僕は、涙を流して歓喜しました。 何故なら、これからは手元に牛乳さえあれば、 あれだけ苦手だった激辛料理が僕にも食べられるかもしれないからです。 恐らく僕と同じように、激辛料理に憧れを持っている方は今頃画面の前でガッツポーズをしていることでしょう。 …とはいえ、インターネットの情報を鵜呑みにするのもいささか不安というもの。 そこで今回は、 本当に牛乳が激辛料理に効くのかを検証するため、 激辛料理に牛乳と共に挑戦したいと思います! 新鮮な牛乳を手に入れる さあ、まずは検証に使用する牛乳を手に入れるべく、訪れたのは都内の レンタカーショップ。 今回の検証ではできるだけ 新鮮な牛乳 の方が効果がありそうなので、レンタカーを使って新鮮な牛乳が手に入る場所まで行きたいと思います。 「何でわざわざそこまで」と思われるかもしれませんが、僕がそれだけ今回の検証に本気だということを感じ取って頂ければ幸いです。 こちとら休日使ってるんですよ。 それでは早速、出発しましょう。 ~3時間後~ 到着しました。 こちらが今回、新鮮な牛乳を手に入れるためにやってきた、県は です。 マザー牧場は、自然豊かな県の山頂付近に位置する 牧場型のテーマパーク。 様々な動物たちと触れ合うことができる体験型施設です。 やはり「新鮮な牛乳」と聞いてまず思い浮かぶのは 牧場ですからね。 ここならきっと、絞りたての新鮮ピチピチの牛乳を手に入れることができるでしょう。 何より、ちょっと引くくらい自然豊かな場所なので、牛乳自体の味もきっと美味しいはず。 むしろこれで美味しくなかったら僕は何を信じていいのかわかりません。 という訳で、早速 牛乳を搾れる牛を探していきましょう! 何しろマザー牧場の敷地は ドーム60個分の広さ!その中から牛を探すのは非常に困難なはずですからね。 夕暮れまでに見つけられれば良い方でしょう! と思ったら速攻で見つけました。 こちら、本物の牛です。 虚空を見つめながらじっとしています。 年金のこととか考えているのでしょうか。 何ていうか、普段あまり牛と触れ合わない生活をしているからか、本物の牛を見ても全然実感が沸かないというか、ここから牛乳が出るだなんて信じられません。 ちなみに、牛の近くには馬もいたのですが、 この2頭は本当にピクリとも動かなかったので、作り物かもしれません。 だとしたらメリットは何なんだということになりますが、今回の目的はあくまで牛乳なので深く考えないようにしましょう。 さあ、話は戻って牛です。 早速、近くにいた従業員さんに 「この牛の乳って勝手に絞っていいんですか?」と聞いたところ、 「よくないです」とピシャリと言われてしまいましたが、 代わりに 「近くに『体験』ができる場所ありますよ」との有力な情報を得ることができました。 そしてこちらが案内された 「乳しぼり場」。 ここで牛のチチシボ()ができるそうです。 「乳しぼり場」というあまりにも男らしいネーミングに一瞬だけひるみましたが、ここで逃げ出したらから遥々来た意味がないので頑張ります。 さあ、そうこうしていると楽しげな音楽と共に、乳しぼり場に 今回の主役である乳牛が登場し… そして、乳しぼり台に乗りました。 「ワーーーー!!!」 すると同時に場には 大勢の人々が殺到。 どこから出てきたんだという老若男女が我先にと奪い合うように乳を搾っては、再び列の後ろに回るという 織田信長の鉄砲隊のようなの無限サイクルが一瞬で完成されました。 ってスポーツだったんですね。 というわけで、僕も負けじと乳を搾っていきたいと思います! うおおおおおおーーー!! ヨイショーーーッ!!! 「モー」 どっこいしょーーッ!! 「モー」 あけまして~~~~ おめでとうございます!! おめでとうございまーーす!!! 「モー」 …体験は全体で15分間。 あれだけ熱狂していた他のお客さんは5分で飽きて帰ってしまったのですが、僕は雄叫びを上げながら 時間いっぱいまで乳を搾りまくりました。 あまりにも絞ったため 「牛、干からびるんじゃないか」と心配になって従業員の方に聞いたところ、 「個体差にもよりますが一日30リットルは乳が出ますね」と言われ、動物ってすごいなと思ったと同時にドン引きしました。 ちなみに、絞り出した牛乳は 直接飲むと腹を壊すそうで、「本末転倒かよ」と思ったので乳しぼり場のすぐ隣の売店で販売していた新鮮な牛乳を購入。 店員さんが言うには、この牛乳は搾乳から製品化までのラインを一本化した メチャクチャ新鮮な物らしく「パスチャライズ殺菌」とかいうよくわからないけど凄い加工をしているのでヤバいくらい新鮮とのことです。 そしてこの文章のIQは4です。 では、新鮮な牛乳が手に入ったところで、今度は 激辛料理店へ行くために再びからに戻ります。 牛乳ができるだけ新鮮な状態で検証を行うべく、急いで激辛料理店へと向かいました。 激辛料理店に行く さあ、そんなこんなで僕は区にある 激辛カレー料理店「カーナピーナ」に到着。 このお店は激辛ファンには有名な聖地らしく、レビューブログでも 「辛過ぎて失神しました」とか平気で書いてあるくらいのお店のです。 まさに今回の検証にうってつけ。 この激辛カレーを食べ、その辛さを牛乳で見事に消すことができたなら、 牛乳に辛味を抑える効果があると言ってもいいのではないでしょうか。 そんな訳で早速入店。 店員さんに 「店内で牧場から持ってきた牛乳を飲んでもいいですか」と聞いたら 「だめです」と言われたのでカレーをテイクアウトして家で検証をしてみることにしました。 そしてテイクアウトしてきたカレーがこちら。 辛さのレベルは 一番辛いものを注文しました。 見るからに辛そうですが、牛乳を飲めば大丈夫らしいので早速検証をスタートしましょう。 果たして牛乳は激辛料理に効果的なのでしょうか!? 検証スタート それでは早速、激辛カレーを食べてみましょう。 そしてカレーを食べた後、 牛乳を飲んで口の中の辛味が引けば検証は成功という事にしましょう。 「それでは、 ます」 あぐっ 頭が爆発しました。 辛過ぎる。 いや辛いってレベルじゃない。 口の中で爆竹を鳴らされたかのような衝撃です。 もしくは、熱々の鉄球を口に放り込まれたらきっとこんな感じなんでしょう。 全身からは一瞬で汗が吹き出し、鼻水がほとばしると同時に 脳天には鋭い痛みすら感じる程。 これは本当の本当に辛過ぎます。 そりゃもう全然引きません。 絶望した僕の悲しくも醜い悲鳴が部屋中に響き渡ります。 この後に水も飲んでみたのですが、確かに水と比べて牛乳の方が辛さが引く感じはあるものの、 カレーの威力が凄まじくほとんど効果がありませんでした。 いくら人間が身体を鍛えてもブルドーザーには勝てないように、相手の力があまりにも強過ぎてしまったようです。 そして頼りにしていた牛乳が効かないとなると、局面は一転して激辛料理が苦手な僕は大ピンチに陥りました。 目の前にあるのは溶岩のようなカレー。 これを全て食べ切ることなんて到底無理でしょう。 食べましたけど。 大粒の涙を流しながら食べ切りましたけど。 効きもしない牛乳を飲みつつ、身体から 「ヒューヒューゼロゼロ」という変な音を立てながら何とか食べ切りました。 ・・・と、いう訳で今回の検証の結果はこちらです。 相手が強過ぎると、いくら小細工をしようが意味がありませんでした。 とはいえ、 常識レベルの辛さの物なら本当に牛乳で辛さ抑制できるそうです。 また、牛乳のおかげなのか、この撮影の後に お腹を壊すこともありませんでした。 辛い物が苦手な方は、是非一度試してみてはいかがでしょうか。 僕はもういいです。 ARuFa 暇人ブロガー。 辛いものが苦手。 巨木に貫かれるのもやや苦手。

次の

お腹を壊す、でも辛いものが大好き!腹痛の原因と治し方

激辛 腹痛 対処

何故辛いものでお腹を壊すか 辛いものを食べるとお腹がチクチクしたりお腹が熱くなったりしますよね。 あとお尻もヒリヒリが止まらなくて、私は切れ痔持ちなので「これがこの世の地獄なのね」と悟りを開いてしまうほど辛いのです。 これは何故でしょう? 専門家を読んで聞いてみました。 のびのびは意識が遠くなり、これが黄泉の国だと悟る。 ・・・・ つまり、多量のカプサイシンは副交感神経を活発化させてしまい、腸の働きをフルパワーにしてしまう。 ではどうしたらお腹を壊さないですむか? それは事前準備や食べ物や飲み物などの、飲食でカバーするしかありません。 激辛でお腹を壊す前の事前準備 何事も予防が大切です。 私の場合は激辛と有名のお店に行く際にはきちんと予防してから行きます。 それではどんなことかわアーナルマナーなのか? それは事前に下記の物を口にしてから行きます。 牛乳や飲むヨーグルト 乳製品に含まれるたんぱく質であるカゼインは、お腹に膜を張る効果があります。 カプサイシンは胃腸の粘膜を傷つけてしまうため、乳製品のカゼインでコーティングすることによって粘膜を傷つけるのをカバーします。 また、動物性たんぱく質も含まれており、動物性たんぱく質は胃腸だけでなく舌もコーティングする作用があるので辛さも和らぎます。 玉子などのたんぱく質を食べておく 動物性たんぱく質は油と同じで胃腸をコーティングしてくれる効果があります。 たんぱく質を食べすぎた次の日はうんちがベタベタになったという経験のある人は結構いるでしょう。 それだけたんぱく質の効果はすごいので、辛いものには非常に効果を発揮してくれます。 プロテイン最強 プロテイン ホエイ はカプサイシンの刺激から守る牛乳のカゼインたんぱく質と動物性たんぱく質が含まれています。 牛乳のたんぱく質が多い番だと思って飲んでもらえると効果がかなり期待できます。 食物繊維をたくさんとっておく 食物繊維はお腹にへばりついた物を綺麗に絡め取ってくれます。 食物繊維をとっておくと、辛いカプサイシンも包んで一発で体外へうんちとして排出してくれます。 辛いものを食べている時に気をつけること 辛いものを食べている時、辛さでテンションが上がって後のことを考えずに食べてしまいます。 すると、調子に乗りすぎて次の日地獄に・・・という危険性もあります。 そこで、上記の「激辛でお腹を壊す前の事前準備」と被るところもありますが、食べている時にも出来る予防も紹介します。 食物繊維も摂取する 食物繊維を摂るとカプサイシンも絡め取ってくれると説明しましたが、出来れば食前に摂るのが良いでしょう。 激辛ラーメンであれば野菜を全部食べてからスープや麺をすする方が後々お腹の痛みは和らぎます。 水分はしっかり 水は脂溶性のためカプサイシンとけにくいのが悲しいところです。 そのため、普通に水を飲むよりも、緑茶やコーヒーなどタンニンの含まれたものを飲むのが効果的です。 タンニンはカプサイシンの働きを弱めます。 タンニン酸はカプサイシンの辛さや刺激を抑える効果があると生理学研究所にて証明されています。 URL参照: 辛いものを食べている時は緑茶やコーヒー、烏龍茶を一緒に飲みながら食べると辛みが収まってしまいますが、後々の辛さは無くなります。 食物繊維入りの飲み物最強 現在は食物繊維が豊富に含まれたお茶なども販売されています。 こういった食物繊維、タンニン酸が含まれたものを飲んでおけば、カプサイシンの刺激も収まり、うんちでいっぺんに出すことが出来るので良いですよね。 レモンやライムなど柑橘系の酸味も良いみたい レモンやライムの絞り汁はタイ料理でよく使われていますよね。 これはレモンやライムに含まれる酸味が辛さの元であるカプサイシンの働きを弱めるためだとタイ人は昔から分かっていたそうです。 食後でも構わないのでデザートとして柑橘系を食べるのも良いですし、レモンやライムがお皿の端に置いてあれば食べるのも良いでしょう。 辛いものを食べてお腹を壊してしまった後の対処法 辛い物を食べた直後であれば、タンニンを含む 「 緑茶」や「 コーヒー」をたくさん飲むと良い。 また、植物油をたくさん含んでいる辛いものは、 カプサイシンは脂溶性のため、粘膜の損傷を強くします。 そのため、タンニンを含み油を流しやすくする効果のウーロン茶を飲むのをオススメします。 食物繊維の入った烏龍茶が最も良いのですが、食後は次の日のことを考えて多めに飲んでおきましょう。 また、実際にお腹が痛くなり下痢が止まらない場合は次のことを試してみましょう。 辛いものを食べてお腹を壊すのは副交感神経が活発化されているから・・・ 副交感神経と交感神経のバランスを整えれば良い。 私は船酔いした時や酔っ払って動けなくなった時によくやるのですが、 横になって腹式呼吸をしてそのまま眠ると大体治ってしまいます。 腹式呼吸は交感神経と副交感神経のバランスを整えるので、元々の原因である自律神経の乱れを治せば、時間はかかりますが必ず治ります。 胃腸が荒れているので胃腸薬 胃腸が荒れているのも下痢の原因なので、胃腸の調子を整える胃腸薬を飲むのをオススメします。 基本的にはすぐ治りますが、一日中お腹を壊している場合は胃腸が荒れに荒れている可能性が十分あります。 胃腸が荒れるとポリープや大腸ガンの原因にもなるので、なるべく飲んで置いた方がいいでしょう。 また、下痢をしているからといって正露丸は駄目です。 水分不足にならないようにする 下痢が続くと体外に水分も排出してしまうため水分不足になりやすいです。 水分不足になると吐き気や気持ち悪さを発症するので、 下痢プラス吐き気という最悪の状態になります。 辛いものを食べた直後であればタンニンを含む飲み物も効果的ですが、 下痢になってしまった時に飲むと利尿作用があるので水分不足にはあまり効果がありません。 ポカリスウェットを飲むことをすすめます。 トマトやリンゴは便秘や下痢に有効 リンゴは便秘や下痢に効果的なのは有名ですよね。 また、胃に優しい食べ物としても有名です。 下痢をしてしまったらなるべく胃腸に優しいものを食べるのが良いですが、リンゴは胃腸に優しく食物繊維も含まれているので、 お腹が治った後も便秘になりにくいので後のことを考えるとリンゴは最適です。 トマトやリンゴに含まれるビタミンAは粘膜保護成分が高く、ペクチンは食物繊維と同じく便の水分を吸収して体外へ排出してくれます。 辛いものを食べ続けると実は危険 私は辛いものをほぼ毎日食べているのですが、カプサイシンは粘膜を傷つけるので 粘膜が傷つけられた状態が続くとポリープができたり、ガンになる確率が上がるとのこと。 実際私は、朝便を出した時に便器が真っ赤になった経験があります。 病院でお尻から内視鏡を入れて調査するのですが、これがなかなか辛いのです。 程よい量なら体には良い効果をもたらしますが、とりすぎはよくありません。 以上! 辛い食べ物は程よい量ならダイエットにも健康にも効果的ですが、過剰摂取は身体を危険に晒します。 どれくらいが程よい量なのかは人によって違いますが、参考まで私の場合は ラーメン中本の北極ラーメンを昼に食べ、おやつで激辛マニアというお菓子を食べ、夜は激辛グリーンカレーを食べた次の日は 一日中トイレと冷水シャワーの繰り返しで学校を休んだことがあります。 皆さんも辛いものを食べる際には前もって準備をして、辛いものを食べた直後もタンニンなどを摂取して 被害を最小限に抑えましょう。 以上最後まで読んでいただきありがとうございました!.

次の

腹痛の時に食べてはダメ!良い食べ物は?

激辛 腹痛 対処

乳製品を食べて胃酸から守る 辛い物を食べた時に、お腹が痛くなってしまう原因の多くは「胃酸が多く出てしまう」ということです。 トウガラシを多く食べてしまうと胃酸が出過ぎて胃の粘膜を痛めてしまう結果お腹が痛くなってしまうのです。 そのため、胃の粘膜を胃酸から守って上げる必要があります。 そんな時に強い味方になってくれるのが「乳製品」です。 牛乳などの乳製品はご存じのとおり胃の粘膜に貼りついてくれるので胃酸からの刺激から守ってくれるでしょう。 できれば、辛い物を食べる前に乳製品でいの粘膜をコーティングしておくと予防できます。 しかし痛くなってしまった後に乳製品をとっても効果があります。 そのため、辛い物を食べすぎてしまったな…と感じたらコンビニなどでヨーグルトなどを買ってデザート代わりに食べるようにすれば腹痛を和らげることができるかもしれません。 また、牛乳を飲むとお腹を壊しやすい人は、無理して牛乳を飲んでしまうと辛い物を食べる食べない関係なくお腹を下してしまいます。 ヨーグルトやチーズなどの乳製品をとるようにしましょう。 オススメは「飲むヨーグルト」です。 牛乳と同じような飲料なのに牛乳のようにお腹がごろごろしないだけでなく粘度があるので胃の粘膜を優しくカバーしてくれます。 本格的なインドカレー屋さんで激辛カレーと一緒にラッシーと呼ばれる飲むヨーグルトが出てくるのはこの原理からだとも言われています。 市販の薬を飲み腹痛を抑える 辛い物を食べた後にお腹が痛くなってしまったり下痢をしてしまったときのとっさの対応として利用できるのは「市販の薬」です。 ドラッグストアなどに行くと胃痛や下痢に対応している薬は多くありますよね。 その中で自分が良く使用している胃薬や胃腸薬を選びましょう。 胃酸が多く出てしまって胃壁を傷つけてしまっているので胃酸の出すぎタイプの薬を選ぶとよく効くかもしれません。 自己判断で怖い場合はドラッグストアなどに常駐している薬剤師に相談してみましょう。 ただ、こういった薬で対処をしても胃壁が損傷を受けて潰瘍になっていたりする場合は薬で痛みを消すだけでは解決になりません。 更に悪化してしまうのでかならず病院に行って診断を受けるようにしましょう。 さらに注意してほしいのは、薬で簡単に痛みが引いた場合です。 簡単に痛みが引けばそこまで症状が重くなかったということになります。 しかし市販の薬は安価に簡単に手に入るので「この薬を飲めばいいや」と軽い気持ちになって辛い物を食べすぎることに躊躇がなくなってしまいます。 そうなると怖いのが、味覚障害や中毒です。 辛い物を食べることが習慣になってしまうと胃酸で胃壁がやられやすくなったり、ガンになる確率が高くなってしまうというデータもあるようなので恐ろしいですね。 そのため市販の薬がよく効くからたくさん食べてもOKという考えはできるだけ持たないようにし、万が一痛くなってしまった時のとっさの対処法として覚えておきましょう。 病院に行き腹痛を訴える 辛い物を食べすぎて胃が痛くなってしまったりお腹を壊してしまった時、あまりにも症状が酷い場合は病院に行くことをオススメします。 市販の薬よりも正確でよく効く薬を処方してもらえますし、なによりも胃の状態を確認することができるからです。 特に、辛い物が大好きで普段たくさん食べる人は「胃潰瘍」になってしまっている可能性があります。 胃潰瘍を放置すると胃ガンなどの大きな病気になってしまう可能性もありますし、胃潰瘍の治療に入院が必要になる場合もあります。 そのため辛い物を食べて、その痛みを抑えるために市販の胃薬や鎮痛剤などで痛みを抑えてしまっていると痛い原因がわからず重大な病気に発展してしまうかもしれないということになります。 胃ガンなどの大きな病気になってしまうと命に係わりますし、胃潰瘍でも一週間ほどの入院が必要な場合もあって仕事に支障が出てしまいます。 そうならないためには、痛くなった時点で病院にいって検査をしてもらい正しい治療をしてもらうことがなによりも大事です。 辛いものを食べた後の腹痛は気をつけよう 辛いものを食べた後のあのお腹の痛みを軽い症状と考えるのはよくないようです。 何事も塩梅が大切です。 美容にいいと言われている辛い物でも食べすぎると体の害になってしまうもの。 何事もほどほどがいいということのようですね。 「辛いものを食べた後の腹痛はどう対処したら良い?激辛料理の辛さを和らげる方法」への感想コメント一覧•

次の