ロード バイク ギア チェンジ。 ギアが勝手に変速したりうまく変速できなくなってきた時に行うディレイラーの調整方法

【ロードバイク】ギアチェンジの方法を解説!基本のギアの変え方を知ろう【初心者向け】

ロード バイク ギア チェンジ

ロードバイクはママチャリとは違う ロードバイクと普通の自転車とでは何が違うか? フォルム?サドル?軽さ? 色々と違いはあるけれども、一番の違いはコンポーネント。 ギアでしょう。 普通の自転車では変速が付いていても3速〜5速ぐらいですが、 ロードバイクは前後のギアで20速以上の変速が可能になっています。 この高性能な変速機のおかげで、坂道も楽に登れたり、 平地では車と併走できるようなスピードが出せたりするわけですね。 さて、この高性能なギアですが、使い方がちょっと特殊です。 ママチャリなら左手にあるノブを前後に回すだけでギアが重くなったり軽くなったりします。 しかし、ロードバイクのギアチェンジは左右2つづつ、4本のシフトレバーを使います。 これが素人にはとても扱いづらい! 銀座から乗り出しでロードバイクを買ったものの、 シフトチェンジが上手くできず、帰りの道はシフトアップしようとしたらダウンしたり、 発進時にギアが重過ぎたりと、悪戦苦闘しました。 なので、適切なギアの使い方を覚える事は ロードバイクに乗る上では非常に重要になってきます。 ロードバイクのシフトチェンジ方法 まずは基本的なシフトチェンジについてです。 ロードバイクは前変速機(フロントディレイラー)と後変速機(リアディレイラー)、 前後2つのギアがあり、上手に変速しながら最適な重さに調整します。 「左手はフロントディレーラー、右手はリアディレーラー、この法則は世界標準や!! 」 by 鳴子章吉(弱虫ペダル) そう、左右のレバーでフロントのギアか、リアのギアを操作するのかが変わるんですね。 ディレイラーのメーカーによってシフトチェンジの方法が若干変わったりするようですが、 基本的に左手で前のギア、右手で後ろのギアを操作するのは変わらないようです。 ここでは、日本で最も一般的なシマノのシフトチェンジ方法について解説します。 こちらは、ほとんどのロードバイクで2枚となっています。 これはフロントのギアは2段階の重さがあるという事です。 フロントディレイラーの変速には左手のシフトを使います。 シフトアップする場合は、ブレーキレバーを内側に押し込みます。 シフトダウンする場合は、小さいレバーを内側に押し込みます。 フロントディレイラーは2段階しか変速がありませんが、 その分、ギアの重さの変化が大きいです。 急な下り坂や上り坂、急な減速など速度が大きく変わる場合に使います。 フロントディレイラーに比べて細かく重さが変えられるので、 走行中は主にリアディレイラーのシフトチェンジで適切な重さにする事が多いでしょう。 リアディレイラーは右側のシフトを使います。 シフトアップする場合は、小さいレバーを内側に押し込みます。 シフトダウンする場合は、ブレーキレバーを内側に押し込みます。 このとき、ブレーキレバーを奥のほうにグッと押し込むと一気に3速のシフトダウンが可能です。 1速ダウンよりも押し込むともう一回カチッと音が鳴って、2速のシフトダウン。 さらに押し込むともう一回カチッと音が鳴って3速のシフトダウンになります。 ・・・お気づきになられましたでしょうか? フロントとリアでは、シフトアップ、シフトダウン時に使うレバーが逆なんです。 わかりづらいわ!なんでやねん! でも、こうなっているので覚えなければいけませんね。 このように、フロントとリアのギアを上手に使い分けて、 適切なギアで足の負担を軽減しつつ速度を出していくのがロードバイクの醍醐味です。 初心者で平坦しか走らないうちはリアのみでも良いような気がします。 最初はなれないかもしれませんが、上達のためにはシフトチェンジのスキルは必須! たくさん走って、慣れていくしかないですね。

次の

ギアってどうやって変えるの?~今更聞けない変速の方法~

ロード バイク ギア チェンジ

1.ギア変速(シフトチェンジ)の3つのコツ ロードバイクのギアの数は一般的な自転車よりも多く、 前(フロント)が2段、後ろ(リア)が8~11段あります。 最低でも16段あるロードバイクですが、 それを上手く使いこなすことによってより速くスムーズに漕ぐことができます。 ロードバイクのギアの変え方は、 ブレーキとなるレバーを内側に倒すことでギアが変わるようになっています。 左右にそれぞれ2つのボタンがあり、 右が後ろ(リア)のギアを、 左が前(フロント)のギアを変えることができます。 そんなロードバイクのギアですが、変速のコツについて見ていきましょう。 コツ1.ギアを変える瞬間、力を抜く 力を抜くことを 抜重といいますが、 ギアを変える瞬間に抜重をすることによってスムーズにギアが変わります。 なぜ、ギアを変えるときに力を抜かないといけないのか? チェーンが外れる原因になる 力を入れて踏んでいるときにギア変速をして、チェーンが外れた経験のある人は少なくないでしょう。 チェーンが次のギアに乗り移ろうとしているところを、 自らが力を入れて回すことによって、チェーンがうまくスプロケットに噛み合わない場合があります。 ギアを変える瞬間に力を抜くことは簡単なことではありません。 むしろ難しいでしょう。 しかし、ギア変速に慣れていくうちに、 力を抜くタイミングと手でシフトレバーを倒すタイミングが合い、 スムーズな抜重、そしてスムーズなギア変速が行えます。 スプロケットを劣化させる 力を入れて漕いでいるときにギアを変えてしまうと、 チェーンとスプロケットがこすれて、チェーン・スプロケットともに劣化させてしまうことになります。 スプロケットの歯は、普通に乗っていても少しづつすり減ってはいるものの、ギア変速の仕方次第では早く劣化させてしまうかもしれません。 チェーンも同じく伸びる原因となってしまいます。 ちょっとした毎日のギア変速の仕方が、 チェーンやスプロケットといったの劣化に繋がっているかもしれません。 コツ2.ギアの組み合わせに気を付ける 一般的に、 フロントのギアが外側(重い)に入っている状態のことを アウター、 フロントのギアが内側(軽い)に入っている状態のことを インナーといい、 リアのギアが外側(重い)に入っている状態のことを トップ、 リアのギアが内側(軽い)に入っている状態のことを ロウといいます。 そして、ギアには前(フロント)と後ろ(リア)がありますが、 それぞれの組み合わせの位置次第では、さまざまな原因を引き起こしてしまう可能性があります。 チェーンが伸びる原因になる 前(フロント)のギアが 内側(インナー)で、 後ろ(リア)のギアが 外側(トップ)の場合、 チェーンが斜めに伸びきっている状態のため、チェーンの劣化に繋がるといえます。 それの逆の、 フロントのギアがアウターで、 リアのギアがロウの場合も同じです。 インナートップ・アウターロウはなるべくしないようにしましょう。 チェーンが外れる原因になる インナートップ・アウターロウのような斜めに伸びきっている状態の中で、 段差などで衝撃が加わった場合、チェーンが外れる可能性があります。 せっかくの坂を勢いよく登っていたとしても、 チェーンが外れれば失速するだけではなく、怪我をするかもしれません。 コツ3.事前にギアを変えておく 「次のカーブを曲がれば登り坂がある!」 なんてときはカーブを曲がっているときに、先にギアをインナーに落としておきましょう。 坂に入ってからギアを変えようとするため、チェーンが外れたりするのです。 コースを知る知らないに限らず先のコースを予測することで、 ギアをスムーズに変えられるだけではなく、事故やを防げるかもしれません。 2.ギア変速の上手さは走り方の上手さに繋がる ギアをスムーズに変えられる人は、走り方が上手いといえるでしょう。 20段近くギアがあるロードバイクですが、そのギアを使いこなすかはその人次第です。 を重いギアでずっと走るのか、 の平坦を軽いギアでずっと走るのかはその人の判断です。 その場所と場合に合ったギア選択をすることは、 ロードバイクに乗っている中で非常に重要になってきます。 いかに疲れないように走るかはギア次第かもしれません。 3.まとめ 今回は、ロードバイクの上手いギア変速の仕方とコツについて勉強しました。 日頃なんとなく行っているギア変速ですが、そこには奥深いものがありますね。 今回勉強したことを思い出し、上手いギア変速を目指し心がけましょう。 次回は、について勉強していきましょう。

次の

リアディレイラー調整を10分で成功させる3ポイント

ロード バイク ギア チェンジ

あれっ、なんだかシフトチェンジが調子悪いな〜。 ロードバイク買ってから時間が経ってるからしょうがないのかな? そんな状態でロードバイクに乗っていませんか? リアディレイラーは「 10分くらい自分で調整」することで解決できるもの。 今回は3つのポイントでリアディレイラー調整方法をお伝えします。 リアディレイラーの仕組み リアディレイラーは、ワイヤーを引っ張ったり緩めたりすることで、チェーンをスプロケット1段ずつずらす仕組みです。 引っ張るとスプロケットの歯数が大きいギアに変速(シフトダウン)し、緩めると歯数が小さいギアに変速(シフトアップ)。 ワイヤーを1段引っ張る長さはコンポーネントの種類や型式で違ってくるので、互換性がなかったりします。 ポイント1:リアディレイラーのワイヤーをきちんと張る リアディレイラーはワイヤーを引っ張ったり緩めたりすることで変速するので、 ワイヤーがきちんと張られていなかったら変速しません。 ロードバイクの完成車を買ったときは、ショップがメンテナンスしているのできちんと変速。 数ヶ月乗っているとワイヤーが少し伸び、変速性能が落ちたりします。 こんなときはリアディレイラーのワイヤーを引っ張ってあげる必要あり。 コツは、 一番ワイヤーが緩んでいる一番歯数が小さいギア(トップギア)に変速しておくこと。 トップギアでワイヤーが張られていれば他のギアで緩むことはなく、最低限の変速はできるようになります。 ポイント2:ロー側、トップ側の移動幅を調整する 次はスプロケットの幅の分だけ変速するように調整すること。 例えば、「トップギアが入らない」「一番ローギアが入らない」「チェーンが外れる」という状態を避けるための調整。 なので、ワイヤーを張った状態できちんとトップギアからローギアまで変速できるようなら、この調整は必要なし。 ロー側の移動幅調整 ローギアの調整ボルトは、2つ並んだボルトの下側。 まずは一番大きなギア(ホイールのハブに一番近いギア)側に変速してから調整。 いちばんローギア側にするつもりが一番大きな歯数のギアに変速できなかったら、もっとリアディレイラーをホイール側に動かす必要あり。 時計回りにボルトを回せばリアディレイラーは外側に動くので、変速できるまでクランクを回しながら調整します。 トップ側の移動幅を調整する ローアジャストボルトの上にあるのがトップアジャストボルト。 調整方法はトップギア(一番歯数の小さいギア)に変速してから。 ローアジャストボルトの調整と同じように、トップギアまで変速できない状態ならボルトを回して調整。 反時計回りにボルトを回せばトップギア側にリアディレイラーが動くので、クランクを回しながら変速されるまで調整してください。 ポイント3:変速をアジャストボルトで微調整 最後に変速をスムーズにするための調整。 これは手でリアディレイラーのアジャストボルトを回すだけ。 トップギア(一番小さい歯数のギア)から1段落とした2番めに小さいギアにチェーンをかけて調整します。 この状態でクランクを回しながらシフトダウンをさせるのですが、「カチッ」といわないギリギリの遊び分シフトレバーを動かして様子見。 理想は「 カリカリカリ」と言ってシフトダウンしないけれど音が鳴っている状態。 この状態になるようにアジャストボルトを手で回しましょう。 アジャスターを回していくと、「カチッ」といわないのに変速してしまったり、「カリカリ」いわなかったりするので微調整してみてください。 まとめ 10分でリアディレイラーを調整する方法をお伝えしましたが、いかがでしたか? 慣れないと難しいと感じるかもしれませんが、是非チャレンジしてみてください! ただ、どうしても変速がうまく調整できないことがあります。 それは、 ディレイラーハンガーが曲がっている場合。 私は2回曲げましたが、曲がっているとどんなに調整しても変速がスムーズにいくことはありません。 ディレイラーハンガーは少しディレイラーに衝撃があった程度ですぐ曲がり、ちょっとした曲がりでも変速に影響が。 曲がっているかどうか自分で判断するのも難しいので、あまりにも調整できないときはロードバイクショップを尋ねてください。 注意して欲しいのは、 ロードバイクのメーカーや年式でディレイラーハンガーは違うということ。 事前に電話でショップに連絡しておくと良いですよ!.

次の