よき に は から う 意味。 「よきにはからえ」の意味と使い方・現代的な表現への言い換え4例

よき に は から う 意味

結婚式業界で働いている者です。 >晴れのよき日に~ 他の方も仰っているように、意味的には間違っていません。 ただ、やはり違和感がある事は確かですね。 雨の日に、わざわざスピーチに入れる必要はないと思います。 それから既出の方のアドバイスと反するようで申し訳ないのですが、 「雨降って地固まる」は「問題が起きたが、それでかえって今の絆が深まった」という意味です。 新郎新婦に何か問題があったかのようになぞらえるのはお勧め出来ません。 「あいにくの雨」も「好ましいものではない雨」という意味なので、使わずに済むならスルーした方が無難です。 この2つは、御親族の方が列席者に対しての心遣いとして用いる言葉としては良いですが、 御友人などが使うのは避けた方がいいでしょう。 でも緊張もされるでしょうから、別に気のきいた事を言わなくてもいいと思いますよ。 他の方のアドバイスのように、「おめでたいお席に~」「ご両家の今日の佳き日に~」で充分ですよ。 頑張って下さいね! こんにちは。 わたしも友人の披露宴で、何度かスピーチをした経験がありますのでちょっとアドバイスさせてください。 わたしは「晴れの席にお招きいただき・・・」というような文言を使った覚えがあります。 新郎新婦も今までの人生の中でたくさんの人とかかわりがあったりしたわけで、その中でも限りある席に選んで招待してくれたわけです。 ですから「晴れの席(式とか披露宴のこと)」にお招きいただき、ありがとう、とか光栄です、とかいった感謝の言葉がそのあとに続くのだと思います。 「晴れの席」で一つのの言葉だと思ってみては?? 「日」という言葉が入ると質問者さんが気にされているように天候のことと感じる人もいると思いますし。 実はわたしもその一人なんですが。 初めてのスピーチとのことですが、どうぞ笑顔で頑張ってきてくださいね。 私も#2さんのように、雨だけれど二人はとても幸せいっぱいみたいなところを強調していいと思います。 「晴れのよき日」って「おめでたい日」という意味ですが、人によっては違和感を感じるかもしれません。 質問者さんが違和感を感じられたように・・・ 難しい言葉を使うと混乱してしまうと思うので「おめでたい席にお招きいただき、まことにありがとうございます」 という感じでいいと思いますよ。 会場に窓がなかったら、雨が降っていることもわかりません。 雨が降っていたことを忘れたりしますよ なので天候のことは運動会ではないのでそこまで気にしなくてもいいと思います。 友達の結婚式で台風だったときは、「台風でもお二人の心は・・・」という感じでつなげましたけれどね。 お祝いの気持ちが伝わることが一番大事ですよ! 頑張ってくださいね!! Q 私の結婚式は、台風が直撃し、友人が5名、当日に欠席との連絡がありました。 5名のうち、1名が私側の友人で、その友人は夫婦で参加予定でした。 私たち夫婦と友人夫婦は、同じ大学出身で卒業して4年経ちますが、 結婚式の一週間前も会ったりしている仲でした。 友人夫婦も一年前に式をあげていて、その時は私たち夫婦 当時はカップル で受付をさせてもらったので、私たちの式でも彼女たちに受付をお願いしていました。 自分で言うのもどうかと思いますが、式にむけて時間をかけて準備をしてきた方だと思います。 皆さんに少しでも感謝の気持ちを伝えたく、たくさん気持ちを込めて作り込んで行きました。 なので台風が直撃すると知ってからはとてもショックで、招待したゲストのみんなが来られるのかどうか、不安でたまりませんでした。 遠方からみえる方達も少なくなかったため その友人夫婦はきっと来てくれると思っていましたが当日、欠席の連絡がありました。 詳細を以下の箇条書きで ・友人夫婦は他県から車でくる予定だった 車で1時間半 ・ご祝儀は結婚が決まった後、両夫婦で食事をした際にいただいた ・奥さんは 友人 、妊娠中 5ヶ月 だった 来られなかった理由としては、旦那さんが地域の防災活動? 消防団 に招集され、台風が過ぎ去るまで身動きがとれないとのこと。 私はその連絡をうけて、奥さんの方は1人でくるのかと思っていたが、「そういうことだからごめん」と、言われて、来ないんだなぁとわかりました。 仕方のないこととは分かっていても、悲しかったです。 ただ、そんなことよりも来てくれた人達がたくさんいることの方が、それはそれは何百倍も幸せな気持ちにさせてもらったのですが…。 しかし、その後、式が終わってからですが、会場に夫婦できてくれました。 旦那さんの方が つまり私の旦那さんの友人 とても申し訳なさそうにしていて、奥さんは 友人 それについてきた、ような感じに見えました。 私は妊娠中じゃありませんし、彼女の気持ちを理解できていないのかもしれません。 しかし、結婚式から2ヶ月経った今でも、以前の様に、会ったり話したりしたいと、思えない様な気がします。 もうすぐ、彼女も出産するので、心から祝ってあげたいです。 でも、思い出すと不信感というか、少し距離を置きたくなってしまいます。 みなさんの意見を聞かせてもらいたいです。 長文、駄文すみません。 私の結婚式は、台風が直撃し、友人が5名、当日に欠席との連絡がありました。 5名のうち、1名が私側の友人で、その友人は夫婦で参加予定でした。 私たち夫婦と友人夫婦は、同じ大学出身で卒業して4年経ちますが、 結婚式の一週間前も会ったりしている仲でした。 友人夫婦も一年前に式をあげていて、その時は私たち夫婦 当時はカップル で受付をさせてもらったので、私たちの式でも彼女たちに受付をお願いしていました。 自分で言うのもどうかと思いますが、式にむけて時間をかけて準備をしてきた方だと思いま... Q 皆様、こんにちは。 最近何かとよく耳にする『更迭』と『罷免』ですが、意味が同じように思えてなりません。 他にも『解任』などもあったりして どちらも、『人を辞めさす』という意味で間違いないと思いますが。 gooの国語辞典で調べると、『罷免』は単に辞めさす事。 『更迭』は他の人に変える事とでてきます。 これは単にメディアがきちんとした使い方をしていないという事なのでしょうか? なんだかうまくまとまりませんが、『更迭』と『罷免』について分かりやすい用法や明確な違いをご存知の方がいらっしゃれば是非教えて下さい。 よろしくお願い致します。 …にくい。 goo. php? キーワードを変更して再度検索をしてみてください。 goo. php? goo. php? …にくい。 goo. php? キーワードを変更して再度検索をしてみてください。 goo. php? Q 妹が結婚します。 双方の親族のみの神前式で、披露宴ではなく食事会があるそうです。 妹からは「乾杯の挨拶」を頼まれたのですが、何を言っていいのかわか りません。 私は妹とは離れて生活しており新郎新婦の普段の付き合い等まったく 知りませんし、今まで結婚式に出た事が無いので見当もつきません。 自分の結婚式を半年前にやったのですが、その時は6歳の子供にやって もらったので参考になりません^^; 一応ネット等で調べてみたら、友人や同僚が「乾杯の挨拶」をするケース はあったのですが、それも披露宴向けでした。 親族のみの食事会であれば、あまり仰々しくなく手短でいいのでしょうか? 私もスピーチ等は苦手だし、長くなって食事待たせるのもイヤなので短く しようと思ってるのですが、あまりに形式ばった挨拶もどうかな~ と悩み中です。 はなはだ僭越ではございますが、ご指名を頂戴しましたので、乾杯 の音頭をとらせて頂きます。 新郎新婦の末永いお幸せをお祈りいたしまして、乾杯をいたしたいと 存じます。 ご唱和をお願いいたします、乾杯!」 ベースはこんな感じでいいと思うのですが、何か抜けているような文言や こんな話を付け加えるとイイ等のアドバイスがあればお願いいたします。 自分では、もし付け加えるなら、たった半年ですが私達の結婚生活のコツ みたいなものを話できたらと思いますが、如何でしょう。 妹が結婚します。 双方の親族のみの神前式で、披露宴ではなく食事会があるそうです。 妹からは「乾杯の挨拶」を頼まれたのですが、何を言っていいのかわか りません。 私は妹とは離れて生活しており新郎新婦の普段の付き合い等まったく 知りませんし、今まで結婚式に出た事が無いので見当もつきません。 自分の結婚式を半年前にやったのですが、その時は6歳の子供にやって もらったので参考になりません^^; 一応ネット等で調べてみたら、友人や同僚が「乾杯の挨拶」をするケース はあったので... A ベストアンサー うーん・・・。 syarsさんは新婦側ですよね。 私の少ない経験だと 乾杯の音頭は新郎側の年配者が多いです。 syarsさんの年齢は文面からはわかりませんが、結婚して半年との事、きっとお若い人だと思います。 ここは手短かに さらりとした感じの方が好感が持てると思いますよ。 若い人が年配者の前で 結婚生活のうんちくを垂れても・・・。 それに皆さんが立ち上がってグラスを持っていますから 長いのは嫌われますしね。 参考になるページがあったので 良かったら一読してみてくださいね。 妹さんのお幸せをお祈りいたします。 roy. hi-ho. htm A ベストアンサー 手荷物に刃物は入れられませんので、スーツケースに入れて ください。 米国では最近基準が変わり、これまで一切禁止だった 刃物でも爪切りハサミ程度であれば持ち込み可能になりました。 ただ、この手のルール変更は現場でじゅうぶんに徹底されていな いことが多く、すったもんだの末に放棄させられる可能性もあり ますので、スーツケースに入れたほうが安心です。 また、没収処分は少なくなく、実際にはその場で放棄させられ ます。 空港では一時、放棄された刃物やライターが入った透明 な箱を、なかば見せしめのために置いていました。 なお、スーツケースの中であればまったく心配は要りません。 預け入れ荷物では爆発物や毒薬が探査の対象で、刃物は基本的に 問題ありません。 刃物は人が持たない限りは危険性がないです からね。 もちろん、日本刀( 武器とみなされます )のように、 米国への持ち込み自体に申告が必要なものは別です。 カミソリ ならなんの心配も要りませんよ!.

次の

よき に は から う 意味

「よきにはからえ」は、現代ではあまり聞くことがないため、多くの人にとって馴染みの薄いフレーズではないでしょうか。 しかし、現代においても、まったく使うことがないとは言えない言葉です。 漢字表記「良きに計らえ」 「よきにはからえ」を漢字で表記すると「良きに計らえ」になります。 漢字から「よきにはからえ」という言葉の意味も、おぼろげながらにでも見えてくるのではないでしょうか。 「良きに」には「良いように」という意味ですから「良きに計らえ」は「良いように計らえ」という意味です。 「計らえ」については、次で説明します。 「計らう」の意味 「計らう」には、次のようにいくつかの意味があります。 以上のような意味を持つ「計らう」の命令形「計らえ」の前に「良きに」がついた「よきにはからえ」は、例えば「物事がうまく運ぶように、考えて適切に処理をしなさい」という意味になります。 「よきにはからえ」の使い方と現代的な表現 現代ではビジネスや日常生活においてはほとんど使われることにない「よきにはからえ」は、かつては、どのようなシーンで使用されていたのでしょう。 そして、今なら、どんなシチュエーションで使うのが適切なのでしょうか。 知っておけば現代の日常生活でも使用できます。 現代人が「よきにはからえ」という言葉を聞いたことがあるとしたら、多くは、時代劇の中でではないでしょうか。 実際「よきにはからえ」は、将軍や武士の間で広く使われていた言葉です。 ちなみに「よきにはからえ」は、「貴方を信頼しているから貴方に任せる」というように、良い意味で使われることもあれば「わざわざ自分が出て行かなくてはならない場面ではない。 手を煩わせるな」といった意味で使われることもあります。 身分の高い者から低い者に使われる 「よきにはからえ」は「はからえ」が命令形であることからもわかるように、目上の人から目下の人へ、あるいは、身分の高い者から低い者へ使う言葉です。 よきにはからえ」 例えば、将軍に謁見した腹心の武士が、敵方の動きを報告したとき、将軍は「よきにはからえ」の言葉を上のように用います。 現代は公の場で使われることはほぼない 「そこをなんとか、よきにはからってくれよ」 「よきにはからうのだぁーっ」 例えば上記のように、友人など同様の立場の人に対して「よきにはからえ」を冗談めかして使こともないとは言えません。 上司が部下に「よきにはからっておいてよ」と軽い口調で言うこともあるでしょう。 ただ、いずれにしても、現代では、「よきにはからえ」がフォーマルで使われることはほぼありません。 現代使われる言葉で表す例 「よきにはからえ」は現代において使われることはほとんどありませんが、代わりとなる言葉(言い換えられる表現)はたくさんあります。 代表的なものをご紹介しましょう。 例1:任せる 「よきにはからえ」は「よい結果になるよう、うまく処理しなさい」という意味です。 言葉の裏には、相手に対する信頼があり、「だから私はあなたに任せますよ、一任しますよ」といったニュアンスが含まれています。 つまり、「よきにはからえ」を現代使われている言葉に置き換えるとしたら、一例として「任せる」が挙げられます。 「委ねる」も同様で「よきにはからえ」の同義語です。 例2:便宜をはかれ 「よきにはからえ」もまた、言葉を使うシチュエションによっては、「便宜をはかれ」と同じ意味を持つことがあります。 「便宜をはかる」とは、「利益になるようなこと、特別なはからいを行うこと」です。 命令形の「便宜をはかれ」なら、「自分に利益になるよう、特別なはからいを行ってよね」ということになります。 例3:好きにしろ 「よきにはからえ」は、場合によっては、いい意味ではなく、「好きにしろ」というネガティブ(投げやり)なニュアンスを含んで使われることもあります。 例えば、「パート同士の折り合いが悪いので、誰かを配置換えしようかと思うのですが、どうでしょう」と上司に相談したとします。 そのとき、「そんなことはどうでもいい。 自分に相談するまでもないだろう。 好きにしろ」という意味で、「よきにはからえ」を使うことがあります。 例4:口出ししない 「よきにはからえ」は、いい意味で使われる場合も、悪い意味で使われる場合も、「いちいち細かいことは指示しない。 任せるから(物事を)、やっておくように」という意味です。 つまり、「よきにはからえ」には「口出ししない」といったニュアンスが濃く含まれています。 「大人のモノ言い」をマスターしたい人におすすめ 「よきにはからえ」もさることながら、大人には大人としての「モノの言い方」があります。 「大人のモノ言い」をマスターするためには、しっかりと敬語を使うこなす必要があります。 そこでおすすめしたいのがこの一冊、日常生活やビジネスシーンで使える大人の言葉使いが紹介されています。 「よきにはからえ」のように時代劇の中で使われる言葉は「武士語」あるいは「サムライ言葉」などと言われています。 フォーマルな場で使うと違和感を覚えられるでしょうが、気心が知れた人との会話やメールの中で、軽いノリで適切に使うと新鮮で、楽しいやり取りになるはずです。 「時代がかった表現」を覚えておいて、損はありません。 いくつかご紹介しましょう。 くるしゅうない 「苦しくない」の音変化である「くるしゅうない」は、殿様が家来に向かって発した言葉で、「かまわない、差し支えない、気にしなくていい」といった意味を持っています。 例えば、「くるしゅうない、近う寄れ」などというように使われました。 「先輩、ちょっといいですか。 相談があるんですけど」 「くるしゅうない。 話してみよ」 現代で使うとしたら、例えば、上記のようなやり取りになります。 御意 「御意(ぎょい)」には、「(目上の人などの)お心。 おぼしめし」、「ごもっとも、おっしゃるとおり」のふたつの意味があります。 後者は、「御意にござる」などと目上の人に対して、同意や肯定のときに用います。 例えば、友人が喜んでくれたとき「御意にかなって光栄でござる」、同僚が「今日、いっぱい飲らないか?」と誘ってきたとき、「OK」の代わりに「御意」と言うなど、現代でも「御意」が使えるシーンは多々あります。 ありがたき幸せ 「ありがたき幸せ」とは、「めったにない巡り合わせ、幸運」を表現するときに用いる言葉で、目上の人に対して感謝の意を示すときなどに、度々使われた言葉です。 現代で使うとしたら、例えば、自分の彼女に対して「君のような女性に巡り会えるとは、ありがたき幸せ」といった表現をすれば、彼女はきっと喜んでくれるでしょう。 会社の仲間や友人などにも「ありがとう」の代わりに「ありがたき幸せでござる」の表現は使えます。 かたじけない ここまで読み進めてきて「よきにはからえ」の意味や、どのようなときに使うのが適切か、おわかりいただけたでしょうか。 よくおさらいをして、間違いのないよう、正しく使用してください。 使い方を間違えると、相手に不愉快な思いをさせることにもなりかねません。 間違って上司や先輩に使わないように 「よきにはからえ」は、目上の人から目下の人に対して、あるいは、身分の高い人から低い人に対して使われる言葉です。 「よきにはからっていただけますか」というように丁寧な言い回しなら、目上の人に使っても問題ないと考える人もいるでしょうが、それは間違いです。 「よきにはからえ」は、丁寧な言い回しにしようが命令形にしようが、目下の者が目上の人に対して使う言葉ではありません。 上司や先輩に対して使わないよう、注意してください。

次の

良き良き|意味や使い方をチェック!若者言葉と古語の違いは?

よき に は から う 意味

現代における、斧の刃の製造 から世界中に遍在する、歴史のある道具である。 道具としての斧の一般的な用途は、生きているを伐り倒し丸太を作ったり、を切り払ったり、を割ったり、を成形すること、をつくることなどである。 例えば山での伐採に用いる斧に切斧(きりよき)がある。 また切り出した木材を角材に製材する斧に削斧(はつりよき)がある。 斧はとしても使用されてきた歴史がある。 武器として発達した斧はと呼ばれる。 斧は使用方法ごとに様々なタイプがある。 現代の斧は使用目的、サイズおよび様式ごとに特化している。 斧はより、 (せきふ)として存在し、樹木をたたき切る道具や武器として用いられた。 石斧はその製法により打製石斧と磨製石斧に分けられる。 技術の発達に連れ、、、およびで作られた斧が現われた。 片で使うための短い柄を持つ斧はしばしば 手斧(ハンドアックス、ハチェット『』)と呼ばれる。 特に樹木伐採や木材加工用の、片手で使える小型のものをそう呼ぶのである。 (ただし「手斧」という語は、柄のない斧、を指すためにも用いられているので若干注意が必要である。 )ハチェットはしばしば刃の背にを備えていることが多い。 また現代では、柄に収納式のガードが取り付けてあり、刃を保護し安全に持ち歩けるようにしたものもある。 中世、近代では通常は木製の柄とそれに直角に固定された金属製の刃からなる。 材質に着目すると、西洋の斧は、伝統的にはの刃に、曲線的な木製の柄(典型的、もしくは、製が)から構成されている。 大抵の斧の刃は刃欠けが起こらないように柔らかめにを施してあり、で研ぐことも可能である。 柄は近年では製や製の柄も珍しくない。 なお日本語では伝統的に、大きい斧や、特に刃渡りの広い斧(丸太の側面を削って角材を作るためのもの)を 鉞(まさかり)と呼びわける。 和語では薪などを細く割る小型の斧を「マキ割り」「よき」とも呼んだ。 近年の日本の斧では、刃が主に全鋼製で両手で扱う 薪割り斧と、で片手で扱う 伐採斧があり、柄は主に製の直線柄である。 日本では斧頭に柄を固定する場合柄に楔を割りこませるのではなく櫃と柄の隙間に楔を打つ固定法が伝統的な固定方法であり、その場合の楔を柄子と呼ぶ。 柄子を使用した固定方法では斧頭の衝撃を分散させ柄の寿命を伸ばすことが可能である。 歴史 [ ] 博物館に展示されている石斧 手斧のような初期のは恐らく柄が付いていなかったと思われる。 最初の本当の柄付き斧は(紀元前6000年頃)に始まることが知られているが、一部の地方では枝角で作られていた斧がでも利用され続けた。 で作られた切る道具は柄が付けられ「ちょうな」として使われた。 の石斧は新石器時代以降に現れることが知られている。 それらは木を切り倒し加工するために使用された。 木製の柄はほとんど見つかっていないが、斧は通常を使って柄に取り付けられたようである。 刃を固定するには樺のや生のが用いられた。 新石器時代の後期(ミシェルスベルク文化、Cortaillod文化)では長方形の非常に小さな刃が一般的になった。 それらは柄に取り付けられるとき枝角のスリーブが付けられた。 これは柄が割れることを防ぎ、同時に石の刃自体への衝撃を和らげた。 新石器時代の初期にはだった斧の刃は、次第に磨製石器になっていった。 新石器時代の晩期までには製材(木製の鋸や砂)は一般的になった。 これにより、生の素材のより効率的な使用が可能になった。 、北部、およびでは燧石の打製石器、磨製石器の刃を持つ斧が一般的だった。 石の斧は実に効率的な道具である。 これを使用すると、直径10cmの硬材を切り倒すのに約10分かかる。 直径30cmならば1 - 2時間であった(現代の比較:3. 5kgの競技用伐採斧を用いた場合、25cmの軟材が2分未満)。 新石器時代の晩期以降(Pfyn-Altheim文化)平らな斧があるいはを混ぜた銅で作られていた。 の斧は初期の青銅器時代(A2)以降見つかる。 平斧はパルスターブ、フランジ付き斧、さらにその後、翼付き斧、ソケット付き斧へと進化していく。 )、のいわゆる戦斧民族は初期の、後のとドイツ人の先祖に当たると考えられている。 また、斧はの武器類で重要な役割を占めた。 「斧」を意味するプロトインドヨーロッパ語の単語はpelek'u(ギリシア語:pelekus、:parashu)だったと思われる。 しかし、この単語は恐らく究極的にはシュメール語balag、アッカド語pilakuと関係する借用語、あるいは新石器時代のwanderwortだったかもしれない(、も参照のこと)。 何千もの磨製石斧が粗仕上げされていた新石器時代後期の「斧工場」はイギリス(例えばカンブリアのGreat Langdale)、アイルランド(Lambay島、Porphyry、Rathlin島およびTievebulliagh、porcellanite)、ポーランド(Krzemionki、フリント)、フランス(Plancher-les-Mines、ボージュ山地、pelite、Plussulien、ブリタニー、meta-dolerite)およびイタリア(Val de'Aoste、omphacite)が知られている。 石斧の分布は有史以前の貿易を示す重要なサインである。 磨製石斧の刃の起源を決定するためにはその薄片を使う。 石斧は今日なお(ニューギニア)の一部で作られ使用されている。 地域は主要な生産の中心地だった。 古代 [ ] 日本の伝統的な斧() 旧石器時代、縄文時代、古墳時代など [ ] 日本においても旧石器時代より斧は「石斧」として使用されてきた。 はじめは石を打ち欠いて整形した「打製石器」だったが、に滑らかに研ぎ澄まされた「磨製石斧」へと進歩し、大いに作業性が高まった。 大木の根元で火を焚き、石斧で削りとる方式で伐採されたの巨木で作られた櫓や「ウッドサークル」を、や北陸のに見ることができる。 にやより鉄製の斧が伝来したが、当時は鉄が貴重品だったため、鉄の使用量が少なくて済む、のように木製の刃の先に鉄を被せた形状のものが流通していた。 それでも貴重な品で、権力者のに副葬品として納められるほどの重要性を持っていた。 (なお、戦前までで使われていた斧「ウーヌ」は、これとよく似た、木の台に刃を被せた形状である。 )やがて製造技術の向上によって斧は刃の全てを鉄で作られるようになり、からにかけて全国的に広まり、さらにだったにも伝播した。 がほとんど普及していなかった以前の日本において斧、、は伐採から製材、仕上げをこなす唯一の道具であった。 斧で木を伐り倒して断ち切り、楔で引き裂いて角材や板材の大まかな形を取り、ちょうなや鑓鉋で表面を仕上げる。 この時代のちょうなは現在と似たようなモノから刃幅3cmくらいの片手で扱うものまで多種多様であった。 日本では、のように、木目が通っていて引き割りやすいが豊富であったため良質な材が枯渇しだす鎌倉時代までは鋸が普及することはなかった。 などにおいては、柱はもとより戸板、窓の格子に至るまで、樹齢2千年級の檜の巨材を斧で断ち切り、楔で打ち割ることによって素材を得ている。 このような状況ゆえに、良材を原料にしなければ作れない大型の板は、大変に高価なものだった。 鎌倉時代と南北朝時代、江戸時代 [ ] やがてに丸太を横に寸断できる横挽き鋸が普及し、さらに、大陸から大型の縦挽き鋸(大鋸)が伝来した。 以降は節の多い材や、のような木目の入り組んだ材であっても挽き割って角材や板に加工できるようになり、木材は大いにコストダウンされた。 さらにそれまで斧のみが使用されていた伐採作業もが併用されることとなった。 明治時代以降 [ ] 以降、良質で安価な鉄材が入手できるようになると、鋸が多用される傾向がさらに高まった。 後には、小型・軽量化が著しく進んだや電動ノコギリなどの進歩により、の使用、あるいは「薪割り機」の登場により、斧が使用される場は狭まっている。 その一方で、握りやすい曲線的な柄など西洋式斧の利点を取り入れた和式の斧が開発されてもいる。 武器としての使用 [ ] 斧、鉞は古代より武器としても用いられたが、近接戦の雑武器の一つにすぎず、刀剣や弓矢などのように目立つものではなかったが、源平時代のころから戦場の主な武器の一つとして表舞台に顔出しするようになる。 当時は騎馬武者を主力とした戦闘形態で、武者は太刀や弓矢を通さない堅い鎧や兜で武装していた。 だが鉞は馬の脚を折り、斬ることで騎馬武者の戦闘力を削ぎ、鎧の上から骨を砕き、深手を負わることが可能だった。 そうした威力が評価されて人気の武器となり、剛勇の士の得物となる。 その頂点と言えるのが南北朝時代に流行した大鉞である。 また、戦闘よりも攻城戦での破砕用に使われたとも言われる。 だが、その重量と大きさゆえ、体力と筋力に優れた者にしか扱えない事が欠点だった。 14世紀には鉞は一般的な武器であったが、槍や鉞よりはの方が一般的であった。 また14世紀後半には槍が戦場の武器として威力を発揮し、鉞は廃れていく。 槍や大太刀も支持された武器であったが江戸時代の剣術の稽古には使いづらく、流派は多くが廃れてしまった。 鉞は独自の流派を生み出すことがなかった。 象徴、宗教的儀式 [ ] 少なくとも新石器時代後期以降には、精巧に作られた斧(戦斧、丁字斧など)は宗教的な重要性を持っており、またその所有者の地位の高さを示したと考えられている。 ある種の斧は、ほとんど磨耗の跡が無い。 新石器時代中期の柄の無い斧の刃だけが蓄えられたもの(イギリスのサマセット・レベルのように)は神への贈り物だったのかもしれない。 の後の斬首刑(1471年) の(ファッシ)では斧が斬首する権能を表すという説もある。 実際にヨーロッパ諸国では近代まで斧によるが行われてきた。 最期の斧による斬首刑は1900年12月10日にので執行されたヨハン・フィィップ・ノーデァンドだと言われている。 ちなみに、とは斧による斬首刑を行う場合に斧の下にある木の台のことを指していた。 民間伝承では石の斧が時々であると考えられ、(神話的に)稲妻が同じ場所に2度落ちないと言われている(現在ではこれは真実でないと分かっている)ので、建物を稲妻から保護するために使用された。 このために斧の伝播に偏りを引き起こした。 投げられた斧は嵐を近付けない力があると考えられたので、ときどき収穫物を悪天候から守るため、刃を空に向けて農地の中に置かれた。 家の敷居の下に直立した斧を埋めると魔女除けになると言われ、またベッドの下に斧を置けば男子の誕生を保証すると言われた。 古代中国の皇帝が着ていたのデザイン「」をモチーフにしており、果断を意味する斧が中央に置かれている。 中国 [ ] 中国ではを持つと考えられ、玉座の前での儀式に使用された。 刃を下に向けたものが象形字「」となった。 古代王朝・においては、巨大な銅製のでの首を刎ね、供物として神に捧げた。 また軍権、専断権の象徴ともされ、配下にそれらの権限を与える際に斧鉞を与えている( ()もしくは仮節鉞)。 やの持つ鉞によって権力の移譲された記述をみるに古代日本にも風習が伝来していたようである。 歴代の皇帝が着ていたのデザイン「」にも「果断(ためらわない決断)」の象徴として取り入れられ、の1913年2月-1928年12月までのともされた。 日本 [ ] 三ツ緒伐りで伐採されたヒノキの切り株。 幹が3本脚の状態で立つ状態に斧でえぐり、最後に3本脚の1本を切断して倒す 日本でも、斧はにも用いられており、その代表例はのに用いられる用材の伐倒式である。 これは斧入れ式と呼ばれ、古来から伝わる「三ッ緒伐り」という方法で2本のの巨木を伐採する。 まず木の3方向から斧でえぐる様に伐りこみ、3つの切り込みが木の中で繋がって木が「三本足」の状態で幹を支えている状態にする。 最後に三本足のうちの1本を切断すれば、木は反対方向に倒れる。 この方法で、2本のヒノキが重なるように倒す。 近年では、にの内で行われた。 全盛の時代でも、伊勢神宮では次の式年遷宮のため、専門のがこの伐採方法を伝承している。 この伐採法では絶対に芯抜けが起きないため材木が無駄になりにくいという利点がある 特に巨大な木の場合は足を四本にした「行灯」と呼ばれる方法で伐採する。 ケヤキなどの割れやすい木材の場合は割れの防止のために斧で彫り込んだ穴の内部で火を燃やして炭化させてから倒す方法などを用いる。 のでも、儀式に使用されるの大木は斧とを利用した昔ながらの方法で伐採される。 山から下ろされた巨大な丸太は支える綱を斧で切断されて「木落し坂」を滑り落ち、最終的には斧で先端を削られた後、諏訪大社の境内に立てられる。 日本の伝統的な伐採斧の刃には7ツ目、脂抜き、流し目などと呼ばれる一方の側面に3本、もう片方に4本刻まれた筋の模様がある。 これは地方によって様々に異なる解釈や伝承があり発祥も定かではないため多数の説がある。 と火の神、鉄の神に敬意をはらう意味であり、同時に「三を四ける」つまり「身を避ける」で、危険な山仕事の最中、事故から身を守るために信仰として刻まれたものであるという説がある。 また他に、3本の筋には伊弉諾尊、天照皇大神、伊弉冉尊、4本の筋に八幡大神、春日大神、豊受大神、猿田彦大神の四大神を祀っているという解釈がある。 宮大工のによる説では三本の筋をミキと呼び酒を表し、四本の筋をヨキと呼び地水火風、つまりこの世の四方山の山海の幸を表す。 深山ではお供え物を持参することが不可能なためお供え物を表した斧をこれから切る木に供えて木を切らせてもらうことについての感謝や許可、作業の安全などを祈るために存在する模様であるとしている。 この説の根拠としてすでに倒した木を加工する斫り斧や大工鉞には7ツ目が刻まれることは伐採斧に比べて少ないということがあげられる。 斧の形式 [ ] 木の切断・成型のための斧 [ ] フェリングアックス(伐採斧) 両刃式の伐採斧 木を伐るなど、木材を木目と垂直に切るためのもの。 木の繊維を軽快に切断できるよう、刃は薄く、鋭い。 片刃または両刃があり、また重量、形、柄の形状、切断する素材の特性に合わせた切断形状には様々なものがある。 特に北米では、伐る樹木の硬さに合わせて刃を使い分けるために「両刃斧」が広く使用されている。 日本式の伐採斧は「 よき」とも呼ばれ、木に深く打ち込めるよう、刃渡りが狭く、峰から刃までが長い。 特に北海道のサッテ(去手)と呼ばれる斧はそれが顕著で横に振る際にブレを生じやすく、操作には熟練を要する。 スプリッティングアックス(薪割り斧) など。 木材を木目の方向に分割するために使用される。 刃は分厚くて重く、に近い形状。 西洋式の斧でも、柄は直線の場合が多い。 ブロードアックス(はつり斧) と斧を合わせた「set of iron」 用の横斧。 木を削る作業に使われる。 消防斧、消火斧 刃の反対側にピッケル状の尖った台が付いた斧。 消火活動の際、建物に侵入するため窓を壊したり、障害物を破壊するために使う。 刃の後部につるはしを備えた斧。 根のまわりを掘ったり根を切ったりするために使う。 マクラウド(くわと熊手を組み合わせたような道具)に加えて、山火事の消火、道路建設、やぶの開墾などに利用される。 単純な「くさび」から複雑な意匠へ発展した割るための道具。 スレッジハンマーの打撃面の反対側に重いくさび形の頭を持つ。 このほか、円錐形の「刃」や、旋回する「小くさび」をもつものもある。 もしくは横斧とを組み合わせた道具。 警察や消防が建造物に突入する際に使用する。 通常の斧や消防斧と合わせmarried setまたはset of ironと呼ばれる。 積雪期のに使うのような形の道具。 薄い刃が付けられており「Ice axe」と呼ばれる。 斧が重要なモチーフになっている物語 [ ]• 「」() - 川に斧を落としたの前にが現れ、落としたのはこの金の斧か、銀の斧か、鉄の斧か、と順に尋ねる。 樵は正直に「鉄の斧」だと答えたため、褒美として金と銀、鉄のすべての斧を手にした。 それを聞きつけた不正直な男が、川にわざと鉄の斧を投げ込む。 金の斧を持って現れたヘルメースに男は「私が落としたのはそれです」と答えたため、嘘つきの罰としてすべての斧を奪われた、というお話。 日本のやのは、まさかりを担いで熊の背に乗っている、と描写されている。 『』() - 家宝の「斧、琴、菊(よき、こと、きく)」によるを、のが解決する推理小説。 脚注 [ ]• 熊本県総合博物館ネットワーク・ポータルサイト. 2019年11月2日閲覧。 アメリカのマーブルス社製の「セーフティアックス」など。 戸田藤成. 武器と防具 日本編. 新紀元社• 近藤好和. 騎兵と歩兵の中世史. 吉川弘文館• トマス・D・コンラン. 図説 戦国時代武器防具戦術百科. 原書房• 日本書紀 景行天皇• 日本書紀 神功皇后• 『 律令』 1976年• 使用例として、『』巻第十五「信親死骸葬る事」に、14年()のの際、「大の男が大斧(まさかり)をもって打ちかかるが、中島重房16歳は打ってきたと同時に飛び、斧を踏み落として、斬りつけた」という記述がみられる。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - 選手()。 そのは動作からマサカリ投法と言われた。

次の