未来 の ミライ 声優 下手。 未来のミライのくんちゃんの声優が下手で合ってない?ネットの反応まとめ!

【未来のミライ】映画の感想!声優が下手で評価が低い?【ネタバレ】

未来 の ミライ 声優 下手

・主人公で本名は「太田訓」 ・4歳の男の子 ・妹「ミライ」が生まれ、複雑な心境 ・電車が大好き ・わがまま こんな感じです。 ただ、 わがままとレッテルを張って、敬遠してしまうと可哀そうな部分もありますよね。 正直言って、みんな同じ道を歩むんですから当たり前のことなんですよ、これって。 要は、普通の男の子です。 この年頃の男の子を育てている夫婦の場合はかなり重なる部分があり、ちょっと憎らしくも見えてくるのかもしれませんね。 我が家の場合は、数年前に通り過ぎているので懐かしいな~という感じで見ています! ただ、その時に戻れと言われるとちょっと考えものですけどね。 くんちゃんの声に違和感…ネット上の感想や評価まとめ! そんなキャラクターのくんちゃんに対して、声に違和感を持つ人が続出している模様です。 その 声優さんとは、 上白石萌歌ちゃんなんですよね。 そのうえで、まとめると4歳児の声にしては大人すぎるってあたりが「 合わない」「 ひどい」「 違和感」という感想に繋がってるわけですね。 そして、その声を自然に聞き取れないことで、作品の構成全体に影響を及ぼす結果になっているあたりが、この作品の評価に繋がっていると言ってもいい部分もありますね。 感想についても、多くはこの声が理由でネガティブなものが多数含まれていますね。。。 これに加えて、残念ながらくんちゃんの性格と言うかこの年頃特有と言うか…当然周りのことなんて気にしない子供ですから、嫌悪感を抱かざるを得ない人たちが一定数いる訳ですね。。。 まあ、ある意味では、リアルな子育て環境ってこういうもんですよ。 ですから、子育てをしたことない人達へ、大人視点でのその大変さ、そして、子供も状況に対する葛藤の中で戦っているという感覚が伝わることを願う感じですね。 電車の中やお店で子供がわがままで騒いでいたり、暴れたりされると「親はどういう躾をしているのか!」って感覚になりますが、子供ってそういうもんなので、親を責めないで欲しいと思いますよね。 その辺の状況を考えてもらう機会にもなるかな。 と密かに願っています。 Sponsored Links くんちゃんのキャラに合わない声優を選んだ細田守監督の基準って何? で、ちょっと込み入った話になってしまいましたので、軌道修正して、そもそも、くんちゃんの キャラに合った声質の声優さんを起用しなかった理由って何なんでしょうか? 裏を返せば、なぜ、キャラに合わない声優さんを選んだんでしょう… 細田守監督の選考基準が気になりますね。 で、 オーディションの時のエピソードなのですが、実は監督は小学校4年生くらいまでの子を抜擢しようとしていたらしいです。 お~、なるほど、子供役は子供に…えっ???? ちょっとこの時点で方向性が見えていたようですね。 監督の中では実際の4歳児よりも少し少年的なイメージの声を探していたってことですよね。 きっと、その視点で選考していれば、仮に 上白石萌歌ちゃんじゃなかったとしても、同じようなテイストになっていたって話ですね。。。 ってことで完全に細田監督のセンスが一般感覚と異なっていたって話が一つ。 そして、そもそも上白石萌歌ちゃんはくんちゃん役ではなく妹・ミライ役でオーディションに参加していたらしいです。 その中で、監督的にも「声に違和感があった」ということは認識されていたらしい。。。 じゃあなぜ、それでも起用したのか? それは、 「 泣き声のイメージがジャストフィットした」 から、みたいです。 マジかよ…って感じですね。 やっぱりヒット作品を生み出す監督の感覚ってちょっとクレイジーなんですね! これは当然「 誉め言葉」ですよ! だって、一般人と同じ頭脳をしているとすれば、『サマーウォーズ』や『おおかみこどもの雨と雪』みたいな素晴らしい作品を作ることなんてできるはずないからです。 実際、自信をもって細田監督が選択した声優さんですから、その選定理由の「泣き声」に注目して作品を見返してみると楽しいかもしれませんね! とは言え、それでも受け入れられない方は、こういったものもありますよ! 作品のストーリーを純粋に楽しめるはずです! それでは!.

次の

未来のミライのくんちゃんの声がひどい!下手!?声優誰?棒読みで合ってないとの声殺到【金曜ロードショー】

未来 の ミライ 声優 下手

とある都会の片隅の、小さな庭に小さな木の生えた小さな家。 ある日、甘えん坊のくんちゃん(4歳)に生まれたばかりの妹がやってきます。 両親の愛情を奪われ、初めての経験の連続に戸惑うくんちゃん。 ミライちゃんに導かれ、時を越えた家族の物語へと旅立つくんちゃん。 それは、小さなお兄ちゃんの大きな冒険の始まりでした。 待ち受けるみたこともない世界。 むかし王子だったと名乗る謎の男や幼い頃の母、 そして青年時代の曽祖父との不思議な出会い。 そこで初めて知る様々な「家族の愛」の形。 お父さん、お母さん、そして犬のゆっこと小さな庭のある家に暮らしているが、妹が生まれたことで両親の愛情を奪われることに。 ミライちゃん役のオーディションを受けた帰りに監督から呼び止められ、4歳の男の子を演じることになり、驚きました。 くんちゃん役に決まってからは、保育園で4歳の男の子と実際に遊んだり、お話をしたりして、自分が4歳だったころを思い出していました。 とても難しい役でしたが、模索しながらも楽しんで挑戦しました。 くんちゃんはずっと見ていても飽きないくらい愛くるしい。 「」は、細田監督の愛を強く感じる作品です。 その愛情を受け取り、くんちゃんとしてしっかり存在したいです。 【関連記事】 ミライちゃん(CV:黒木華) くんちゃんのことを「お兄ちゃん」と呼ぶ、未来からやってきた不思議な少女。 監督と今作で再びご一緒することができてとても嬉しいです。 4歳の子どもが主人公の作品はなかなかないのでとても楽しみにしていました。 私自身、姉弟がいるので、妹ができた時のくんちゃんの気持ちにはとても共感するところがありました。 くんちゃんが少しずつ成長していく姿が微笑ましく、くんちゃんの冒険を通して、愛情や絆を沢山感じられる作品です。 おとうさん(CV:星野源) くんちゃんが時をこえた先で出会う青年。 父親の面影を宿している。 くんちゃんに大きな影響を与えることに。 収録前に、まだ絵も音も完成してない映像資料を観させていただきましたが、その段階ですでに、心引き込まれ感動出来るこの作品が持つ力に驚きました。 歌うということを仕事にしながらも、声で役を表現することはほぼ未経験なので、現場では恥ずかしながらすべてに緊張し、そしてすべてに刺激を受けました。 僕が年齢を重ねたことで忘れてしまっていた子供ならではの繊細な感受性を、丁寧に、かつ高度なアニメーション技術で表現されている今作品の完成を、これまで通り細田監督のいちファンとして心待ちにしています。

次の

未来のミライ くんちゃんの声に違和感…合わない声優を選んだ基準って何?

未来 の ミライ 声優 下手

スポンサードリンク くんちゃんの声優は誰なのか? 未来のミライにおける くんちゃんの声優は誰なのかといえば 上白石萌歌 かみしらいしもか さん 上白石萌歌さんは映画だと 羊と鋼の森 テレビドラマだと 義母と娘のブルース 3年A組-今から皆さんは、人質です- 等に出演されてる女優で、 未来のミライのくんちゃんで 声優初挑戦となっている。 そして上白石萌歌さんには姉として 上白石萌音さん がいて、 上白石萌音さんは 君の名は。 :宮水三葉 等で知られている。 ちなみに、 上白石萌音さんは実は 細田守監督の作品だと、 おおかみこどもの雨と雪:毛野役 で出演をされていて、 姉妹2人とも 細田守監督の作品に出演してる ということになる。 スポンサードリンク くんちゃんの声優は下手なのか? 未来のミライにおいて くんちゃんの声優となってる 上白石萌歌さんだけども、 演技の方は声優初挑戦ということなので お世辞にもあまり上手いとは言えなく、 4歳児の役を演じているのに 声が女性のものになっている とあまり評判はよろしくなかった。 これに関しては 元々未来のミライのくんちゃんは 小さな男の子がベテランの女性に 演じてもらおうと思っており、 上白石萌歌さんも元々はくんちゃんではなく ミライちゃんのオーディションに参加してたけど、 ミライちゃん役のオーディションを受けた帰りに 細田守監督から呼び止められて、 くんちゃんの泣き声、犬の鳴き声を演じさせて くんちゃんのイメージに合うということで 決定したということだった。 また、 オーディションにおいて上白石萌歌さんは くんちゃんの4歳の子っぽいイメージと 自分の素のままの2パターンを演じて 細田監督が 「素の方が感情があらわになっていて嘘がない 本音だけでぶつかる感じが すごくいいからそのままでいい」 と言ったとのこと。 だから、 未来のミライのくんちゃんの演技が 4歳児っぽくないのも意図したところがあったから ということなのかもしれない。

次の