岩 ちゃん ブログ。 岩ちゃん

岩ちゃん!のブログ

岩 ちゃん ブログ

経歴 [ ] プロ入り前 [ ] 二世の両親の間に生まれる。 母は日本へ帰化していたため、岩本自身は日本国籍だったが、岩本姓は通称であり、当初は姉と弟とともに母の姓である大山が戸籍上の本名であった。 1995年、父が日本国籍を取得した際に一家で岩本姓となった。 弟は、10か月年下で同学年である。 から2位でに入団。 契約金は5,000万円、年俸は480万円(金額は推定)。 現役時代 [ ] (2年目)に一軍初登板を果たし5試合に登板したが、無勝利に終わった。 にを発症。 二軍にてバントフォーメーション練習時、調整中の内野手の度重なる舌打ちが原因で、投手陣全体に制球難が 蔓延 ( まんえん )し、岩本は特にイップスになるほどの重症であった。 投球が出来なくなり、2年ぶりに一軍登板無しに終わった。 は1年間室内練習場の片隅で1日1,000球のネットスローや、後輩の内野手であるに投球を打ってもらうなど、投げる感覚を取り戻すことに専念し、シーズン終盤にイースタンリーグの戦で実戦復帰した(奇しくも内野フライとなった実戦復帰後最初の打者の打球を捕球したのは、イップス克服に協力した荒井であった )。 一軍登板はこのシーズンもなく、整理選手候補にも挙がったが、監督の要望で戦力外を免れる。 秋季キャンプで、岩本が守備練習の送球は普通に投げられることに気付いたコーチのアドバイスにより、その動きを取り入れるためにに転向した。 には、シーズンを通じてサイドスローを貫き、イースタンリーグで月間MVPを獲得し、3年ぶりに一軍に昇格。 勝ち星こそ無かったが9試合に登板する。 同年のではとして活躍した。 、一軍投手コーチに就任したのアドバイスをきっかけににフォームを変え 、7月14日の対戦でプロ初勝利を挙げると、ロングリリーフとして結果を残して先発ローテーションに定着。 5勝7敗、防御率3. 07の成績で、初めてに到達した。 、開幕戦が雨で流れたこともあり、結果的にではあるが初の開幕投手を務めた。 初の2桁勝利となる10勝を記録した。 、開幕から不調が続き途中リリーフに回るも持ち直し、先発に復帰したが規定投球回には届かなかった。 の開幕直前に、開幕投手予定のが怪我で離脱し、2年ぶりの開幕投手を任され、で西武を相手に4安打で勝利を挙げた。 シーズンでも前半戦でリーグ10勝一番乗りを果たし、に初出場し、2000年まで3年連続で球宴に監督推薦で選ばれた。 しかし、チームの失速と共に岩本の成績も連動し、後半戦は1勝 4敗 しかできなかった。 キャリアで1イニング3被本塁打を3度経験しているが、2度目となったの対ロッテ戦では、に連続被弾、にランニング本塁打されている。 同年は11勝8敗、防御率4. 11の成績で、10完投 ロッテのと共にリーグ最多タイ を記録した。 からを「岩本ツトム」に変更した。 はでを相手に3安打で完封勝利を達成した。 開幕戦での2年連続完封勝利は、では(西鉄)以来37年ぶりの記録。 自己最多の13勝を挙げ、2年連続リーグ最多完投を達成した。 、3年連続開幕投手を務め、西武のと投げ合い、6回まで無失点に押さえていたが7回に3失点で同点に追いつかれる。 8回にチームは勝ち越し、岩本も8回を3失点で投げぬいた。 しかし9回にチームは追いつかれてしまい勝敗は付かなかった。 の日本代表選手候補になるが、負傷を理由に辞退した。 同年は24試合に登板したが、6勝12敗、防御率5. 21に終わり、以降不振が続き満足な投球ができず徐々に登板機会が失われていった。 も負け数が前年と同じ12で勝ち星は7勝にとどまるなど、前年とそれほど変化の見られないシーズンとなった。 は登録名を本名に戻したが、故障や不調で4試合の登板に終わり、1勝しか挙げられなかった。 は2試合に先発した以外は全てリリーフ登板で、計17試合に登板したものの、防御率6点台に終わった。 本拠地がに移転したは故障のため、11試合の登板で1勝6敗、防御率6. 16に終わり、での登板機会も与えられなかった。 、の対2回戦(東京ドーム)で、5回表にからプロ入り初を記録。 これはパリーグが制を導入した以降、日本人投手として初であり、外国人投手を含めても3本目。 シーズンでは先発登板は2試合、合計10試合の登板で、2勝2敗、防御率5. 96の成績に終わり、オフにとなる。 日本ハムの二軍投手コーチ就任を要請されたが固辞し、現役続行を希望した。 などが興味を示したが入団には至らず、2006年に引退を表明した。 、で行われたロッテとのが引退試合となり、真剣勝負という約束で1人に対して投球したが、を打たれている。 現役引退後 [ ] 引退試合では、が岩本に花束を渡して盛り上げた。 引退後はホリプロと契約し、解説者として活動している。 引退直後、新聞媒体ではとの専属契約 を結んでいたが、2018年現在は野球評論家。 ひょうきんな関西人らしいトークがトレードマーク。 2006年9月、の札幌アンビシャスに入団、登録名は「 ガンちゃん」。 ふりがなは「いわもとつとむ」となっている。 財政再建団体になったを応援しようと、当時の夕張市立緑小学校(現在閉校)の入学式でスピーチし、少年野球教室や講演を夕張で行うなど、夕張の青少年育成活動を行っている。 エピソード [ ] 現役時代は、当時のパリーグでは有数の、パフォーマンスに優れた野球選手として知られていた。 「 まいど! 」の掛け声がトレードマークであり、ヒーローインタビューでは「1、2、3、まいどー!! 」の掛け声が岩本の代名詞として知られる。 やなども、ヒーローインタビューで「まいど! 」を連呼していた。 やのでオフシーズンにテレビ出演しており、「」()では、岩本のコーナーも毎回放送されていた。 同学年の(SHINJO)が移籍加入した2004年以降は、自身でのパフォーマンスはあまり行わず、チームメイトとなった新庄に任せることが多くなった。 詳細情報 [ ] 年度別投手成績 [ ] 5 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 37 9. 0 7 1 3 0 0 2 0 0 3 2 2. 00 1. 11 9 1 0 0 0 0 2 0 --. 000 95 21. 0 26 1 6 0 1 10 1 0 14 12 5. 14 1. 52 29 12 3 0 0 5 7 0 --. 417 536 132. 0 106 15 46 2 1 113 4 1 52 45 3. 07 1. 15 27 27 4 1 0 10 9 0 --. 526 730 176. 0 160 15 51 1 6 144 5 0 80 78 3. 99 1. 24 27 19 2 0 0 7 6 3 --. 538 501 114. 0 125 19 47 2 5 75 5 0 60 60 4. 74 1. 51 27 27 10 2 2 11 8 0 --. 579 780 181. 2 186 26 59 2 6 110 4 0 90 83 4. 11 1. 35 27 27 9 2 0 13 11 0 --. 542 831 189. 0 181 14 93 1 6 158 4 1 86 80 3. 81 1. 45 24 22 6 0 0 6 12 0 --. 333 678 155. 1 162 16 77 0 5 98 2 0 92 90 5. 21 1. 54 22 21 6 0 1 7 12 0 --. 368 625 143. 0 150 27 60 2 1 94 6 0 81 78 4. 91 1. 47 4 4 0 0 0 1 2 0 --. 333 85 17. 0 25 4 10 1 0 12 1 1 14 13 6. 88 2. 06 17 2 0 0 0 0 2 0 --. 000 125 26. 2 37 7 8 0 3 17 3 0 20 19 6. 41 1. 69 11 11 0 0 0 1 6 0 --. 143 263 57. 0 67 9 24 0 5 36 0 0 41 39 6. 16 1. 60 10 2 0 0 0 2 2 0 0. 500 95 22. 2 26 7 3 0 1 16 1 0 15 15 5. 96 1. 28 通算:13年 239 175 40 5 3 63 79 3 0. 444 5381 1244. 1 1258 161 487 11 40 885 36 3 648 614 4. 44 1. 各年度の 太字はリーグ最高 記録 [ ] 初記録 投手記録• 初登板:1991年8月20日、対21回戦()、8回表に3番手で救援登板・完了、2回2失点(自責点1)• 初奪三振:1991年9月3日、対福岡ダイエーホークス23回戦()、7回表にから• 初先発登板:1994年9月28日、対25回戦(東京ドーム)、1回3失点で敗戦投手• 初勝利・初先発勝利・初完投勝利:1995年7月14日、対15回戦(東京ドーム)、9回1失点• 初完封勝利:1996年9月11日、対21回戦(東京ドーム)• 初セーブ:1997年5月31日、対千葉ロッテマリーンズ7回戦(東京ドーム)、8回表に4番手で救援登板・完了、2回2失点 打撃記録• 初安打・初本塁打・初打点:2005年5月21日、対2回戦(東京ドーム)、5回表にから左越ソロ 節目の記録• 出場:3回 (1998年 - 2000年) 背番号 [ ]• 20 (1990年 - 1992年)• 38 (1993年 - 1995年)• 18 (1996年 - 2005年) 登録名 [ ]• 岩本 勉 (いわもと つとむ、1990年 - 1998年、2002年 - 2005年)• 岩本 ツトム (いわもと つとむ、1999年 - 2001年) 関連情報 [ ] 著書 [ ]• 『ガンちゃんの世界一おもしろいプロ野球の本』()• 『ガンちゃんの日本一泣けるファイターズの本』(青春出版社)• 『ガンちゃんの人に話したくなるプロ野球の面白ネタ本』(青春出版社)• 『ガンちゃんのファイターズ選手のスゴいい話』()• 『2012年版 ガンちゃんのファイターズの応援が100倍楽しくなる本』(朝日新聞出版)• 『人を育てるファイターズの秘密』(朝日新聞出版)• 『日本一よくわかる北海道日本ハム 強さの理由 なぜ常勝球団になれたのか』() 関連書籍 [ ]• 『夏を赦す』(著、、2013年9月、) 現在の出演番組 [ ] テレビ [ ]• 『』(他、系列各社 制作のファイターズ戦に登場• 『』(他、系列各社制作のファイターズ戦に登場)• 『』(北海道テレビ)• 『』()不定期出演• 『』()パネリストとして不定期出演• 『メジャーリーグ観戦ガイド! 』()• 『』(北海道テレビ、土曜コメンテーター)• 『』(読売テレビ)不定期出演• 『』(関西ローカルパート)(読売テレビ)不定期出演• 『』(HBCテレビ)• 『』() ラジオ [ ] HBCラジオ• - 解説者• - 8:20頃「スポーツプラスワン」月曜「ガンちゃんのまいど! 」に電話出演• (日曜 12:00-13:00) 文化放送• - 解説者• 土・日曜の『』には、NRNナイターとして競合局のSTVラジオ『』にネットされる可能性があるため出演していなかった。 なお、HBCラジオと文化放送は2018年から相互にプロ野球中継をネットしている。 また、HBCラジオへの裏送りではTBSラジオ(2017年まで)・ニッポン放送の制作時に出演することがある。 (月曜 18:00 - 18:30)• (毎年、春・夏・秋の3回にと共にプロ野球+大リーグコーナーを設けてトークしている。 ) MBSラジオ• (水曜 0:00-0:55、2007年4月11日 - 2007年10月3日)• (2007年10月10日 — 2008年4月2日、2008年10月8日 — 2009年4月1日)• ゴチャ・まぜっ! 木曜日 ミニコーナー(2008年4月10日 — 10月2日) 過去の出演番組 [ ]• (2007年2月12日放送)(TBSテレビ)• マイクサイドボクシング「俺に言わせろ! 」(文化放送)• (TBSテレビ)• (読売テレビ、不定期出演)• 一度は行きたい! にっぽん露天風呂の旅(パワーテレビジョン制作)• 『旅ちゃんガイド』第34話(旅チャンネル) ネット [ ]• 「まいど! 岩本です。 」(ファイターズオフィシャル携帯サイト・毎週月曜日更新) 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 『夏を赦す』、2013年、177頁。 235• 菊地高弘 2017年5月25日. 2017年8月7日閲覧。 菊地高弘 2017年6月19日. web Sportiva. 集英社. 2017年8月7日閲覧。 web Sportiva. 集英社. 2017年8月7日閲覧。 関連項目 [ ]• (で長年共演) 外部リンク [ ]• - NPB. jp 日本野球機構• 選手の各国通算成績 、• gun18gun18 -.

次の

岩ちゃん!のブログ

岩 ちゃん ブログ

経歴 [ ] プロ入り前 [ ] 二世の両親の間に生まれる。 母は日本へ帰化していたため、岩本自身は日本国籍だったが、岩本姓は通称であり、当初は姉と弟とともに母の姓である大山が戸籍上の本名であった。 1995年、父が日本国籍を取得した際に一家で岩本姓となった。 弟は、10か月年下で同学年である。 から2位でに入団。 契約金は5,000万円、年俸は480万円(金額は推定)。 現役時代 [ ] (2年目)に一軍初登板を果たし5試合に登板したが、無勝利に終わった。 にを発症。 二軍にてバントフォーメーション練習時、調整中の内野手の度重なる舌打ちが原因で、投手陣全体に制球難が 蔓延 ( まんえん )し、岩本は特にイップスになるほどの重症であった。 投球が出来なくなり、2年ぶりに一軍登板無しに終わった。 は1年間室内練習場の片隅で1日1,000球のネットスローや、後輩の内野手であるに投球を打ってもらうなど、投げる感覚を取り戻すことに専念し、シーズン終盤にイースタンリーグの戦で実戦復帰した(奇しくも内野フライとなった実戦復帰後最初の打者の打球を捕球したのは、イップス克服に協力した荒井であった )。 一軍登板はこのシーズンもなく、整理選手候補にも挙がったが、監督の要望で戦力外を免れる。 秋季キャンプで、岩本が守備練習の送球は普通に投げられることに気付いたコーチのアドバイスにより、その動きを取り入れるためにに転向した。 には、シーズンを通じてサイドスローを貫き、イースタンリーグで月間MVPを獲得し、3年ぶりに一軍に昇格。 勝ち星こそ無かったが9試合に登板する。 同年のではとして活躍した。 、一軍投手コーチに就任したのアドバイスをきっかけににフォームを変え 、7月14日の対戦でプロ初勝利を挙げると、ロングリリーフとして結果を残して先発ローテーションに定着。 5勝7敗、防御率3. 07の成績で、初めてに到達した。 、開幕戦が雨で流れたこともあり、結果的にではあるが初の開幕投手を務めた。 初の2桁勝利となる10勝を記録した。 、開幕から不調が続き途中リリーフに回るも持ち直し、先発に復帰したが規定投球回には届かなかった。 の開幕直前に、開幕投手予定のが怪我で離脱し、2年ぶりの開幕投手を任され、で西武を相手に4安打で勝利を挙げた。 シーズンでも前半戦でリーグ10勝一番乗りを果たし、に初出場し、2000年まで3年連続で球宴に監督推薦で選ばれた。 しかし、チームの失速と共に岩本の成績も連動し、後半戦は1勝 4敗 しかできなかった。 キャリアで1イニング3被本塁打を3度経験しているが、2度目となったの対ロッテ戦では、に連続被弾、にランニング本塁打されている。 同年は11勝8敗、防御率4. 11の成績で、10完投 ロッテのと共にリーグ最多タイ を記録した。 からを「岩本ツトム」に変更した。 はでを相手に3安打で完封勝利を達成した。 開幕戦での2年連続完封勝利は、では(西鉄)以来37年ぶりの記録。 自己最多の13勝を挙げ、2年連続リーグ最多完投を達成した。 、3年連続開幕投手を務め、西武のと投げ合い、6回まで無失点に押さえていたが7回に3失点で同点に追いつかれる。 8回にチームは勝ち越し、岩本も8回を3失点で投げぬいた。 しかし9回にチームは追いつかれてしまい勝敗は付かなかった。 の日本代表選手候補になるが、負傷を理由に辞退した。 同年は24試合に登板したが、6勝12敗、防御率5. 21に終わり、以降不振が続き満足な投球ができず徐々に登板機会が失われていった。 も負け数が前年と同じ12で勝ち星は7勝にとどまるなど、前年とそれほど変化の見られないシーズンとなった。 は登録名を本名に戻したが、故障や不調で4試合の登板に終わり、1勝しか挙げられなかった。 は2試合に先発した以外は全てリリーフ登板で、計17試合に登板したものの、防御率6点台に終わった。 本拠地がに移転したは故障のため、11試合の登板で1勝6敗、防御率6. 16に終わり、での登板機会も与えられなかった。 、の対2回戦(東京ドーム)で、5回表にからプロ入り初を記録。 これはパリーグが制を導入した以降、日本人投手として初であり、外国人投手を含めても3本目。 シーズンでは先発登板は2試合、合計10試合の登板で、2勝2敗、防御率5. 96の成績に終わり、オフにとなる。 日本ハムの二軍投手コーチ就任を要請されたが固辞し、現役続行を希望した。 などが興味を示したが入団には至らず、2006年に引退を表明した。 、で行われたロッテとのが引退試合となり、真剣勝負という約束で1人に対して投球したが、を打たれている。 現役引退後 [ ] 引退試合では、が岩本に花束を渡して盛り上げた。 引退後はホリプロと契約し、解説者として活動している。 引退直後、新聞媒体ではとの専属契約 を結んでいたが、2018年現在は野球評論家。 ひょうきんな関西人らしいトークがトレードマーク。 2006年9月、の札幌アンビシャスに入団、登録名は「 ガンちゃん」。 ふりがなは「いわもとつとむ」となっている。 財政再建団体になったを応援しようと、当時の夕張市立緑小学校(現在閉校)の入学式でスピーチし、少年野球教室や講演を夕張で行うなど、夕張の青少年育成活動を行っている。 エピソード [ ] 現役時代は、当時のパリーグでは有数の、パフォーマンスに優れた野球選手として知られていた。 「 まいど! 」の掛け声がトレードマークであり、ヒーローインタビューでは「1、2、3、まいどー!! 」の掛け声が岩本の代名詞として知られる。 やなども、ヒーローインタビューで「まいど! 」を連呼していた。 やのでオフシーズンにテレビ出演しており、「」()では、岩本のコーナーも毎回放送されていた。 同学年の(SHINJO)が移籍加入した2004年以降は、自身でのパフォーマンスはあまり行わず、チームメイトとなった新庄に任せることが多くなった。 詳細情報 [ ] 年度別投手成績 [ ] 5 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 37 9. 0 7 1 3 0 0 2 0 0 3 2 2. 00 1. 11 9 1 0 0 0 0 2 0 --. 000 95 21. 0 26 1 6 0 1 10 1 0 14 12 5. 14 1. 52 29 12 3 0 0 5 7 0 --. 417 536 132. 0 106 15 46 2 1 113 4 1 52 45 3. 07 1. 15 27 27 4 1 0 10 9 0 --. 526 730 176. 0 160 15 51 1 6 144 5 0 80 78 3. 99 1. 24 27 19 2 0 0 7 6 3 --. 538 501 114. 0 125 19 47 2 5 75 5 0 60 60 4. 74 1. 51 27 27 10 2 2 11 8 0 --. 579 780 181. 2 186 26 59 2 6 110 4 0 90 83 4. 11 1. 35 27 27 9 2 0 13 11 0 --. 542 831 189. 0 181 14 93 1 6 158 4 1 86 80 3. 81 1. 45 24 22 6 0 0 6 12 0 --. 333 678 155. 1 162 16 77 0 5 98 2 0 92 90 5. 21 1. 54 22 21 6 0 1 7 12 0 --. 368 625 143. 0 150 27 60 2 1 94 6 0 81 78 4. 91 1. 47 4 4 0 0 0 1 2 0 --. 333 85 17. 0 25 4 10 1 0 12 1 1 14 13 6. 88 2. 06 17 2 0 0 0 0 2 0 --. 000 125 26. 2 37 7 8 0 3 17 3 0 20 19 6. 41 1. 69 11 11 0 0 0 1 6 0 --. 143 263 57. 0 67 9 24 0 5 36 0 0 41 39 6. 16 1. 60 10 2 0 0 0 2 2 0 0. 500 95 22. 2 26 7 3 0 1 16 1 0 15 15 5. 96 1. 28 通算:13年 239 175 40 5 3 63 79 3 0. 444 5381 1244. 1 1258 161 487 11 40 885 36 3 648 614 4. 44 1. 各年度の 太字はリーグ最高 記録 [ ] 初記録 投手記録• 初登板:1991年8月20日、対21回戦()、8回表に3番手で救援登板・完了、2回2失点(自責点1)• 初奪三振:1991年9月3日、対福岡ダイエーホークス23回戦()、7回表にから• 初先発登板:1994年9月28日、対25回戦(東京ドーム)、1回3失点で敗戦投手• 初勝利・初先発勝利・初完投勝利:1995年7月14日、対15回戦(東京ドーム)、9回1失点• 初完封勝利:1996年9月11日、対21回戦(東京ドーム)• 初セーブ:1997年5月31日、対千葉ロッテマリーンズ7回戦(東京ドーム)、8回表に4番手で救援登板・完了、2回2失点 打撃記録• 初安打・初本塁打・初打点:2005年5月21日、対2回戦(東京ドーム)、5回表にから左越ソロ 節目の記録• 出場:3回 (1998年 - 2000年) 背番号 [ ]• 20 (1990年 - 1992年)• 38 (1993年 - 1995年)• 18 (1996年 - 2005年) 登録名 [ ]• 岩本 勉 (いわもと つとむ、1990年 - 1998年、2002年 - 2005年)• 岩本 ツトム (いわもと つとむ、1999年 - 2001年) 関連情報 [ ] 著書 [ ]• 『ガンちゃんの世界一おもしろいプロ野球の本』()• 『ガンちゃんの日本一泣けるファイターズの本』(青春出版社)• 『ガンちゃんの人に話したくなるプロ野球の面白ネタ本』(青春出版社)• 『ガンちゃんのファイターズ選手のスゴいい話』()• 『2012年版 ガンちゃんのファイターズの応援が100倍楽しくなる本』(朝日新聞出版)• 『人を育てるファイターズの秘密』(朝日新聞出版)• 『日本一よくわかる北海道日本ハム 強さの理由 なぜ常勝球団になれたのか』() 関連書籍 [ ]• 『夏を赦す』(著、、2013年9月、) 現在の出演番組 [ ] テレビ [ ]• 『』(他、系列各社 制作のファイターズ戦に登場• 『』(他、系列各社制作のファイターズ戦に登場)• 『』(北海道テレビ)• 『』()不定期出演• 『』()パネリストとして不定期出演• 『メジャーリーグ観戦ガイド! 』()• 『』(北海道テレビ、土曜コメンテーター)• 『』(読売テレビ)不定期出演• 『』(関西ローカルパート)(読売テレビ)不定期出演• 『』(HBCテレビ)• 『』() ラジオ [ ] HBCラジオ• - 解説者• - 8:20頃「スポーツプラスワン」月曜「ガンちゃんのまいど! 」に電話出演• (日曜 12:00-13:00) 文化放送• - 解説者• 土・日曜の『』には、NRNナイターとして競合局のSTVラジオ『』にネットされる可能性があるため出演していなかった。 なお、HBCラジオと文化放送は2018年から相互にプロ野球中継をネットしている。 また、HBCラジオへの裏送りではTBSラジオ(2017年まで)・ニッポン放送の制作時に出演することがある。 (月曜 18:00 - 18:30)• (毎年、春・夏・秋の3回にと共にプロ野球+大リーグコーナーを設けてトークしている。 ) MBSラジオ• (水曜 0:00-0:55、2007年4月11日 - 2007年10月3日)• (2007年10月10日 — 2008年4月2日、2008年10月8日 — 2009年4月1日)• ゴチャ・まぜっ! 木曜日 ミニコーナー(2008年4月10日 — 10月2日) 過去の出演番組 [ ]• (2007年2月12日放送)(TBSテレビ)• マイクサイドボクシング「俺に言わせろ! 」(文化放送)• (TBSテレビ)• (読売テレビ、不定期出演)• 一度は行きたい! にっぽん露天風呂の旅(パワーテレビジョン制作)• 『旅ちゃんガイド』第34話(旅チャンネル) ネット [ ]• 「まいど! 岩本です。 」(ファイターズオフィシャル携帯サイト・毎週月曜日更新) 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 『夏を赦す』、2013年、177頁。 235• 菊地高弘 2017年5月25日. 2017年8月7日閲覧。 菊地高弘 2017年6月19日. web Sportiva. 集英社. 2017年8月7日閲覧。 web Sportiva. 集英社. 2017年8月7日閲覧。 関連項目 [ ]• (で長年共演) 外部リンク [ ]• - NPB. jp 日本野球機構• 選手の各国通算成績 、• gun18gun18 -.

次の

岩ちゃん

岩 ちゃん ブログ

棚ボタ弘至(2015年、・大会にて)• 、に入学。 当初は「 岩原クラブ」としてピンで活動。 よりを辞め、役者として活動。 『』『』などに出演した。 より役者を辞めで「 スポ魂番長」としてピンで活動。 に太田プロダクションで野崎修三郎とともにコンビ「 」を結成。 からはのキャラである「棚ボタ弘至」として西口プロレスやだけではなく、闘強士火プロレス、、G日本プロレス、、など他団体にも出演しており、特にのイベントに呼ばれるなど棚橋からもお墨付きをもらっている。 スノーボードでの実力が認められスポンサーがつき、スノーボードDVD「下克上」などにも出演。 に「どてちんレンジャー」を解散、現在はピン芸人「 どてちん岩ちゃん」として、その傍ら「 棚ボタ弘至」としても活動を開始。 より、のオマージュキャラである「宮原検討中」を開始。 人物 [ ]• スノーボードが上手く、大会に出場する程の腕前で実力が認められDVDにも出演している。 雑誌でコラム連載やスノーボードの番組やイベントでMCも務めている。 プロスノーボーダーとして2017年現在、4社のスポンサーがついている。 かつて競馬の騎手を目指していて、競馬や乗馬も得意である。 乗馬検定の資格も持っていて、その特技を生かしてドラマにも出演した。 が好きで、わざわざ現地へ観戦へ向かう程でインターネットでNBAのコラム連載もしていた。 地元の鳥取県と縁が深く、鳥取でレギュラーで情報番組のレポーターやイベントMCや鳥取のプロレス団体にも出演していて鳥取と東京を行き来している。 出演番組 [ ] テレビ [ ] TBS• (2010年10月4日)• フジテレビ• (のモノマネで出演) テレビ朝日• (のモノマネで出演) テレビ東京• (2016年1月- 、フジテレビONE)• KASSAMA探検隊(2016年7月8日、)• KASSAMA TV(2018年- 、鳥取中央有線放送) ウェブテレビ [ ]• (2017年12月20日、)有吉が天才と認めた太田プロの最終兵器• (2018年10月25日、) コマーシャル [ ]• 著書 [ ]• 『鳥取あるある』(と共著)、、2015年 エピソード [ ]• 以前、ネットテレビでスノーボードのインストラクターをやっていた時に監禁されていた話を披露していた。 虫食い芸人と親交が深く、東南アジアのジャングルに二人で虫食いの旅に出ていたこともある。 以前から野草研究・料理をしていたのだが、の出現により、二番煎じと呼ばれるのが悔しいという。 実家はだったが、それ以前はだった。 遊女の呪いでよく心霊体験をするという話を披露していた。 また、この旅館は映画『』のロケにも使われたという。 脚注 [ ] []• 田島直弥、見浦彰彦• 上村典弘、榎本淳、仮屋想• 青木悠真• あしとみしんご• 荒澤守• 平子祐希、酒井健太• 黒川忠文、山本栄治• イノセントキラー• 岸井拓哉、小田桐雄磨• イルカキング• 大平かずき、渡辺浩平• じゃい、すぎ。 、ゆうぞう• ヴァンビ、• うっちゃり• 遠藤祐輔、義江和也• エールタワー• 石井裕二、齋藤宏和• 太田唯• 大西けんけん• 大森麻里• 大矢剛康• オールドパー• 大嶋友也、河野圭介• 小川のブンちゃん• 鬼ダンサー• 寺田一馬、吉川黎• 藤本淳一、小嶋宏太郎• オレンジセレナーデ• 永井康平、梅木航平 か行• カイジルポテト• 加納慎也、近藤大志• かがわの水割• 小林知之、高松信太郎• 大久保薫、前河キヨトシ• ガッチキール• 中村一馬、穴井雄大• 上谷沙弥• ガルボ• 原田勇輝、西隆志• ガレット• 松井拓真、坂井宣大、宮本和明• Not yet• キャラメルポップコーン• あすか、ゆう• 戦艦蓮見。 、手塚ジャスティス、ベーグル吉村• クウぃーんず。 田邊哲平、芝原奨真• クックロビン• 武田孝平、大井総一郎• 熊澤洋幸• グリーンバンバン• 野瀬翔大、翁長一貴• 栗山英宜• 牧野大祐、落合隆治• 岡本美樹、能崎弥生• こうチャンネル• 小関悠佳• 後藤千裕• 村田千鶴、補陀知子• ごりあて• 柿本太煕、岩本浩幸• 近野千里 さ行• サイトウズ• 佐藤尚輝、伊藤亮• Not yet• 宇野慎太郎、中田和伸• 佐藤弘基• 36号線• ササキサキ、大田黒ヒロタカ• 三手観音• 加藤哲史、はっしー• シノノメ• 伊藤大貴、宮下仁志• 下村尚輝• 冨山麗璃、勝呂祐介• しょんたむ• しらすのこうげき! 糟谷僚一、ひより• 神宮寺しし丸• 石沢勤、かねきよ勝則• スカベンジャー• 大熊明日馬、三浦裕太• 鈴木アキノフ• 鈴木メトロ• ストレッチーズ• 福島敏貴、高木貫太• スピードスター萩原• スペードの3• 栗林弘典、• 関口ジョニーズ• 絶対すのはら• センチメンタル• 今里拓登、伊藤祐輔• 園部琴子• それもまた一興• 松岡仁、五十嵐遊楽 た行.

次の