スポニチ占い。 スポニチ、フィギュアスケート羽生結弦選手の写真集「YUZU’LL BE BACK II~Dancin’on The Edge3」を発売

元AKB48・渡辺麻友、スポニチ秘蔵写真のパネルが当たるキャンペーンがスタート (2020年6月9日)

スポニチ占い

会長は、占いは好きですか?」(男性) 先日、初めてタロット占いをしてみたという会長は「全然当たっていなくて……」と苦笑い。 でもやり方がそれしかないから……でも占う人が上手いと、きっと信じちゃうんだろうなって。 対面する占いは、テクニックも含めての占いなのかなって思いますよね」と感想を口にします。 会長によると、過去に何度か手相を占ってもらったことがあるそうで「僕ね、手がしわくちゃで線がすごく多くて、大体『君は天下を統一する手相を持っている』って言われるんです。 久保田さんの声がまたハイトーンなんですよ。 だからカラオケで歌うのが、なかなか難易度が高い曲なんですけどね。 『流星のサドル』っていうタイトルが気に入って、この曲を一生懸命覚えました。 久保田利伸さんが好きなんですよね。 日本人離れした歌唱力で、いつもワクワクしながら聴いております。 みなさんもぜひ聴いてみてください!」とおすすめしていました。 tfm.

次の

競馬予想 TOMEのスポニチで当てる馬券情報

スポニチ占い

異例の早さで地上波初登板が決まった。 侍ジャパンの密着ドキュメント映画「侍の名のもとに~野球日本代表 侍ジャパンの800日~」が13日の土曜日午後2時から、TBSの関東ローカルで放送されることが発表された。 映画は2月7日から全国の映画館で公開され、4月24日にDVDとブルーレイが発売されたばかり。 監督を務める三木慎太郎さんは「公開や発売を考えれば時期は早いですけど、非常にありがたいお話でした。 みんな野球に対して飢えているのではとも思う。 是非ご覧になっていただきたいです」と地上波初放送を喜び、期待した。 世界中が新型コロナウイルスに犯されていく中で、日本球界もその荒波に翻弄された。 当初3月20日だった開幕日は延期の繰り返しを余儀なくされ、ようやく6月19日に決まった。 その約1週間前に「プロ野球開幕直前SP」と銘打たれ、企画が実現した。 2月7日から全国主要都市で順次封切られた今作にも、コロナの影響は及んでいた。 「(公開時期の)前半は問題なく順調だったのですが。 後半や公開が遅かった地域もあり、そこは影響していましたね」と三木さんは振り返る。 今作は17年7月末の稲葉監督の就任から、昨年11月のプレミア12優勝まで、侍ジャパンの戦いに三木さんが密着し、カメラを回し続けた。 三木さんは今年2月のキャンプでも、12球団を視察する稲葉監督に同行し密着していた。 だが、コロナ禍により、そこを最後に稲葉監督とも会えていない。 「17年7月の就任から、これだけの期間お会いできなかったことはないですね」。 定期的に行われてきたスタッフ会議や国内・海外での視察など、常に同行してきた。 そここそが今作の魅力でもある。 東京五輪へ向けた戦いにも密着する予定だったが、そこにもウイルスが立ちはだかり不透明に。 「延期もありましたし。 難しくはなりましたね。 でもやれるのであれば、やりたい。 今の苦労も、確かな道のりの一つなので」。 終息の日を願い、今は静かにその時へ向け備えている。 今作の地上波初放送は土曜日の昼間。 「そこも良かったですね。 子供さんや仕事が休みの方も多いですし。 新型コロナウイルスがなければ、みなさん外出する時間帯かもしれなかったですが。 是非、侍ジャパンの戦いを見て、開幕へ向け気持ちを盛り上げていただけたら」。 自粛緩和から、世界がリスタートの歩みへと移行している。 野球界待望の開幕も確実に近づいてきている。 (記者コラム・後藤 茂樹).

次の

ファーストサマーウイカが占いで丸裸に「そんなことまで分かるんですか!?」<突然占い>(ザテレビジョン)7月22日(水)に放送される「突然ですが占って…|dメニューニュース(NTTドコモ)

スポニチ占い

異例の早さで地上波初登板が決まった。 侍ジャパンの密着ドキュメント映画「侍の名のもとに~野球日本代表 侍ジャパンの800日~」が13日の土曜日午後2時から、TBSの関東ローカルで放送されることが発表された。 映画は2月7日から全国の映画館で公開され、4月24日にDVDとブルーレイが発売されたばかり。 監督を務める三木慎太郎さんは「公開や発売を考えれば時期は早いですけど、非常にありがたいお話でした。 みんな野球に対して飢えているのではとも思う。 是非ご覧になっていただきたいです」と地上波初放送を喜び、期待した。 世界中が新型コロナウイルスに犯されていく中で、日本球界もその荒波に翻弄された。 当初3月20日だった開幕日は延期の繰り返しを余儀なくされ、ようやく6月19日に決まった。 その約1週間前に「プロ野球開幕直前SP」と銘打たれ、企画が実現した。 2月7日から全国主要都市で順次封切られた今作にも、コロナの影響は及んでいた。 「(公開時期の)前半は問題なく順調だったのですが。 後半や公開が遅かった地域もあり、そこは影響していましたね」と三木さんは振り返る。 今作は17年7月末の稲葉監督の就任から、昨年11月のプレミア12優勝まで、侍ジャパンの戦いに三木さんが密着し、カメラを回し続けた。 三木さんは今年2月のキャンプでも、12球団を視察する稲葉監督に同行し密着していた。 だが、コロナ禍により、そこを最後に稲葉監督とも会えていない。 「17年7月の就任から、これだけの期間お会いできなかったことはないですね」。 定期的に行われてきたスタッフ会議や国内・海外での視察など、常に同行してきた。 そここそが今作の魅力でもある。 東京五輪へ向けた戦いにも密着する予定だったが、そこにもウイルスが立ちはだかり不透明に。 「延期もありましたし。 難しくはなりましたね。 でもやれるのであれば、やりたい。 今の苦労も、確かな道のりの一つなので」。 終息の日を願い、今は静かにその時へ向け備えている。 今作の地上波初放送は土曜日の昼間。 「そこも良かったですね。 子供さんや仕事が休みの方も多いですし。 新型コロナウイルスがなければ、みなさん外出する時間帯かもしれなかったですが。 是非、侍ジャパンの戦いを見て、開幕へ向け気持ちを盛り上げていただけたら」。 自粛緩和から、世界がリスタートの歩みへと移行している。 野球界待望の開幕も確実に近づいてきている。 (記者コラム・後藤 茂樹).

次の