無限 大 な 夢 の あと の 何 も ない 世の中 じゃ。 無限大な夢のあとの、なにもない世の中

Butter

無限 大 な 夢 の あと の 何 も ない 世の中 じゃ

出处:这句话出自歌曲 《butterfly》。 4102• 歌曲简介:《Butter-Fly 》是 1653由和田光司演唱,千绵伟功谱曲填词,渡部チェル编写的摇滚单曲,因作为动画《数码宝贝》的主题曲而广为人知,之前一直默默无闻的演唱者和田光司本人亦因此曲而一战成名,正式出道乐坛。 光司本人共演唱过四个版本的《Butter-Fly》:普通版[2] 、剧场版片尾的抒情版 、《数码宝贝大冒险》大结局中的钢琴版 、《数码宝贝大冒险tri》主题曲《Butter-Fly(Tri. Version)》,另有藤田淑子等一众《数码宝贝》配音演员合唱的版本。 2014年和田光司在数码宝贝15周年纪念活动中再次献声,但当时他的声音因咽喉肿瘤已经干瘪沙哑,为了歌迷坚持复出,高音上不去了。 2015年,和田光司重新录音《Butter-Fly(Tri. Version)》,因为咽喉癌的关系,曲风改变了,成为《数码宝贝大冒险tri》的主题曲。 中文名称:蝴蝶• 音乐风格:摇滚• 歌曲语言:日语• 创作背景:1993年1月12日,19岁的和田从福知山站乘车来到了东京站。 他看到杂志上一家工作室招工作人员的消息前去求职,但希望能做演员。 这段时间他做了不少电视剧和电影的临时演员,甚至还有时代剧。 他对这种生活厌烦了,思乡病之下动了回家的念头。 回想时,他说这是决定他人生命运的一句话。 如果不是他父亲,就没有今天这个唱歌的和田了。 之后,和田光司认准了音乐这条路走下去。 他认为做演员对他的发展没有帮助,并离开了事务所。 他曾组建过乐队,举办过live,把自己的音乐作品寄给各个音乐事务所、公司、唱片行,有时一次甚至要寄100张,但全都石沉大海无回音。 在经历过一次又一次失败之后,终于有一天,命运之神睁开了眼睛。

次の

和田光司

無限 大 な 夢 の あと の 何 も ない 世の中 じゃ

どうしても書いておかなければならない。 書かなくてもいいんだけど、書くこと自体がとんでもなく恥なんだけど、書かなければならなくて書いている、と信じている。 子供の頃、僕には夢があった。 正確には、中学生の僕の夢。 世の中のことなど何1つ知らない僕は、 「俺と俺の仲間が世界で一番すごくて楽しい。 もっとこの仲間たちとずっと一緒にさらなる高みに行きたい」 と思っていた。 さて、 年越しキャンプ という概念を知っているだろうか。 今の今まで知らなかった人も、字面だけで全てを悟ることができる単純明快な概念だ。 11年前、僕が16歳の頃、(厳密には)に所属していた僕が仲間と行う新しい企画を考えている時、突如、我がに稲妻とともに駆け巡った概念である。 「年末といえばコで紅白や。 そこを山の中で年越すなんて滅茶苦茶アホやんけ。 これはいける、 俺は天才や。 早速仲間に報告や」 自分をマジの天才だと思った。 というのはクソガキだった俺の独りよがりな物の見方であり、別に僕は概念「年越しキャンプ」の創造主などではない。 キャンプが一般的な娯楽と化してから無数の山好き、キャンプ好きが仲間と年を越してきたに違いない。 ただ、少年期から思春期にかけてのクソガキというのはそういう物の見方をする。 いや、そういう見方しかできない。 自分が考えた、思いついた、閃いた…。 そうしてインスピレーションのままに突き進む。 誰でも思いつくような下らないことを神からの啓示のようにありがたがることができた。 馬鹿馬鹿しくて振り返りたくもない仮説(僕はこの子と結婚する、とか、大人はみんなバカだ、とかそういうのだ)のために全力で走ることができた。 と、いうのは。 「大人になってしまった」僕の、味気のない物の見方だ。 すでに世界の大きさをある程度把握し終えた大人が夢のないことを言っているだけだ。 これから僕はこの記事の中で、2018年12月31日に行った年越しキャンプについての話をする。 ただし、もはや「年越しキャンプ」とは、ただ12月31日にキャンプをするというだけの概念ではない。 それは、 「少年期の俺」と 「大人になってしまった僕」とが出会う場なのだ。 ちなみに、かなり長文になる。 読んでも全くタメにはならない。 僕のことが少しわかるかも知れないけど、それはあなたの得にはならないかも知れない。 こういうのは自分のために書くものだ。 さて、 僕たちの世代がどんな背景を持っているか、書いておく必要は一応はあるだろう。 僕らが生まれたのは平成三年、人々がようやく昭和が終わったことに慣れ、平成というを使いこなしはじめたころ。 生誕・・・平成3年 ・・・平成8年 ・・・平成11年 ・・・平成12年 少年期はこのあたりだ。 カラオケに行くたびに、 無限大な夢の後の何もない世の中じゃ そうさ愛しい想いも負けそうになるけど という歌をクソバカ大声で歌うやつらは大体同級生か上か下か。 平成の起こりとともに誕生し、終わりとともにオッサンになっていく世代の、中腹から下の方に位置しているであろう僕たちだ。 僕たち、というからには複数人いる。 だいたい8人。 「だいたい」なのは参加したりしなかったり、飲み会だけ来たりと距離感があいまいなメンバーもいるからだ。 そして僕たち、は新規メンバーを絶対にふやさなかった。 いや、増やせるわけがなかった。 僕たちは幼馴染だ。 そして 全員がだ。 少年の頃を共有していた、絶対に代わりなどいない友達だ。 何をしても面白い、面白くないわけがない友達。 今年の年越しキャンプも当然、とても盛り上がった。 メンバーこそいつもより少なかったが、参加できなかったメンバーも電話で声を届けてくれた。 とんでもないアクシデントがあったりもしたが、それは別の記事で面白おかしく書ければいいと思う。 今回の趣旨とは違う。 ロケーションはとにかく最高。 の山中にあるキャンプ場は四方を山に囲まれて街の光は全く入らない。 営火(キャンプファイアのもっと広義の言い方)とランタンの少しの灯りを除けば光は満天の星空だけだ。 オリオン座の内側にいくつもの小さな星があることを、街にいる僕らは忘れがちだが、そういう場所に行けば出会うことができる。 夏にキャンプをすれば天の川だって端から端まで捉えることができる。 別に1人でキャンプしても観れるものだけど、僕にとっては幼馴染の、かけがえのない友達と見るそれが一番大切で大好きな星だった。 満天の星空の下、年越しまであと1時間ほどあったと思う。 話題もぼちぼち尽きはじめ、みんな火の番をしたりくだらない小ボケをしたり、思い思いの過ごし方をしていた。 そこで僕は、おもむろに、 「今回で『年越しキャンプ』は最後にせえへんか」 と言った。 誰となしに、友達の1人が 「平成も最後やもんなあ」 と言った。 僕は深く頷いて、 「もちろん、友達みんなで集まって遊ぶ方法が年越しキャンプになるならそれはそれで良いと思う。 でも恒例として、当たり前に、疑いなしに、備品やのなんやの言って年越しキャンプをやるのはやめにしよう。 平成も終わるし、僕らはもうオッサンやから」 こう言った。 すると、 「底抜け脱線隊も終わりやな」 ぽつり、と、仲間の一人が言った。 あ、ごめん。 突然 わけのわからない限界ワードが飛び出して困惑された方もいるだろう。 申し訳ない。 「 底抜け脱線隊」というのは、僕たちが自分たちにつけたグループ名のようなものだ。 だから、ここでは「僕らのグループも活動停止みたいなもんやね~」と言っているのだ。 いや、わかってる。 キツイよ。 そしてバカダサい。 ダサい名前をあえてつけるところが一周回って良いだろ?みたいな感じがにじみ出ているのがどうしようもなくダサい。 何でこんなゴミクソダサい名前になったかについては遠大なストーリーを語る必要があるので、またの機会に話したいと思うが、具体的に 何時こんな名前をつけたかというと中二の頃だ。 いろいろ悟ってほしい。 そして、活動と底抜け脱線隊はセットだった。 底抜け脱線隊としてキャンプをし、ハイキングをし、県外派遣され、・・・僕たちが育った組織に所属しているのほとんどの大人は知らないだろうが、それが僕たちの認識だった。 まあ要するに、 「底抜け脱線隊」という名前を13年間守り続けていて、そのメンバーで11年間年越しキャンプをやっている、しかも「組織」の一部として。 というのがここで分かっておいて欲しいことの全てだ。 いい歳こいたオッサンのやることではない。 本当に。 ほとんどのまともな人たちは経験すらないと思うが、「仲良しグループの名前」というのは一度つけてしまえば外すことのできない恐ろしいもので、呪いの装備品ようなものである。 たとえば、「〇〇高校テニス部」をいつまでも背負い続けられる人はいない。 〇〇高校テニス部は現役3年間を終えれば外に放り出され、「OB」になる。 高校、部活、会社組織、機関などなど、あらゆる「所属名」は明確な始まりと明確な終わりがある。 会社をやめれば「元社員」だ。 しかし「底抜け脱線隊」には終わりがなかった。 僕たちが中学を卒業して、高校生になった時、そこには高校生の「底抜け脱線隊メンバー」が存在していた。 高校生が大学生になった時も。 社会人になっても。 すでに作った名前を変える必要も感じず、LINEが普及(あれは大体僕らが20歳くらいの頃だったと思うが)してグループLINEを作るときにすら「底抜け脱線隊」という名前を設定していた。 マジだ。 この話をした時、大学の女の子などは「地元にすごく仲がいい友達がいてそれを大事にしてるんだね、いいことだね」と言っていたが 完全に目が死んでいたしドン引きしていた。 普通の反応はドン引きである。 何故ならキモいから。 ただ、これが「キツイ」ことは僕たちも分かっていた。 14歳の思いつきを20代の男がやるもんじゃないことはちゃんと理解していた。 グループ名をつけるような人間じゃないことも理解していた。 そもそもなんだよグループ名って。 ジャニーズかよ。 そんなことはわかっていた。 だが、少なくとも僕には変えられなかった。 地元の仲間たち、物心ついたころには側にいた仲間たち、「仲間ちゃうんけ!?」と時には喧嘩した仲間たち。 総勢10名弱の、クソガキだった男たち。 子供の頃は、これから先もずっと一緒にいるものだと思っていたけれど、高校は全員バラバラ、大学も、その後の進路も違う。 きっと違う街に住み、違う物を食べ、知らない人と仲良くなり、友達になっていく。 僕たちは、たぶん全員、心のどこかでこう思っていたのだろう。 「いつか、これが終わりになるかもしれない」 思えば、みんなの底抜け脱線隊との距離の取り方、つまり「だいたい8人」になっていたのは、みんな心のどこかで少年期を振り切っていたからだろう。 ただ、少なくとも僕はそうしたくなかった。 仲間との冒険を続けたかった。 底抜け脱線隊が旅を続ける限り、それは永遠だ。 ずっと、仲間と、「あの頃の世界観」の中にいたかった。 申し訳ない。 だけどこれは、みんな少しくらい心にあるものだと思う。 そして、 年越しキャンプはその「あの頃の世界観」そのものの象徴だった。 「山で年を越す」 (本当の山の中ではなくキャンプ場で) 「大人の力を借りず」 (本当は備品から経費まで組織に頼っていながら) 「自分たちだけが思いついた」 (誰でも思いつける) 「自分たちだけの世界観を持って」 (誰しも少年期に抱く幻想だ) 少年の自意識の暴走、万能感の果てに生み出された幻想の理想郷、そこの住民である「底抜け脱線隊」の仲間たち。 僕は365日のうち364日は大人になっていたつもりだけれど、12月31日だけは「少年期の俺」と「大人の僕」がないまぜになって、わけがわからなくなっていたのだ。 10代の頃はそれでまだよかった。 20代前半、つまり大学生活もそれでよかっただろう。 マジでだったとは思うが、 「マジでキツイ」で済んでいた。 たとえば、の中での立ち位置などがそうだ。 子供の頃、僕らはみんなリーダーたちにとても大切に扱ってもらえた。 どんなに中途半端な企画を出しても形にしてもらえたし、とにかく褒めてもらえた。 怒られることも同じくらい多かったけど、それも愛情だったと思う。 そんな中で「底抜け脱線隊」などと名乗り、「仕切っている」感じを出して、後輩に上から目線でモノを言うのカスが、いつのまにか出来上がっていた。 「俺が誰よりも理解していて腕があって何でも出来て強い」 こんなどうしようもないカスになってしまっていた。 自分では気づかないものだ。 子供おじさんはみんなこうなってしまう。 10代の頃はまだそれでもよかった。 20代前半も会議に出たりリーダーの資格を取ることで許されていただろう。 もうだめだ。 ろくに会議にも出ず、「俺はやめた」などと宣うくせ、飲み会には出席して「いつもの」雰囲気を作り、後輩に対して語り、自分の好きな活動にだけ顔を出し、仲間内のわちゃわちゃを活動と言い張る。 僕たちの半分以上はそういうオッサンになってしまっていた。 つまり、もう限界だと思う。 要するに僕たちのグループの問題点は、「組織の中で与えられたもの」と「自分たちだけの世界観」が切り離しきれていなかったということだった。 僕たちが自分たちだけの世界だと思っていたものは、本当は大人の努力によって作られていた楽園だったのだ。 これからはそうはいかない。 言うまでもなく大人だから。 いつまでも子供心を忘れないのは素晴らしいことだが、子供でいること自体は絶対にできない。 人に迷惑をかけている心許なさを感じるし、人からの目線をはねのけられるほど強くもない。 だいたいの大人は万能感に浸ってはいられないし、自分たちだけの世界を作ることも叶わない。 それは何故かって、僕たちはほとんど誰も天才などではないし、選ばれし者でもないからだ。 そんなものは自分たちの手で終わりにしなければならない。 僕はそう思ったし、今年がそのチャンスなんじゃないかとも思った。 もしかしたら僕だけが大人になれていなくて、みんな付き合ってくれていただけかもしれないけれど。 みんな少しはあった、ように思う。 長い付き合いだから、そこは本当になんとなくわかる。 どんな世界にもあることではないと思う。 これ自体とても特殊なケースだと思う。 「学校が変わるたびに友達が変わっていて、人間関係がリセットされていて、本当に仲のいい友達として残っているのは1人か2人」というのをよく聞く。 僕たちは「だいたい8人」があの頃の世界観を共有できてしまっていて、それがいつも一緒にいるわけではなく、あわただしく生活する普段の仕事の合間に、ほんの憩いの時間としてふいに現れていた。 だから気づくのがだいぶ遅くなってしまった。 けど、「これで終わりにしよう」と言った。 少し冗談っぽく言ったのもあるだろうけど、誰も反論ひとつしなかった。 まあ、やめるっていったって、つきあい自体が全部なくなるわけじゃない。 「これからは人の金や備品に頼らずに個人の遊びとして勝手にやろうね。 もうあの場所には帰らない方がいいからね」って言うだけのことだから、対して大きな変化もない。 年を越すまであとわずか。 営火の灯りが少しずつ小さくなっていった。 炎はもうない。 赤熱する枯れ木がパチパチと、最後の熱を放っているだけだ。 僕たちが少年期の全てを生きた平成は終わる。 これで終わりだ。 終わったからって何かが変わるわけじゃない。 次の日に昇る朝日が意味や性質を変えるわけでもない。 新しいに慣れず、〇〇2年とか〇〇3年の居心地の悪さにソワソワするが、そのうち慣れる。 大人になってしまった僕たちにとって3年などは蹴りで届く距離だ。 それでも。 僕にとって 「平成の終わり」は、 「少年期の残火を、ここできちんと終わりにしよう」というメッセージに聞こえていた。 けじめをつける時が来た。 それは、年越しキャンプが否応なしに少年だったあの頃の自分を思い出させるからに違いない。 かつての自分がみていた世界はもっと単純で、狭くて、可能性に満ちていて、そして何より「完全に目的の一致する」最高の仲間たちに囲まれていた。 僕らはあの日、たしかに「選ばれし子供達」だった。 特別な自分たちが特別な時間を過ごしていること。 大人が一人もいない空間で愉悦感に浸ったこと。 少し外している自分たちのセンスも心地よかったこと。 いわゆるの全て。 あの日の僕の遠大な夢に、今の僕は応えられない。 本当につまらない大人になったものだ。 だからこうしてあの頃に恋い焦がれもする。 でも、だからこそ、 少年期への望郷は終わりにしなければならない。 憧憬は終わらせなければならない。 僕たちは気色の悪いオッサンで、情けない身体を引きずって仕事と向き合い、家族を持ち守り育むからだ。 これで底抜け脱線隊の旅は終わる。 「仲間」は一人もいなくなり、「友達」が残った。 思い出は胸の中にしっかりあるけれど、そこにいる「俺」は僕じゃない。 無限大な夢のあとの何もない世の中で、 それでも僕たちは生きていく。 それはそれで素晴らしいものだと信じている。 2019年が良い1年になりますように。 ほんまにすんません。 sethsx.

次の

无限大な梦のあとの 何もない世の中じゃ_百度知道

無限 大 な 夢 の あと の 何 も ない 世の中 じゃ

確かに、ある有名人が、「時間は有限、可能性は無限」との格言を 呈したときいています。 しかし、あなたが未だ未だ若い事を 推測して申し上げるのですが、 この間、大記録を成し遂げた三浦 さんも80代とはいえ、「どんなに 苦しい事も夢が有るから、やり遂げるのです。 」とおっしゃってます。 あなたが何に対して望みを、失った のかを知らないので、主観的決めつけは致しませんが、私はアラフォー という歳を現在迎え、神経的な病も持病として抱えてますが、 正気の沙汰では無い!と吹聴された 努力でも、自分がこれだけは負けない!と懸命だった事に関しては、 神様がいる事を感じるような 特別な時とは、こういう場合 だろうと、自画自賛だけでなく、 多かれ少なかれ、関わりを持った 人達とも、感じること、、、 すごい! により、何時も、「私は実力者だ。 ツンツン」としてなくても ゴメンなさい。 あなたに信じて頂くために 私の強みを直言します。 英語カンケイです。 、ユーモアやユニークな視点、異文化を意識したシビアさなど 色々な事を得た自分があるので、 まだ自分には知らない世界がある、 能力を磨いたうえで、見えてくる感覚や、新しい出会いは未知数の 色々な冒険 いい事ばかりでなく、辛い事もきっとあるはずなのでケワシサにオカサレルと書く、この語を用いるのです。 をもたらしてくれるだろうと、大人らしさを重ねる事を求めると同時に、立ち向かう心は大鬱 も経験した自分であっても、消滅 してないのです。 だから、大泣きする事があっても 復活出来ると気長に信じてください。

次の