ポリゴン2 剣盾育成論。 【ポケモン剣盾】ブースターの育成論と対策【不遇ブイズ】

ポリゴンZ育成論

ポリゴン2 剣盾育成論

7月からのシーズンのレギュレーションが発表! 鎧の孤島の情報をチェック! ポケモン剣盾 ポケモンソードシールド におけるポリゴン2の育成論と対策について掲載しています。 ポリゴン2のおすすめ技や性格、もちものについてなども記載しているので参考にしてください。 対戦お役立ち関連記事 関連リンク 育成論 目次• 5倍にすることができます。 HPだけでなく防御と特防も高水準なので 受け性能が高く、弱点が少ない点からも安定して受けることができるポケモンです。 トリルの始動やアタッカーとしても ポリゴン2は持ち前の耐久を活かして トリックルームの始動要員としても運用ができます。 また、特攻が高いので 技範囲を活かしてのアタッカー性能も高いです。 弱点技であっても耐えることができる強力な耐久性能と再生回復によって物理アタッカーを狩っていくポケモンです。 積み技に対してもイカサマによる追撃が可能で、ダイホロウを無効化できる点から突破されにくいポケモンと言えましょう。 特性について 特性はダウンロードとの選択となります。 運用方法的に後出しが基本となるので、いかくやちょすいなどの無効特性を奪いやすい現環境ではトレースをして困る場面が少ないため、有効に使いやすいトレースがおすすめです。 不利な特性は主にスキン系 ノーマル技のタイプ変更 やなまけ 妨害系 などが挙げられます。 調整について HPを最大まで振ってしまうと192となり、あらゆる定数ダメージに弱くなるため191にしておくようにしましょう。 基本的にスイッチトリル 試合の中盤以降にトリルにスイッチするパーティ での起用が多いので、通常時にも行動をしやすいように最遅にしない方が良いでしょう。 弱点を突けるかくとうタイプへのエスパー打点や、横のエースを倒しに来るポケモンに刺さる打点を持っておくと良いでしょう。 特性について 特性はトレースとの選択となります。 登場タイミングをずらせるためどちらでもある程度制御は可能です。 しかし、ダブルバトルではトレースする特性はランダムであり、天候始動系やフィールド展開系の特性をトレースした際にデメリットになる可能性もあるため、誤爆防止でダウンロードを選択しています。 一致技のトライアタックとじこさいせいを確定技として、残り2枠をパーティと相談しながら打点を決めていくと良いでしょう。 調整について HPを16n-1にもなる191まで伸ばしつつ特攻を11nに調整しています。 あまりを効率良く耐久へ、さらに素早さへ振ることで無振りアーマーガアの上が取れるようになります。 ポリゴン2のおすすめ技考察 おすすめ技と詳細一覧 わざ 考察 ・Lvで習得 ・一致ノーマル技の安定した打点 ・で習得 ・苦手とするかくとうタイプへの打点 ・で習得 ・ダウンロードで攻撃が上がる相手への打点 ・で習得 ・ひこう、みずタイプへの打点 ・で習得 ・ドラゴンタイプへの打点 ・で習得 ・素早さ操作用 ・で習得 ・ゴーストタイプへの打点 ・特防下降の効果あり ・で習得 ・物理受けでの採用 ・積みアタッカーにも大ダメージ ・Lvで習得 ・再生回復技として採用 ・Lvで習得 ・素早さ操作用 ・上からの攻撃や回復が可能に ・で習得 ・素早さ操作用 ・稀に行動の妨害もできる ・で習得 ・行動順逆転による素早さ操作 ポリゴン2のおすすめもちもの おすすめもちもの一覧 もちもの 考察 ・基本はこれ ・耐久を大幅強化可能 ・ちょうはつを嫌う場合に採用 ポリゴン2の対策 対策方法 型の見極めが重要 まずは型を極めることが重要になります。 アタッカー型であればダウンロードによる特攻上昇に気をつけながら有利対面を、サポート型であればちょうはつによる妨害が選択できるでしょう。 特性によってある程度の判断は可能ですが、どちらの特性も強力なため、パーティの並びや出し方に着目して対策していくのが基本です。 弱体化を狙う はたきおとすやこだわりトリックによって弱体化をさせるのも有効です。 耐久値を下げたり技を固定することで思うように動けない状態を作りましょう。 高火力かくとう打点 弱点を突くのが突破の基本となるため基本的にはかくとうタイプのアタッカーを出すのが有効です。 エスパー打点に気をつけながら対面を作っていきましょう。 型によって厳選する性格や特性が異なる場合がありますので、上記の育成論の型ごとの表を目安の一つにしてください。 個体値に関して、理想は攻撃を除く5V。 複数ステータスがVの個体は比較的入手しやすく、厳選のハードルは以前と比較してもかなり低めとなりますので、理想個体を目指して孵化厳選を進めましょう。

次の

【剣盾対応版】ゼラオラの育成論・考察。性格による違いなど。このイケメンを使いたいよね。【ポケモン剣盾・USUM】

ポリゴン2 剣盾育成論

ページ:• 投稿者:デスフォレスト• コメント 3 みんなの評価 :• 投稿者:tired• コメント 23 みんなの評価 :• 投稿者:たま卵• コメント 22 みんなの評価 :• 投稿者:パラドックス• コメント 25 みんなの評価 :• ページ:• 投稿者:344• コメント 31 みんなの評価 :• 投稿者:えーい• コメント 40 みんなの評価 :• 投稿者:イブ• コメント 22 みんなの評価 :• 投稿者:shokuson• コメント 32 みんなの評価 :• 投稿者:しょー• コメント 30 みんなの評価 :• 投稿者:十六夜• コメント 14 みんなの評価 :• 投稿者:うにてぃ• コメント 15 みんなの評価 :• ページ:• 投稿者:クスィー• コメント 118 みんなの評価 :• 投稿者:青葉梟• コメント 10 みんなの評価 :• 投稿者:ト来• コメント 8 みんなの評価 :• 投稿者:鯱• コメント 18 みんなの評価 :• 投稿者:親玉• コメント 2 みんなの評価 :• 投稿者:schwarzschild• コメント 21 みんなの評価 :• 投稿者:Mush• コメント 9 みんなの評価 :• 投稿者:rains• コメント 14 みんなの評価 :• 投稿者:enekoro• コメント 28 みんなの評価 :• 投稿者:kamase14• コメント 15 みんなの評価 :• 投稿者:ぬ• コメント 1 みんなの評価 :.

次の

【ポケモン剣盾】DLCの内定・追加ポケモン一覧【ソードシールド】

ポリゴン2 剣盾育成論

わざ1 わざ2 わざ3 わざ4 育成論と使い方 Sは最遅が理想 ギルガルドは、攻撃技を出すと耐久の低いブレードフォルムになる。 先制で動くと反撃で倒されやすいため、Sは最低まで下げて初手はシールドフォルムで受けるのが理想。 ミラーではより遅い方が勝てると言っても過言ではない。 耐久力を活かして弱点保険を発動 シールドフォルムはBD共に圧巻の種族値で、抜群を突かれても大抵は耐える。 そのため じゃくてんほけんとの相性が抜群で、無理なく火力を上げやすい。 キングシールドとかげうちの存在により、消耗していても簡単には突破されない。 メジャーゆえに相手の行動を縛る HBギルガルドとじゃくてんほけんの組み合わせは、旧世代からおなじみの型。 環境の変動で持ち物の主流が変わっても警戒せざるを得なく、相手は迂闊に抜群技を選べない。 無言の圧力で精神的なダメージを狙える。 抜群技を受けた上で立ち回る必要がないため、扱いやすい点がメリットだ。 ただし持ち物によっては火力不足となるので注意。 てっていこうせんで前作より火力アップ ギルガルドは剣盾環境で種族値が下がる下方修正を受けた。 しかし特殊型の場合、 タイプ一致の高火力技てっていこうせんを新たに習得したため、前作よりも高火力が出せる。 全抜きするポケモンでは無いため、反動もそこまで気にならない。 キングシールドを切るのもあり 相手としてはキングシールドは常に警戒したい技。 あえて採用せずに攻撃技を増やし、キンシ読みを奇襲するのも有効。 5体の犠牲は覚悟する ギルガルドは1体倒した後、後続にかげうちを入れて退場という流れを作りやすいポケモン。 ある程度の犠牲は覚悟した上で、ダイマックスからの逆転を目指そう。 相手の行動を読む 12種類もの耐性と、シールドフォルム時の耐久種族値が驚異。 反面ブレードフォルムの耐久は脆く、等倍でも致命傷となり得る。 キングシールドは連続で使うと失敗しやすいため、攻撃に合わせて反撃したり、キングシールドの隙に積み技を使おう。 ポケモン剣盾の攻略関連記事 DLCの攻略情報.

次の