小室 圭 最新 ニュース。 小室圭さんのアツい姿勢に宮内庁でも変化が……お気持ち発表は来年夏以降か

【最新ニュース】小室母の正体がヤバすぎると話題に!【2018年ゴシップ】

小室 圭 最新 ニュース

で、小室圭さんの素性が次々と明らかになっていくなかで色々と調べていると少し気になるものを見つけました。 それは、小室圭さんの父親と母親に関しての謎です。 小室圭さんの父親に関しては週刊新潮の取材などで、10歳のころに死別していると報じていますが、どうやら 父親の死亡理由は自殺だったようです。 しかも、その自殺の理由を調べてみると、 母方の祖父に多額の借金を背負わされて焼身自殺したと噂されているようです。 さらに、 自殺した父親の祖父もショックで自殺したとされ、父方のほうばかりが相次いで早死しております。 世間では海の王子ともてはやされている小室圭さんですが調べてみると闇が深い人物のようです。 今回はそんな小室圭さんを知るうえで重要な人物である、父親の小室敏勝さんと母親の小室佳代さんに迫っていきたいと思います。 小室圭の父親は焼身自殺、祖父母は早死、母親はパパと呼ばれる男性と同居 まずは、小室家の登場人物を知ることから始めましょう。 小室敏勝の父親・小室敏勝の母親• 小室敏勝(父親)• 小室佳代(母親)• 小室圭 小室圭さんは小室家の長男として生まれ、幼少期は勉強と音楽が大好きな子だったそうです。 その後、国立音楽大学附属小学校に進学した小室家に悲劇が訪れます。 それは小室圭さんの父親 小室敏勝さんのこと。 週刊誌の取材によると小室圭さんの父親の小室敏勝さんは、某大学の理工学部を卒業後、1988年に横浜市役所に技術吏員として勤務していたことが判明しました。 その後は技官として『横浜みなとみらい21』の設計にも携わっていたようですね。 ちなみに『横浜みなとみらい21』とは横浜都心部の一体化と強化をめざしたウォーターフロント都市再開発として建設されている街で、都市再生特別措置法による特定都市再生緊急整備地域に指定されていることでもお馴染みですね。 しかし、 謎の体調不良が続き仕事を休みがちになった小室圭さんの父親は、藤沢市の実家に帰ることになります。 この時の謎の体調不良の病名ですが、うつ病や統合失調症、更年期障害の可能性が高いと言われておりますが詳細は不明。 その後、実家の藤沢市に帰っていた父親は、再び小室圭さんと母親の自宅に戻って来ます。 しかし、 ある日、父親が一人で外出して帰って来ないことを不審に思った小室圭さんと母親は、自宅近くの河川敷で自殺をしている父親を発見します。 噂によるとこの時の自殺は 焼身自殺だったそうで、一般的に自殺といえば首吊りなどがありますが、河川敷で首吊りはどう考えてもおかしいですよね。 自宅では他の人へ迷惑がかかるからあえて河川敷で焼身自殺を選んだと推測されます。 さらに、暗くなってから探しに行って河川敷で見つける事が出来たのは焼身自殺だったから見つけやすかったのでしょう。 もし入水自殺や首吊り自殺なら流されてしまう・暗くて見えないため見つけるのは困難ですからね。 小室圭さんはこの時10歳ということもあり、見つけた時は相当ショックだったでしょう。 この父親の自殺により父方の祖父と祖母はショックで体調不良になりその後早死しているようです。 祖父も1週間後に自殺しているそうです。 リンク 某掲示板では 「小室圭の父方の祖父と祖母の死因を調べてみろ」という謎の書き込みもあり、何やら知ってはいけない事実がありそうですね。 父親を自殺で亡くした小室圭と母親は新生活をスタート 父親が自殺した後は、小室圭さんの母親と母方の祖父と同居生活をスタートさせています。 10歳の時に父親と死別した小室圭さんは母親と母方の祖父の家で暮らしていたと週刊誌で報じられています。 いい年した母親はこの70歳を過ぎた祖父のことを『パパ』と呼んでおり、それにならって小室圭さんも祖父のことをパパと呼んでいたそうです。 パパ?普通の家庭ならおじいちゃんだと思いますが… さらに祖父自身も自分のことをパパと呼んでいるそうで、もしかしたら母親はファザコンなのかもしれませんね。 幼い小室圭さんと母親を同居させていた育ての親でもあるはずなのにこの祖父について情報が一切報じられないのは、この事が原因なのでしょう。 さらに、小室圭さんの父方については情報が出ているのですが、小室圭さんの母方の家系図については一切情報が出てきておりません。 少し情報がごちゃごちゃになってきたので、ここで簡単にまとめておきましょう。 小室圭の父親に関して、ここまでのまとめ• 小室圭さんの父親自殺• 小室圭さんの父方の祖父も自殺• 母方の祖父を小室圭さんと母親はパパと呼ぶ 火曜サスペンスにありそうな展開ですが、まさか保険金殺人ではないですよね。 ちなみにこちらが冒頭で述べた 「小室圭の父方の祖父と祖母の死因を調べてみろ」と言われている書き込みです。 この文章を読んでみるとどうやら、小室圭さんの父親に母方の祖父がマンションを購入させたようですね。 大赤字で売却しているということですので、賃貸か転売でもしようとしていたのでしょうか。 推測ですが、母方の祖父に多額の借金を背負わされた事が原因で父親は自殺したのかもしれません。 これで父親が焼身自殺という自死を選んだのも納得が行きます。 焼身自殺とは誰かへの抗議やメッセージを込めて行われる事が多く、小室圭さんの母親や祖父へ向けた抗議の焼身自殺だったわけですね。 ちなみに、上記の文章では息子と表現しており、父方の祖父かと思いましたが、母親の祖父のようです。 母も実の父なのでパパと呼ぶ。 娘と孫にパパと呼ばれる普通じゃない家庭。 2ch. あまり大抵の嫁は良いとは思わないと思うけどな マザコンって感じたり、嫌だな。 って思いそう 理解ある女じゃないと大変だぞ 眞子さまは両親いるし兄弟もいるから 育った家族構成は似てるわけでもないし。 2ch. 眞子さまとの婚約は母親がリークした そんな小室圭さんですが、眞子さまと婚約を発表しました。 しかし、小室圭さんと眞子さまの婚約の発表ですが、最初に発表したのはNHKです。 普通ならは 皇室関係の正式な報道は 「宮内庁の発表に基づくもの」として発表するのが普通なのですが、NHKが最初に婚約の発表をしてしまったのです。 この発表ですが、普通に考えて、眞子さま側から情報が漏れたとは考えにくいです。 日本の皇室ネタで誤報は出来ませんし、NHKのニュースは世界に配信しているニュースですので、軽々しく皇室の婚約を報じるわけはないのです。 では、誰が小室圭さんと眞子さまの婚約のネタをリークしたのでしょうか。 どう考えても母親の小室佳代さんが流したのでしょう。 実際に、宮内庁が2人の婚約を公式に認めていない段階で 小室圭さんの母親が眞子さまとの婚約を近所の人に自慢していたことが発覚しています。 眞子さまと息子が結婚するという事実を既成の事実としたい小室圭さんの母親のの玉の輿作戦なのかもしれませんね。 小室圭さんは大学時代に『江ノ島の海の王子』に立候補したのも、有名になりたいという憧れからでしょうし、眞子さまとの結婚もそういった狙いがあるのかもしれません。 眞子さま、婚約内定発表・結婚式の延期 小室圭さんの母親の陰謀説など様々取り沙汰されていますが、 宮内庁は小室圭さんと眞子さまの婚約内定発表を 2017年7月8日に執り行うことにしました。 (九州の大雨で大被害のため延期) 九州の大雨で大被害のため延期していた、眞子さまと小室圭さんの婚約内定は、同年9月3日午後3時より、東京・元赤坂の赤坂東邸で執り行われました。 その後、順調に行けば、2018年3月4日には一般の結納にあたる『納采の儀』を執り行い、11月4日には結婚式を挙げる予定でしたが、2018年2月、結婚行事の延期を宮内庁が発表しました。 突然の結婚延期…はたしてこの二人に何があったのでしょうか? いままでにも皇室の結婚延期はありましたが、その時には身内の不幸や大きな災害など様々な理由がありましたが、今回の眞子さまと小室圭さんの結婚延期は、 『本人たち気持ち』によって延期されるのは異例中の異例だそうです。 宮内庁は、結婚延期について 「来年は天皇陛下の退位や皇太子さまの即位に関わる行事が相次ぐことから、一連の儀式が終わった再来年に結婚式を行う」 と説明。 眞子さまと小室圭さんの結婚延期コメント 「私たちは、今まで結婚に関わる様々な行事や結婚後の生活にむけて、二人で話し合い、それぞれの親や関係する方々と相談しながら準備を進めてまいりました。 しかし、その過程で、現在予定している秋の結婚までに行う諸行事や結婚後の生活について、充分な準備を行う時間的余裕がないことを認識するようになりました」 と発表しております。 ということで調べてみました。 その400万円以上のお金は小室圭さん大学の入学金や留学費用、アナウンサースクールの学費という訳のわからない物にまで充てられたそうです。 その後、母親と元交際相手の男性は婚約を解消。 返金を求めた元交際相手に対し、小室圭さんの母親は、 「贈与だった」 と拒否。 小室圭さん本人からもお礼の言葉はなかったと言います。 なるほど、母子家庭なのにインターナショナルスクールに進学し、年間250万円あまりの学費、大学は眞子さまと同じ私立のICUで学費は年間140万という金額が払えたカラクリが判明しました。 小室圭さんの母親が元交際相手の男性を手玉にとって学費を出させたわけですね。 こういう話どこかで聞いたような… そう、結婚をチラつかせて独身男性を手玉にとり、事故に見せかけて保険金をだまし取って死刑判決を受けた木嶋佳苗死刑囚です。 この事件は『首都圏連続不審死事件』言われ、wikiもあるので知らない方は読んでみてください。 リンク この木嶋佳苗死刑囚のルックスを見て頂ければわかりますが、決して美人というジャンルではなく、体型もかなりふっくらとしており、結婚詐欺を働くようには見えないですよね。 画像リンク 首都圏連続不審死事件では、自殺に見せかけて保険金を騙し取り、実際は殺していたという事件ですが、小室圭さんの父親と祖父も自殺ということで…それ以上は言いませんけども。 小室圭さんの家柄、相当の闇を抱えていますよ。 小室圭さんと眞子さまの婚約のスクープが報じられた直後から、小室圭さんの仕事面、経済面とかなり不安視されてきました。 しかし、それでも、完全なる一般人、それも『母子家庭のフリーターが皇室の女性と結婚』という希望を日本国民の男性に与えてきた小室圭さん。 ただそれだけでよかったはず…純粋な恋愛で結婚なら国民全員が祝福したはずです。 それを、結婚したら海外に移住するだの、弁護士事務所で働いてると言うも蓋を開けてみたら弁護士のただのパシリだったりと、三菱東京UFJ銀行に入社も即効辞めたりと、見栄っ張りの男性でした。 こういった報道を眞子さまや秋篠宮様ご夫妻が目にしないわけがありません。 今回の約2年半という結婚延期という期間、もしかしたら小室圭さん側が結婚辞退を願い出る可能性も含めた2年半なのではないでしょうか。 しかし、あの親子のことですからちょっとやそっとじゃ引かない気もしますが… リンク このニュースを45秒で解説 世間ではパーフェクト王子や海の王子として扱われている小室圭さんですが、なかなか闇が深い人間のようですね。 父親が焼身自殺というのも少し気になりますが、パパと呼んでいる祖父の存在も気になります。 今までの女性皇族の結婚相手は旧華族だったり銀行員だったり、出雲大社の後継者だったり、もしかして三菱東京UFJ銀行に入社したのも単なる箔付けだった可能性もありますね。 ただ、 皇室の結婚相手には家柄、思想、親族の全ての犯罪歴、交友関係、行動、職歴、経済力、個人の調査、等を調べ『問題がない』というお墨付きがないと、一般人で皇族と婚約できませんので大丈夫だと思います。 しかし、世間に出ている犯罪はバレているからニュースになるだけであって、バレていなければニュースになりません。 つまりそういうことです。 信じるか信じないかはあなた次第。 小室圭の母親 小室佳代が秋篠宮紀子様にした衝撃の要求とは リンク NHKが先に情報を流す時は、紀子さまが噛んでいる 「宮内庁より先にメディアで発表したら止められない」事を紀子さまは御自分の時から知っていた。 嫁になれないからマスコミに婚約発表を公開させた。 佳子さまの留年騒ぎの時は、退学させ体裁を保つ為に学習院が悪いかの様に世論操作をし、(キリスト教大学のAO入試を受かってもいないのに受験する前にNHKで受験すると公表)その時に使う写真も「写真写りの良いものを」と指示したりされ、キリスト教大学に入学し直すのを止めるのを聞かれなかった。 NHKもTBSも週刊誌も朝鮮系に乗っ取られているが、何故か全てが紀子さまの言いなりになって居る。 秋篠宮家の単独写真集は「朝日新聞から出版」された。

次の

眞子さまと小室圭の最新トピック3点【女性セブン】

小室 圭 最新 ニュース

《小室圭さん NYからの「肉声音源」が全世界配信されていた!》 1カ月前、本誌は小室さんによる英語インタビュー音源の存在をスクープ。 金融の専門家に流暢な英語で質問を投げかける堂々たる話しぶりが反響を呼んだ。 しかしこの報道に対し、小室圭さんの代理人を務める上芝直史弁護士は、意味深な口調で本誌記者にこう語ったのだ。 本誌は地道に調査を続けた。 タイトルは「Challenges and Implications for Potential Reforms of Crowdfunding Law for Social Enterprises(社会的企業のためのクラウドファンディング法改正の可能性への課題と示唆)」。 クラウドファンディングとは、個人や団体がインターネットを通して、その活動を応援したいと思ってくれる人から資金を募る仕組みのこと。 小室さんは、論文の導入部分で次のように説明している。 《ここ数年、クラウドファンディングは社会起業家や投資家に人気のある選択肢となっています。 資本を調達する主要な方法の1つですが、クラウドファンディングは、とくに詐欺や資本や資金調達ポータルの限界といった、重大な課題に直面しています。 本稿では、これら3つの課題について説明し、それらに対処するための推奨事項を示します》 小室さんが登場した雑誌は、ニューヨーク州弁護士会のビジネス法部門が刊行する専門誌のようだ。 この号には11本の論文が掲載されているが、執筆者の多くは現役の弁護士や大学教授で、学生は小室さんを含めて3人だけ。 日本とニューヨーク州の弁護士資格を持つ山口真由さんに、小室さんの論文掲載がどれほどの快挙なのか聞いてみた。 「弁護士を目指して勉強をしながら論文を書いて応募するのは、とてもたいへんなことです。 東大でもハーバードでも、私の周りには専門誌に論文を掲載された学生はいませんでした。 小室さんの発想力と行動力は、アメリカでは大きく評価されると思います」 小室さんの論文掲載は、東大法学部を卒業した山口さんも驚く成果だというのだ。 先日公開されたインタビュー音源でも、テーマとなっていたのは起業家の資金調達だった。 小室さんは、資金調達に強い関心を寄せているようだ。 そんな野望も、渾身の論文から見え隠れする。 佳代さんの元婚約者・X氏は、小室家に約400万円の返金を求めています。 (小室さんも)クラウドファンディングを利用して、全国から、みなさんの善意を募るとか」と提案していた。 小室さんがこうした発言に影響を受けた可能性も否定できない。 改めて森永さんにも話を聞いてみた。 「もし小室さんがクラウドファンディングを実行したなら、400万円くらいはすぐに集まると思います。 ただ、これをやった場合の世間の風評は気になるでしょうね。 小室さんを応援する人も多いですが、反発している人も少なくないでしょうから……」 小室さんが執筆した論文の結論には、以下のような記述がある。 《信頼の欠如は、プロジェクトの成功率など、クラウドファンディングのいくつかの機能に影響を与えます》 《信頼は目に見えません。 信頼の喪失はクラウドファンディングでは致命的であり、クラウドファンディング市場全体に影響を与える可能性さえあることに、常に留意する必要があります》 すでに秋篠宮ご夫妻との「信頼」を、致命的なまでに喪失しているようにも見える小室さん。 「女性自身」2020年6月23・30日号 掲載 外部サイト.

次の

学生ながら法律専門誌に論文掲載 小室圭さんの優秀さ物語る証拠

小室 圭 最新 ニュース

画像は、『 』毎日新聞出版 皇室にとって重要行事が目白押しの今年は重要な1年。 そんななか泥沼化しているのが 秋篠宮眞子さまと 小室圭さんの結婚問題だ。 昨年11月、秋篠宮殿下が恒例の誕生日会見で、借金問題を抱える小室さんに対し「それ相応の対応をするべきだと思います。 (そうでなければ)婚約にあたる納采の儀は行えません」と異例の苦言をなされても、当人には全く響かず。 宮内庁関係者は「あれだけ殿下が踏み込んだ発言をしたのだから、普通の親子なら慌てて皇居にはせ参じるもの。 しかし、本人から連絡はなく、一連の借金問題も放置したままだ」と不快な表情を見せる。 それでも徐々に小室親子が思い描くシナリオが見えてきているという。 小室さんは昨年8月に弁護士資格取得のため米フォーダム大に留学。 しかも年間660万円と言われる同大の授業料全額免除の特待生扱いだった。 これは昨年入学した新入生では小室さんだけの離れ業。 これには教育業界関係者も「全米から集まった優秀な学生を差し置いて、小室さんだけが特別待遇というのは…」と首を傾げる。 そんな疑問が渦巻く中、同大ホームページには「ミスター・コムロとプリンセス・マコは、2017年9月、結婚を計画していると発表した」と記され、その後宮内庁が「婚約内定者に過ぎない」とクレームを入れる騒動となった。 小室さん本人は否定しているが、同大の出願書類に「眞子さまと結婚予定」と記し「アピールしたのではないか?」と勘繰られても仕方がない。 皇室担当記者の話。 「宮内庁が抗議してフォーダム大HPの文言は撤回されましたが、小室さんの授業料免除は現在も続いています。 なぜなら眞子さまと正式に破局したわけではないからです。 裏を返せば、破局した時点で特別待遇は抹消され、小室さんは高額な授業料を支払わねばならない。 そう考えると、弁護士資格を取得して卒業するまで破局という選択は何がなんでもしないでしょう」 来月には天皇皇后両陛下のご在位30年記念式典が催され、そこから先は改元や新天皇即位など重要行事が続く。 当然、皇室にマイナスな話は御法度。 前出宮内庁関係者は「眞子さまと小室さんの結婚は代替わりに関する皇室行事がすべて終わる2020年まで延期されましたが、その翌年は小室さんの留学最終年。 順調に弁護士資格を取得すれば、もう眞子さまに固執する必要はないので、あっさり破局するかもしれません」と話す。 そんなことをすれば、方々から批判を招きかねないが、小室さんの弁護士資格は米国限定。 日本に帰国するつもりは毛頭ない。 音信不通を装い、2020年に弁護士資格を取得したあと、こっそり現れ、破局を宣言。 (文=田中けん).

次の