荒野行動 敵を見つけるコツ。 【荒野行動攻略】初心者必見!戦闘のコツと立ち回り!おすすめ武器と設定紹介!|ゲームエイト

【荒野行動】エイムのコツは?命中率を上げて勝つ8つの方法! 【KNIVES OUT】

荒野行動 敵を見つけるコツ

索敵とは? 索敵とは? 荒野行動でバトルに勝つために、最も重要な要素ともいえるテクニックが「索敵」と言われています。 「索敵」とは敵を探すことを意味し、バトル中は自分だけでなく全てのプレイヤーが常に「索敵」をおこなっています。 索敵の重要性について 「索敵」が荒野行動で重要視される理由について説明します。 繰り返しになりますが、「索敵」とは敵を探すことを意味します。 では、なぜ敵を探すことが重要なのか? 結論になりますが、敵がこちらを見つけるよりもこちら側が早く敵を見つけることが出来れば、敵の死角のポジションを取れたり射線を意識した有利なポジションを取ることができるからです。 さらに、敵のスキをついた先制攻撃も可能になります。 索敵の際には射線管理を忘れずに! 射線管理についての解説は、別記事で説明しているのでこちらを参考にしてください。 飛行中の索敵のやり方とコツ 飛行中の索敵のやり方とコツについて、飛行中とパラシュート中に分けて解説していきます。 飛行中の索敵 バトル開始直後、ヘリから飛び出し目的地に向かって飛んでいる時にも索敵は可能です。 飛行中は視点ボタンも使い、上方向や左右方向など周りを見渡しましょう。 同じ目的地を目指している敵がいる場合は、付近に飛んでいる敵を確認する事が可能です。 パラシュート中の索敵 空中でパラシュート使用中も索敵することは可能です。 パラシュートがひらいたら飛行中と同じく周りを見渡しましょう。 この時に確認すべき点は以下の2つです。 同じポイントに降りてくる敵が、どの建物に降りたのか?• 少し離れた敵がどの町や集落に降りたのか? 始めにしっかりと敵の位置を把握することで、敵に対して注意する事ができ、敵がこちらに気付いていないのであれば攻め込みやすくなります。 歩行中の索敵のやり方とコツ 歩行中や走っている時(移動中)の、索敵のやり方とコツについて解説します。 移動中は、基本的に正面での索敵が中心になりますが、視点ボタンを使い後方や左右の索敵も可能です。 建物が多い場所付近を通過する時には、扉が開いていないか?などをスコープを使って確認することも効果的です。

次の

PUBGモバイル 索敵のコツ

荒野行動 敵を見つけるコツ

おすすめの記事 敵を見つける方法 マップを活用する 敵を見つけるには、画面右上に表示されるマップを活用しましょう。 マップ上では発生した音の距離が遠いほど、アイコンの色が淡くなります。 マップには敵の「足音」「車音」「銃声」のアイコンが表示されるため、マップは注視しておきましょう。 また、中級者くらいになると音である程度の場所や、銃声で銃の種類まで分かるようになります。 被弾時の赤いマークで敵の位置を把握する 敵からの攻撃でダメージを負った場合、 打たれた方向へ赤いマークが表示されます。 敵の位置を確認し、エイムを合わせておくことが重要になります。 建物のドアが開いている場合は注意! 建物のドアが開いている場合、敵が近くにいる必要があります。 建物のドアはバトル開始時閉まっており、ドアが開いているということは、誰かがドアを開けたということなので、周囲を警戒しましょう。 建物内に物が落ちていない場合は注意! 建物内は基本的に武器やアイテムなどが落ちています。 ただし、建物に入った時に何も落ちていない場合、誰かが先に入って回収している可能性が高いため、注意が必要です! 敵を見つける方法の解説動画 まとめ いかがでしたでしょうか。 初めたばかりだと敵を見つけることは、難しいと思います。 また、敵を発見することに集中すると、隠れるのを忘れてしまい、逆に倒されてしまうこともあるので注意しましょう。 関連情報 始める前に確認! ゲームシステム 戦闘に役立つ知識 敵を見つける方法を解説! アイテム - おすすめ情報 引継ぎ・システム.

次の

【荒野行動】敵を見つけ方教えます!コツはここにあるぞ! 【KNIVES OUT】

荒野行動 敵を見つけるコツ

腰撃ちとは 腰撃ちというのはスコープを使わないで通常の移動状態のまま射撃する方法のことです。 腰撃ちをするメリットは主に以下の通りです。 索敵後すぐに射撃することができる 敵を発見したらスコープを覗く一瞬の時間を省略できるので、相手よりも早く攻撃することができます。 エイムさえキチンと合わせることができれば中距離では非常に有効な撃ち方なのです。 移動しながら射撃することができる 操作にかなり慣れが必要ですが、腰撃ちでは移動しながらエイムを合わせながら射撃することができます。 これによって敵のエイムを合わせずらくすることができます。 全体を見ながら攻撃することができる スコープを覗くと周りの景色が一切見えなくなってしまいますが、腰撃ちでは全体を見ながら攻撃できます。 全体が見えるというのは特に複数の敵を相手にする時に重要なポイントです。 周りの状況を確認できる 早く降り立つことによって周りの敵がパラシュートでどの辺りに降りたかを確認することができます。 これによって武器をとったあとに攻撃しにいくのか、暫く立てこもるのかといった立ち回りが考えやすくなります。 iPhoneSEを使用している筆者の腰撃ち重視の感度設定の数値は上記の通りとなりますが、まったく同じにする必要はありません。 なぜなら画面サイズや個人の感覚によって数値と操作性の関係が全然変わってきてしまうからなんです。 (例えばiPadのように大きい画面で低感度だと振り向くためには大きくスライドする必要があるといった具合です) それでは以下に設定の際のポイントを解説していきます。 1.スコープOFF感度 腰撃ちでダイレクトに操作に影響するのが「 スコープOFF感度」です。 調節の目安としては近距離で走る敵をエイムで追えるかどうかです。 2.ドットサイト感度 ドットサイトも基本的には近距離で使うものなので「スコープOFF感度」よりも少し低めくらいでいいでしょう。 スコープ全般に言えることですが、まず腰撃ちの状態でピタリとエイムを合せてからスコープを覗くクセをつけましょう。 中距離の敵にエイムを合せるには低感度のほうがだんぜん合せやすいです。 射撃場で50M、100Mのターゲットを相手にして、うまくヘッドを抜けるように調節してみましょう。 あまり低感度だと敵が走った時に照準が追いつかなくなるのでそこを注意しながら調節しましょう。 もちろん感度が高すぎるとピタリと合せるのが難しくなってしまいます。 まとめ 以上が 腰撃ち重視の感度設定となります。 高い感度だと索敵が楽だし早く撃てるイメージがありますが、全然そんなことはありません。 むしろ少し低めの感度で確実に敵にエイムを合せることができたほうが撃ち合いに勝てたりもします。 プレイスタイルは人それぞれですが、腰撃ち中心でプレイしてみたいという方は是非今回の感度設定を一度試してみて下さいね。 関連記事.

次の