北 朝鮮 の クリスマス プレゼント。 米、北朝鮮の「クリスマスプレゼント」にうまく対応=トランプ大統領

嘘つきな北朝鮮からのクリスマスプレゼント確認できず。アメリカ次第の挑発的な態度

北 朝鮮 の クリスマス プレゼント

2019年12月、朝鮮半島情勢 10月14日にヂョグク氏が法務長官を辞任するという事態にまで発展した。 ヂョグク問題は妻の拘束をうけて一段落した。 娘の大学入学の不正やファンドの不正などの疑惑をめぐって検察と弁護団の攻防戦となっている。 ニュースにはほとんど出ないようになっている。 メインの話題は、軍事情報包括保護協定( GSOMIA=ジーソミア)」 の破棄の延長を決定したことがまずある。 突然の延長決定だった。 筆者も11月のあのときには驚いたものだ。 ほぼ100%、破棄するといっていた文政権だった。 それがその日(だったか前日だったか)に破棄しないと発表したのだ。 米の圧力があったともいわれているけど、どこまでの圧だったかはわからない。 そして最近の 北朝鮮の挑発事態だ。 北朝鮮国防科学院は「13日22時41分から48分まで 西海( ソヘ) 衛星発射場で重大な試験が再び行われた」と14日に明らかにした。 この東倉里衛星発射場は昨年6月、シンガポール、米朝首脳会談当時、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)、 国務委員長がドナルド・トランプ米大統領に廃棄を約束した場所でもある。 北朝鮮は今月8日にも、西海衛星発射場で「重大な試験」を実施したと明らかにしている。 こうした北の挑発行為に対して米もこんなことをやっていると北に大きなダメージが発生するだろうと警告性のメッセージを出してはいるものの、 今のところ北の腹を探っているような様子だ。 北は以前、 経済制裁の緩和をしてほしい、今年12月末がその限度だとのメッセージを出している。 12月末までになんらかの緩和策が出てこない場合は、米にとってのクリスマスプレゼントがどんなものになるかわからないぞと脅しをかけていた。 ネットをみると、 朝鮮半島での戦争の雰囲気がだんだん高まってきているという内容も見られるようになってきた。 今後、北と米、北と韓国の関係がどうなっていくか。 この年末がまずはひとつの大きな山場となることはまちがいない。

次の

北朝鮮の「クリスマスプレゼント」 韓国軍当局が動向注視│北朝鮮│wowKora(ワウコリア)

北 朝鮮 の クリスマス プレゼント

北の「クリスマスプレゼント」には報復、米国が警告 2019年12月12日 11時11分 【AFP=時事】米国は11日、が年明けにも実施するとほのめかしている()発射実験を実行に移した場合、報いを受けることになると警告する一方、非核化協議にとどまるならば、柔軟に応じる用意があると述べた。 は、3回にわたるにもかかわらず制裁が緩和されないことにいら立っており、年内に米国側の譲歩がなければ、不吉な「クリスマスプレゼント」を贈ると示唆していた。 議長国を務める米国の要請で開かれた国連(UN Security Council)の問題をめぐる会合で、米国のケリー・クラフト(Kelly Craft)国連(UN)大使は、が「米本土を核攻撃するために設計された」の発射実験を行うとほのめかしていることへの懸念を表明した。 クラフト氏は、「ミサイル実験と核実験は、()の安全保障環境の改善にはつながらない」「がこれ以上の敵対行為や脅迫をやめ、米国と向き合うという英断を下すと信じている」と述べ、敵対行為や脅迫を続けるなら「は相応の対応を取る準備をせざるを得ない」として、制裁強化をほのめかした。 クラフト氏は、「はっきりさせておくが、米国とは目標を持っているが、期限は設定していない」と述べ、が求める年内の打開策の提示には応じない構えを示す一方、「この問題に柔軟に対応する用意がある」と述べ、非核化協議を継続する意思も示した。 【翻訳編集】 正恩はトランプを爺と悪罵。 外交は言葉で表現される。 日本も挑発を受ける。 日本の右傾化を願望するとみられる。 日本に対する恫喝も度を越す。 日本もクリスマスプレゼントを用意するだろう。 安倍もうまく騙される。 このあたりで反撃するもよかろう。 gkfkt228.

次の

金正恩が朝鮮半島からトランプに贈るクリスマスプレゼントの中身

北 朝鮮 の クリスマス プレゼント

2019年12月、朝鮮半島情勢 10月14日にヂョグク氏が法務長官を辞任するという事態にまで発展した。 ヂョグク問題は妻の拘束をうけて一段落した。 娘の大学入学の不正やファンドの不正などの疑惑をめぐって検察と弁護団の攻防戦となっている。 ニュースにはほとんど出ないようになっている。 メインの話題は、軍事情報包括保護協定( GSOMIA=ジーソミア)」 の破棄の延長を決定したことがまずある。 突然の延長決定だった。 筆者も11月のあのときには驚いたものだ。 ほぼ100%、破棄するといっていた文政権だった。 それがその日(だったか前日だったか)に破棄しないと発表したのだ。 米の圧力があったともいわれているけど、どこまでの圧だったかはわからない。 そして最近の 北朝鮮の挑発事態だ。 北朝鮮国防科学院は「13日22時41分から48分まで 西海( ソヘ) 衛星発射場で重大な試験が再び行われた」と14日に明らかにした。 この東倉里衛星発射場は昨年6月、シンガポール、米朝首脳会談当時、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)、 国務委員長がドナルド・トランプ米大統領に廃棄を約束した場所でもある。 北朝鮮は今月8日にも、西海衛星発射場で「重大な試験」を実施したと明らかにしている。 こうした北の挑発行為に対して米もこんなことをやっていると北に大きなダメージが発生するだろうと警告性のメッセージを出してはいるものの、 今のところ北の腹を探っているような様子だ。 北は以前、 経済制裁の緩和をしてほしい、今年12月末がその限度だとのメッセージを出している。 12月末までになんらかの緩和策が出てこない場合は、米にとってのクリスマスプレゼントがどんなものになるかわからないぞと脅しをかけていた。 ネットをみると、 朝鮮半島での戦争の雰囲気がだんだん高まってきているという内容も見られるようになってきた。 今後、北と米、北と韓国の関係がどうなっていくか。 この年末がまずはひとつの大きな山場となることはまちがいない。

次の