逢い たく て 逢い たく て。 君に逢いたくて/GACKTの歌詞

『あなたに逢いたくて』切ない歌詞ですね

逢い たく て 逢い たく て

解説 「大空に乾杯」と同じく白坂依志夫と中野顕彰が共同でシナリオを執筆、「マカオの竜」の江崎実生が監督した青春もの。 撮影はコンビの横山実。 部は全員で六名という小さなものだったが、道子たちの好きなカンツォーネをやっていた。 ところが、万年学生の小橋が授業料に窮して楽器を質入れしていて、部の運営が行きづまっていた。 道子は園まりにそっくりだったから、見事当選して二万円をせしめた。 だがそれも小橋の授業料のため半分消えてしまった。 それで今度は、道子たちみんなでアルバイトをすることになった。 そんなある日、道子の前に五人組が現われ、園まりのマネージャー谷井のところに連れていった。 谷井は、二十万円のお礼をするから園まりの代役をやってくれと道子に願んだ。 園まりは喉の病気で声が出なくなったのだ。 道子は喜んで、一週間の約束で承知し、さっそく園まりとして活躍を始めた。 そして部の方には新しい楽器を贈ってあげた。 だがカメラマン梶貫太郎は園まりの挙動に不審を抱いていた。 いつもの園まりとどこか違っているのだ。 梶は道子につきまとって真相をさぐった。 ある日、園まりが苦手な英語を流暢に話したことから、梶は園まりの正体を見破った。 だが何故かそれを暴露する気にはなれなかった。 そんな梶に道子は恋するようになった。 しかし梶にはすでに婚約者恵子がいた。 道子は潔ぎよく自分の片想をあきらめ、深夜のしストランで全てを打ち明けた。 梶は、平凡な女の子としての幸福をつかんで欲しいと道子に言うのだった。 やがて約束の一週間が過ぎ、道子は平凡な女の子にかえって大学へと戻っていった。 ネタバレ! クリックして本文を読む 幸せな時代の幸せな映画ですね、舞台は、大学の同好会。 メガネっ子の園まりそっくりさんのお話。 高橋昌也さんは、小林旭あにぃと黒い賭博師で敵役モノクルのヤンをかっこ良く演じているけれど、ここでは敏腕マネージャー。 20万円で、一週間園まりさんの替え玉をして欲しい。 小沢昭一さんの大学8年生の率いるイタリアカンツォーネ同好会の楽器購入のために一肌脱いだ、彼女のひたむきさと、新人男優・渡哲也さんとの恋心が園まりさんの濡れた瞳と、濡れた歌声と、しなやかな歌い方から、その本気度がうかがい知れる傑作でしたね。 現実の世界でも添わせてあげたかった。 なにか、島倉千代子さんに似た不遇な恋愛をして、子供も作らず、今でも現役でいらっしゃることは嬉しいけれど、結婚にこだわらずに、たとえ一目惚れでも、つかの間の恋でも・・好きになった人あるいは、身近なほんのりと好きな人と寄り添って、こどもを産んで欲しかった。 渡哲也って、おホモだちの石原軍団だから、抱いてはもらえなかったかも・・おいらの知り合いにも早熟の小学生が哲也の城取りで、一目惚れした娘が居たけど、渡哲也の魅力は、はぐれぐもまでオイラには、わからなかったと叔父が言っていました。

次の

サビで「逢いたくて逢いたくて」と繰り返される曲名

逢い たく て 逢い たく て

カバーしたミュージシャン [ ]• (『日本の人』1991年、M4、ヴォーカル)• (アルバム『歌姫』1994年)• (アルバム『二十世紀の名曲たち 第9集』1999年)• (2000年)• (2000年)• (2001年)• (2007年)• LIVE DVD 夢街バンスキング〜はいらんせ〜• 一青窈(アルバム『歌窈曲』2012年)• 本作を原作とするが、に系で公開。 カラー。 、89分。 園が自ら主演、学生・道子の他、自分自身の二役出演となっており、園がのどを痛めたため、道子が園の替え玉になるという話。 相手役は。 助演は園が所属した「」のと、そして当時売り出し中の。 スタッフ [ ]• 企画 -• 原案 -• 脚本 - 、• 監督 -• 撮影 - 横山実• 音楽 -• 美術 - 千葉和彦• 照明 - 熊谷秀夫• 録音 - 米津次男• スチル - 式田高一• 編集 - 鈴木晄 キャスト [ ]• 梶貫太郎:• 田波恵子:• エリ子:• 竹中:• 谷井:• 小橋作造:• 加藤:• 荒井:• デブ:• 仲本:• いかりや:• 司会者:• 宮原:• ドラムの学生:• 学生バンドメンバー:アウトローズ• ボーカルの学生:、• 君江:• 渡辺部長: 澤村昌之助• 山本:• 島内:• 刑事:• ねじり鉢巻きの男:• 船内の司会者:• 支配人:• 記者:• アナウンサー:• 大学経理課員:• 映画俳優: 島村謙次 、• 記者:• 自動車部の学生:• 社研の学生:• 鑑識課員:• ローマ屋:• 詩吟愛好会の学生:• 演説を聞く学生:、• 西: いだたけ志• 記者:• 詩吟の女子学生:、 和田美登里 、 加藤ヒロ実• 本人役:、• 以下ノンクレジット• 新入生の付添:、• 週刊誌の記者: 村井健二 、• 審査員:• まつおかづみ:• そっくりショーの観客・誕生パーティーの客: 小柴尋詩• 大日本運送社員・映画スタッフ:• 西:、 沖田駿一 、• 記者・誕生パーティーのアコーディオン奏者:• 映画スタッフ: 水木京一• 時代劇俳優: 伊豆見英輔• 船上パーティーの記者:、 三谷忠雄• エディ:• ジョージ・アーヴィング:• 船上パーティーの男:• 船上パーティーのドラム奏者・ボウリングの男:• 船上パーティーの客:• クラブの踊る客:、• クラブのドラム奏者:• クラブのトランペット奏者:• クラブのベース奏者:• 誕生パーティー出席者:、、、、、、• 誕生パーティーのピアノ奏者:• 誕生パーティーのベース奏者: 映像ソフト [ ]• 、日活からが発売された。 タイアップ [ ] 園・中尾ミエ・伊東ゆかりが屋上でチャリティコンサートを行った「銀座」• 本作は、とがタイアップしている。 まずエースコックは、劇中で道子が、当時エースコックがしていたテレビ番組『』(制作・)に出演する場面が存在、この番組には園は元より、劇伴担当の宮川泰が審査員役で出演している()。 なお司会役は当時のではなくだった。 また松坂屋は、スパーク3人娘がチャリティコンサートを行う場所に、銀座松坂屋(2013年閉店)の屋上を使っている。 オムニバス映画 [ ]• オムニバス映画『』第9話「逢いたくて逢いたくて」(監督: 主演:) 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• 試聴:(音楽ダウンロードサービス「」)• この項目は、に関連した です。

次の

逢いたくて逢いたくて : 作品情報

逢い たく て 逢い たく て

カバーしたミュージシャン [ ]• (『日本の人』1991年、M4、ヴォーカル)• (アルバム『歌姫』1994年)• (アルバム『二十世紀の名曲たち 第9集』1999年)• (2000年)• (2000年)• (2001年)• (2007年)• LIVE DVD 夢街バンスキング〜はいらんせ〜• 一青窈(アルバム『歌窈曲』2012年)• 本作を原作とするが、に系で公開。 カラー。 、89分。 園が自ら主演、学生・道子の他、自分自身の二役出演となっており、園がのどを痛めたため、道子が園の替え玉になるという話。 相手役は。 助演は園が所属した「」のと、そして当時売り出し中の。 スタッフ [ ]• 企画 -• 原案 -• 脚本 - 、• 監督 -• 撮影 - 横山実• 音楽 -• 美術 - 千葉和彦• 照明 - 熊谷秀夫• 録音 - 米津次男• スチル - 式田高一• 編集 - 鈴木晄 キャスト [ ]• 梶貫太郎:• 田波恵子:• エリ子:• 竹中:• 谷井:• 小橋作造:• 加藤:• 荒井:• デブ:• 仲本:• いかりや:• 司会者:• 宮原:• ドラムの学生:• 学生バンドメンバー:アウトローズ• ボーカルの学生:、• 君江:• 渡辺部長: 澤村昌之助• 山本:• 島内:• 刑事:• ねじり鉢巻きの男:• 船内の司会者:• 支配人:• 記者:• アナウンサー:• 大学経理課員:• 映画俳優: 島村謙次 、• 記者:• 自動車部の学生:• 社研の学生:• 鑑識課員:• ローマ屋:• 詩吟愛好会の学生:• 演説を聞く学生:、• 西: いだたけ志• 記者:• 詩吟の女子学生:、 和田美登里 、 加藤ヒロ実• 本人役:、• 以下ノンクレジット• 新入生の付添:、• 週刊誌の記者: 村井健二 、• 審査員:• まつおかづみ:• そっくりショーの観客・誕生パーティーの客: 小柴尋詩• 大日本運送社員・映画スタッフ:• 西:、 沖田駿一 、• 記者・誕生パーティーのアコーディオン奏者:• 映画スタッフ: 水木京一• 時代劇俳優: 伊豆見英輔• 船上パーティーの記者:、 三谷忠雄• エディ:• ジョージ・アーヴィング:• 船上パーティーの男:• 船上パーティーのドラム奏者・ボウリングの男:• 船上パーティーの客:• クラブの踊る客:、• クラブのドラム奏者:• クラブのトランペット奏者:• クラブのベース奏者:• 誕生パーティー出席者:、、、、、、• 誕生パーティーのピアノ奏者:• 誕生パーティーのベース奏者: 映像ソフト [ ]• 、日活からが発売された。 タイアップ [ ] 園・中尾ミエ・伊東ゆかりが屋上でチャリティコンサートを行った「銀座」• 本作は、とがタイアップしている。 まずエースコックは、劇中で道子が、当時エースコックがしていたテレビ番組『』(制作・)に出演する場面が存在、この番組には園は元より、劇伴担当の宮川泰が審査員役で出演している()。 なお司会役は当時のではなくだった。 また松坂屋は、スパーク3人娘がチャリティコンサートを行う場所に、銀座松坂屋(2013年閉店)の屋上を使っている。 オムニバス映画 [ ]• オムニバス映画『』第9話「逢いたくて逢いたくて」(監督: 主演:) 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• 試聴:(音楽ダウンロードサービス「」)• この項目は、に関連した です。

次の