ハッサム 調整。 ポケモンUSUM

【ポケモンGO】ハッサムのおすすめ技と最大CP&弱点

ハッサム 調整

特性テクニシャンによる高い攻撃力と耐性の多さ、弱点の少なさといった強みを活かし、 浮き沈みはあれど多くの環境において大きな影響力を与えてきたポケモン。 特にその耐性+とんぼがえりの習得により、サイクル戦に適正がある。 第八世代ではめざめるパワーが廃止されたことで、不意の炎技を受ける危険が減少。 Zワザの廃止により等倍一致の高威力技で強引に突破を図られることも少なくなった。 またや等、数こそ減ってはいるがフェアリーの需要もまだ高く、 、、といった相性補完に優れたポケモンも多数続投・新登場している。 欠点としては、テクニシャンの性質上どうしても威力の低い技がメインとなり、積み技込みでも決定力に欠ける点。 A特化でやなしを確1にするくらいの火力はあるものの 一致技の通りも悪く、サイクル戦に適正がありながら相手にサイクルを回されやすい。 また新要素であるダイマックスとの相性も今一つ。 ダイマックス技ではテクニシャンが活かせず、特にバレットパンチは火力が上がるものの威力は90 135 と平凡。 更にその性質上バレットパンチやとんぼがえりを活かしたハッサムらしいサイクルの回し方が出来なくなってしまう点もデメリットとなる。 ダイジェットが使用可能なのは大きいが、同タイプかつダイマックスとの相性がよいが強力なライバル。 技に目を向けるとはねやすめ、はたきおとす、おいうち、むしくい、つばめがえしと相性の良い技、優秀な技を悉く失った。 一方でテクニシャン補正により実質威力が120になるダブルウイングを覚えたのはプラス要素。 特性考察 むしのしらせ HPが減少すると虫技の威力が上昇。 倍率は悪くないが虫技は通りが悪い。 更に虫技最大火力がシザークロス止まりであり、基本的に候補外。 テクニシャン ストライク同様、適用される技が豊富で使いやすい。 ダイマックスとの相性は悪いが、他2つと比較すると最も使いやすい。 癖が無く、シンプルに通常時の技威力が上昇するので基本はこれ。 ハッサムの採用に直結する特性。 ライトメタル 隠れ特性。 体重が半分になる。 一応けたぐり等の威力が多少低下するが、ヒートスタンプの威力は上昇してしまう。 更に体重参照技自体がダイマックスに無効なので採用率が低い。 基本候補外。 高威力の先制技。 ハッサムの要。 サイコフィールド、ファストガードに防がれない とんぼがえり 虫 70 105 100 攻撃後交代 タイプ一致技。 有利対面でアドバンテージを取れる。 こだわりハチマキとの相性がよい。 シザークロス 虫 80 120 100 - タイプ一致技。 どちらかと言うとダブル向け。 きゅうけつは覚えない。 テクニシャンが乗るむしくいは過去作限定。 どろぼう 悪 60 90 100 持ち物奪取 鋼にも有効で等倍範囲の広いサブウェポン。 テクニシャンで高威力。 確定数調整を施す場合に採用。 微々たる差だがぶんまわすよりPPが多い。 PPは少ないが追加効果を狙えるならダメおしが有用ではある。 バレットパンチを半減する炎や電気などに放つ。 鋼への役割破壊技。 かわらわり 闘 75 100 壁破壊 壁対策も兼ねて。 変化技 タイプ 命中 備考 つるぎのまい 無 -- 攻撃2段階上昇。 先制攻撃技の抜き性能を底上げする。 ただし読まれやすい。 その他の技 アクロバット 能動的に持ち物を消費する手段に乏しく、この技の採用理由である対を意識する必要が もちろん構築次第ではあるものの 現環境において薄れている。 また、やや命中不安ではあるもののテクニシャンの乗る高威力ひこう技としてダブルウイングを得た事によって、アクロバットである理由もあまりなくなったといえる。 フェイント バレットパンチ、でんこうせっかより早く先制できる。 非接触。 まもるを解除できるのでダブルで。 とんぼがえりの負荷がけとバレットパンチの抜き性能に期待したHA振りか、繰り出し性能を重視したHB振り・HD振りに大別される。 味方後続にダメージが入らないよう、とんぼがえりは後手ですることが基本。 の欠伸ループ対策等のために素早さを最遅にすることも選択肢に入る。 HPは236振りで16n-1調整となる。 持ち物別考察 こだわりハチマキ 特定のポケモンの全抜きを先制技で止めるために必要なダメージ量の確保のために採用される。 また、有利対面からのとんぼがえりで後続に出てくるポケモンへの負担を重くでき、終盤の抜きにも期待できる。 オッカのみ HAベースのオッカは雨下での採用が主。 ラムのみ 状態異常対策。 麻痺、混乱による行動停止を防ぐため。 ゴツゴツメット 後出しして削り、味方エースの確定圏内に入れるためのアイテム。 とつげきチョッキ 繰り出し性能の底上げで穴埋めする。 弱点が炎のみ。 対策方法 炎技がとにかく有効。 しかしハッサム側もそれを承知なため、まともに食らってくれるわけがない。 また、バレットパンチ・とんぼがえりがメインのため炎タイプには大した負荷を与えられない。 所詮物理技でしか攻撃できないのでおにびやゴツゴツメットも有効。 水、電気、地面、ゴーストの等倍高火力技で負荷をかける。 バレットパンチ耐性を持つポケモンを使う(タイプ)• つるぎのまいを警戒し起点をできるだけ与えないようにする。 技 威力 命中 タイプ 分類 PP 備考 技06 どくどく - 90 どく 変化 10 技09 ベノムショック 65 100 どく 特殊 10 技10 めざめるパワー 60 100 ノーマル 特殊 15 技11 にほんばれ - - ほのお 変化 5 技15 はかいこうせん 150 90 ノーマル 特殊 5 技16 ひかりのかべ - - エスパー 変化 30 技17 まもる - - ノーマル 変化 10 技18 あまごい - - みず 変化 5 技19 はねやすめ - - ひこう 変化 10 技20 しんぴのまもり - - ノーマル 変化 25 技21 やつあたり - 100 ノーマル 物理 20 技27 おんがえし - 100 ノーマル 物理 20 技31 かわらわり 75 100 かくとう 物理 15 技32 かげぶんしん - - ノーマル 変化 15 技37 すなあらし - - いわ 変化 10 技40 つばめがえし 60 - ひこう 物理 20 技42 からげんき 70 100 ノーマル 物理 20 技44 ねむる - - エスパー 変化 10 技45 メロメロ - 100 ノーマル 変化 15 技46 どろぼう 60 100 あく 物理 25 技48 りんしょう 60 100 ノーマル 特殊 15 技51 はがねのつばさ 70 90 はがね 物理 25 技54 みねうち 40 100 ノーマル 物理 40 技56 なげつける - 100 あく 物理 10 技59 ぶんまわす 60 100 あく 物理 20 技62 アクロバット 55 100 ひこう 物理 15 技68 ギガインパクト 150 90 ノーマル 物理 5 技75 つるぎのまい - - ノーマル 変化 20 技81 シザークロス 80 100 むし 物理 15 技87 いばる - 85 ノーマル 変化 15 技88 ねごと - - ノーマル 変化 10 技89 とんぼがえり 70 100 むし 物理 20 技90 みがわり - - ノーマル 変化 10 技91 ラスターカノン 80 100 はがね 特殊 10 技100 ないしょばなし - - ノーマル 変化 20 過去作技マシン No.

次の

ハッサムの育成論・調整|ポケモン育成論サンムーン|ポケモン徹底攻略

ハッサム 調整

メガハッサムの調整、努力値配分でお悩みの方へ メガハッサム、今回はウルトラサンムーンシングル環境における、この最高にカッコいいポケモンの考察をしよう。 貴方がUSUMでハッサムの育成法に迷ってるとしたら、おそらく性格を いじっぱりにするか、 しんちょうにするかで悩んでいるだろう。 もう少しひねた人は わんぱくにしようとしているかもしれない。 またいじっぱりにしてもどこまでAに努力値を割くべきか……とね。 ハッサムの調整で迷っているのだとしたら、それは単純な話を複雑化しすぎているからだ。 ハッサムの採用理由なんて決まっている。 「 バレットパンチ」だ。 要はバレパンがどこまでなら確1圏内で、どこからが確2圏内なのか。 あるいは相手のHPを何割削れるのかさえ知っていれば簡単に調整できる。 火力が十分だと感じたなら、後は耐久に振ればいい。 耐久について考えだすとキリがないし、いつまでも努力値の振り方を決められないので、細かい耐久についてはまた後で考えよう。 実数値の違い 実数値が一目で分かった方が、調整がしやすくなるだろう。 なお端数は数えていない いじっぱりH252、A252メガハッサム H177-A222-B160-x-D120-S95 しんちょうH252、D252メガハッサム H177-A170-B160-x-D167-S95 わんぱくH252、B252メガハッサム H177-A170-B211-x-D120-S95 バレットパンチの主な与ダメージ さて今回の本題である。 ここではいじっぱりA252振り 実数値222 、いじっぱりA100振り 実数値201 、無振り 実数値170 の場合の与ダメージの違いを掲載した。 是非参考にして欲しい。 B4カプ・テテフ 意地A252:108.

次の

【ポケモン剣盾】剣盾環境での「ハッサム」の活躍はどうなるのか・・・蹂躙されて終わりそうと不安も抱える人もいる模様

ハッサム 調整

DPS 1秒間に与えることが可能なダメージ。 (タイプ一致1. 2倍を反映後の数値)種族値やレベルによる倍率は適応外。 DPT 1ターンに与えることが可能なダメージ。 (タイプ一致1. 2倍を反映後の数値)種族値やレベルによる倍率は適応外。 EPtank 1度技を使用した際に溜まるゲージ増加量。 ゲージの増加効率。 ターン毎のゲージの増加効率。 発生 時間 技を使用してから相手にダメージを与えるまでの時間。 硬直 時間 技を使用してから避ける動作及び、次の技が使用可能になるまでの時間。 エネルギー ゲージ技を使うために必要なゲージ量。 名前 威力 DPE エネルギー 能力変化 確率 54 1. 54 35 - 84 1. 68 50 - 50 1. 相手の防御種族値は100と仮定して計算。 ハッサムの対策ポケモン.

次の