遺族 年金 内縁 の 妻。 2/2 内縁関係でも遺族年金はもらえるの? [年金] All About

5年前に別れた夫の遺族年金はどうなるの?内縁関係にある元愛人がもらうの?

遺族 年金 内縁 の 妻

法律上、婚姻届が受理されない内縁関係については、原則として遺族年金は支給されないものですが、国民年金法、厚生年金保険法では、 配偶者について事実上の婚姻関係にある人も受けられる可能性があります。 事実婚関係にある者とは、いわゆる内縁関係にある者をいいますが、 内縁関係は、婚姻の届出を欠くが、当事者間に社会通念上、夫婦としての共同生活と認められる事実関係が存在し、それを成立させようとする合意があることを要件とします。 遺族年金の受給にて内縁関係を認定するには 、「生計同一関係に関する申立書」という書類に2親等以外の方による 「第三者の証明」が求められますが、これ以外にも以下の書類の提示が要求されます。 認定対象者の状況 必要書類 1 健康保険の被扶養者になっている場合 健康保険被保険者証のコピー 2 給与計算上、扶養手当の対象になっている場合 給与簿または賃金台帳等のコピー 3 同一の死亡について、他制度から遺族給付が行われている場合 他制度 共済等 の遺族年金証書等のコピー 4 挙式、披露宴等が最近に行われている場合 1年以内に行われた結婚式等の証明書または挙式、披露宴等の実施を証する書類 5 葬儀の喪主になっている場合 葬儀を主催したことを証する書類 会葬御礼のコピー など 6 その他 1 ~ 5 のいずれにも該当しない場合 その他内縁関係の事実を証する書類 連名の郵便物 公共料金の領収書 生命保険の保険証 未納分の税の領収書 賃貸借契約書のコピー など 1 ~ 5 に掲げる書類については、いずれか1点の提出で足ります。 6 その他 1 ~ 5 のいずれにも該当しない場合について 当事者間の婚姻の意思に基づく夫婦としての共同生活の実態を確認するために、書類は複数 少なくとも2~3点程度 の提出が必要とされています。 (書類の例) ・連名の郵便物 年賀状 暑中見舞い など 当事者双方が宛名になっていること。 ・公共料金の領収書 内縁の相手が公共料金を負担していること。 ・生命保険の保険証 夫 妻 が保険料を負担しており、死亡保険金の受取人が内縁の妻 夫 であること。 相続欄に「未婚の妻 夫 」等と記載されていること。 ・未納分の税の領収書 内縁の相手が税を負担していること。 ・賃貸借契約書のコピー 当事者双方が同居人として名を連ねていること。 相続欄に「未婚の妻 夫 」等と記載されていること。 上記の要件を満たす場合でも、 近親婚等の反倫理的な内縁関係の場合は、事実婚の認定はしないとしております。 例外として、 三親等内の傍系血族間の内縁関係にあって、長期間(おおむね40年程度以上)にわたって安定的に継続されてきたものであるなどの4つの要件をクリアしたものだけが、年金機構と厚生労働省の年金局との協議案件で決定されるようです。 『40年程度以上にわたって』という要件があると、若くして亡くなったときなど極めて厳しいものがあります。 夫が愛人と同棲している場合、愛人は遺族厚生年金を 受給できるか? 「重婚的内縁関係」とは、届出をした配偶者がいるにもかかわらず、他方で内縁関係を築くことであるが、この場合の受給資格の有無については、原則として、届け出による婚姻関係にあった者が受給資格者となるものとされています。 しかし、届け出による 婚姻関係がその実態を失って形骸化し、かつ、その状態が固定化しており近い将来には解消される見込みがなかった場合に限って、「事実上の婚姻関係にあった者」が受給資格者となることがあるのです。 ・遺族年金却下取消請求事件 最高裁 58. 14 ・遺族共済年金不支給処分取消請求事件 最高裁 平17. 21 愛人が遺族厚生年金の受給資格を満たすかについて、「事実婚関係の認定について」 昭和55年5月16日 庁保発第15号 各都道府県知事あて社会保険庁年金保険部長通知 という通達で、次のように規定しています。 「・・・なお、夫婦としての共同生活の状態にないといい得るためには、次に掲げる すべての要件に該当することを要するものとすること。 1 当事者が住居を異にすること 2 当事者間に経済的な依存関係が反復して存在していないこと 3 当事者間の意思の疎通をあらわす音信又は訪問等の事実が反復して存在していないこと。 」 別居の期間についてはいろいろ見解があるようです。 法律婚を保護する見地から、法律婚関係が実体を失って形がい化した状態が固定している場合(継続して約10年以上)に初めて内縁関係にあった者を年金等の関係において「配偶者」として扱うこととしています。 請求者と死亡者が重婚的関係であった場合は、日本年金機構では、法律婚の実態、内縁関係の診査を当事者等から聴取、実態調査をするようです。 年金の相談は.

次の

内縁関係でも遺族年金は受給できる?条件や手続きについて解説します

遺族 年金 内縁 の 妻

弁護士に 電話で相談・問合せ 無料 も可能です 内縁関係を証明する必要がある場面 内縁関係は戸籍で夫婦であることを確認できないため、配偶者として手続をする場面において、内縁関係にあることを証明する必要があります。 日常生活を送る中で、内縁関係を証明する必要がある場面はそう多くありませんが、いくつかあります。 考えられる場面には、公共賃貸住宅への申込、保険の配偶者加入や死亡時受取人になる場合、勤め先の配偶者手当を受け取れる場合などです。 また、「遺族年金の請求」もその一つです。 「遺族年金の請求」は内縁の配偶者にも認められており、請求するにあたり、内縁関係であることを証明する必要があります。 には、「この法律において、「配偶者」、「夫」及び「妻」には、婚姻の届出をしていないが、事実上婚姻関係と同様の事情にある者を含むものとする。 」との記載があります。 弁護士に 電話で相談・問合せ 無料 も可能です 内縁関係を証明する手段になり得るもの 内縁関係とは、「入籍はしていないが、双方に婚姻の意思はあり、生計と生活をともにしている状態」のことをいいます。 しかし「婚姻の意思があるか」、「生計をともにしているか」ということは、第三者に簡単にわかるものではなく、単なる同棲との区別がつきにくいこともあります。 しかし、事実上は夫婦関係にあり「交際」や「同棲」とは異なります。 次のものは、「内縁関係」であることを証明できる要素となります。 ただし、様々な状況を総合的に見て判断されるので、これらがあれば必ず内縁関係だと証明できるわけではありません。 住民票 まずは住民票の続柄です。 内縁関係にある場合、住民票の続柄の欄に「妻 未婚 」または「夫 未婚 」と表記されます。 一方で、単なる「同棲」の場合、続柄の欄には「同居人」と記載されることが多いでしょう。 保険の被扶養者 健康保険 全国健康保険協会管掌健康保険。 通称「協会けんぽ」 の被者となっていることや、国民年金の第3被保険者になっていることも、内縁の証明になります。 契約者名義 マンションの賃貸借契約や、携帯電話の契約も内縁の証明になる場合もあります。 マンションの賃貸借契約では、同居人欄で続柄が「内縁の妻 または夫 」や「妻 未婚 」または「夫 未婚 」、「配偶者」などの記載があれば、内縁の証明になります。 携帯電話の契約では、家族利用としての契約をしている場合などに内縁関係の証明になる可能性があります。 家計簿 生計をともにしている証明として、家計簿をつけておくとよいでしょう。 内縁関係 事実婚 契約書 近年、メディアでも耳にする機会が増えてきている、いわゆる「結婚契約書」です。 「結婚契約書」とは、結婚前に、結婚後のことにつき、夫婦で話し合い作成する「契約書」のことです。 ただしまだ一般的なものではないので、内縁関係を証明するのに、どこまで有効かは不明な部分もあります。 また、内容によっては、却って内縁関係であることを否定する要素になってしまう可能性もあります。 例えば、「生活費は折半」など、生計を共にしていないと取れる記述があった場合など。 とはいえ、作ることに全く意味がないということもありません。 「結婚契約書」は決まった形式はないので、夫婦2人で、結婚する前の共同作業として仲良く作成するのもよいでしょう。 しっかりとした契約書にしておきたい場合は、公正証書にしておきましょう。

次の

内縁関係でも遺族年金は受給できる?条件や手続きについて解説します

遺族 年金 内縁 の 妻

年齢や相手との関係など法律上の婚姻障害事由(民法第731条〜737条)が存在しない• 当事者間の婚姻意思がある• 婚姻の届け出(民法第739条)を行っている この3条件すべてを満たすことによって、婚姻関係が有効に成立するということです。 これに対し、 「内縁関係」とは、事実上の夫婦関係ともいえる生活をする方を保護しようという発想のもとに生まれた関係性です。 具体的には、共同生活を送るなど事実上婚姻している夫婦と変わらない暮らしをしているという事実があり、しかしながら婚姻届は提出していないため、法律上の婚姻関係は認められない……という状態です。 事実婚と呼ばれることもありますが、なし崩し的に婚姻と等しい状態になったか(内縁)、主体的な意思によりあえて婚姻届を出していないか(事実婚)、という区別をすることもあります。 (2)内縁関係と愛人関係 「愛人関係」とは、内縁関係とは事情が異なります。 決定的に違う点は、愛人側は相手が既婚者であることを知った上で交際している方を指していて、いわゆる「不倫関係」とも呼ばれるものを指します。 なお、愛人関係は法律上保護されない存在です。 配偶者側から見れば、愛人を持つ配偶者は有責配偶者として損害賠償を行ったり、一方的な離婚請求が行ったりできる対象になります。 よって、あくまでも事実上の交際にすぎないといえます。 (3)法律上の取り扱いの違い 「婚姻関係」、つまり戸籍上の夫婦については民法上に定められており、年金や保険、税金など、さまざまな面で保護され、優遇処置があります。 しかし、「内縁関係」の場合は、民法上には明文の定めがありません。 それでも、 社会的な実態に合わせて解釈上認められる権利義務もありますし、また国民年金法や健康保険法、児童扶養手当法などのように、権利について条文で定められている場合もあります。 ただし「愛人関係」は、法律上の定めもなく、関係性が何らかの方法で保護されるということはありません。 2、相続と内縁関係について 内縁関係は婚姻関係ほどではないにせよ、一定の範囲で権利が認められます。 では、相続権についてはどうでしょうか。 内縁の妻や夫本人の相続権と、内縁の妻に子どもがいた場合、該当の子どもに相続権があるのかについて解説します。 (1)内縁の妻(夫)と相続権 大前提として、内縁関係にある者については、法定相続人には該当しません。 つまり、被相続人が遺言によって別段の意思を示さない限り、自動的に遺産を相続できることにはならないのです。 ただし例外的な取り扱いとして、賃借権に対するものがあります。 たとえば、被相続人と内縁の妻が、被相続人が借り主となっている家で暮らしていたとしましょう。 もし、内縁の妻が賃借権を失うとすれば、被相続人の死亡に伴って直ちに家を明け渡す必要が発生してしまいます。 それでは、内縁の妻個人を路頭に迷わせてしまうことにつながるため、貸借権については認められているのです。 つまり、被相続人と借家を共同で借りたという扱いをするのです。 これを「賃借権の援用」といいます。 (2)内縁の妻(夫)の子どもと相続権 内縁の妻(夫)と被相続人の間に子どもがいる場合、その子どもは被相続人と血縁関係があるといえます。 よって、相続権の有無が問題となることでしょう。 その場合は、まずは戸籍を確認する必要があります。 この 戸籍にある記載が、「内縁の夫の子」とされていれば、親子関係が認められるので相続権は認められます。 しかし、「内縁の妻の子」であれば、被相続人が認知していなければ法定相続人となれません。 なお、認知(民法第779条)とは、法律上の婚姻関係にない男女間に生まれた子ども(非嫡出子)について、親子関係を成立させる手続きをいいます。 条文上は「父又は母が」となっていますが、主に父親が行うケースが多数を占めています。 (3)内縁の妻(夫)が相続をする2つの方法 内縁関係にある者でも、例外的に遺産相続ができる方法があります。 それは、 「被相続人の遺言書に相続させる旨の記載をしてもらう」ことと、 「特別縁故者として認められる」ことです。 まず遺言書による方法ですが、被相続人に「財産を内縁の妻(夫)に譲り渡す」と遺言してもらうことで、遺産相続ができます。 有効に成立する適式な遺言書があれば、赤の他人であっても遺産を受け継ぐことができますので、この方法が内縁関係者にとってはもっとも確実でしょう。 ただし、遺留分については留意して遺言書を作成する必要があるでしょう。 遺言書は正しく作成しないと無効になる可能性があります。 次に「特別縁故者」とは、法定相続人がひとりも存在しないときに、被相続人の身辺の世話などをしていた者が財産を受け取れるという制度です。 事実として法定相続人が存在しない場合のほか、法定相続人のすべてが相続放棄をした場合も含まれます。 つまり、できれば内縁関係者に遺産を相続させたくないという被相続人の子どもの立場から考えると、もっともしっかりと確認すべき重要な点は、「遺言書があるかどうか」となるわけです。 3、遺族年金と内縁の妻(夫) 相続の対象となる財産とは異なりますが、類似のものとして、遺族年金についても確認しておきましょう。 (1)遺族年金について 遺族年金とは、被保険者の死亡により遺族に支払われる公的年金のことです。 遺族の生活を支えるために支給される年金であり、遺族基礎年金と遺族厚生年金があります。 被相続人が国民年金加入者なら遺族基礎年金を、厚生年金や共済年金の加入者なら遺族厚生年金を受給できます。 (2)内縁の妻(夫)と遺族年金の受給権 遺族年金を受給するには、一定の要件が必要です。 受給する権利を持つ者には順位があり、先順位の者が受給する場合、後順位の者は原則として受給できません。 受給対象者となり得る者は、配偶者、子ども、孫、父母、祖父母です。 そして、この配偶者には内縁関係者も含まれるとされています。 結論としては、 内縁関係にある妻(夫)でも、遺族年金を受給できる可能性があるということになります。 4、まとめ トラブルの多い相続問題ですが、重要なのは故人の意思と、残される遺族や関係者の利害との兼ね合いです。 内縁関係にある方は財産的な基盤が安定していないケースも少なくなく、遺産相続の必要性が大きいこともあります。 いざ相続となる前の段階で弁護士を交えて話し合うことにより、未然にトラブルを防げる場合もあります。 相続が発生した後になってからでは、内縁関係にある方は基本的に保護されないと考えてください。 内縁関係者と相続に関する問題でお悩みの方は、ぜひベリーベスト法律事務所 川崎オフィスまでお気軽にご相談ください。 ベリーベスト法律事務所では、弁護士だけでなく、税理士・行政書士などのプロフェッショナルと連携を取りながら、相続で抱えた問題解決に向けたアドバイスが可能です。 川崎オフィスの主なご相談エリア 川崎市川崎区、川崎市幸区、川崎市中原区、川崎市高津区、川崎市多摩区、川崎市宮前区、川崎市麻生区、東京都大田区、横浜市鶴見区、横浜市神奈川区、横浜市西区、横浜市中区、横浜市南区、横浜市保土ケ谷区、横浜市磯子区、横浜市金沢区、横浜市港北区、横浜市戸塚区、横浜市港南区、横浜市旭区、横浜市緑区、横浜市瀬谷区、横浜市栄区、横浜市泉区、横浜市青葉区、横浜市都筑区、木更津市、横須賀市、鎌倉市、逗子市、三浦市、三浦郡葉山町、相模原市緑区、相模原市中央区、相模原市南区、厚木市、大和市、海老名市、座間市、綾瀬市、愛甲郡愛川町、愛甲郡清川村、平塚市、藤沢市、茅ヶ崎市、秦野市、伊勢原市、高座郡寒川町、中郡大磯町、中郡二宮町、小田原市、南足柄市、足柄上郡中井町、足柄上郡大井町、足柄上郡松田町、足柄上郡山北町、足柄上郡開成町、足柄下郡箱根町、足柄下郡真鶴町、足柄下郡湯河原町にお住まいの方•

次の