ダイアモンド オンライン。 ダイヤモンド・プレミアム 会員登録

「ダイヤモンド・オンライン発」の記事一覧

ダイアモンド オンライン

歴史 [ ]• (大正2年)5月10日 誌として創刊。 創刊号の定価は1部10銭。 創刊時の雑誌名は『ダイヤモンド』(『経済雑誌ダイヤモンド』)。 誌名は によって「小さくとも相当の権威を持たせたい」という意気込みから命名された。 (20年)11月1日 5か月の休刊を経て再刊• (21年)9月 に移行• (昭和30年)3月 に移行• (昭和43年)• 1月15日号 - サブタイトルの「経済雑誌」が「ビジネス活動に役立つ経済誌」に変更される• 2月26日号 - 誌名を『週刊ダイヤモンド』に改称• 7月1日号 - 「ビジネス活動に役立つ経済誌」のサブタイトルが削除される• (22年)定期購読者向けにデジタル購読サービスを開始する• (平成25年)読者専用ウェブマガジン「デイリー・ダイヤモンド」で記事配信を開始 批判を受けた記事・不祥事 [ ]• (平成17年)9月17日特大号にて(JASRAC)を批判する内容の「 企業レポート 日本音楽著作権協会(ジャスラック)」という記事を掲載したが、JASRACから虚偽または歪曲された事実としてを起こされる。 結果、は、「(問題の記事の)その内容について真実であることの証明がなく、意見又は論評としてもその前提事実の重要な部分について真実であることの証明がなく、むしろ明らかに真実ではないと認められる事実を摘示したり、それに基づく意見や論評をしているものであり、取材やそれに基づく判断にかなりの偏りが感じられ、被告らがそれを真実であるとか又は意見・論評が正しいと信じる相当の理由も見当たらないものである」として、被告側に550万円のを命じ、ダイヤモンドは敗訴した。 (平成22年)11月13日号の特集記事「とカネ」にて、「」が強引な勧誘を実施しており、入会金などを巡り揉め事となるケースも多いなどとした記事を掲載したが、同法人から「一方的な中傷記事である」などとして訴訟を起こされる。 (平成24年)には、記事の一部について「真実とするに足る相当な理由が認められない」などとして、ダイヤモンド社に対し220万円の支払いを命じた。 脚注 [ ] []• のを日本に初めて紹介した(人物の一人)ことで知られる。 、菜の花ライブラリー()。 中村宗悦「『週刊ダイヤモンド』で読む日本経済100年」第1回「『ダイヤモンド』創刊」『週刊ダイヤモンド』2013年5月18日号、101頁。 中村宗悦「『週刊ダイヤモンド』で読む日本経済100年」第16回「『ダイヤモンド』再刊」『週刊ダイヤモンド』2013年9月7日号、100頁。 JASRACのプレスリリース「」 2005年• JASRACのプレスリリース「」 2008年• 毎日新聞 2012年7月12日 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• diamondweekly - この項目は、に関連した です。 などしてくださる(・/)。

次の

「プレゼン資料のプロ」が、パワーポイントを立ち上げて最初にする「意外なこと」とは?

ダイアモンド オンライン

テクノロジーの劇的な進化、そして急速な働き方改革の進展などによって、企業も個人も大きな変革を求められています。 ダイヤモンド社は1913年の創業以来、数字、データに立脚して、読者の目線に立ったビジネス情報を提供してきましたが、この度、ダイヤモンド ・オンライン上で新たなサービスを始めます。 記者や編集者、各界のプロフェッショナル、そして過去100年の偉人たちが、ここでしか読めない独自のビジネスコンテンツをお届けします。 変革の時代、ビジネスパーソンのための「学びのプラットフォーム」になれたら幸いです。 早稲田大学卒業後、2004年に産経新聞社入社。 08年に「週刊ダイヤモンド」記者となり、商社、銀行を担当。 12年より金融・政治担当の副編集長、18年よりダイヤモンド・オンラインとの兼任副編集長。 19年4月より現職。 主な担当特集に「経済ニュースを疑え」「金融エリートの没落」「AI格差」など。 注意事項その他• ダイヤモンド・プレミアム(デジタル)の月額・年額・3年プランおよびダイヤモンド・プレミアム+雑誌プランの月額・年額・3年プランともに、利用期間を残して中途解約した場合、日割・月割精算等による料金の払い戻しは行いません。 月額から、年額、3年、雑誌セットプラン(月額・年額・3年)への乗り換えの場合、および年額から雑誌セットプラン(年額)への乗り換えの場合は、現状プランの残日数を日割り計算し、乗り換えたプランの料金より値引いた金額を請求させていただきます。 月額プランの無料期間は、加入日に該当する暦日の前日までとなります(例: 6月10日申し込みの場合、7月9日までが無料期間となります)。 ただし加入日が月末の場合、翌月末日の前日までが無料期間となります(例:6月30日申し込みの場合、7月30日までが無料期間となります)。 価格はすべて税込表示となっております。 お支払い方法は「クレジットカード」のみとなります。 なお、ご利用できるクレジットカードは以下となります。 [AMEX、Diners、JCB、Visa、MasterCard]• ご契約は自動更新となります。 ご継続いただく場合に、新たなお手続きは必要ありません。 本サービスは、事前の予告なく、変更・機能追加・停止・終了することがあります。 よりお申し込みください。 サービスの詳細については利用規約()をご確認ください。

次の

「ダイヤモンド・オンライン発」の記事一覧

ダイアモンド オンライン

(2020年6月26日更新!) 株主優待は投資の初心者からベテランまで、多くの投資家に大人気のおすすめの投資法! このページでは株主優待の最新おすすめ情報から、株主優待名人・桐谷さんもおすすめするお得な株主優待のほか、配当と株主優待を合わせた株主優待利回りランキングや、個人投資家に人気の株主優待ランキングなど、さまざまな角度で株主優待のおすすめ銘柄を大紹介! また、投資初心者はもちろん、投資のベテランも意外に知らない株主優待銘柄のおすすめの買い方から注意点、株主優待品だけをもらえるクロス取引の方法まで、株主優待のおすすめ情報をザイ・オンライン編集部が詳しく解説! おすすめの株主優待投資を実践しよう! 株主優待おすすめ情報[2020年]の記事一覧• [2020年6月27日]2020年7月のおすすめの株主優待の情報を公開! 7月の株主優待は約30銘柄と、数は決して多くない。 しかし、ボリュ…• [2020年6月27日]ラックランド(9612)が株主優待を一部変更することを、2020年6月26日に発表した。 ラックランドの株主優待は、…• [2020年6月23日]サンリオ(8136)が、株主優待の有効期限を延長することを、2020年6月19日に発表した。 サンリオの株主優待は、…• [2020年6月22日]KeyHolder(キーホルダー、4712)が、株主優待の基準日を変更することを、2020年6月19日に発表した。 [2020年6月19日]キャリア(6198)が、株主優待を廃止することを、2020年6月19日の15時に発表した。 キャリアの株主優待は、毎…• [2020年6月18日]CARTA HOLDINGS(3688)が、株主優待を変更することを、2020年6月16日に発表した。 CARTA …• [2020年6月15日]和装事業やウェディング事業を手掛ける一蔵(6186)が、株主優待を一部変更することを、2020年6月15日の15時…• [2020年6月15日]ユニバーサル園芸社(6061)が、「QUOカード」の株主優待を改悪することを、2020年6月15日の10時に発表し…• [2020年6月14日]松本油脂製薬(4365)が株主優待を新設することを、2020年6月12日の17時30分に発表した。 松本油脂製薬の株…• [2020年6月13日]ウエスコホールディングス(6091)が株主優待を新設することを、2020年6月12日の16時に発表した。 ウエスコホ… ZAiオンライン アクセスランキング• ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ・オンライン編集部(2019. 16)• ザイ・オンライン編集部(2020. 16)• ザイ別冊編集部(2017. ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ・オンライン編集部(2019. 16)• ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ別冊編集部(2017. ザイ編集部(2020. 28)• ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ・オンライン編集部(2019. 16)• ポイ探ニュース(2020. 28).

次の