配信 勢い ランキング。 LIVEストリーミングランキング

【ツイキャス】カテゴリ別おすすめ配信者ランキング!

配信 勢い ランキング

動画配信サービス比較ランキング 定額で見放題が今、熱い! 映画にドラマ、アニメなど、これからはネットで見るのが主流になるかもしれない。 これまでにも、単品で料金を支払って視聴するタイプの動画サイトは存在したが、最近になって、月額の固定の料金を支払うだけで何千もの動画が見放題になる、定額制の動画配信サービスが登場してきた。 同じだけ動画を見たとしても、以前よりもぐっと格安で、たくさんのコンテンツを見ることが可能になったのだ。 動画配信サービスはいくつもあるが、ではどのサービスが一番良いのか? 当サイトはその疑問にお答えしよう。 各サービスの特徴から、作品の本数はいくつあるのか、月額料金はいくらなのか、無料でお試しできるのかを比較して、詳しく紹介していく。 当サイトがおすすめする動画配信サービスはこれだ! Hulu ついに日本に上陸した、動画配信サービスの王者! 全世界で1億人以上(2017年5月現在)の加入者を持つNetflix(ネットフリックス)。 運営会社は Netflix株式会社。 ユーザーフレンドリーなところが素晴らしいサービス。 プランを画質や機能に応じた3種類から選べるほか、レコメンド機能の使いやすさは他の追従を許さない。 また動画を配信するだけで無く、 独自作品を制作して自社サービス上で公開するといった強みも。 料金体系 月額料金: ・ベーシック:月額800円(税抜) ・スタンダード:月額1,200円(税抜) ・プレミアム:月額1,800円(税抜) 動画本数 非公開 無料期間 1ヶ月の無料体験あり 公式サイト: Amazonプライム・ビデオ 月額プランも選べる、TSUTAYAの動画配信サービス! CCC(カルチュア・コンビニエンス・クラブ)グループの T-MEDIAホールディングスが運営する動画配信サービス。 2015年9月にリニューアル。 月額定額の「動画見放題プラン」に加入すれば見放題対象作品がいくらでも観られるほか、 新作を2本分観られるぶんの配信ポイントももらえる。 お得度では他社に負けないサービスだ。 料金体系 動画見放題&定額レンタル8:月額2,417円(税抜) 動画見放題:月額933円(税抜) 個別課金レンタル/セル 動画本数 見放題対象作品 約10,000タイトル (2019年10月時点) 無料期間 「動画見放題&定額レンタル8」を30日間無料お試し可能 公式サイト: Paravi テレビがもっと身近になる、定額制サービス! 2018年4月に新たに登場した、見放題サービスがメインの動画配信サービス「Paravi」。 TBSの人気ドラマやテレビ東京の経済番組などがラインナップされている。 運営するのはTBS・テレビ東京など6社の共同出資により設立された プレミアム・プラットフォーム・ジャパン。 各社が力を合わせて他社サービスに対抗する。 画質の良さ、動作の軽さ、ラインナップの豊富さ、そして料金の安さと、 総合的に優れたサービスで、アニメファンからの評価も高い。 昔のアニメから最新のアニメまでそろっているから、大いに楽しむことができそうだ。 料金体系 月額料金:400円(税抜) 動画本数 3,800作品以上 (一部レンタル作品を含む) (2020年6月時点) 無料期間 31日間の無料期間あり 公式サイト: 動画配信サービスをタイプ別で比較! 特徴別、ジャンル別に各サービスを比べてみるならこちら。 自分に合ったサービスを見つけよう。 定額制動画配信サービスはメリットがいっぱい たくさんの動画の中から、好きなものを選んで視聴! テレビのように決まった時間に決まった番組が放送されるのではなく、自分が見たい動画を選んで楽しむことができる「オンデマンド」形式である。 テレビというよりは、レンタルビデオのネット版と考えればわかりやすいだろう。 もちろんオンラインだから、レンタルビデオ店とは違って貸し出し中で見られないなんてことも無い。 大きなサイトなら万単位の動画がそろっている。 最新の作品から過去の名作まで、それも国内のコンテンツだけでなく、海外の人気作品、例えば洋画や韓流ドラマもたくさん。 あなたが見たい動画・気になる動画がきっと見つかるはず。 「最近のテレビは面白くない…」こう思っている方でも、動画配信サービスならきっと満足できるはずだ。 革命的な、料金の格安さ! 定額制の大きなメリットは、なんといってもその安さ。 月額で1,000円を切るあたりが現在の主流。 「dTV」のように月額500円のものまであり、各社の競争も激しくなっている。 500円といえば、レンタルビデオ数本分程度の値段。 これだけで多くの動画を、どれだけ見ても定額なのだから驚きだ(最新の作品など、個別課金されるものもあるが)。 ぞんぶんに楽しもう。 マルチデバイスで、どんな機器でも利用できる! 今はすでにモバイルが中心の時代。 だからもちろん、パソコンだけでなくiPhoneやiPad、Androidなどのスマートフォンやタブレットで視聴が可能だ。 そのまま見るのも良し、ケーブルを使って大きなテレビに接続すれば大画面で映像を楽しむこともできるだろう。 自宅でも外出先でも観られるのもメリット。 自宅で家族みんなでゆっくり見るのも良いし、1人でじっくり見るのも良い。 スマートフォンを使って通勤時間中や出張先で見ることもできる。 いつでもどこでも動画がそばにあり、生活の一部に溶け込んだ、そういった世界が広がっていく。 くれぐれも夜更かしに注意! あれもこれもと映画やアニメを見まくっていると、ついつい時間を忘れてしまうものだ。 気づいたら朝になっていた…なんてことも、次の日が休みなら問題ないかも知れないが、平日の場合はくれぐれも仕事や勉強に差し支えないようにしよう。 もし先生や上司に怒られてしまっても当サイトでは責任を持てないのであしからず…。

次の

動画配信サービス比較ランキング!【定額で見放題】

配信 勢い ランキング

YouTube Liveなどでは四六時中さまざまなライブ配信が存在しています。 ジャンルも多岐にわたり、自分が好きなときに、自分の好きな内容をスマホでもパソコンでも視聴できます。 皆さんがスマホにインストールしているライブ配信の視聴アプリのほとんどは、お気に入りの配信者がライブ配信を始めれば、通知機能によって配信開始を知ることができます。 もしくは、Twitterなどのソーシャルメディアをフォローしておくことで、ライブ配信が始まったことを知ることができるようにしている人もいるでしょう。 ただ、これらの機能を利用する前提には「すでにお気に入りの配信者」という点が存在しています。 ですので、知っている配信者のライブ配信が開始した際は、その配信の存在に気がつけますが、まだお気に入り状態になっていない人の配信(=新規開拓)を見る場合は通用しません。 しかし、ライブ配信において新規開拓というのは非常に大事なことです。 常に誰かがライブ配信をしているものの、自分のお気に入りの人が配信しているとは限りません。 これはテレビ番組と同じと考えるとわかりやすいでしょう。 好きな番組がやっていないとき、いくつかチャンネルを切り替えてみて、普段は見ないけどとりあえず視聴してみたことは誰にでもあるはず。 垂れ流して見る、このような感じです。 実は、ライブ配信でも同じようなことが可能です。 今回は、そんな時に私自身が普段利用している便利サイトを紹介します。 いま配信中の「ライブ」の存在を知る「ランキング」サイト いまでは、ライブ配信が人気となり、多くの人が楽しむようになってことで、本当にたくさんのライブ配信を見かけることができます。 ただ、ライブ配信という業界が盛り上がったことで、さまざまなプラットフォームが出現しています。 そのため、テレビ番組のように手軽に「ふらっとほかの放送を見てみる」ということが難しくなりました。 探すのが難しいぐらいたくさんのライブ配信を、視聴数を基準に、人気で、いままさに配信中のライブ配信の探すことができる「ランキング」サイトによってまとめてチェックをできます。 しかも、ひとつのプラットフォームだけに限らず、複数のプラットフォームを横断して人気の放送を確認できるのです。 言ってしまえば、人気指数の表示された「ラテ欄」のようなものです。 いま配信中のライブを知る(まとめ的)サイトはいくつかありますが、私自身がよく利用しているのは「 」というサイトです。 この配信者勢いランキングは、「ニコニコ生放送」「ツイキャス」「FC2ライブ」「ふわっち」「SHOWROOM」「LINE LIVE」「Periscope」「OPENREC. tv」「FRESH! 」「Mixer」「CaveTube」 「Twitch」「YouTube Live」「Live. me」「Mirrativ」「FAN LIVE」「ドキドキLIVE」「Stager Live」「kukulu LIVE」「DMM LIVECommune」という20のライブ配信のサービスでいま配信中のライブをまとめてチェックできます。 普段は、ツイキャスであればツイキャス、ニコ生であればニコ生のサイトにある「現在配信中のライブ一覧」を見ることがほとんどでしょう。 しかし、テレビのようなザッピング的な感覚でライブ配信を探すことは結構難しいのではないでしょうか。 こうした現在配信中のライブを一元的にまとめられたサイトを活用することによって、いつも見ているライブ以外にどのような配信がされているのかを知ることができる助けになるのではと考えます。 PCだけでなく、スマホでも手軽にチェックできる 配信者勢いランキングのように、これらのライブ配信メディアを一元的にまとめて一覧が表示できるサイトではいま人気のライブ配信を簡単に見つけることができます。 逆に、まだ認知度は低いけど、面白そうなライブ配信もランキングの下のほうからあえて探してみることで見つけることもできます。 ちなみに、この配信者勢いランキングで言えば、これら20サイト全部のなかからまとめて選ぶのが難しければ、いくつかのサービスだけを選び、そのなかから人気のライブ配信を探すことも可能です。 こうしてみると「どのライブ配信のサービスがいま賑わっているのか」というサービスの流行りも一目瞭然。 PCのブラウザからのチェックももちろん、スマートフォンでもチェックをすることができますから、自宅にいなくても、外出先でもちょっとした隙間の時間に、いまこの瞬間に人気となっているライブ配信をチェックすることもできます。 いまや、スマートフォンで気軽に配信ができ、手軽に視聴もできるようになりました。 ライブ配信が人気となったことで、本当にたくさんのライブ配信を私たちは自由に選び、そしてお気に入りの人を探していくことができるようになりました。 こうしたサイトを利用することで、これまではテレビ番組でヒマを潰していた時間を、ライブ配信でも潰せるようになります。 さらに、偶然視聴した番組のファンになって、好きな配信がどんどん増えていく可能性もあるのです。

次の

ライブ配信をテレビ番組のようにザッピングできる「配信者勢いランキング」が便利

配信 勢い ランキング

動画配信サービス比較ランキング 定額で見放題が今、熱い! 映画にドラマ、アニメなど、これからはネットで見るのが主流になるかもしれない。 これまでにも、単品で料金を支払って視聴するタイプの動画サイトは存在したが、最近になって、月額の固定の料金を支払うだけで何千もの動画が見放題になる、定額制の動画配信サービスが登場してきた。 同じだけ動画を見たとしても、以前よりもぐっと格安で、たくさんのコンテンツを見ることが可能になったのだ。 動画配信サービスはいくつもあるが、ではどのサービスが一番良いのか? 当サイトはその疑問にお答えしよう。 各サービスの特徴から、作品の本数はいくつあるのか、月額料金はいくらなのか、無料でお試しできるのかを比較して、詳しく紹介していく。 当サイトがおすすめする動画配信サービスはこれだ! Hulu ついに日本に上陸した、動画配信サービスの王者! 全世界で1億人以上(2017年5月現在)の加入者を持つNetflix(ネットフリックス)。 運営会社は Netflix株式会社。 ユーザーフレンドリーなところが素晴らしいサービス。 プランを画質や機能に応じた3種類から選べるほか、レコメンド機能の使いやすさは他の追従を許さない。 また動画を配信するだけで無く、 独自作品を制作して自社サービス上で公開するといった強みも。 料金体系 月額料金: ・ベーシック:月額800円(税抜) ・スタンダード:月額1,200円(税抜) ・プレミアム:月額1,800円(税抜) 動画本数 非公開 無料期間 1ヶ月の無料体験あり 公式サイト: Amazonプライム・ビデオ 月額プランも選べる、TSUTAYAの動画配信サービス! CCC(カルチュア・コンビニエンス・クラブ)グループの T-MEDIAホールディングスが運営する動画配信サービス。 2015年9月にリニューアル。 月額定額の「動画見放題プラン」に加入すれば見放題対象作品がいくらでも観られるほか、 新作を2本分観られるぶんの配信ポイントももらえる。 お得度では他社に負けないサービスだ。 料金体系 動画見放題&定額レンタル8:月額2,417円(税抜) 動画見放題:月額933円(税抜) 個別課金レンタル/セル 動画本数 見放題対象作品 約10,000タイトル (2019年10月時点) 無料期間 「動画見放題&定額レンタル8」を30日間無料お試し可能 公式サイト: Paravi テレビがもっと身近になる、定額制サービス! 2018年4月に新たに登場した、見放題サービスがメインの動画配信サービス「Paravi」。 TBSの人気ドラマやテレビ東京の経済番組などがラインナップされている。 運営するのはTBS・テレビ東京など6社の共同出資により設立された プレミアム・プラットフォーム・ジャパン。 各社が力を合わせて他社サービスに対抗する。 画質の良さ、動作の軽さ、ラインナップの豊富さ、そして料金の安さと、 総合的に優れたサービスで、アニメファンからの評価も高い。 昔のアニメから最新のアニメまでそろっているから、大いに楽しむことができそうだ。 料金体系 月額料金:400円(税抜) 動画本数 3,800作品以上 (一部レンタル作品を含む) (2020年6月時点) 無料期間 31日間の無料期間あり 公式サイト: 動画配信サービスをタイプ別で比較! 特徴別、ジャンル別に各サービスを比べてみるならこちら。 自分に合ったサービスを見つけよう。 定額制動画配信サービスはメリットがいっぱい たくさんの動画の中から、好きなものを選んで視聴! テレビのように決まった時間に決まった番組が放送されるのではなく、自分が見たい動画を選んで楽しむことができる「オンデマンド」形式である。 テレビというよりは、レンタルビデオのネット版と考えればわかりやすいだろう。 もちろんオンラインだから、レンタルビデオ店とは違って貸し出し中で見られないなんてことも無い。 大きなサイトなら万単位の動画がそろっている。 最新の作品から過去の名作まで、それも国内のコンテンツだけでなく、海外の人気作品、例えば洋画や韓流ドラマもたくさん。 あなたが見たい動画・気になる動画がきっと見つかるはず。 「最近のテレビは面白くない…」こう思っている方でも、動画配信サービスならきっと満足できるはずだ。 革命的な、料金の格安さ! 定額制の大きなメリットは、なんといってもその安さ。 月額で1,000円を切るあたりが現在の主流。 「dTV」のように月額500円のものまであり、各社の競争も激しくなっている。 500円といえば、レンタルビデオ数本分程度の値段。 これだけで多くの動画を、どれだけ見ても定額なのだから驚きだ(最新の作品など、個別課金されるものもあるが)。 ぞんぶんに楽しもう。 マルチデバイスで、どんな機器でも利用できる! 今はすでにモバイルが中心の時代。 だからもちろん、パソコンだけでなくiPhoneやiPad、Androidなどのスマートフォンやタブレットで視聴が可能だ。 そのまま見るのも良し、ケーブルを使って大きなテレビに接続すれば大画面で映像を楽しむこともできるだろう。 自宅でも外出先でも観られるのもメリット。 自宅で家族みんなでゆっくり見るのも良いし、1人でじっくり見るのも良い。 スマートフォンを使って通勤時間中や出張先で見ることもできる。 いつでもどこでも動画がそばにあり、生活の一部に溶け込んだ、そういった世界が広がっていく。 くれぐれも夜更かしに注意! あれもこれもと映画やアニメを見まくっていると、ついつい時間を忘れてしまうものだ。 気づいたら朝になっていた…なんてことも、次の日が休みなら問題ないかも知れないが、平日の場合はくれぐれも仕事や勉強に差し支えないようにしよう。 もし先生や上司に怒られてしまっても当サイトでは責任を持てないのであしからず…。

次の