パーキング メーター 使い方。 パーキングメーターの使い方・仕組みと安心して利用できる予約駐車場のススメ

駐車場として使えない!パーキングメーター・パーキングチケットの利用方法

パーキング メーター 使い方

パーキング・メーターを利用するときは、まず本体にある駐車経過時間を表す時間表示が「0分」であることを確認します。 駐車枠にクルマを止めたら、パーキング・メーター本体の硬貨投入口に指定の金額を入れます。 支払いは前払いで、一般的には100円硬貨のみが使用できます。 支払いを終えると、時間表示部付近にある「未納灯」が消えます。 領収書も発行できます。 延長や貸し切り、場所取りなどはできません。 なお、利用者が支払う金額は駐車料ではなく、パーキング・メーターなどの維持管理に必要な費用を「手数料」として納めるものです。 バイクは1駐車枠につき1台のみの駐車が可能です。 支払いの手順はクルマと同じですが、バイクは途中でパーキング・メーターの車両感知が途切れることがあるため、領収書は大切に保管しましょう。 車両感知が途切れた場合は、駐車違反の対象になることがあるので注意しましょう。 パーキング・チケットの使い方とは? パーキング・メーターは、駐車経過時間を本体にデジタル表示するタイプが一般的ですが、日時や駐車を終了すべき時刻などが印字されたパーキング・チケットを発給するタイプもあります。 最新のパーキング・チケット発給機は500円硬貨や1000円札が使え、より便利になっています。 パーキング・チケット発給機を利用する場合は、クルマを正しく駐車枠内に止めた後、歩道に設置してある発給機でチケットの発給を受けます。 支払いは前払いです。 指定された金額を投入すると、発給日時や駐車終了時刻などが印字されたチケットが発給されます。 チケットの一部は領収書になっており、領収書部分をはがすとシールになります。 粘着部分を利用してフロントガラスの内側(車内の前方の見やすい箇所)に、駐車終了時刻表示が車外から見えるように貼りましょう。 車外からチケットが見えないと、未納駐車と判断される場合があり、駐車違反として扱われることがあるので注意しましょう。 バイクの場合は、ガソリンタンクなどの見やすい場所にチケットを貼ります。 そのまま貼ると駐車終了時刻が見えないので、チケットを折り曲げるなどして時刻表示が見えるように貼りましょう。 手数料は四輪車と同じですが、駐車枠内に「二輪車」と記載されている「二輪車専用パーキング」では金額が変わる場合があります。 付近の規制標識に注意し、迷惑な止め方はしない まずパーキング・メーターの近くにある規制標識(道路標識)を、よく確認してみてください。 例えば「時間制限駐車区間標識」には、利用できる時間帯や制限時間が表示されています。 イラストの標識の場合なら、午前9時から午後7時まで、60分間利用できることが分かります。 時間制限駐車区間標識の「補助標識」にも注意しましょう。 ここにはパーキング・メーターが使用できない日時などが表示されています。 例えばイラストのように「日曜・休日を除く」「1月1日~3日を除く」と書かれていれば、日曜日や休日、1月1日~3日の間は利用できません。 クルマを止めるときは、駐車枠内に収まるように正しく駐車しましょう。 駐車枠からはみ出したり、極端に斜めに止めるなど、他の利用者に迷惑がかかるような止め方はやめましょう。 1台で2枠を使うような止め方もできません。 路面に「貨物車」と書かれている場合は、主に荷さばき目的の貨物車が利用する駐車枠です。 短時間の作業のために設けられているので、制限時間が20分に設定されていたり、一般車用に比べて駐車枠が大きいなどの特徴があります。 東京都では貨物車以外も利用できますが、荷さばき目的以外の車両はできるだけ他の駐車施設を利用するように、警視庁では協力を呼びかけています。

次の

パーキングメーターは59分以内なら料金未納でも大丈夫なのか?

パーキング メーター 使い方

本ブログでは、節約の一環としてパーキングメーターを利用した駐車料金の節約について記事を更新しています。 これは主に日曜日や祝日などパーキングメーターが稼働しないタイミングを狙って駐車する方法をまとめたものです。 道路標識を見ても駐停車が許可されたエリアは都心でもかなり存在するのですが、このことを知らない人たちが多いのが実態です。 街中の有料駐車場を利用する料金を節約して、もっと有益なお金の使い方をしましょう、というのがこれらの記事の趣旨なのであります。 しかし、最近になって知ったのですが、このパーキングメーターは道路標識にかかわらず 一定のルールを守れば無料で利用できるというウワサがあります。 本ブログではこのことについて調査してみることにしました。 この記事の目次はこちらです• パーキングメーターとは パーキングメーターを見たことがない、という人はあまりいないかもしれませんが、wikipediaによると言葉の定義は以下のようになっています。 パーキングメーター(英語: parking meter)とは、駐車料金を徴収して車両を一定時間駐車する権利を提供する機械。 特に地方自治体や道路管理者が設定し、道路交通管理の一環として駐車制度を運用する場合に使用することが多い。 情報源: 「一定時間」というは、20分、40分、60分など地域やエリアによって異なるようですが、都心では一般的に60分以内とすることが多いようです。 パーキングメーターの正しい使い方 警視庁のホームページによりますと、上記の図のとおりパーキングメーターの正しい使い方が掲載されています。 自動車を道路上の枠内に駐車し、手数料を入れる、というものです。 利用時間の延長はできませんで、駐車時間は60分以内。 この 制限時間を超過する前に自動車を移動させる必要があるというルールです。 詳しくは警視庁のホームページをご覧ください。 話題となったコトの経過 このパーキングメーターの利用方法が話題となったことはすでにご存じの方もいると思いますが、ワタシなりに要約してコトの経過を再確認することとします。 とあるコピーライターが打ち合わせが終わって、対向車線側に駐車していたパーキングスペースに戻ろうとして交差点で信号待ちしていたところ、駐車監視委員が駐車違反の切符を車両に貼付していました。 そのコピーライターはもちろん手数料300円を支払ってパーキングスペースに駐車しており、駐車の制限時間60分を15分程度超過した状態であったそうです。 しかし、その横の手数料を支払わずに20分以上停車していたベンツには、その存在に気づきながらも駐車違反の切符を切ることなく駐車監視員は立ち去った、というお話です。 そのコピーライターが警察署に掛け合いました。 お金を払って15分超過したクルマは違反で、お金を払わずに20分間停めているクルマは違反にならないのか?と。 警官の答えによるとパーキングメータは59分以内に手数料を支払えばよく、その支払いの有無にかかわらず、駐車制限時間を経過すると駐車違反となる、という回答であったという。 この話は本当なのでしょうか??? で、実際に目撃しました! ワタシも時々パーキングメーターに駐車することがあるのですが、このパーキングメーターの話題を知って以降、気になって仕方がありませんした。 とあるとき、まさに同様の事象を発見したのです。 パーキングメーターのスペースに停車後、80分経過していたクルマには駐車違反の切符が切られていました。 しかし、その隣りに停めてあるベンツは未納状態でメーター表示が45分となっているにも関わらず、切符は切られていませんでした。 パーキングメーターの場合、停車して速やかにコインを投入することになりますが、コインを入れても停車時間が60分でリセットされるわけではありません。 コインを入れようが入れまいが、駐車時間は通しで表示されます。 よって、コインを入れて停車して20分オーバーした場合でも80分としてメーター表示されることになります。 片や白のベンツは45分間停車中でした。 これは未納のランプが点灯していたのでコインは投入されていない状態であると明らかにわかります。 でも、切符は切られていなかったのです。 このような事象が起きる理由 なぜこのような事象が起こるかはよくわかりません。 が、話をまとめると、 59分以内にパーキングメーターの手数料を払えばよいということは59分以内に車を移動すれば手数料を払う必要はなくなる、ということになり、上述した「パーキングメーターの正しい使い方」と相反することになります。 ネット上でいろいろと検索したところ、 「駐車違反の切符を切るのは委託事業者で、彼らのマニュアル上このような運用になっている」 「そして彼らは決められたマニュアル通りに仕事をしているから大丈夫」 …といった意見も散見されます。 パーキングメーターの運用に思うこと もともと駐車違反の切符を切る切らないという判断は、警察側に委ねられていて、交通法規の違反をしていてもつかまらない人もいれば、自宅の前にちょっとだけ停めただけなのに切符をきられたりすることもあります(このワタシです)。 なので捕まる側は理不尽とか運が悪い、としか感じられないんですよね。 また、59分以内というのはパーキングメーターのみの話で記事内の画像にある パーキングチケットには適用されない運用だそうです。 これってなんでですかね? こういう矛盾があるのでm法的なスキをついて得をしようという気持ちも分からないでもないです・・・いや、はっきり言うと、 とても賛同します! しかし、基本的には交通法規違反だし、取締りにあったらいやだから実践しにくいなあというのがホンネのところです。 これからもパーキングメーターに停めている車が気になって仕方がない日々が続きそうです。 交通違反に問われても一切の責任は負いかねます(当たり前ですが)。 都内居住、40代、こども2人、奥さん1人。 株をなんとなく始めて15年。 未だに億り人になれず、最近になって経済的自由をゲットするために本気に取り組み始める。 好きなものは、馬券、ポイ活、 LINE Pay、飛び地。 【メインテーマ】 日本株、米国株投資のほかインデックス投資の資産運用や節約情報、ガジェット関係。 運用資金は生活費の節約。 スマホなどの節約情報からクレカ、ポイントサイト、ふるさと納税、株主優待クロスに挑戦中。 【ブログのポリシー】 ブログは雑記ですが、毎日更新が目標。 実体験に基づき本当に良いものは良い、悪いものは悪いと感じたことをそのままに表現することが信条です。 申し訳ありません。 NEW ENTRY.

次の

駐車場として使えない!パーキングメーター・パーキングチケットの利用方法

パーキング メーター 使い方

パーキングチケットの使い方。 まず、パーキングチケットと似た感じでパーキングメーターがあります。 ちょっと使い方が違うだけで大体は同じ使い方です。 ざっくりとした説明で言いますと… 路上の枠内にお金を払って短時間(大体60分まで)駐車することが出来る。 コインパーキングとの違いは、 短時間、路上であることです。 大体下記のような標識があります。 この標識の意味は、 8時から20時まで一回60分に限り駐車しても良い。 の意味です。 お客様曰く、自分の地元では見たことがないとのこと。 駐車スペースが少ない都会ならではの駐車方法ですね。 さて、そんな路上パーキングの使い方ですが、 まず、パーキングチケットの場合。 駐車可能時間であることを確認して、路上の枠内に駐車する。 チケット発給機にお金を投入し、チケットを発給する。 フロントガラスの内側、外から見えやすい位置にチケットを貼る。 パーキングチケットの発給機は、 停めた場所から近い所にあると思うのできょろきょろして下さい(笑) 大体目に付くところにあります。 パーキングメーターの場合です。 ほとんど上記と同じです。 違いと言えば、 1. 駐車可能時間であることを確認して、路上の枠内に駐車する。 駐車した枠の横にあるパーキングメーターにお金を払う。 こちらがパーキングメーターの使い方です。 違いは、一台ごとに対応しているので、 チケットを発見しなくて良いことです。 お金を入れるとその場所のパーキングメーター60分のカウントが始まります。 どちらも細かい使い方は、機械に説明がかいてあります。 それをしっかりと読んで間違った使い方をしないように注意しましょう。 で、コインパーキングとの違いですが、時間が決まっているので、 その時間を超えて駐車すると、 駐車違反になります。 なので、都会ですと緑の駐車監視員さんがフロントガラスを覗き込んで 確認したりしています。 60分をオーバーしていたら駐車違反になりますから…。 パーキングメーターに関して裏技があるらしいですが… あまり褒められたものではないのでここでは割愛します。 気になる方は 「パーキングメーター、裏技」で検索してください。 モラルが問われる方法ですけど…一応合法らしい。 大体60分300円で使用できる路上パーキング。 お昼ご飯を食べるために使ったりちょっとした、 用事を済ますことに使ったりですね。 用事か長引きそうならコインパーキングを使ってくださいね。

次の