スパゲッティ パンチョ。 スパゲッティーのパンチョ 大阪なんば店

スパゲッティーのパンチョ(各店)【デカ盛り】新店で特注星人盛りの大盛りナポリタン【大食い】

スパゲッティ パンチョ

23区内を中心に展開しているナポリタン専門店「」。 太麺の昭和の喫茶店風のナポリタンを出してくれるお店で、(リンク先感想)! 23区内に行った時、一人なら(以前友人を誘ったら「ランチでそこはいや!」と断られた)ちょくちょく食べに行ってるくらい好き! そのパンチョが、2019年6月に相模原に進出してたとはw ゚o゚ w!!!! 今年5月に、近くにパンチョ無いかなぁ~と調べた時は、見つけられなかったのに。 国道16号線沿い鵜野森交差点の近くで、最寄り駅は古淵駅か町田駅(町田駅から1. 5キロほど)で、2つの駅の中間地点くらいか? で、「パンチョ 相模原店」、お店がファミレスっぽくてびっくりw ゚o゚ w!! 今まで行った「パンチョ」は、地下などにある狭いカウンターだけのお店だったんですが、ここは違うっ!! カウンター席もあるけど、普通にテーブル席もいっぱいある(画面奥、写ってない一角はテーブル席ばかり)。 よく利用している「」などは、入り口は人がすれ違えないほど(一方が壁などにギューッと張り付いてすれ違う)、店内は、厨房につながる細い通路一本、その両側に背中合わせにカウンター。 通路は人がやっと1人通れるくらい・・と激狭だったりするんですが、ここは全然違~うっ! 普通にファミレスだっ! テーブル席はゆったり広め。 食券制ではなく、モニターで注文するタイプ。 トッピングも選べます。 で、これを見て「あらら ゚ロ゚; ??」と思ったことが一つ。 今まで行ったパンチョは、 小・並・大盛りは、同じ料金だったんですが、相模原店は盛りによって値段が違います。 ミニサイズがあるし、お子さん連れを意識した値段付けかな? かなりお得感が無くなってるのが残念。 別格スパゲッティメニュー。 「洋定食メニュー」なんかもあります。 オムハヤシ・カレー・お子様ランチメニュー。 がっつり食べられて満足。 ミートソースも美味しいんだけど、自分はここのナポリタンが好きすぎて、頼んだことがない。 駅から遠く16号線沿いなので、車前提なのか、かなり広めな駐車場も完備。 22:30) 定休日:不定休 お、パンチョじゃないですか。 なにげによく目につくんですが、一回も行ったことがありません。 確かにパンチョは広々としていないイメージあります(笑) 海浜幕張の駅前にありますが、他の店店の隙間にあるって感じですし。 メッセとか行くと飯を食べにぶらついて目には入っているんですが、 見た感じガッツリしすぎて敬遠してました(笑) 席でタブレット注文は楽で良いですね。 券売機は買う物が決まっていても、目的の物が見つからずかなり焦ったりしますし、 目の前の家族連れとかが券売機にお金入れて悩んでるとすげーイライラしますし。 スパゲッティと言えば、少し前に仕事で新橋の方へ行ったときに、名古屋名物あんかけスパゲッティ のお店に行きました。 パスタ・デ・ココというカレーハウスココイチが運営するスパゲッティ屋さんです。 名古屋にはいっぱい有るのに、東京にはここだけ。 太麺で結構美味しかったです。 近所だと八王子駅前に、クリスマスはカップル入店禁止のスパゲッティ屋さんがありますね。 で、そうなんですよ、普通パンチョは狭いんですよ。 ちょっと広いなって思ったところでも、八王子のゴーゴーカレーみたいな感じだったし。 でも、相模原のパンチョは、ファミレスの皮被って擬態してます。 新橋に、そんなスパゲッティ屋さんがあるんですね。 ちょっと気になります。 あと、クリスマスにカップルお断りのスパゲッティ屋さん。 美味しいという話も聞くので、気になってるんですが、まだ行ってないです。 クリスマス時期になるとちょっと話題になり、「行こうかな?」って思うんですが、それを過ぎると忘れるという 笑。 いつの間にやらポストにmetroの例のチラシが入ってたので、満を持して 本日登録に行ってきました。 登録自体は問題無くスムーズに完了。 ちょうど季節が冬のせいか普通のフロアはさほど寒く感じませんが、 一番奥の肉とか乳製品とかの冷蔵庫部屋みたいなところはやっぱ寒いですね。 とりあえず無目的にグルグル回ってみましたが、流石業務用だけあって、単位がでかい 飴とか1kgで売ってるし 長持ちする物はお買い得かもしれませんが、ずっと同じ味を使い続けることに・・・。 それぞれのコーナーで値引き品がまとめておいてあるので、チェックがしやすいですね。 とりあえずそこを見て、その後回ればちょうど良いかも。 なんかイメージとして、小売りもすべて安い感じに思い込んでましたが、 物によってはスーパー ロピアとか の方が安い物もちらほら。 まあ、業務目的で買いに来る人にはここで一括そろうことの方がメリットあるでしょうけど。 でもr-1とか有ったけど、使うお店があるのか? 面白かったのは冷凍食品コーナーに、竜田揚げのチャートがあって、ハイグレード--- A社の製品,B社の製品,C社の製品---リーズナブル って順位じゃ無いけど、区別がしてありました。 ここ、家からだとかなり遠いんですが、美味しそうなので、何度か行こうと思ったんですが、丁度定休日だったり、不定休で休みだったりして、行けないままになってたんですよね・・。 私は並でいいんですが、旦那とか息子は大盛りでもいいくらいなので、同じく残念でした。 自分的には広くてゆったりしてるのと、家族揃って行きやすいのはポイント高いです。

次の

【公式】スパゲッティーのパンチョ

スパゲッティ パンチョ

246号線沿いの裾野市に新しくできたパスタ専門店「スパゲッティーのパンチョ」に行ってきました。 かなり頻繁に通る道なのですがいつの間にかできていてびっくり! ランチに訪問して、本格的だけどどこか懐かしい感じのするナポリタンを楽しんできました。 「スパゲッティーのパンチョ」とは? 「スパゲッティーのパンチョ」という名前を初めて聞いたので調べてみました。 スパゲッティーのパンチョは東京の吉祥寺に本社がある会社のグループ会社である「B級グルメ研究所」が運営しています。 ファイブグループの中には「週プレ酒場」という業態があり、キン肉マンをテーマにした「キン肉マン酒場」や週刊プレイボーイに登場するグラビアアイドルと飲めるバーも運営しています。 面白いことをしている会社ですね。 スパゲッティーのパンチョは、昔ながらの食材、調理方法にこだわった懐かしい「スパゲッティー」を提供するお店です。 「パスタ専門店」ではなく「スパゲッティー専門店」という言葉にこだわっています。 店舗は現在17店舗有り、裾野以外の店舗は東京、神奈川、埼玉、千葉にあります。 静岡県では初出店になります。 今回の裾野店は直営ではなくフランチャイズでの運営のようです。 アクセス パンチョ246裾野店はその名前の通り246号線沿いにあります。 マクドナルドの近くです。 昔は渡辺建設の住宅販売会社があったような気がします。 もしかしたら渡辺建設がフランチャイズで運営しているのかもしれませんね。 お店に入るときには片側車線からしか入れませんが、お店から出るときには信号のある交差点なので、どちらにも出られて便利でした。 駐車場 駐車場は店舗の前にあります。 一部緑色のプレートがついているところは、隣のエステサロンの駐車場なのでお間違えのないように。 お店の入り口には大きなメニューが貼られていました。 入り口を入ると券売機があり、食券を購入して注文するタイプなので、事前に何を注文するか決めておいた方が良いです。 注文方法はラーメン屋のシステムに似ています。 メニュー メニューはスパゲッティーが中心。 種類は、• ナポリタン• ミートソース• 白ナポリタン• ボンゴレバジリコ• 海鮮ナポリタン• カレーとナポリタン• オムナポリタン があり、それぞれ量を選びます。 小 300g• 並 400g• 大 600g• 超 1000g 「並」サイズでも麺が400gあってボリュームたっぷり。 ナポリタン超なら1つ1,050円で1000g。 家族で来て子供と分け合うなら超の方がお得ですね。 あとはトッピングが必要ならトッピングも注文。 目玉焼き 50円• ポテトサラダ 50円• 野菜増し 100円• 焼きチーズ 100円• ハンバーグ 200円• ソーセージ 100円• ハムカツ 150円• 三島コロッケ 150円• 厚切りベーコン 200円• 鶏唐揚げ 200円 があります。 「三島コロッケ」は裾野店の特別メニューでしょうか。 子供用の「お子様ランチ490円」もありました。 持ち帰りもできる パスタの持ち帰りもできるようで、持ち帰りを注文している人がいました。 来店40分前までに事前に電話で予約しておくと待たずに受け取れるようです。 店内の雰囲気 店内はシンプルで、チェーンのステーキ屋のような雰囲気でした。 テーブル席は間仕切りが多いです。 カウンターから厨房が覗けたので見ていると、1人前ずつフライパンで丁寧にパスタを炒めていました。 しばらくして注文したナポリタンが運ばれてきました。 昔なつかしのナポリタン 金属製のお皿の上にナポリタン、そしてその上にハンバーグが乗っています。 ソースが服に跳ねるのが気になる方は紙エプロンがもらえます。 さっそくナポリタンを一口いただいてみました。 単純にケチャップだけで味付けしたナポリタンとは違う、トマトの甘みとコクを感じるこってりとしたソース。 麺は太くてもっちりとしていて食べごたえがあります。 麺がソースとよく絡んでいてました。 ナポリタンの中にはソーセージ、ピーマン、玉ねぎが入っていて、野菜の歯ごたえが良い。 もう少し野菜が入っていると良かったですが、そういう場合には100円で「野菜増し」ができます。 次はハンバーグ。 ふんわりやわらかい触感で、肉汁や玉ねぎの甘みが楽しめる味です。 両方の印象としては昔の喫茶店のナポリタンをこだわりの味付けでグレードアップした感じ。 いい意味で安っぽさを残している味だから、どこか懐かしい感じがするのでしょう。 金属製のお皿は懐かしい感じがして良い点もありますが、個人的にはあまり好きではないのがちょっと。 あと、お皿がもう少し大きかったら食べやすかったです。 いつもはこういう店で大盛りを注文しますが、並とハンバーグで十分満足できる量でした。 卓上にはタバスコや粉チーズ、コショウが置いてあるので、味の調節ができます。 オープン記念でトッピング定期券がもらえました。 約2ヶ月間、期間内ならハンバーグでも無料で何度でもトッピングできる定期券なので、気になる方は12月28日までに来店しましょう。 まとめ スパゲッティーのパンチョ246号線裾野店についてまとめると、 カテゴリー•

次の

ナポリタンとミートソースだけ。ニッチなパスタ店が大成功の理由

スパゲッティ パンチョ

毎日、デカ盛り、大盛り、おかわり自由、食べ放題のお店を探しています。 本当の安全・安心とは何でしょうか。 今回は、 御徒町デカ盛り、美味しくてボリューム満点のパスタが食べられるお店「 ナポリタン専門店 スパゲッティーのパンチョ 御徒町店」へ進撃しました。 では、 動画でお届けしています。 チャンネル登録お願いします。 御徒町デカ盛り!「ナポリタン専門店 スパゲッティーのパンチョ」でミートソース大盛り全部乗せ! 同じ料理でも、男性と女性では 好みが違います。 全ての人に当てはまるわけではないです。 例えば 、男性の好きな ラーメンは、 ガッツリ系、 女性が好きな ラーメンは、 繊細でオシャレ系です。 パスタでも好みが異なります。 パスタといえば、オシャレでモチモチの 生パスタを使用したカルボナーラやアラビアータなどを好む 女性が多いです。 男性が好むパスタといえば、焼きパスタなど B級グルメのガッツリ系です。 今回紹介するのは、「 ナポリタン専門店 スパゲッティーのパンチョ」です。 ボリューム満点でどこか懐かしい スパゲッティーが食べれるお店です。 一度でも食べたことのある男性は、 ファンになっているに違いありません。 店舗は、 渋谷、 吉祥寺、 秋葉原、 新橋、 池袋、 御徒町、 大宮にあります。 以前私は一度、秋葉原店を調査しに行っています。 なぜなら、 デカ盛り・メガ盛りメニューが用意されているからです。 3㎏になるサイズがあります。 ナポリタンで挑戦した私は、後半、濃い目の味に飽きてしまい、水をがぶ飲みしながら 完食しました。 山手線・京浜東北線御徒町駅から徒歩1分、「 ナポリタン専門店 スパゲッティーのパンチョ 御徒町店」に到着です。 日比谷線仲御徒町駅、大江戸線上野御徒町駅から徒歩2分です。 写真付きのメニュー看板があります。 どれも美味しそうです。 もちろん、美味しいだけではなく、ボリューム満点のメニューも用意されています。 いつの日か総重量2. そのために、 ナポリタンではなく、 ミートソースを食べに来た私にぴったりなメニューを発見しました。 「 ミートソース全部乗せ(1240円)」です。 これに決めました。 夜限定のメニューがあります。 ファンの一人として、これは今度食べに来なくてはいけません。 お店は地下にあるため、階段を下ります。 入口の前の券売機で先に食券を購入します。 少なめ(300g)、 並盛(400g)、 大盛り(600g)は同じ料金です。 一般的なパスタのお店より量が多く設定されています。 お好みで トッピングも可能です。 大食いさん専用メニューです。 今回は、「 ミートソース(690円)」の「 全部乗せ(550円)」にしました。 営業時間です。 平日は11時から23時、土日祝日は11時から22時までです。 入店します。 店内は、カウンター席のみです。 空いている席に座ります。 懐かしいポスターがたくさん貼ってあります。 店員さんに食券を渡すときに、麺の量を聞かれます。 もちろん 大盛りをお願いしました。 水はセルフサービスです。 カウンターの上の様子です。 カテゴリー• 167• 125• 145• 183• 247• 852• 377• 406• 463• 267• 249• 1,171• 141• 1,776• 278• 458• 57 アーカイブ• 108•

次の