音楽 の 日。 『音楽の日2020』第3弾出演アーティストに嵐らジャニーズ14組&MISIA

【音楽】郷ひろみ、TBS『音楽の日2020』生出演

音楽 の 日

ご応募の前に必ず、ご確認ください。 前提の注意事項• 本企画へのご自身のPC・タブレット・スマートフォンからの参加となります。 本企画は参加者のお顔など(肖像)がテレビ画面上に表示されます。 当選された1件の応募につき、複数デバイスでの接続はお断りさせていただきます。 本企画に参加いただくにあたり、ご用意いただくPC・スマートフォン、タブレットの通信費はお客さま負担となります。 (Wi-fi環境推奨)• 通信環境によっては、映像がご覧いただけない、音声の乱れが発生する場合がございます。 通信環境に関するサポートの責任は負いかねます。 本企画はWeb会議システムを使用します。 使用する会議システムに表示ユーザ名(ニックネーム)、の入力が必要となります。 本企画への参加において個人情報保護の観点から、本名を含む個人が特定できるお名前でのご参加のなきようご注意ください。 原則として、映像メインのご参加となることをあらかじめご了承ください。 本企画にご当選・参加された場合でも、通信環境の問題等で全員をテレビ画面上に表示できない場合があります。 生放送および映像記録・配信以外にもこの映像を事後の番組などで使用する場合があります。 予めご承知おきください。 本企画への参加にあたり発生した参加者自身への損害の一切の責任を負いかねます。 参加者同士のトラブルについて一切の責任を負いかねます。 本企画に関する制作・著作権はTBSに帰属します。 参加にあたっての注意事項• スマートフォンをご使用の場合、電話着信などの理由により接続が切れる場合があります。 できるだけタブレット・カメラ付きのPCからのご参加をお願いいたします。 本企画への参加にあたっては、こちらから指定したWeb会議システム(以下「本アプリ」といいます。 )が必要となります。 当選者の方は本企画への参加にあたり、ご自身で本アプリのインストールや利用に必要なアカウントの作成等を行なって頂く必要となる場合があります。 万一、本アプリのインストールやアカウント作成、さらにそのご利用等の結果、当選者に何らか損害が発生した場合であってもTBSは何ら一切の責任を負わないものとします。 参加用のデバイスは固定してご使用をお願いいたします。 参加時にマスクやサングラスなどのお客様のお顔・目線の隠れてしまうものの着用はご遠慮ください。 酒気帯びでの参加および参加中にアルコールの飲酒はお断りいたします。 当日接続参加中についての詳細は当選時に追加説明させていただきます。 本企画参加の際、公序良俗に反する行為、服装、発言はお控えください。 出演者及び他の参加者への差別、誹謗中傷、脅迫、プライバシー、人権等を侵害する行為は禁止です。 参加中であっても通信状況・その他の理由により、強制的に退出していただく場合があります。 また、悪質な行為により損害が発生した場合には法的措置を取らせていただく場合があります。 不測の事態等でリモート観覧を急遽中止とさせていただく場合があります。 予告なく、放送内容が変更となる場合があります。 上記事項をご承諾の上、ご応募ください。 」「ECHO」.

次の

「音楽の日2020」第3弾出演者を発表 V6、KinKi Kids、嵐など14組

音楽 の 日

いろいろな意味で、記憶に深く刻まれる生放送になった。 7月18日にオンエアされたTBS系大型音楽番組「音楽の日2020」。 東日本大震災の年に「音楽で日本を元気に」というテーマで始まったこの番組も、今年で10回目を迎えた。 9時間超えの生放送だったが、夜7時から11時18分までの平均視聴率は13. 9%)。 番組ホームページで司会の中居正広は、「今までの年とは違い、ある意味で真価を問われるのではないかと感じています」とコメントしていたが、日本中がまだまだコロナ禍にあえぎ、さらに多くの地域が水害に苦しめられる未曾有の事態の中で、まさに音楽に勇気づけられ、励まされる思いがした視聴者も多かったのではないだろうか。 この番組を象徴しているのが、中居正広の存在である。 彼がジャニーズ事務所を退社した今年、ジャニーズからは総勢14組が出演したが、一昨年までは、嵐の櫻井翔が司会を務める「THE MUSIC DAY」(日テレ系)との棲み分けなのか、ジャニーズ所属の出演アーティストは、中居と縁のあるKinKi KidsやKis-My-Ft2など、かなり限定されていた。 昨年7月9日に事務所社長であるジャニー喜多川氏が逝去。 同年の「音楽の日」では、その追悼の意味を込めたコーナーで、ジャニーズJr. のローラースケートを得意とする5人組Hi Hi Jetsが、TBSの坂をローラーで駆け上り、デビュー発表前のSnow Manが腹筋太鼓を披露するなどし、それを嵐やKinKi KidsやV6、(Snow Manに同期もいる)Hey! Say! JUMPが見守るなど、ジャニヲタにとって後世まで語り継ぎたくなるような胸熱な場面が展開された。 そして今年。 当日も、SexyZoneの中島健人が、「音楽番組の司会をすることになった時、中居さんとお会いしてアドバイスを頂いた」というエピソードを本人を目の前にして披露したり、往年のヒットメドレーのコーナーで、SMAPの「BANG! BANG! バカンス」がほぼフルコーラスで流れ、ツートップと呼ばれる中居と木村拓哉の背中合わせ場面が見られるなど、中居MCならではのスペシャル感が満載。 以前、SMAPのリーダーとして歌手活動も行なっていた時は、司会からパフォーマーになった時のギャップに、中居のエンターティナーとしての才能がギラギラと光るのを感じていたが、SMAPが解散し、「音楽の日」で司会に専念するようになってからは、冷静に淡々と進行するスマートな大人っぽさの中で、後輩たちを前にガキ大将のようなヤンチャさ、いたずらっ子の顔が表出する瞬間が楽しみになった。 そういう意味でこの日は、キスマイやKinKi Kidsとの絡みの中で、前からずっと変わらない中居の心底楽しそうな笑顔が見られたことに、音楽ではない部分でも元気をもらった。 特に、キンキの新曲「KANZAI BOYA」で堂本光一が、いつもジャニー氏が被っていたキャップにサングラス姿で歌い出したときは、なんとも言えず嬉しそうで、人が喜んでいる姿を見るのはこんなにも嬉しいものなのかと、あらためて実感したほどだ。 思い起こせばSMAPのライヴでも、誰よりもSMAPを愛し、誰よりもライヴを楽しんでいたのが中居だった。 歌がヘタとかダンスが揃わないとか、いろんなことをネタにしていたSMAPのライヴがとてつもなく楽しかったのは、グローバル化する社会で最も大切な「多様性を受け入れる」ことを、SMAPがいち早く体現していたからではないだろうか。 それがつまり、ジャニーイズムでもあるのだろう。 昨年、嵐は、SnowManのパフォーマンス直後に登場し、二宮和也は、「今の時代に我々がオーディションを受けたら、受かっていなかった。 そのくらい、Jr. のレベルは上がっている」というようなコメントをしていた。 でも、それは今の子供たちの方がダンスに触れる機会が多いから踊り慣れていたりするだけで、もし今、二宮のような強烈な個性を持った子供がオーディションを受けていたら、それはそれで目立つだろうし、タッキーの目にも留まるに違いない。 「何もない」ところから始まっているからこそ、ジャニーズのタレントには、いい意味での雑草魂がある。 そして中居は、その雑草魂があるから、今も弱者に寄り添う視線を忘れないでいるのだろう。 トップスターになって仕事の幅が広がっていくと、媚を売ってくる人もいただろうし、利用しようとする人もいただろう。 そんな中で中居は常に、困っている人や、弱っている人に手を差し伸べる。 「ニュースな会」のような報道番組の司会をしていても、ニュートラルな姿勢を保ち続ける。 「音楽で日本を活気づけたい」という目的を持ってスタートした「音楽の日」は、中居がジャニーズを離れた今年、初めて14組ものジャニーズグループが出演した。 9時間半、それぞれのアーティストのそれぞれの歌を聴きながら、あらためて、日本にはたくさんの応援歌があることに気付かされた。 普段は静かな大野智が中居に噛みつく、「うたばん」でお馴染みだった「下克上コント」が2年連続で展開されたこと。 そういった安定の気遣いと幸福な茶番が共存していることにも、「やっぱりジャニーズっていいな」としみじみした。 何より、「来年またお会いしましょう」の言葉に、元気をもらった。 こうして、たくさんの歌い継がれる歌があることに。 取材・文:喜久坂京 ジャニヲタ歴25年のライター。 有名人のインタビュー記事を中心に執筆活動を行う。 ジャニーズのライブが好きすぎて、最高で舞台やソロコンなども含め、年150公演に足を運んだことも。 FRIDAYデジタル.

次の

音楽に関する記念日

音楽 の 日

いろいろな意味で、記憶に深く刻まれる生放送になった。 7月18日にオンエアされたTBS系大型音楽番組「音楽の日2020」。 東日本大震災の年に「音楽で日本を元気に」というテーマで始まったこの番組も、今年で10回目を迎えた。 9時間超えの生放送だったが、夜7時から11時18分までの平均視聴率は13. 9%)。 番組ホームページで司会の中居正広は、「今までの年とは違い、ある意味で真価を問われるのではないかと感じています」とコメントしていたが、日本中がまだまだコロナ禍にあえぎ、さらに多くの地域が水害に苦しめられる未曾有の事態の中で、まさに音楽に勇気づけられ、励まされる思いがした視聴者も多かったのではないだろうか。 この番組を象徴しているのが、中居正広の存在である。 彼がジャニーズ事務所を退社した今年、ジャニーズからは総勢14組が出演したが、一昨年までは、嵐の櫻井翔が司会を務める「THE MUSIC DAY」(日テレ系)との棲み分けなのか、ジャニーズ所属の出演アーティストは、中居と縁のあるKinKi KidsやKis-My-Ft2など、かなり限定されていた。 昨年7月9日に事務所社長であるジャニー喜多川氏が逝去。 同年の「音楽の日」では、その追悼の意味を込めたコーナーで、ジャニーズJr. のローラースケートを得意とする5人組Hi Hi Jetsが、TBSの坂をローラーで駆け上り、デビュー発表前のSnow Manが腹筋太鼓を披露するなどし、それを嵐やKinKi KidsやV6、(Snow Manに同期もいる)Hey! Say! JUMPが見守るなど、ジャニヲタにとって後世まで語り継ぎたくなるような胸熱な場面が展開された。 そして今年。 当日も、SexyZoneの中島健人が、「音楽番組の司会をすることになった時、中居さんとお会いしてアドバイスを頂いた」というエピソードを本人を目の前にして披露したり、往年のヒットメドレーのコーナーで、SMAPの「BANG! BANG! バカンス」がほぼフルコーラスで流れ、ツートップと呼ばれる中居と木村拓哉の背中合わせ場面が見られるなど、中居MCならではのスペシャル感が満載。 以前、SMAPのリーダーとして歌手活動も行なっていた時は、司会からパフォーマーになった時のギャップに、中居のエンターティナーとしての才能がギラギラと光るのを感じていたが、SMAPが解散し、「音楽の日」で司会に専念するようになってからは、冷静に淡々と進行するスマートな大人っぽさの中で、後輩たちを前にガキ大将のようなヤンチャさ、いたずらっ子の顔が表出する瞬間が楽しみになった。 そういう意味でこの日は、キスマイやKinKi Kidsとの絡みの中で、前からずっと変わらない中居の心底楽しそうな笑顔が見られたことに、音楽ではない部分でも元気をもらった。 特に、キンキの新曲「KANZAI BOYA」で堂本光一が、いつもジャニー氏が被っていたキャップにサングラス姿で歌い出したときは、なんとも言えず嬉しそうで、人が喜んでいる姿を見るのはこんなにも嬉しいものなのかと、あらためて実感したほどだ。 思い起こせばSMAPのライヴでも、誰よりもSMAPを愛し、誰よりもライヴを楽しんでいたのが中居だった。 歌がヘタとかダンスが揃わないとか、いろんなことをネタにしていたSMAPのライヴがとてつもなく楽しかったのは、グローバル化する社会で最も大切な「多様性を受け入れる」ことを、SMAPがいち早く体現していたからではないだろうか。 それがつまり、ジャニーイズムでもあるのだろう。 昨年、嵐は、SnowManのパフォーマンス直後に登場し、二宮和也は、「今の時代に我々がオーディションを受けたら、受かっていなかった。 そのくらい、Jr. のレベルは上がっている」というようなコメントをしていた。 でも、それは今の子供たちの方がダンスに触れる機会が多いから踊り慣れていたりするだけで、もし今、二宮のような強烈な個性を持った子供がオーディションを受けていたら、それはそれで目立つだろうし、タッキーの目にも留まるに違いない。 「何もない」ところから始まっているからこそ、ジャニーズのタレントには、いい意味での雑草魂がある。 そして中居は、その雑草魂があるから、今も弱者に寄り添う視線を忘れないでいるのだろう。 トップスターになって仕事の幅が広がっていくと、媚を売ってくる人もいただろうし、利用しようとする人もいただろう。 そんな中で中居は常に、困っている人や、弱っている人に手を差し伸べる。 「ニュースな会」のような報道番組の司会をしていても、ニュートラルな姿勢を保ち続ける。 「音楽で日本を活気づけたい」という目的を持ってスタートした「音楽の日」は、中居がジャニーズを離れた今年、初めて14組ものジャニーズグループが出演した。 9時間半、それぞれのアーティストのそれぞれの歌を聴きながら、あらためて、日本にはたくさんの応援歌があることに気付かされた。 普段は静かな大野智が中居に噛みつく、「うたばん」でお馴染みだった「下克上コント」が2年連続で展開されたこと。 そういった安定の気遣いと幸福な茶番が共存していることにも、「やっぱりジャニーズっていいな」としみじみした。 何より、「来年またお会いしましょう」の言葉に、元気をもらった。 こうして、たくさんの歌い継がれる歌があることに。 取材・文:喜久坂京 ジャニヲタ歴25年のライター。 有名人のインタビュー記事を中心に執筆活動を行う。 ジャニーズのライブが好きすぎて、最高で舞台やソロコンなども含め、年150公演に足を運んだことも。 FRIDAYデジタル.

次の