笠井アナ余命は。 笠井アナのがん(悪性リンパ腫)ステージは?今後の復帰予定や治る確率は?【フリーアナウンサー】

【笠井アナ】がん(悪性リンパ腫)のステージや治療方法は?余命や生存率に希望はある?

笠井アナ余命は

不幸中の幸いだったのは早期発見できたから。 笠井アナは9月末にフジ退社後、なんとなくトイレが近くなったと感じていた。 病院に行くと「前立腺肥大症」との診断。 だが、念のためMRIを撮ることになり骨盤に怪しい影が発見された。 医師の勧めで精密検査をすると、悪性リンパ腫が発見されたのだ。 それが全身に散らばっていたという。 笠井アナは人間ドッグを毎年受けていたが、それでは分からないのだそうだ。 フリー転身後、順調に仕事をこなしてきた笠井アナにとっては、あまりにも重い出来事。 笠井アナを襲った悪性リンパ腫とは、どんな病気なのか。 「悪性リンパ腫は、病原菌から体を守る白血球の一種のリンパ球ががん化したものです。 〝血液のがん〟とも呼ばれています。 悪性リンパ腫には数多くの種類がありますが、大きくホジキンリンパ腫と非ホジキンリンパ腫の2つに分けられます。 日本人に多いのは非ホジキンリンパ腫で、ホジキンリンパ腫と比較して悪性度は高いといえます。 自覚症状は少ないものの、倦怠感、疲労感、発熱、体重減少、寝汗などを訴える人もいます。 笠井さんも5キロぐらい体重が減って、体に異変を感じたそうです。 発症の詳しいメカニズムは解明されていませんが、ウイルス感染が原因だともいわれています。 また、動物性たんぱく質や脂質の過剰摂取も発症に関係している可能性があるといいます」(医療系ライター) 原因は特定できないものの、固型がんに比べると治療成績はいいといいう。 0%、非ホジキンリンパ腫で68. 3%でした」(前出・医療系ライター) MCの小倉智昭から、病気を公表した理由を聞かれた笠井アナは「ワイドアナウンサーとして芸能人や有名人のプライバシーを取材してきた自分が、そっとしておいてほしいというわけにはいかない」と言い切った。 今後はブログを開設して、治療の報告をしていくという。 笠井アナの一日も早い快復を祈りたい。 (石田英明).

次の

笠井信輔に悪性リンパ腫報道 旅番組で「本当に具合悪そうだった」

笠井アナ余命は

71 ID:WodDUX3k0 笠井アナ衝撃受けた「生存率は7割…6カ月は必要」 悪性リンパ腫と報じられた元フジテレビで現在フリーの笠井信輔アナウンサー(56)が19日、 9月までレギュラーを務めたフジテレビ系情報番組「とくダネ!」(月~金曜午前8時)に生出演し、病気について語った。 病名について「びまん性大細胞型B細胞リンパ腫」と明かした。 「全身にがんが広がっているので、強い抗がん剤の治療が必要と言われた。 生存率は6割くらいだが、若いので7割くらいと言われた」と説明した。 今年9月にフジテレビを退社し、フリーとして活動を始めたばかり。 病名を告げられた時の心境については「何で今、俺が。 フジテレビを辞めて、これからという時に。 青天のへきれきを超える衝撃だった」と振り返った。 「とくダネ!」の小倉智昭キャスター(72)から、なぜ病気を明かす決断をしたのか聞かれると 「32年間、ワイド番組で有名人のプライバシーを報じる仕事をしてきた。 自分はそっとしておいてというのは違うと思った。 いろいろなことを知ってもらうのは、義務だと思った」と話した。 昨年11月にぼうこうがん闘病を明かした小倉キャスターの存在も大きかったと言う。 「小倉さんが病状をこと細かに語っている姿を見て、我々のような仕事をしている者は、 そういう覚悟が必要だと思った。 入院したら、ブログで自分の思うところを発信していきたい」と話した。 77 ID:6U5JX30lM 寿命だろ。 いつまで生きるつもりだよ。 金持ちは欲深いな。

次の

【笠井アナ】がん(悪性リンパ腫)の現在の症状がヤバイ!?病気の原因や予防・早期発見する方法は?

笠井アナ余命は

71 ID:WodDUX3k0 笠井アナ衝撃受けた「生存率は7割…6カ月は必要」 悪性リンパ腫と報じられた元フジテレビで現在フリーの笠井信輔アナウンサー(56)が19日、 9月までレギュラーを務めたフジテレビ系情報番組「とくダネ!」(月~金曜午前8時)に生出演し、病気について語った。 病名について「びまん性大細胞型B細胞リンパ腫」と明かした。 「全身にがんが広がっているので、強い抗がん剤の治療が必要と言われた。 生存率は6割くらいだが、若いので7割くらいと言われた」と説明した。 今年9月にフジテレビを退社し、フリーとして活動を始めたばかり。 病名を告げられた時の心境については「何で今、俺が。 フジテレビを辞めて、これからという時に。 青天のへきれきを超える衝撃だった」と振り返った。 「とくダネ!」の小倉智昭キャスター(72)から、なぜ病気を明かす決断をしたのか聞かれると 「32年間、ワイド番組で有名人のプライバシーを報じる仕事をしてきた。 自分はそっとしておいてというのは違うと思った。 いろいろなことを知ってもらうのは、義務だと思った」と話した。 昨年11月にぼうこうがん闘病を明かした小倉キャスターの存在も大きかったと言う。 「小倉さんが病状をこと細かに語っている姿を見て、我々のような仕事をしている者は、 そういう覚悟が必要だと思った。 入院したら、ブログで自分の思うところを発信していきたい」と話した。 77 ID:6U5JX30lM 寿命だろ。 いつまで生きるつもりだよ。 金持ちは欲深いな。

次の