業務 スーパー 節約 レシピ。 「つぶれない店」業務スーパーマニアのアレンジレシピのランキング!1食150円以下?

「つぶれない店」業務スーパーマニアのアレンジレシピのランキング!1食150円以下?

業務 スーパー 節約 レシピ

厚切りでリッチに食べられるのにこの価格はびっくりです! 炙りトロサーモン 冷凍炙りトロサーモン この記事を読んで初めて買ってみた『 炙りトロサーモン』。 冷凍してあるので、解凍していただく商品です。 しっかり脂がのっていて、サーモンの旨みもきちんとあるのに価格は 311円(税込)! 我が家では子供がとっても気に入っている商品です。 磯丸水産の子持ちししゃもフライが好きだったんですが、メニュー改変で見かけなくなってしまいました…。 そんなときに見つけて買ってみたのが、業務スーパーの『 子持ちカラフトししゃもフライ』です。 500gで300円(税込)! 16尾ほどのししゃもフライが入っています。 衣に青のりが入っていて見た目風味もよく、ちゃんとギッシリ子持ちです! 揚げたてを頭から尾までパクパクとどうぞ! 大きめなので、夕ごはんのおかずでメインを張れる存在感ですよ! 【冷凍野菜】青ネギ 冷凍青ネギ 冷凍野菜の『 青ネギ』は、常備しておくとめちゃくちゃ便利な商品です! 量・価格は 500g入って184円(税込)! 汁物、麺類、主菜や副菜の薬味として… パラパラのまま凍結されている商品なのでサッと簡単に使えますよ! 【冷凍野菜】ほうれん草 冷凍カットほうれん草 冷凍野菜の『 ほうれん草』も青ネギと同じくパラパラのまま冷凍されている商品です。 量・価格は 500g入って149円(税込)! いろいろな料理に好きな量を使えるのがとっても便利です! 【冷凍野菜】簡単便利ポテトミックス 冷凍簡単便利ポテトミックス 業務スーパーの『簡単便利ポテトミックス』はさまざまな料理に活用できるミックスベジタブルです。 量・価格は 500g入って203円(税込)! ポテトミックスをレンジでチンしてマヨネーズで和えるだけでポテトサラダの完成です。 その他スープの具にしたりオムレツにしたり『あと1品』の調理にとっても便利です。 【エスニック食材】レッドカレー・グリーンカレー缶詰 レッドカレー・グリーンカレー 業務スーパーには、世界の食材も充実しています。 普通のスーパーでは手に入りにくいエスニック系の食材も充実しているんです。 それが意外と本格的でおいしい! 『 レッドカレー・グリーンカレー』も本格的でおいしく、 価格は211円(税込)とお得! 具材もしっかり入っているので、缶を開けて温めるだけで完成するカレーです。 【エスニック食材】パッタイペースト パッタイペースト タイ料理、その中でもタイ焼きそばのパッタイが大好きなわたし。 自宅でもパッタイを作りたくて、色々なレシピや調味料やキットなどを試してみましたが、業務スーパーの『 パッタイペースト』が一番好みの味です! 瓶入り 550gで354円(税込)! 甘辛な味で、砕いたナッツも入っています。 タイの麺でなくても、素麺や焼きそば麺で作ってもおいしい! チャーハンや炒めものの調味料にしてもおいしいので意外と万能です! 【エスニック食材】トムヤンクン鍋・スープの素 トムヤンクン鍋・スープの素 業務スーパーの『 トムヤンク鍋・スープの素』はお湯に溶かすだけで簡単にトムヤンクン風のスープが作れる調味料です。 瓶入り 450gで427円(税込)の価格。 業務スーパーで売っているココナッツミルク缶を使い、トムヤンクンペーストで味付けしてスープを作るとトムカーガイ風になりおいしいです! 【エスニック食材】コチュジャン コチュジャン スーパーで普通に売っている コチュジャンも、業務スーパーでは 500gも入って295円(税込)! 辛さもしっかりあるので、辛党で辛さをプラスするためたくさん入れちゃう人におすすめです!!.

次の

業務スーパーで食費節約になる7つの買い物術 [節約] All About

業務 スーパー 節約 レシピ

業務スーパーの節約術で食費を削ろう!主婦や一人暮らしにもおすすめの業スー活用テク 業務スーパーは節約生活を送るあなたの心強い味方になってくれるスーパーマーケットです。 業務用の大容量食材だけでなく、一人でも食べきれる普通サイズの商品も多いので、無駄なく食費を抑えることができます。 主婦はもちろん、一人暮らしにもおすすめの業スー節約術をお届けします。 業務スーパー節約術1 「買い」の食材を見極める 業務スーパーを節約に取り入れたいなら、自分にとってその商品が「買い」であるかを見極めましょう。 食べ盛りの子供がいる家庭の主婦と一人暮らしの男性では、お得な商品はガラリと変わります。 業務用サイズで量の多い商品は家族が多い方にとってはお買い得と言えますが、一人暮らしをする人にとっては食べ飽きてしまったり、腐らせて無駄にしたりする原因となるため「買い」の商品とは言えません。 同じ一人暮らしでも、料理好きで自炊が苦ではない人と仕事でくたびれて帰宅することが多い人とでは「買い」の食材が異なるため、自分のライフスタイルに合っているか考えながら商品選びをすることが重要です。 業務スーパー節約術2 冷凍保存できるか考える 業務スーパーを節約生活に取り入れたいなら、食材を日持ちさせることが大事です。 冷凍食品を選ぶのはもちろんですが、商品を手に取ったとき「冷凍保存できる商品だろうか?」と考えることで失敗しづらくなります。 業務スーパーでは大容量の食品が安い値段で売られていますが「量が多い」ということだけに着目して購入すると、賞味期限までに食べきれずに腐らせてしまうことがあるので注意しましょう。 業務スーパー節約術3 日持ち商品のストックがおすすめ 業務スーパーの節約術として、乾物や乾麺、レトルト食品や缶詰など常温で日持ちする食材をストックしておく方法があります。 常温保存できる食材なら冷蔵庫内の場所を取りませんし、すぐに食べられる食品も多いです。 すぐに食べられる食品をストックしておくと食材が少ない時でもお腹を満たすことができるため、外食やコンビニでの無駄遣いを減らすことができるでしょう。 業務スーパーのトマト缶を使ったレシピも参考にしてみてください。 業務スーパー節約術4 ブログで人気商品をリサーチする 業務スーパーの節約術では、当たり商品とめぐり合うことが成功の秘訣になります。 業スー商品は大容量サイズが主流であるため、自分や家族の口に合わないハズレの商品を購入することで食品ロスのリスクが高まります。 当たりの商品であるかは実際に口にしてみないとわからないものですが、当ブログで業務スーパーの人気商品の値段や味の良さ、その商品を使ったレシピなどをチェックしておくと当たり商品にめぐり合える確率がグンと高まり、家庭での食品ロスを減らすことができるでしょう。 業務スーパー節約術5 お弁当に便利な商品を買う 業務スーパーの節約術の中でも特におすすめなのが、通勤通学の際に業スー商品を使って簡単なお弁当を作り持参する方法です。 業務スーパーには1kgのポテトサラダやごぼうサラダ、弁当用厚焼き玉子などお弁当のおかずになる惣菜が豊富にそろっています。 大容量の惣菜は1食分ずつお弁当用のカップに入れてからラップに包んで冷凍保存しておくと日持ちしますし、詰めるだけで簡単なお弁当がすぐにできます。 お昼はコンビニ弁当や外食に頼ってしまう方も、お弁当箱に出来合いのおかずを詰めるだけなら無理なく続けられるでしょう。 ハムカツやチキンナゲットを用意しておくとお弁当作りが楽になりますよ。 業務スーパー節約術6 まとめ買いする 業務スーパーで節約するには、まとめ買いが効果的です。 業スー商品は量が多くて安いため、賞味期限切れや開封後の保存方法に気を付け上手に利用すればかなり食費を節約できます。 都度買いに比べると衝動買いも少なくなり、計画的に食材を使い切るスキルも身につくでしょう。 業スーでまとめ買いをする際は冷蔵庫の空きスペースとお財布の中身を確認してからレジへ向かいましょう。 手持ちの現金が足りないときに備えて確認しておきましょう。 まとめ買い初心者はこちらのサイトで予習するのがおすすめです。 うどんやそばなどのゆで麺16円やタレ付き納豆55円、豆腐29円、食パン65円など普通サイズの食材も信じられないほどの激安プライスで売っているので、確実に食べきれる量を購入しましょう。 業務スーパーで節約するなら食材ロスと買いすぎに注意! 業務スーパー節約術では、安いからと言って必要以上に買い込みすぎないことも大切です。 食材を無駄にすることはお金を捨てているのと同じですから、財布の紐と一緒に気持ちも引き締めて買い物しましょう。 買いすぎにさえ気を付ければ、いつも通っているスーパーから安くて量の多い業スーに変えるだけでも食費の節約効果が期待できるので、ぜひ試してみてください。

次の

業務スーパーの冷凍大根で、節約レシピ

業務 スーパー 節約 レシピ

業務スーパーの冷凍なすとピーマンは下処理をしっかりしてくれていて安いので、節約できる上に時短にもなる主婦のお役立ちアイテムです。 好みで紹興酒や豆板醤を加えれば、ぐっと大人っぽい味になるのでお試しください。 豚味噌炒めの材料(4人分)• 豚こま・・・250g• 冷凍揚げなす・・・250g• 冷凍ピーマン・・・200g• 長ネギ・・・10cm• にんにくチューブ・・・6cm• しょうがチューブ・・・6cm• 味噌・・・大さじ2• 砂糖・・・大さじ1• 醤油・・・大さじ1• みりん・・・大さじ1• 酒・・・大さじ1 豚味噌炒めの作り方• 1フライパンに油をひき火を付け、粗みじんにした長ネギとにんにく・しょうがを加えて香りが出るまで炒めます• 2豚こまを加えて炒めて色が変わったら、なすも加えて更に炒めます• 3なす全体に油が回ったら、調味料全てと水100ccを入れて強火で煮詰めていきます• 業務スーパーには1kgで250円前後という、大容量大特価の安い冷凍ミックスベジタブルがあります。 さらにソーセージも10種類程常設で置かれています。 特におすすめは、ハーブの香りが芳しい「こだわり生フランク」です。 簡単オムライスの材料(2人分)• ごはん・・・お茶碗2杯強• 冷凍ミックスベジタブル・・・大さじ5• こだわり生フランク・・・2~3本• バター・・・10g• ケチャップ・・・大さじ3• コンソメ・・・小さじ1• 醤油・・・小さじ1• 塩コショウ・・・少々• 卵・・・3個• 牛乳・・・大さじ1• マヨネーズ・・・小さじ1 簡単オムライスの作り方• 1フライパンにサラダ油をひき、輪切りにしたソーセージとミックスベジタブルを炒めます• 2ケチャップ・コンソメ・醤油・塩コショウを加えて、水分を飛ばすように炒めます• 3バターとごはんを加えて馴染むように炒め混ぜたら皿にあけます• 4牛乳とマヨネーズを入れてといた卵をフライパンで焼いたらご飯に乗せて出来上がり 今回オムライスでおすすめしたこだわり生フランクは、ただ焼くだけでも美味しい酒のおつまみになる絶品ソーセージです。 これだけお手頃でクオリティの高い商品は、節約の要になるでしょう。 肉好きの家族がいる方は、ぜひこちらの記事を参考にして色々お試しください。 10枚で300円弱という衝撃コスパです。 厚みが1~2cmぐらいしかないので、揚げ焼きが出来るので美味しい上に家計にも優しい商品です。 そこに冷凍の刻み玉ねぎを使った手作りタルタルをかけて頂きましょう。 タルタルのせフライの材料(4人分)• 白身フライ・・・8枚• 刻みたまねぎ・・・50g• 卵・・・2個• マヨネーズ・・・大さじ6• ケチャップ・・・小さじ1• 酢・・・小さじ3• 塩コショウ・・・少々• 乾燥パセリ・・・適量 タルタルのせフライの作り方• 1刻みたまねぎを解凍し水に10分ほど晒します• 2卵を茹で潰し、水を切った刻みたまねぎ・マヨネーズ・ケチャップ・酢・砂糖・塩コショウ・乾燥パセリを混ぜ合わせます• 3フライパンに2cm油を引き、白身フライを揚げ焼きします• 1パックに4切れ入っているので家族で食べるのにピッタリの大きさです。 価格も1切れ99円と良心的で、家計の強い味方になります。 塩鮭ではありますが薄味ですし、1切れ辺りが小ぶりなのでただの塩焼きよりもホイル焼きがおすすめです。 ホイル焼きの材料(4人分)• 定塩銀鮭切身・・・4切れ• えのき・・・1袋• しいたけ・・・4個• 玉ねぎ・・・1個• 酒・・・各大さじ1• 醤油・・・各大さじ1• バター・・・各10g ホイル焼きの作り方• 1玉ねぎとしいたけは薄切り、えのきはほぐしておきます• 2広げたアルミホイルに、玉ねぎ・鮭・えのき・しいたけの順番に乗せていきます• 3醤油・酒を振りかけ、真ん中にバターを乗せたらアルミホイルをピッタリ閉じます• いんげん・にんじん・たけのこ・きくらげの4種が満遍なく入っています。 たけのこやきくらげは本格的な中華には欠かせませんが、節約したい時にわざわざ買う食材ではありません。 そんな時のお役立ちアイテムです。 中華丼の材料• 中華野菜ミックス・・・150g• 白菜・・・3枚• 豚こま・・・200g• しょうがチューブ・・・6cm• ごま油・・・大さじ1• 水・・・300cc• 中華だし・・・小さじ1• 醤油・・・大さじ1• 酒・・・大さじ1• 水溶き片栗粉・・・適量 中華丼の作り方• 1豚こまに、塩コショウと酒(大さじ1)・しょうが(4cm)を揉み込んでおきます• 2水・中華だし・醤油・酒・オイスターソースを混ぜ合わせておきます• 3フライパンにサラダ油としょうがを入れて香りが出るまで熱し、豚肉を色が変わるまで炒めます• 4中華野菜ミックスとザク切りにした白菜を加えて、満遍なく油を回すように炒めます• 600g入って500円前後と、美味しいのに1g1円もしない衝撃的に安い食材です。 この煮豚は丼にするには多少固さがありますので、鍋でトロトロに煮て更に柔らかくするのがおすすめです。 角煮丼の材料(4人分)• やわらか煮豚・・・1本• 青梗菜・・・適量 角煮丼の作り方• 1やわらか煮豚を一口大に切ります• 2鍋に切ったやわらか煮豚と袋に余っているタレを入れて、好みの柔らかさになるまで弱火でコトコト煮ます• 3ご飯をよそった丼に、軽く茹でた青梗菜とやわらか煮豚を盛り付けタレをかけたらできあがり 業務スーパーには、実は安くて美味しいお米もたくさんあります。 今回ご紹介した丼レシピを、業務スーパーのお米と共に作るのはいかがでしょうか。 こちらの記事には、国産米から変わり種まで業務スーパーで扱っている7種類のお米が詳しく載っています。 是非選ぶ際の参考にしてください。 業務スーパーの冷凍むきあさりは、500gも入って400円ほどです。 その上とてもヘルシーな食材で、主婦の強い味方です。 白ワインが無い場合は、料理酒を代わりに使っても美味しく出来上がります。 ボンゴレビアンコの材料• 冷凍むきあさり・・・200g• パスタ・・・320g• にんにく・・・一片• 白ワイン・・・100cc• バター・・・大さじ2• 醤油・・・小さじ1• パスタの茹で汁・・・100cc• オリーブオイル・・・大さじ2• 乾燥パセリ・・・適量• ブラックペッパー・・・適量 ボンゴレビアンコの作り方• 1フライパンにオリーブオイルと薄切りにしたにんにくを入れて、弱火で香りがでるまで炒めます• 2強火にしてあさりを入れて白ワインを加え、ひと混ぜしたら弱火にして蓋をし蒸し焼きにします• 3茹で汁とバターを加えてなじませたら、茹でたパスタを加えて和えます• 味付けされた肉がたっぷり500g入って400円弱という、節約主婦に嬉しい一品です。 濃厚なので野菜やうどんを足すだけでしっかりしたメインが出来上がります。 せっかくなので、本格的なプルコギにしてしまいましょう。 プルコギうどんの材料(4人分)• 冷凍プルコギ・・・1袋• もやし・・・1袋• にんじん・・・1本• 玉ねぎ・・・1個• にら・・・1束• うどん・・・4玉 プルコギうどんの作り方• 1にんじんは細切り、玉ねぎは薄切りにし、にらは4~5cm幅に切ります• 2冷凍プルコギは流水解凍しておきます• 3フライパンにごま油を熱し、にんじん・玉ねぎ・にら・もやしの順に炒めます• 4流水解凍したプルコギを加えて満遍なく炒め合わせます• こちらの商品は、特にごぼうを扱う上で面倒な下処理も千切りもしてくれているので便利です。 薄目ならメインディッシュの食材の味を邪魔をしませんし、濃い目なら良い酒のおつまみになる上に日持ちもします。 きんぴらの材料• 冷凍ごぼうにんじんミックス・・・200g• 酒・・・50cc• ごま油・・・大さじ1• 砂糖・・・大さじ1. 醤油・・・大さじ1• 白だし・・・大さじ0. みりん・・・大さじ2• 鷹の爪・・・1本• 白ごま・・・大さじ2 きんぴらの作り方• 1フライパンにごま油を熱し、冷凍ごぼうにんじんミックスを炒めます• 2冷凍ごぼうにんじんミックスが解凍され油がしっかりまわったら、酒を入れ絡めます• 3砂糖・醤油・白だし・みりんを入れて、煮汁が少なくなるまで水分を飛ばしながら炒めます• こちらのの餃子の皮は、安いだけでなくパリッと焼けるということでリピーターの多い商品です。 すぐ出来るのでおやつにするも良し、酒のおつまみにしても絶品です。 ホームパーティーでお酒と共に出すのもおすすめです。 テリヤキチキン風ピザの材料(10個分)• 焼き鳥缶・・・3缶• 餃子の皮・・・10枚• コーン缶・・・1缶• ピザ用チーズ・・・適量• マヨネーズ・・・大さじ1. 刻み海苔・・・適量 テリヤキチキン風ピザの作り方• 1餃子の皮に、薄切りにした玉ねぎ・焼き鳥(タレごと)・マヨネーズ・コーン・チーズの順番に乗せていきます• 2トースターで3~5分焼いて、お好みで刻み海苔をかければ出来上がり 業務スーパーの美味しくて安い食材を使ったレシピで楽しい節約ライフを! 今回は食材として使いやすい冷凍野菜や既に出来上がっている商品の中で、評判の良いものを中心にご紹介しました。 活用すれば毎日のメインディッシュや酒のおつまみ、子供のおやつまで事足ります。 業務スーパーには、今回ご紹介したもの以外にもまだまだ色んな商品があります。 様々に使い分けて楽しみましょう。

次の