富山 デカ盛り。 北陸のデカ盛り有名店「北野食堂」2ndインパクト by.チーム激安王

島田食堂(富山市)【デカ盛り】富山県を代表するメガ盛り大繁盛店で超特大盛オムライス【大食い】

富山 デカ盛り

氷見うどん・手打ちそば 深味 店内にはずらりとデカ盛りメニューが並びます。 やはりここは深味名物カレーうどんにしてみますか。 お、なんか『忍者カレーうどん』ってのもあるぞ。 面白いからそれにしてみよう。 ぼく「忍者カレーうどんお願いします」 お姉さん「忍者は何にされますか?」 ぼく「 えっ!?何忍者??? 」 ・・・・・・・ ぼく「じゃあ…… い、伊賀忍者で・・・」 と言おうとしてよくよくメニューを見ると、『忍者焼豚カレーうどん』や『忍者カツカレーうどん』など、トッピングが選べるっぽい。 あ、ああ、知ってたよ・・・知ってたでござるよ、ニンニン。 ということで忍者焼豚カレーうどんにしました。 さすが名物というだけのことはあります。 太くてガッチリとしたコシが楽しめます。 スープが絡んだ麺をガシガシっと噛み砕いて飲み込むと、舌触りも味も喉越しも楽しめるというもの。 ほろほろっと柔らかく、よく味が染み込んでいます。 酸味を感じるちょっと個性的な焼豚でした。 はい、ご飯です。 そう、忍者とはスープの下にご飯が隠されているということなのです。 咖喱遁の術 これが結構ご飯の量が多くて、茶碗1杯分は入ってる感じです。 ご飯をカレーうどんに入れたりカレーうどんのスープをご飯にかけたりすると、なんとなく行儀悪な感じがしますがこれなら気兼ねなく両方いただくことが出来ますね。 ちょっとしたことかもしれないけどなかなか秀逸なアイデアだと思いました。 はい、ではごちそうさまでした。 だが、これで終われない もう一つの名物を食べずして、果たして皆さんは納得するでしょうか。 普通に食べるとものすごく食べにくいので、このお皿に移しつつ食べるのじゃぞ。 エビ天2本 穴子 イカ キス しそ 白えびのかき揚げ天 なんと6種類! エビ・アナゴ・白えびなんかはどれもが主役級だし、さらにイカやキスやしそまで入った豪華絢爛さ。 これで税込み1,000円って利益あるのん? 衣に味がついているので「これならどれだけでも食えるわ」とばかりに勢いよく食べるおっさんでしたが、やはり3分の2あたりで苦しくなってきました。 量がというより、やはり揚げ物ばかりというのが辛い。 特に白えびのかき揚げ。 厚みぱねえ。 シロエビのかき揚げは富山でもなかなか贅沢な逸品でありますが、こいつが揚げ物耐性ゲージをごっそり持っていきやがる。 これだけの量の揚げ物を食べることも、この量の揚げ物をこの短時間で食べることも普段ないので最後のあたりはかなり頑張りました。 名峰の険しいクレバスから垣間見えるは、これぞまさに黄金のオアシス。 食べるタイミングを十分に計算し、舌直しに役立てよう。 どうもごちそうさまでした。 エビのしっぽは残す派 この後、胃にもたれたりすることはなかったですが、食べてる最後のあたりがかなりきつかったです。 まとめ このボリュームと質で1,000円は本当に凄いと思います。 個人的にはほどほどのボリュームでいいかなと思いましたが、シティーボーイの皆さんはぜひ豊富なデカ盛りメニューを試していっていただきたいと思います。 白いカレーうどんがめっちゃ気になるううう~ 深味 住所:富山県富山市大町166-4 電話:076-422-9222 営業時間 平日 11:30~14:30 L. 14:00 17:30~21:30 L. 15:00 17:00~21:30 L. 21:00 定休日:水曜日.

次の

島田食堂(富山市)【デカ盛り】富山県を代表するメガ盛り大繁盛店で超特大盛オムライス【大食い】

富山 デカ盛り

個性的なメンバーたちの紹介 それでは今回、北野食堂へと馳せ参じた屈強な7人の侍たちをご紹介しましょう。 第一の侍. ズバさん チーム激安王チャレンジに今回初参加となる金沢在住ズバさん。 彼はぷよぷよとB級グルメをこよなく愛するナイスガイですが、その物静かなたたずまいの奥には情熱の滝が流れていて、ときおりその水をせき止めていたダムが決壊するのです。 ちょっとローソン行ってくる。 画像引用: その勢いはローソンに留まらずセブンやファミマ、さらには他方にまで及んでいます。 画像は割愛 ちょっとセブンイレブン行ってくる。 その番組の中で、なんと我らのズバさんがインタビューを受けているではありませんか。 明らかにパン屋とは直接関係のない部分まで放映されちゃってますが、その気持よく分かります。 これほどユニークな人についスポットを当てたくなったテレビ局のスタッフを誰が責められましょうか。 豪快な行動力かつ孤独に戦う男、それがズバさんであります。 では、次にご紹介する侍は・・・ こちら、いつもの面々!! ではちょうど席が空いたようなので中へ突入していきましょう。 トラディショナルかつヴィンテージ風な店内に、タマイさんのブチャラティテイストなファッションが映えます。 なじみの食堂メニューがずらり。 今回は前回と違って食べるメニューをくじ引きで決めるようなことはぜず、各々好きなものを注文していきます。 右上にある『カツ皿』がなぜかカツ丼より高いのが気になりますが、カツのせもなかなかアツそうです。 なんなら無限に乗せていくことも可能で、「わしゃ一度死ぬほどカツが食べたかったんじゃあああ」という人にはたまらないトッピングといえるのではないでしょうか。 さっそく瓶ビールで腹を膨らましにかかる、元祖テラめしファイター見習いT井さん。 以前ゴールドカレーで2kgのチャレンジカレーを目の前にした時は「これ全然いけますよ!」と頼もしいコメントをいただいた後に、情勢が厳しくなるや 「これご飯の量多くないですかあ?」と店員さんに疑惑の目を向けたT井さん。 またあるときは、皆でサガミのざるそば食べ放題に行くというのに「腹が減ってたから」と、待ち合わせのゲーセンの食堂でこっそりざるうどんを食べていたT井さん。 ざるそばの食べ放題は皆の半分の量で撃沈していました。 そんなT井さんが今回、これからデカ盛りの食事をするというのに、ビールやかまぼこをやっつけてことに一抹の不安を感じないでもないですが、なあに、これはピンチと見せかけて逆転するヒーローよろしく彼一流の演出に違いありません。 あるのん カツ丼大 900円 そうへ 天丼大 920円 MASA ラーメン大 730円 タマイ カツカレー大 1,000円 ズバ オムライス大 920円 T井 親子丼大 930円 とるきち カツ定食大 1,400円 荘厳なる食事風景 ガツガツガツガツ・・・ しばし無言で食べ続ける7人の侍たち。 「絶対に残すわけにはいかない」 その決死たる思いが、日々の仕事からは見られようもない真剣な眼にさせるのです。 丼ものの攻略 丼ものは具が多く、そのまま食べるとしばらくご飯にたどりつけないので、具を蓋にいっぱい乗せていきましょう。 丼もののご飯はかなり汁でひったひたになっていて、出汁の味が濃いので食べ飽きにくくはなっていますが、最初に具を多く食べすぎてしまうと、後半にご飯が大量に残り苦労することになるので注意が必要です。 カツカレーの攻略 カツカレーは飯率が高いので普通に食べるとルーが足りなくなってしまいます。 しかし北野食堂ではカレールーのおかわりが無料でできるので、これはぜひ活用していきましょう。 どこでピット・インするかの判断が明暗を分けると行っても過言ではありません。 オムライスの攻略 オムライスの中はチキンライスではなく、チャーハンになっています。 なぜチキンライスでないのかはわかりませんが、どっちにしても飽きとの厳しい戦いになることが予想されます。 ケチャップをどう取り入れていくかが生死の分かれ目になりそうですね。 カツ定食の攻略 2枚のとんかつはソースとケチャップの合わせダレでいただきます。 この飯の盛り。 ご飯だけ残ると超悲惨なので、とんかつとご飯の食べる配分には最新の注意を払いたいところ。 ちなみに野菜をいつ食べるかもなかなか重要です。 最初に食べて血糖値を下げにかかるか、最後に食べてデザートにするか、それとも食べ飽きないよう味変狙いで少しずつ食べるか、あなたのデカ盛り哲学のセンスが問われるところといえるでしょう。 新たなる刺客 あ、それ大盛りで! あるのん まさかT井さんほどの人が普通盛りを頼むはずがないので、きっといい忘れたのだろうと忖度しました。 これにもしご飯をつけようものなら、摂取する炭水化物量はとてつもないことになることでしょう。 皆それぞれに取り分けていきながら「ああ、この焼きそばおいしいなー」という声があちこちから聞こえてきます。 そう、彼一人を除いては・・・ ん? 心なしかT井さんの表情がちょっと辛そうです。 半分ほど残したまま、ついにT井さんの箸が止まってしまいました。 もしかしてどこか体調が悪いのかな・・・いやいや、きっと理論上もっとも胃に負担をかけない食べ方を実践しているとか、きっとそんな感じなのでしょう。 これ、ぜったい前と違いますよ! いや、こっちがびっくりっすわ・・・ この男、 まーたお店のせいにしよった。 紆余曲折は経たもののこの後はなんとか全員食べきって、無事レジ横の飴ちゃんにありつくことができたのでした。 この後はT井さん詫びの品・・・ではなく、タイからの一時帰国だったT井さんからお土産をいただきました。 タイ・・・・・!? もはや別腹すら厳しい我々なのでその場では食べられませんでしたが、これはきっと「もっと精進せいよ」というT井さんの無言のメッセージと受け取り、お土産としてありがたく頂戴いたしました。 きっとT井さんならば、タイでより大いなるデカ盛りの修行を修めてこられるに違いありません。 次回の帰国を心待ちにしていますよ。

次の

『【デカ盛り】富山県を代表するメガ盛り大繁盛店で超特大盛オムライス【大食い】島田食堂(富山市): デカ盛りとご当地グルメ食べ歩きブログ』by ナツメグ : 島田食堂

富山 デカ盛り

氷見うどん・手打ちそば 深味 店内にはずらりとデカ盛りメニューが並びます。 やはりここは深味名物カレーうどんにしてみますか。 お、なんか『忍者カレーうどん』ってのもあるぞ。 面白いからそれにしてみよう。 ぼく「忍者カレーうどんお願いします」 お姉さん「忍者は何にされますか?」 ぼく「 えっ!?何忍者??? 」 ・・・・・・・ ぼく「じゃあ…… い、伊賀忍者で・・・」 と言おうとしてよくよくメニューを見ると、『忍者焼豚カレーうどん』や『忍者カツカレーうどん』など、トッピングが選べるっぽい。 あ、ああ、知ってたよ・・・知ってたでござるよ、ニンニン。 ということで忍者焼豚カレーうどんにしました。 さすが名物というだけのことはあります。 太くてガッチリとしたコシが楽しめます。 スープが絡んだ麺をガシガシっと噛み砕いて飲み込むと、舌触りも味も喉越しも楽しめるというもの。 ほろほろっと柔らかく、よく味が染み込んでいます。 酸味を感じるちょっと個性的な焼豚でした。 はい、ご飯です。 そう、忍者とはスープの下にご飯が隠されているということなのです。 咖喱遁の術 これが結構ご飯の量が多くて、茶碗1杯分は入ってる感じです。 ご飯をカレーうどんに入れたりカレーうどんのスープをご飯にかけたりすると、なんとなく行儀悪な感じがしますがこれなら気兼ねなく両方いただくことが出来ますね。 ちょっとしたことかもしれないけどなかなか秀逸なアイデアだと思いました。 はい、ではごちそうさまでした。 だが、これで終われない もう一つの名物を食べずして、果たして皆さんは納得するでしょうか。 普通に食べるとものすごく食べにくいので、このお皿に移しつつ食べるのじゃぞ。 エビ天2本 穴子 イカ キス しそ 白えびのかき揚げ天 なんと6種類! エビ・アナゴ・白えびなんかはどれもが主役級だし、さらにイカやキスやしそまで入った豪華絢爛さ。 これで税込み1,000円って利益あるのん? 衣に味がついているので「これならどれだけでも食えるわ」とばかりに勢いよく食べるおっさんでしたが、やはり3分の2あたりで苦しくなってきました。 量がというより、やはり揚げ物ばかりというのが辛い。 特に白えびのかき揚げ。 厚みぱねえ。 シロエビのかき揚げは富山でもなかなか贅沢な逸品でありますが、こいつが揚げ物耐性ゲージをごっそり持っていきやがる。 これだけの量の揚げ物を食べることも、この量の揚げ物をこの短時間で食べることも普段ないので最後のあたりはかなり頑張りました。 名峰の険しいクレバスから垣間見えるは、これぞまさに黄金のオアシス。 食べるタイミングを十分に計算し、舌直しに役立てよう。 どうもごちそうさまでした。 エビのしっぽは残す派 この後、胃にもたれたりすることはなかったですが、食べてる最後のあたりがかなりきつかったです。 まとめ このボリュームと質で1,000円は本当に凄いと思います。 個人的にはほどほどのボリュームでいいかなと思いましたが、シティーボーイの皆さんはぜひ豊富なデカ盛りメニューを試していっていただきたいと思います。 白いカレーうどんがめっちゃ気になるううう~ 深味 住所:富山県富山市大町166-4 電話:076-422-9222 営業時間 平日 11:30~14:30 L. 14:00 17:30~21:30 L. 15:00 17:00~21:30 L. 21:00 定休日:水曜日.

次の