ノン フィクション マキ。 ノン・フィクション (Ne

お決まりの「この物語は、ノンフィクション。。」

ノン フィクション マキ

5月1日のザノンフィクションにマキさんと ジョンさん夫婦が登場しますね。 何といってもオカマとオナベの 夫婦なのですから(^^;) 普通オカマだったら男性を好きに なるしオナベだったら女性を好きに なりますよね。 マキさんとジョンさん、本当に不思議 なカップルです。 ザノンフィクションではこの夫婦を シリーズで放送してきています。 前回まで見ていましたが、まあ~ とにかく喧嘩の多いこと(笑) 特に印象に残ってるのは生活費が 苦しいのにマキさんが「宝くじ」 で勝負しようとしたこと。 まだパチンコならわかる気がするけど 宝くじで一発逆転人生を狙うなんて 世の中そんな甘くはないですぞ! そんなマキさんとジョンさんについて 語りたいと思います。 スポンサーリンク マキさんとジョンさんの過去、そして結婚 さてオカマの旦那、マキさんは57歳。 もうすぐ還暦なんですね(^^;) マキさんの兄弟は姉と妹に囲まれて 育っていて、そんな環境もあってか 幼少の頃からどうしても女性には興味が なかったようですね。 なので恋をするのは必ず男性・・ それでも若いころはとても可愛くて 綺麗だったマキさん。 若いころは六本木の高級クラブで 働いた時期もあったマキさんは、 人気のあるニューハーフだった そうですよ! 一方の嫁?ジョンさんは現在63歳。 本名は佳枝さんと言います。 ジョンさんも若い頃は「男装の麗人」 で同性愛者にとても人気があったんだとか。 ジョンさんの仕事ですが以前は 派遣社員だったのですが、派遣って 派遣切りもあるし安定してない ですよね(^^;) なので還暦を手前にして介護ヘルパー の国家資格を取り介護職で生計を立てる 事に。 でも介護の仕事って肉体労働の割に 給料って安いですからね・・ その2人が結婚して早20年。 喧嘩ばかり しながらよくここまできたって感じです。 マキさんとジョンさんの仕事、生活苦なのにサマージャンボ? 前回は2年前にザノンフィクションに 登場した2人。 介護ヘルパーで働くジョンさんでし たが、この時マキさんは失業して無職。 先輩を頼って東京へ出稼ぎなんて 行ったりしてたけど腰痛で仕事が デキない状態に・・ 結局、ジョンさんのいる群馬県前橋市 に戻るマキさんですが、 マキさんは当然、無収入ですから、 介護ヘルパーのジョンさんを頼る しかないですよね。 そこでまた2人は喧嘩、喧嘩、喧嘩・・ まあ仲が良いほど喧嘩するっていいます から(笑) そして、マキさんはこの生活苦を 変えようと大きな勝負に出るのです! その勝負とは「サマージャンボ宝くじ」 へ?と思っちゃいますよね(笑) 生活苦の中、宝くじを買おうとするマキ さんとジョンさんはまた喧嘩(^^;) マキさんの宝くじに対する熱意も結局、 ジョンさんの方が折れ、マキさんは 宝くじを購入します。 そしてその結果は・・・見事に外れ。 まあ~そうなるでしょうね。 その後は仕事に就こうとハローワーク に通うマキさん。 希望するのは塾の講師だっていうから 驚きましたね(^^;) スポンサーリンク.

次の

里永りか(パリオンガールpartyongirl)がノンフィクションに!自殺した母やインスタ、プレイボーイ掲載情報も!

ノン フィクション マキ

里永りかプロフィール!パリオンガール(partyongirl)って? 里永りかさんは 1996年3月23日生まれの22才。 キュートな顔と、 魅力的でバランスの取れた体に 思わず見とれてしまうわね~。 こんなかわいい子に悩みなんて…とか 思わず思ってしまうけれど、 実は 母親が自殺したという過去を 背負って生きてこられていたとのこと。 多感な思春期の頃に 自死で母親を失ってしまう… 切ないわね。 そんな里永りかさん、 今は六本木で働いているという話だけれど、 調べてみると 「パリオンガール(partyongirl)」として 活動されているみたい。 この パリオンガール(partyongirl)とは 六本木にある 日本初のboxdisco型クラブ 「Party on」で踊る女の子たちのこと。 boxdiscoなるものがまた良くわからいので 調べてみたところ… ライブ演奏からダンサーによるショー、 クラブとラウンジを複合させた スーパーハイブリッドタイプの新感覚クラブ。 (中略) 既に日本には多くの演奏に特化したライブハウス、 ダンスやパフォーマンスに特化したバーレスク東京や ロボットレストラン、 日本全国多くに点在するクラブやラウンジ。 里永りかがノンフィクションに!自殺した母親は? そんな六本木の新名所 「party on」で パリオンガール(party on girl)として 活躍する人気ダンサー・ 里永りえさん。 先日 「バーレスク東京」で行われた ハロウィンクイーンコンテストでも ぶっちぎりで一位になっていたみたいね。 しかも、りかさんは幼いころから 自殺しようとする母を止めるのが 日常になっていたというわね。 お母さんは六本木では有名な人だったみたい。 2018年2月5日にはインスタグラムで こんな投稿をされている里永りかさん。 お母さんが亡くなって今日で6年が経ちました 15年間2人きりで生きて、 たくさんの人に愛されて、 思いっきりキラキラしてる人生を間近で見ていて、 こうなりたいと思ったことは一度もなかったけど 笑 やっぱり似た人生を歩んでいます ちなみにこの頃の記憶は、 お母さんがアンジェリーナジョリーになりたいと言いだし、 唇にヒアルロン酸を入れてお化けみたいな顔で帰ってきて、 今日から私をアンジーと呼びなさいと言われ、 1ヶ月くらいアンジーと呼ばされていたことのみです あーめん。 instagram. 何もかも持っておられそうなのに 「死にたい」とずっと考えておられた 里永りかさんのお母さん… 人間って外から分かることって 本当に少ないものなのね。 母娘の葛藤を抱えながら それでも仲良く二人で生きてこられた 様子が伺える里永りかさんとお母さま。 自分が傍にいなかったから…と 母親の自殺に責任を感じる里永りかさんが 「ザ・ノンフィクション」では 離れて暮らす 父親に会うため神戸に行き、 そこである事実を告げられ、 涙を流す…となっているわね。 「ある事実」が気にところ。 母のお墓がある 島根にも向かった 里永りかさんは、 そこで彼女を心配する 祖母とも会う模様。 お母さんの実家が島根だったのかしらね。 そこで、りかさんが取る行動も 気になるわね~。 過去に苦しんで悩んできた里永りかさん。 でも、今のりかさんを見ると 乗り越えて輝きを増しておられる感じ。

次の

ノンフィクション

ノン フィクション マキ

里永りかプロフィール!パリオンガール(partyongirl)って? 里永りかさんは 1996年3月23日生まれの22才。 キュートな顔と、 魅力的でバランスの取れた体に 思わず見とれてしまうわね~。 こんなかわいい子に悩みなんて…とか 思わず思ってしまうけれど、 実は 母親が自殺したという過去を 背負って生きてこられていたとのこと。 多感な思春期の頃に 自死で母親を失ってしまう… 切ないわね。 そんな里永りかさん、 今は六本木で働いているという話だけれど、 調べてみると 「パリオンガール(partyongirl)」として 活動されているみたい。 この パリオンガール(partyongirl)とは 六本木にある 日本初のboxdisco型クラブ 「Party on」で踊る女の子たちのこと。 boxdiscoなるものがまた良くわからいので 調べてみたところ… ライブ演奏からダンサーによるショー、 クラブとラウンジを複合させた スーパーハイブリッドタイプの新感覚クラブ。 (中略) 既に日本には多くの演奏に特化したライブハウス、 ダンスやパフォーマンスに特化したバーレスク東京や ロボットレストラン、 日本全国多くに点在するクラブやラウンジ。 里永りかがノンフィクションに!自殺した母親は? そんな六本木の新名所 「party on」で パリオンガール(party on girl)として 活躍する人気ダンサー・ 里永りえさん。 先日 「バーレスク東京」で行われた ハロウィンクイーンコンテストでも ぶっちぎりで一位になっていたみたいね。 しかも、りかさんは幼いころから 自殺しようとする母を止めるのが 日常になっていたというわね。 お母さんは六本木では有名な人だったみたい。 2018年2月5日にはインスタグラムで こんな投稿をされている里永りかさん。 お母さんが亡くなって今日で6年が経ちました 15年間2人きりで生きて、 たくさんの人に愛されて、 思いっきりキラキラしてる人生を間近で見ていて、 こうなりたいと思ったことは一度もなかったけど 笑 やっぱり似た人生を歩んでいます ちなみにこの頃の記憶は、 お母さんがアンジェリーナジョリーになりたいと言いだし、 唇にヒアルロン酸を入れてお化けみたいな顔で帰ってきて、 今日から私をアンジーと呼びなさいと言われ、 1ヶ月くらいアンジーと呼ばされていたことのみです あーめん。 instagram. 何もかも持っておられそうなのに 「死にたい」とずっと考えておられた 里永りかさんのお母さん… 人間って外から分かることって 本当に少ないものなのね。 母娘の葛藤を抱えながら それでも仲良く二人で生きてこられた 様子が伺える里永りかさんとお母さま。 自分が傍にいなかったから…と 母親の自殺に責任を感じる里永りかさんが 「ザ・ノンフィクション」では 離れて暮らす 父親に会うため神戸に行き、 そこである事実を告げられ、 涙を流す…となっているわね。 「ある事実」が気にところ。 母のお墓がある 島根にも向かった 里永りかさんは、 そこで彼女を心配する 祖母とも会う模様。 お母さんの実家が島根だったのかしらね。 そこで、りかさんが取る行動も 気になるわね~。 過去に苦しんで悩んできた里永りかさん。 でも、今のりかさんを見ると 乗り越えて輝きを増しておられる感じ。

次の