イチジク酵素。 いちじく酵素シロップの作り方|酵素ドリンクでやせる!美肌になる!健康になる!

いちじくの効能と栄養|乾燥イチジクは栄養が凝縮!

イチジク酵素

無花果 イチジク の歴史は? 「イチジク」は、クワ科イチジク属の落葉高木で、その果実のことを言います。 原産地はアラビア南部。 13世紀ころにペルシャを介して、インド、中国へと伝わったと言われています。 「イチジク」が日本に伝来したのは1591年に長崎県天草に縁のある神父が、ポルトガルのリスボンから伝えたとされ、天草は日本でのイチジク発祥の地とされています。 伝来当時の日本では、はじめは 「唐柿(からがき)」、 「南蛮柿(なんばんかき)」、 「唐枇杷(とうびわ)」などと呼ばれていました。 その後、中国から 「無花果」という漢字が伝わり、日本語ではこれに「イチジク」という熟語訓を与えています。 ちなみに、「無花果」とは、花を咲かせずに実をつけるように見えることに由来しています。 日本に伝来した当初は、薬樹としてもたらされたと言うが、やがて、果実を生食して甘味を楽しむようになり、 挿し木で容易に増やせることも手伝って、手間のかからない果樹として、家庭の庭などに広く植えられるに至っている。 無花果 イチジク には花が咲く? 「無花果」とは、花の無い果実という意味で、実際にイチジクの木の枝に花らしい花が咲く事はありませんが、 もちろん花はあるんです! でも、花は実の中に隠れて咲くという変った仕組みになってます。 イチジクの実をよく見ると、内側に空洞のある袋状になっていて、この内側に小さな花がたくさん並んでいるのです。 ただし、花と言っても、花びらはなく、花とは思えない姿をしています。 これは 「隠頭花序(いんとうかじょ)」と呼ばれています。 禁断の果実と呼ばれる理由とは? 禁断の果実と言えば、「旧約聖書」の創世紀に記された「アダムとイブ」の神話です。 神から「食べてはいけない」と言われた禁断の果実を口にしたことで、エデンの園から追放されます。 この禁断の果実とは、「リンゴ」とされていますが、創世紀には「果実」とあるだけで、リンゴとは書かれていないそうです。 一方で、アダムとイブが果実を食べた後に、イチジクの葉で裸を隠したことから、 キリスト教徒や聖職者の間では、「禁断の果実=イチジク」と考えられています。 リンゴはギリシャ神話で魅惑の象徴とされているため、間違った説が広められたようです。 イチジクの効能は? イチジクは 「不老不死の果実」といわれる程、実も葉も薬効と栄養価が高い果物です。 その他にも、食物繊維のペクチンを含んでいるため、腸の働きを活性化するとか、酵素が含まれているので、 飲酒後に食べると二日酔いになりにくいとか、消炎、酸化防止、動脈硬化予防など、その効果は絶大です。 まとめ 良く熟したイチジクは、その実を1日に2~3個食べれば、効能が得られると言いますが、 未熟な実を食べると、効果がないどころか、毒性もあり、胃が痛んだり、食欲をなくしたりすることがあるので気を付けるべしと言います。 人間の成長も、「無花果」の成長も、どこか共通点がると思いませんか? 気を付けましょう!.

次の

イチジクの葉(果物)効能と効果-摂取方法

イチジク酵素

30代以上になり、生理が安定していない 妊活中、生理不順、生理痛がひどくて困っている 更年期障害の方 毛深くて困っている 肌荒れしている 女性ホルモンが減ってきた、毛が濃くなるなどオス化の原因は、女性パワーの低下にあります。 ストレスや喫煙、 不規則な食生活などが原因で、女性パワーが低下してしまうケースが増えています。 女性パワーが低下をサポートする成分としては、イチヂク(いちじく)、プラセンタ、高麗人参 などがあります。 特に高麗人参は女性らしさをサポートする成分として漢方でも認められており、イチヂク(いちじく)よりもパワーがあると言われています。 そんな高麗人参を何種類も手軽に摂れる「七宝美人」というサプリメントもとても人気があります。 「」で詳しく見れますので参考になさってください。 女性らしさをサポートする イチジク(いちじく)には主に6つの成分が含まれています。 年齢を重ねた女性に欠かせない 栄養素が豊富に含まれています。 フューチャーラボ いちじく酵素(いちじくこうそ)に使用されている イチヂク(いちぢく)は 糖度が高く美味しさに定評のある、 博多でしか取れないブランドの イチヂク(いちじく)を使用しています。 ミネラルが豊富で低カロリーな沖縄産純黒糖を使用しています。 フューチャーラボ いちじく酵素(いちじくこうそ)には 保存料、着色料など、余分なものは一切使用しておりません。 イチヂク(いちぢく)のチカラでツルスベお肌がゲットできます フューチャーラボ いちじく酵素 ノースリーブの服やタンクトップなど 夏は肌を露出する服装が多くなります。 こんな時に気になるのが、 脇の下や膝下のムダ毛のチクチクした部分です。 また口周りのウブ毛が濃くなるのも気になりますね。 これは女性パワーの低下が影響しています。 この女性パワーの源である成分が 思春期の頃から少しづつ分泌されるようになり 更年期を迎えるくらい前まで分泌され続け 女性の心や体をサポートしてくれます。 しかし、更年期前であっても、 ストレスや喫煙、不規則な生活や食生活などが原因で 女性パワーが低下して 「オス化」が進み体内でバランスを崩し、 ムダ毛が男性のように濃くなってしまうことも起きるのです。 そんな女性の悩みから救ってくれるのが フューチャーラボの 「いちじく酵素(いちじくこうそ)」です。 この「いちじく酵素(いちじくこうそ)」には、 いちじくの女性の健康と美容をサポートする 6つの成分が含まれています。 女性パワーを増やす指令を出す「植物性エストロゲン」 活性酸素を取り除き肌トラブルから守ってくれる「ポリフェノール」 腸内環境を整えてくれる「ペクチン」 胃腸の負担を軽くし消化不良を防ぐ「フィシン」 ミネラルの一種で摂りすぎた塩分を輩出し浮腫みを解消する「カリウム」 体調を改善し健康を支える「ビタミンやミネラル、鉄」 などの成分を含むスーパーフードの イチヂク(いちぢく)を発酵させて ギュッと濃縮したのが「いちじく酵素」です。 フューチャーラボ イチジク酵素(いちじくこうそ)を 体内に取り入れることにより 女性バワーをアップさせることができます。 また、年齢とともに減少するのは女性パワーだけでなく、 体内酵素も減少していきます。 体内酵素は、食物の消化や吸収をサポートするだけでなく 脂肪の代謝を助ける働きもある大切な栄養素です。 イチジク酵素(いちじくこうそ)は ブランドいちじく「博多とよみつひめ」と 拘りの沖縄県産黒糖を独自の製法でぎゅっと濃縮させています。 フューチャーラボ(ふゅーちゃーらぼ) イチジク酵素(いちじくこうそ)は 保存料や着色料、合成香料や人口甘味料や保存料は一切使用していません。 貴女も「イチジク酵素(いちじくこうそ)」で、女性パワーをアップさせてツルツル肌を取り戻してみませんか。 フューチャーラボ いちじく酵素 特徴 FUTURA LABO いちじく酵素(いちじくこうそ)は 博多の契約農家の厳選いちじく 「博多とよみつひめ」と沖縄産の純黒糖でできています。 このいちじく酵素は、次の症状にお悩みの方に適しています。 1、30代以上の方 2、妊活中、生理不順、生理痛がひどくて困っている方 3、更年期障害の方 4、毛深くて困っている方 5、肌荒れしている方 いちじく酵素(いちじくこうそ)サプリメントの特徴は、イチヂク(いちぢく)の成分ぎっしり。 イチヂク(いちぢく)には女性にとって必要不可欠な美の栄養素が豊富に 含まれていることです。 主成分のイチヂク(いちぢく)に含まれる6つの成分をご紹介します。 1、植物性エストロゲン 加齢に伴い女性ホルモンの一種であるエストロゲンが減少します。 エストロゲンが不足すると生理不順や不妊になりやすくなり、 また更年期以降は骨粗しょう症や動脈硬化につながります。 2、ポリフェノール イチヂク(いちぢく)に含まれるポリフェノールには抗酸化力があり、肌荒れやしわの原因となる活性酸素を 除去してくれます。 また、血液をさらさらにし、高血圧の予防やアンチエイジング効果があります。 3、ペクチン イチヂク(いちぢく)は水溶性食物繊維で、コレステロールや血糖値の上昇を抑えてくれたり、 腸内のバランスを整えて便秘や下痢を改善したり、疲労回復効果も期待できます。 4、カリウム イチヂク(いちぢく)のカリウムには体内のナトリウムの排出を促して血圧を下げる効果があります。 また、体のむくみを取ってくれます。 5、ビタミンとミネラル(カルシウム、カリウム、マグネシウムなど) イチヂク(いちぢく)には女性に必要なビタミンとミネラルが豊富です。 特にミネラルが不足すると、骨がもろくなったり、肌荒れや冷え、薄毛、貧血、 生理不順や生理痛の悪化の原因となります。 いちじく酵素(いちじくこうそ)は、 生のいちじくと比較すると、実に鉄分が7倍、 カルシウムが6倍、マグネシウムが5倍も多く含まれています。 黒糖にも、ミネラルやビタミンが多く、 肌荒れ改善、免疫力UP、整腸作用、 高血圧の予防、疲労回復などの効果が知られています。 いちじく酵素(いちじくこうそ)は、 イチヂク(いちぢく)の原液を そのままフレッシュパックしていますので、 最大限にこれらの栄養素を吸収することができます。 勿論、フューチャーラボ イチジク酵素(いちじくこうそ)には 保存料、着色料、合成香料、人口甘味料、食品添加物などは一切使われておらず、 自然食品に近いものとなっておりますので、安心して摂取していただけます。 フューチャーラボ イチジク酵素(いちじくこうそ)は 1日1回、1包5gを摂取するだけで手間もかかりません。 いちじく酵素をお試しいただくうちに、 体調が改善されて健康的な美肌へと 変っていくことが実感できるでしょう。 また、イチヂク(いちぢく)は 女性ホルモンのバランスを整えてくれますので、 男性化症状(体毛が濃くなる、ひげが生える、油っぽい体臭等) などの悩みも解消してくれるでしょう。

次の

チーズを固めるレンネット(凝乳酵素)

イチジク酵素

背景・目的 イチジクの樹液や植物体はタンパク質分解酵素を豊富に含み、古くから食肉軟化剤などに用いられてきました。 本研究では、他の品種のイチジクにもコラゲナーゼが含まれるかを調べるため、当研究所で栽培している様々な品種のイチジクのフィシンとコラゲナーゼの活性を比較しました。 Biosci. Bioeng. 118:622-627 2014 方法・結果 酵素活性測定の基質には、ペプチド様の合成基質MOCAc-KPLGL Dpa -ARを用いました 図1. この基質は、フィシン・コラゲナーゼ両方の基質となり、分解を受けると蛍光を発します。 そこで、分解に伴う蛍光強度変化の大きさを測定し、タンパク質分解活性と定義しました。 まず、国内の主要栽培品種である桝井ドーフィンの枝から抽出した粗酵素溶液について活性を測定しました。 ここで、酵素阻害剤の1種であるE-64の濃度を徐々に上げていくと、活性が減衰したものの、一定の活性が残存しました 図2. E-64はフィシンを阻害しコラゲナーゼを阻害しない性質を有することから、この残存活性がコラゲナーゼの活性と考えられました。 合成基質MOCAc-KPLGL Dpa -ARの構造式。 酵素によってペプチド結合(赤色三角形)のいずれかが切断されると、蛍光団と消光団が切り離され、蛍光を発する。 フィシン阻害剤E-64による桝井ドーフィン枝粗酵素溶液の阻害試験。 E-64非存在下の活性を1とした相対活性を示した。 E-64に阻害されず残存した活性がコラゲナーゼの活性と考えられた。 次に、当研究所の農場で収穫した23品種のイチジク枝の粗酵素溶液を調製し、E-64あり、E-64なしの各条件で活性を測定しました。 結果、いずれの品種においてもE-64による活性の減衰は確認されたものの、残存活性も確認されました。 このことから、23品種のイチジク枝すべてにコラゲナーゼが含まれることが示唆されました。 また、各品種のフィシン活性、コラゲナーゼ活性をプロットしたところ、両活性に相関は確認されませんでした 図3. 23品種のイチジク枝粗酵素溶液のフィシン活性とコラゲナーゼ活性の比較。 それぞれ最大の活性を示した品種を1とした場合の相対活性を示した。 各番号は表の品種名に対応。 今回の結果から、フィシンだけでなく、コラゲナーゼも幅広い品種のイチジクに含まれる酵素であることが示されました。 今後は、イチジク由来コラゲナーゼの特性をさらに詳しく調査し、食品加工分野での応用の可能性を追求します。

次の