くるぶし 青タン。 スイングマシーン

ぶつけてないのにあざが出来る

くるぶし 青タン

普段と同じように歩いていたら、ももやふくらはぎが痛くなって歩けなくなった。 しばらく休むと歩けるが、また痛くなった。 そんな症状がみられたら、閉塞性(へいそくせい)動脈硬化症の疑いがあります。 少し難しい病名ですが、「脚の血管にあらわれた動脈硬化」のことです。 はじめに紹介した症状は、「間歇性跛行(かんけつせいはこう)」といって、この病気の典型的な症状の一つ。 最初のうちは痛みも強くなく、少し休むと治まるので、一時的なものだろうと思いがちです。 脚にシップをしたり、マッサージをする人も多いのですが、この病気はによる血管の詰まりが原因なので、そうした方法ではなかなか改善されません。 動脈硬化を起こしやすい場所は、脚の付け根の近くと太もも、すねなどの血管です。 同時に数カ所というケースもあります。 やがて、歩いていないときでも痛みが出るようになります。 特に、中高年の男性に多くみられるので、40代半ばになったら注意が必要です。 では、もっと初期の症状はといえば、それは冷えです。 冷えというと女性の病気と思いがちですが、中高年の男性でも動脈硬化による冷えが起こります。 血管が詰まると血液の流れが悪くなり、温まりにくくなるのが原因です。 特に冬は、暖房をしていても足元がなんとなく寒く感じるので、冷えを自覚しやすい季節です。 反対に夏は、冷房に当たるとすぐに足元が冷たくなり、冷房が苦手になります。 今まで冷えを経験したことのない人が、こうした症状を感じたら要注意です。 また、歩いているときに、脚に軽いしびれを感じるケースもあり、この場合にも注意が必要です。 こうした症状がみられたら、一度受診してみましょう。 病院では、閉塞性動脈硬化症の診断には血圧比検査(ABI)が行われます。 健康な人では、脚の血圧のほうが高いのが普通です。 なお、間違えやすい病気として、腰部の脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)や糖尿病による神経障害があります。 歩いているときの痛みなど似た症状がみられますが、血圧比検査で区別できるので、自己診断せず受診することが大切です。 自覚症状がほとんどない場合でも血圧比検査によって診断できるので、おかしいと思ったら早めに受診してください。 9未満になると、動脈硬化が起こっている血管の太さ(内径)は、通常の2~3割程度になっています。 つまり、血管がかなり詰まっている状態だといえます。 脳卒中や心筋梗塞のリスクも高い 閉塞性動脈硬化症にはもう一つ、とても怖い面があります。 それはこの病気と診断された段階で、脚だけでなく、脳や心臓などの血管にも動脈硬化が及んでいることです。 つまり、脳卒中や心筋梗塞のリスクが高い状態になっているのです。 その割に病名があまり知られていないのは、閉塞性動脈硬化症そのものよりも、脳卒中や心筋梗塞などが原因で亡くなることが多いからです。 脚が痛いだけだと放置している間に、受診が遅れ、動脈硬化が進んでしまうのです。 そのときに全身の動脈硬化についても、検査を受けておくほうが安心だといえます。 また、閉塞性動脈硬化症と診断された人には、やを併発している人が少なくありません。 いずれも動脈硬化の要因となる病気です。 それだけに血圧や血糖値が高めの人は、閉塞性動脈硬化症にも充分に気をつけることが大切です。 予防は日ごろの運動から 動脈硬化は血管の老化ともいわれ、誰にでも起こります。 老化の速度は、人によってかなり違います。 日ごろから生活に気をつけ、動脈硬化になりにくくすることが、閉塞性動脈硬化症の予防につながります。 特に、この病気は脚に症状が出るため、脚の運動によって血液循環をよくすることが大切です。 病院では症状に応じて、薬(血流を改善する薬など)のほか、運動療法として医師の指導でウォーキングや自転車こぎなどが取り入れられます。 症状の改善や予防のためには、週に3回以上、30分~1時間程度のウォーキングがいいとされています。 歩くことは、高血圧や糖尿病の改善にもつながるので、ぜひ心がけましょう。 ただし、すでに歩くと痛む症状がでている場合には、まず検査を受け、医師の指導を受けてください。 病気が重症化している場合には、カテーテルで患部の血管を広げる手術や、人工血管に替える手術などが行われます。 この場合にも退院後は、ウォーキングなどの運動によって再発を防ぐことが重要です(退院後の運動については、医師の指導をきちんと守ってください)。 また、喫煙やストレスも、動脈硬化を促進する要因です。 タバコを控え、積極的に気分転換するなど、生活を見直すようにしましょう。

次の

治る早さが断然違う!打撲の4つの応急処置「RICE」を知っとこ

くるぶし 青タン

普段と同じように歩いていたら、ももやふくらはぎが痛くなって歩けなくなった。 しばらく休むと歩けるが、また痛くなった。 そんな症状がみられたら、閉塞性(へいそくせい)動脈硬化症の疑いがあります。 少し難しい病名ですが、「脚の血管にあらわれた動脈硬化」のことです。 はじめに紹介した症状は、「間歇性跛行(かんけつせいはこう)」といって、この病気の典型的な症状の一つ。 最初のうちは痛みも強くなく、少し休むと治まるので、一時的なものだろうと思いがちです。 脚にシップをしたり、マッサージをする人も多いのですが、この病気はによる血管の詰まりが原因なので、そうした方法ではなかなか改善されません。 動脈硬化を起こしやすい場所は、脚の付け根の近くと太もも、すねなどの血管です。 同時に数カ所というケースもあります。 やがて、歩いていないときでも痛みが出るようになります。 特に、中高年の男性に多くみられるので、40代半ばになったら注意が必要です。 では、もっと初期の症状はといえば、それは冷えです。 冷えというと女性の病気と思いがちですが、中高年の男性でも動脈硬化による冷えが起こります。 血管が詰まると血液の流れが悪くなり、温まりにくくなるのが原因です。 特に冬は、暖房をしていても足元がなんとなく寒く感じるので、冷えを自覚しやすい季節です。 反対に夏は、冷房に当たるとすぐに足元が冷たくなり、冷房が苦手になります。 今まで冷えを経験したことのない人が、こうした症状を感じたら要注意です。 また、歩いているときに、脚に軽いしびれを感じるケースもあり、この場合にも注意が必要です。 こうした症状がみられたら、一度受診してみましょう。 病院では、閉塞性動脈硬化症の診断には血圧比検査(ABI)が行われます。 健康な人では、脚の血圧のほうが高いのが普通です。 なお、間違えやすい病気として、腰部の脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)や糖尿病による神経障害があります。 歩いているときの痛みなど似た症状がみられますが、血圧比検査で区別できるので、自己診断せず受診することが大切です。 自覚症状がほとんどない場合でも血圧比検査によって診断できるので、おかしいと思ったら早めに受診してください。 9未満になると、動脈硬化が起こっている血管の太さ(内径)は、通常の2~3割程度になっています。 つまり、血管がかなり詰まっている状態だといえます。 脳卒中や心筋梗塞のリスクも高い 閉塞性動脈硬化症にはもう一つ、とても怖い面があります。 それはこの病気と診断された段階で、脚だけでなく、脳や心臓などの血管にも動脈硬化が及んでいることです。 つまり、脳卒中や心筋梗塞のリスクが高い状態になっているのです。 その割に病名があまり知られていないのは、閉塞性動脈硬化症そのものよりも、脳卒中や心筋梗塞などが原因で亡くなることが多いからです。 脚が痛いだけだと放置している間に、受診が遅れ、動脈硬化が進んでしまうのです。 そのときに全身の動脈硬化についても、検査を受けておくほうが安心だといえます。 また、閉塞性動脈硬化症と診断された人には、やを併発している人が少なくありません。 いずれも動脈硬化の要因となる病気です。 それだけに血圧や血糖値が高めの人は、閉塞性動脈硬化症にも充分に気をつけることが大切です。 予防は日ごろの運動から 動脈硬化は血管の老化ともいわれ、誰にでも起こります。 老化の速度は、人によってかなり違います。 日ごろから生活に気をつけ、動脈硬化になりにくくすることが、閉塞性動脈硬化症の予防につながります。 特に、この病気は脚に症状が出るため、脚の運動によって血液循環をよくすることが大切です。 病院では症状に応じて、薬(血流を改善する薬など)のほか、運動療法として医師の指導でウォーキングや自転車こぎなどが取り入れられます。 症状の改善や予防のためには、週に3回以上、30分~1時間程度のウォーキングがいいとされています。 歩くことは、高血圧や糖尿病の改善にもつながるので、ぜひ心がけましょう。 ただし、すでに歩くと痛む症状がでている場合には、まず検査を受け、医師の指導を受けてください。 病気が重症化している場合には、カテーテルで患部の血管を広げる手術や、人工血管に替える手術などが行われます。 この場合にも退院後は、ウォーキングなどの運動によって再発を防ぐことが重要です(退院後の運動については、医師の指導をきちんと守ってください)。 また、喫煙やストレスも、動脈硬化を促進する要因です。 タバコを控え、積極的に気分転換するなど、生活を見直すようにしましょう。

次の

歩くと脚が痛い...閉塞性動脈硬化症に要注意

くるぶし 青タン

そんな~!! セルライトを消す方法を教えて~! セルライトでお悩みの女性は多いです。 セルライトは太い体質、細い体質など体型は関係なくできてしまうのものです。 しかも! セルライトがひどくなると、自分でセルライトを消すのには限界があります。 そのため、セルライトが気になり始めたら早めの対策が必要です。 まずはセルライトができる原因を知って、あなたに当てはまる原因を取り除いていきましょう。 また、今はセルライトがない方も生活習慣によって、セルライトができやすい可能性があります。 セルライトができないためにも早めの対策が必要です。 そこで今回は、• セルライトとは• セルライトができる原因• セルライトは潰してはいけない!?• セルライトを消す方法を徹底紹介 について詳しくお伝えします。 スポンサーリンク セルライトとは 今、あなたの太ももの裏やお尻をぎゅっとつまんで見て下さい。 どうですか? 凸凹してこのようになっていませんか? これが 「セルライト」です。 セルライトとは、脂肪細胞が肥大化したもので、 一言でいうと 「脂肪の塊」です。 セルライトは、 筋肉が少なく、体の冷えている部分につきやすいのが特徴です。 そのため、体が太い細いに関係なく、 冷え性の女性の方にもセルライトは多くみられます。 冷え性などによって血液循環が悪くなると、水分や老廃物の排出がうまくいかず体内に溜め込んでしまいます。 そして、それが脂肪細胞の間に閉じ込められ、脂肪細胞と結びつくと肥大化していきます。 肥大化することでさらに血行が悪くなり、今度は肥大化した脂肪細胞同士でくっつきます。 これがセルライトのできる仕組みです。。 セルライトができた肌表面は凹凸になります。 セルライトは見た目に影響するだけではありません。 血液の流れが滞り、老廃物が外に出にくくなっている状態のため、体にもよくありません。 まとめ セルライトとは、脂肪細胞に、老廃物や水分がくっついて凸凹した塊になったもののこと。 セルライトが太ももの裏やお尻にできやすい理由 そもそもなぜ、セルライトがお尻や太ももにできやすいのでしょうか。 セルライトができる仕組みを見るとわかります。 そのため、血行不良でリンパの流れが滞りやすい太ももなど下半身、または脂肪が溜りやすく筋肉量が少ないお尻にセルライトができやすいのです。 長時間立ちっぱなしや座りっぱなしなど、同じ姿勢でいる方もセルライトには気を付けましょう。 重力によって老廃物や水分は太ももに溜まり、セルライトが起きてしまうことがあります。 セルライトの原因 スポンサーリンク セルライトの原因は冷え性の他にもいくつかあります。 基礎代謝の低下• 運動不足• 食生活の乱れ• 血行不良やホルモンバランスによる冷え性やむくみ これらの原因によって代謝が低下し、老廃物や体にとって不要な水分が体の外に出にくくなってしまいます。 一つ一つ詳しく見ていきましょう。 基礎代謝の低下 基礎代謝とは、体温維持や呼吸など、生きるために最低限必要なエネルギーのことです。 何もしないでじっとしていても、エネルギーは消費されています。 基礎代謝は20代から徐々に低下しはじめると言われています。 基礎代謝が低下すると筋肉量が減ります。 筋肉が少ないと細胞に十分な栄養素が行きわたることができません。 その状態が続くことでセルライトが起きるのです。 筋肉量を増やし、基礎代謝を上げることが大切です。 基礎代謝が低下する主な原因は、運動不足や睡眠不足、過度なダイエット、不規則な生活などです。 運動不足 運動不足によって基礎代謝が下がります。 基礎代謝が下がることでセルライトができやすくなってしまいます。 そのため、 運動不足を解消し、筋肉量を増やすことが大切です。 まずは「有酸素運動」をはじめてみましょう。 有酸素運動を取り入れることで筋肉量が増え、基礎代謝が上ります。 有酸素運動はウォーキングやジョギング、スクワット、ヨガなどがあります。 血行不良やホルモンバランスによる冷え性やむくみ セルライトを予防するためには冷えは大敵です。 冷え性は基礎代謝が下がってしまい、その結果脂肪燃焼の効率が悪くなります。 血液流れが悪いと代謝が低下し、セルライトが起こります。 まずは滞っている血液の流れをよくすることが大切です。 冷え性を改善するために、有酸素運動をはじめましょう。 上記でもご紹介しましたが、有酸素運動とは、ウォーキングやジョギング、スクワット、ヨガなどです。 これらの運動を取り入れることによって新陳代謝が上がり、太りにくい体質になります。 食生活の乱れ 天ぷらやスナック菓子など、脂肪分の多い高カロリーな食べ物が好きな方は要注意です。 高カロリーのものを接種し続けると脂肪が蓄積されやすくなり、血液がドロドロになる可能性が高いです。 また、塩分の多い食べ物をよく摂取される方も注意が必要です。 塩分を摂取することで体は水分を必要とし、余分な水分まで体内に滞りむくみが起きます。。 他にも、糖分の多い甘い食べ物、ビールなどのアルコールなど体の冷えるものを多く摂取される方も注意が必要です。 この機会に食生活を見直してみるといいでしょう。 セルライトは潰してはいけない!? セルライトを解消する際、セルライトは潰した方がいいという方もいらっしゃいます。 しかし!! セルライトは潰すのはNGです!! なぜなら、セルライトが出来ている場所には毛細血管やリンパ管があります。 ギュっと強く押したり、雑巾しぼりのように絞ることで、毛細血管やリンパ管まで傷つけてしまう可能性が高いのです。 潰れた細胞を収縮しようとすることで、さらに大きな脂肪細胞を作り出してしまいます。 この状態はたくさんのエネルギーを使うので、さらに基礎代謝を下げてしまいます。 それにより基礎代謝が低下し、かえってにセルライトが増えてしまう可能性が高いです。 大切な皮膚を傷めないためにも、絶対に無理にセルライトを潰すのはやめましょう! 潰さなくてもセルライトを効果的に消す方法はあります。 次の項目でご紹介します。 セルライトの効果的な消し方を徹底紹介! これまでご紹介した生活習慣を見直すだけでも十分セルライト予防や改善できます。 セルライトは出来る限り早くなくしましょう。 早ければ早いほど効果的です。 なぜなら、時間が経ってしまうと自分でセルライトを消すのは難しくなるからです。 他にもセルライトを消す方法があります。 セルライトは脂肪の塊です。 マッサージしながら手で脂肪をマッサージしていきます。 マッサージすることでセルライトを皮下脂肪から分離させていきます。 このとき、絶対に潰してはいけません。 潰すのではなく、ゆっくり揉み解していくイメージです。 温めることで血液の流れをよくしていきます。 ここには水分代謝のツボがあります。 このツボを押すことで体の老廃物を流していきましょう。 図の位置を親ゆびでぐ~っと押していきます。 5秒ほど押したらゆっくり手を離します。 これを3セット行いましょう。 太もものセルライトからいきなりマッサージするのではなく、まずはふくらはぎのリンパの詰まりを解消していきましょう。 足首の付け根から膝裏にむかって手のひらをグググ~と引き上げていきましょう。 強く行うのではなく、揉みほぐしていきます。 カッサを使っても効果的です。 このとき、力を入れすぎると皮膚に負担がかかりますので、優しく行いましょう。 10分程度行うといいでしょう。 流れた老廃物を流す効果があります。 揉み解してあげることで血液の流れがよくなり、セルライトの間に空間ができ、剥がれていきます。 セルライトのケアをすることでセルライトだけでなく、むくみが解消したり、痩せやすい体質になります。 冷え性を改善して、血行をよくしながら脂肪や老廃物を排出させましょう。 むくみを解消したい場合は、足を高くして眠る方法もあります。 エステでセルライトを除去 頑固なセルライトはご自身で消すには限界があります。 頑固なセルライトとは、何もしていなくてもボコボコが目で見えてしまう状態です。 この状態までくると、自分でセルライトを消すには限界があります。 この場合は、エステで機械を使ったりしてセルライトを取り除いていく方法があります。 プロによるセルライト除去は即効性があり、かなり高い効果が期待されます。 まとめ 生活習慣を見直すだけでもセルライトは予防、解消できます。 一度できてしまったセルライトを消すには、時間がかかりますので日頃から予防していきましょう。 また、セルライトをマッサージで消す場合も、潰すのではなくゆっくりマッサージして揉み解していきましょう。 早めの対策をして美脚を目指しましょう!•

次の