ニード フォー スピード ヒート セーブ。 ニード・フォー・スピード

【レビュー記事】『ニード・フォー・スピード ヒート』の感想と評価。ストリートレースを思う存分味わおう!

ニード フォー スピード ヒート セーブ

スピードプレイカーを発動させてスローモーション状態にし、ロードスパイクの有無、警察車両の位置を確認し、確実に避けること。 パトカーに突っ込む際は必ず後部(トランク部)へ突っ込むようにしましょう。 ど真ん中やボンネットは重いので、吹っ飛ばせずに速度が一気に落ち、場合によっては止まってしまいます。 ただし、避けられない状況で突っ込まないと抜けられない時がある筈です。 しかも、ヒートが高い時は片方にスパイク、片方に縦向きに止められたライノが居るなんてこともザラです。 更に軽い車に乗っている時等もあるでしょう。 そんなときは、スピードブレイカーを発動した状態で愛車と言う名の弾丸をブチ込んでください。 ブレイカー発動中はマシンの車重が増加し、パトカーを吹き飛ばしやすくなります。 上手くいけば、2台のパトカーを弾くことも可能です。 こっちに突っ込んでくるパトカーがいる [ナビゲーション設定] の [スタントカメラ切替] を「オン」にすると、パースートブレイカーに突入して警察車両を破壊したときに別カメラからのスロー映像に切り替わりますが、スロー映像が流れている最中の自車の動きは完全に自動になります。 場合によっては、スロー映像の最中、もしくは終わった直後にスパイクベルトを踏んで逮捕されてしまうということも。 派手な演出を楽しみたいのであれば「オン」のままで良いですが、確実に逃げ切りたい場合は「オフ」にするのが良いでしょう。 また、パースートブレイカー等のスタントカメラに変わる前にスピードブレイカーを使うと、スタントカメラに移り変わりません。 これを使うのも有りでしょう。 コース復帰ボタンを押したらいきなり逮捕された 全てを全てコンプリートすることはできません。 ショップで購入することのできる車・パーツは、お金さえあればコンプリートすることができますが、マーカー選択画面(ランカー勝利時に出てくる画面)のマーカーには、その場でのみ入手可能なライバルカー(ボーナスマーカーより選択)やパーツ(アイテムマーカーより選択)が含まれています。 例えばボーナスマーカーからライバルカーを入手したら、アイテムマーカーの限定パーツ等は入手できません。 (追記)外装系の非売品パーツはクリア後にアンロックされるとの情報があります。 ライバルカーを手に入れられなかった…… 逃すと何か悪いことある?.

次の

攻略Q&A

ニード フォー スピード ヒート セーブ

概要 [ ] ネオンが輝く町「 パームシティ」を舞台に、日中の合法レースで車やパーツなどを購入するのに使用する「 CASH」と、夜間の違法レースで名声を上げるための「 REP」の2種類のポイントを獲得していくことを目的にゲームが進行する。 本作のカバーカーは。 今作では前作に収録されていた「 ルートボックス」機能は廃止された。 また、シリーズ初のアバター機能も搭載。 開発は『ライバルズ』、『』、『』に引き続き Ghost Gamesが担当。 本作が最後となり、以降の作品の開発はが担当することになる。 尚、発売年の2019年は、シリーズの原点作『』の発売から25年が経過した年でもある。 ニードフォースピードシリーズ恒例のゲーム開始時に出てくる注意書きは今作にも存在する。 Ghost Gamesは11月19日に、本作が現世代ハードで発売されたニード・フォー・スピード シリーズで1週間でのプレイヤー数が最多になった、と発表した。 2020年6月9日に次回作の開発に専念するため、クロスプレイの実装を最後に本作のアップデートの終了を発表した。 特徴 [ ] この節のが望まれています。 昼と夜 [ ] 今作も引き続きオープンワールドだが、時間の自動経過がなくなり、代わりに昼と夜をプレイヤー自身が決めるスタイルに変更された。 セッション中 ガレージから出ている時 でもマップを開いて昼から夜に変えることが出来る 逆は不可。 昼は「スピードハンターズ・ショウダウン」と呼ばれる公式イベントに参加して、車やパーツを購入するための CASHを稼ぐことができる。 一方、夜は違法のストリートレースに参加してより高性能なマシンやパーツを購入するための名声 REP を稼ぐことができる。 このため、昼と夜では以下のような違いがある。 イベント内容の差異 昼間は公道を封鎖した公式のレースイベントでありは走行していないが、夜間は非公式の違法ストリートレースイベントとなり、一般車が普通に走行している。 また、昼間はサーキットレースが大半だが、夜間はスプリントレースが大半を占める。 警察の追跡基準 ヒートレベルの上昇具合 夜間、ヒートレベルが1以上の状態では警察に視認されるだけで追跡される。 昼でも警察車両に接触すれば追跡の対象となる。 警察の能力の差 夜間の警察は総じて能力が高く、執拗にプレイヤーに体当たりを仕掛けたり、昼間には出現しないライノユニット()、スパイクベルトを使用してくるため、より激しいカーチェイスを繰り広げる事になる。 なお、によると「警察車両がプレイヤーの車のすぐ近くに突如出現する、非現実的なスピードブーストを得るといった明らかな不正行為を見るのは嫌になってくる。 それに、時間切れになると強制的に逮捕になる逮捕タイマーは本当にひどい。 」と評価している。 ガソリンスタンドでの修理回数制限の有無 昼間は回数制限はない。 夜間はダメージを受けた状態でガソリンスタンドを通過すると修理回数が消費される。 修理回数は1回のセッション中で3回まで。 CASHやREPの獲得具合 昼はCASH、夜はREPを多く稼ぐことができる。 アバター [ ] 12人の外見の中から選んだうえで、髪型、髪色、服装が変更できる。 顔の整形をすることは出来ない。 服装にはなどの実在するブランドも登場する。 高速移動 [ ] 前作では、ガソリンスタンド、ガレージ、パーツショップ、カーディーラーで高速移動が可能だったが、今作では隠れ家及び、パーツショップ、カーディーラーのみ利用可能。 ヒートレベルが1以上になった状態では高速移動の利用は出来ない。 車のカスタマイズ [ ] シリーズ全体における特徴の一つ。 クルマの外装を変えるエアロパーツやホイールの取り付け はもちろん、前作から実装されたタイヤスモークの色の変更やアンダーネオンなどの取り付けなども可能。 シリーズ初となるエキゾーストサウンドのカスタムが実装されている。 アップグレードも充実したものとなっており、その中でもエンジンの載せ替えがシリーズで初めて可能となった。 ライブチューニング [ ] 今作ではイベント中でも使うことができる。 各パラメーターを微調整することで車の性能や挙動が変化する。 ライブチューニングでは以下の設定ができる。 ・ステアリング感度 ・ダウンフォース ・トラクション制御 ・ドリフトスタイル 登場人物 [ ] この節のが望まれています。 12人の男女の中から外見を選ぶことが可能。 また本作では喋り、フランクな人物として描写されている。 ルーカス・リベラ 演: パームシティの整備工場「リベラ・ファミリーガレージ」のオーナー。 パームシティのレーサーのメカニックとして働き、地域の新参者の溜まり場として自身のガレージを喜んで開放している。 元ストリートレーサーで「ある事情」により今は法を守って生きていくと決め、運転席には乗らなくなっている。 のんびり屋に見えて実は義理堅く、自身の家族を守るためなら何だってする。 搭乗車種は父から受け継いだカマロSS プレイヤーには再現出来ないエアロが装着された特別仕様になっている。 マーサーの計画を阻止した後はレーサーとして復帰し、アナに正式にカマロを譲った後は911カレラS 993 に乗り換える。 アナ・リベラ 演: ストリートレーサー、ルーカスの妹。 兄とは正反対の無鉄砲で頑固な性格。 クルーと夜のストリートを走り、競争相手を打ち負かすことで最高の幸せを感じる。 搭乗車種は350Z プレイヤーには再現できないエアロを装着している。 しかしある夜にショー巡査に車を押収されてしまい、ルーカスのカマロをこっそり借りてストリートレースに出るが、ショー巡査の追撃でボロボロにしてしまう。 その後、ルーカスが所有している隠れ家にあった911カレラS 993 に一時的に乗り換える。 マーサーの計画を阻止した後はプレイヤーと共にThe Leagueの一員として認められ、ルーカスから正式にカマロSSを受け継いだ。 パームシティ警察 [ ] フランク・マーサー 日本語吹き替え : 演: パームシティの警察官。 階級は、「タスクフォース」の指揮官。 搭乗車種はカーボン調のフォード・エクスプローラー 警察仕様。 公衆の前では頼れる顔を見せるカリスマ性と威厳を兼ね揃えた人物。 表向きは市民の安全を第一に非合法レースに興じるストリートレーサーを日夜取り締まっているが、逮捕したストリートレーサーに街からの追放や法外な罰金の支払いを命じるだけでなく、車を押収しては分解して裏で売りさばき、私腹を肥やしている悪徳警官という裏の顔を持つ。 ストーリー終盤で彼の悪行が世間に知れ渡ってしまい、押収したM3 GTRに乗り込み、警察からの逃走を試みるも、プレイヤーとアナの乗っていた車によって大破し失敗。 その場を引き継いだトレス巡査によって追い詰められ、射殺されたかのような描写が為されているが、後のトレスの記者会見においては「失踪宣告」が為された上での死亡扱いであり、遺体も見つかっておらず、明確な生死は描写されて居ない。 ダニー・ショー 演: パームシティの警察官。 階級は、「タスクフォース」の隊員。 搭乗車種はカーボン調のカマロZ28 警察仕様。 ナンバープレートは「NOMERCEY」。 ツーブロックの髪型とタトゥーが特徴。 マーサーに忠実で彼に認めてもらうべく何でも指示に従い、手段を選ばない。 金持ちからは喜んで賄賂を受け取り、逆らう者にはお仕置きを食らわす。 トランクには賄賂や罰金で集めた大金が積まれていたが、ある夜にプレイヤーとアナの追跡の末に大破したことでそれが散らばってしまい、周囲やマスコミに露見されたため逃走。 暫く行方を眩ませて逃亡生活を送っていたようだが、マーサーの失踪後、直接の描写はないもののアナの口から詐欺と恐喝の容疑で刑務所に収監されたことが判明する。 エヴァ・トレス 演: パームシティの女性警察官。 階級は巡査、「タスクフォース」の高官。 搭乗車種は。 自身も汚職に手を染めながらも、マーサーとショーの強引でやり過ぎとも言えるやり方には否定的な考えを持っている。 そのため、正面から彼らに挑むプレイヤーとアナにマーサーの計画を暴いて止める依頼をする。 不正な取引には決して公にせず、傍観者の立場で仕事を行うことで露出を避け、自身の立場への生き残りを図る。 マーサーの死後、後任の指揮官として彼女が抜擢されている。 パームシティのストリートレーサー [ ] 括弧内は「スピードハンターズ・ショウダウン」、通常のストリートレース時での名義 ケニー(セーブル) クルー「スピードボーイズ」のリーダー。 搭乗車種はS13顔の180SX。 ヘイリーと付き合っているが度々口喧嘩している。 ダリル(ダンテ) クルー「スピードボーイズ」のメンバー。 搭乗車種はマスタングFOX。 ジャーディン クルー「ドリームキラーズ」の女性リーダー。 搭乗車種はA45 AMG。 オスカー クルー「ドリームキラーズ」のメンバー。 搭乗車種はM3 E92。 ナリ クルー「ドリームキラーズ」の女性メンバー。 搭乗車種はランサーエボリューションIX MR。 マンタ(マテオ) The Leagueの2大トップレーサー。 搭乗車種はSRTバイパーGTS。 ヘイリー The Leagueの2大トップの女性レーサー。 搭乗車種はカマロZ28。 ケニーと付き合っているが度々口喧嘩している。 チャオ・チャオ The Leagueの女性メンバー。 搭乗車種は488GTB。 その他 [ ] ジョー 演:アンドリュー・ローレンス プレイヤーのアバターとの兼役 ベンチュラ・ベイ出身のストリートレーサーでアナのクルーメンバー。 搭乗車種はポールスター・1。 冒頭のストリートレースで警察の襲撃に遭い、ショーの攻撃で追い込まれた挙句、橋下の川に車を水没させてしまう 本人は既のところで脱出。 マーサーから街からの追放を受け、仲間のリッチーを連れて去った。 スマートフォンアプリ「」の期間限定イベント「Eclipse」でも登場 ストーリーは本作の前日譚となっている。 リッチー ベンチュラ・ベイ出身のストリートレーサーでアナのクルーメンバー。 搭乗車種はマスタングGT。 冒頭のストリートレースで警察の襲撃に遭い、レースを先に離脱。 その後ジョーと共に街を去った。 ロベルト・リベラ ルーカスとアナの父。 故人で写真のみの登場。 ガレージの先代オーナーで「ミスター・クリーン」の呼び名を持ち、カマロSSを仕上げた。 ルーカスがストリートレースで警察に捕まり、彼との電話越しで無言を押し通した直後に心臓発作で他界してしまう。 デックス ルーカスの旧友のレーサー。 搭乗車種はスカイラインGT-R BNR32。 プレイヤーに「スピードハンターズ・ショウダウン」でのパーツを賭けたレースや新コースの下見を行ったりと協力する。 ウェイン ルーカスの知り合いのドリフトドライバー。 搭乗車種はRX-7スピリットR。 レースには興味がなくドリフトに興じており、プレイヤーにドリフトの技術を教える。 出身で、昔はスノーボードをやっていたが事故で腰を痛めてしまい、数年前にパームシティを訪れた。 ロシーニ ポートマーフィーを拠点とするスクラップ業者。 ベンチュラ・ベイ出身。 搭乗車種はコロラドZR2。 ルーカスのカマロの修復用のグリルを所持しているため、それを賭けてプレイヤーと部下とのオフロードレースで対決する。 ハッキングにも長けており、主人公の逆探知レーダーを使い情報を収集している。 そのため去年からに追われ、オフロードレースの腕試しとしてパームシティを訪れた。 彼女のレースシナリオ中では全く描写が存在しなかったが、フリーローム中の主人公との電話のやり取りから、レズビアンである事が示唆されている。 オデル ロシーニの部下。 搭乗車種はC10。 ラジエル ポートマーフィーを拠点とする地下のマシンディーラー。 素顔は不明。 プレイヤーにマシンの報酬と引き換えに様々な任務を依頼する。 登場車両 [ ] 前作『ペイバック』に引き続き製の車は一切収録されていないが、が前々作『NFS2015』以来の収録となる。 またの1932 Ford RoadsterとBeck Kustoms F132は本作から削除された。 一部の車両はエアロパーツの変更が不可能で、タイヤ、カラー、ラップのみドレスアップが可能。 それによりガレージやディーラーではドレスアップのレーティングが設けられるようになった。 メーカー 車両 年式 カテゴリー 備考欄 2017 スポーツカー 2004 クーペ 2016 パフォーマンス 1964 クラシック 2017 スポーツカー 2016 ハイパーカー 2019 スーパーカー 2017 パフォーマンス 2018 オープントップ 2019 オープントップ 2018 パフォーマンス 2019 パフォーマンス M4 GTS 2016 パフォーマンス エアロ交換不可 Legends Edition 2006 クーペ レーザー Most Wanted 仕様 ドレスアップ不可 M4 Convertible 2017 オープントップ i8 Coupe 2018 スポーツカー i8 Coupe K. S Edition 2018 スポーツカー ドレスアップ不可 M3 E46 2006 クーペ M3 Evolution II E30 1988 パフォーマンス 初期マシン M3 E92 2010 パフォーマンス 2018 パフォーマンス 2016 SUV 1987 マッスル 2019 スポーツカー エアロ交換不可 Corvette Grand Sport C7 2017 スポーツカー パームシティの車両 Corvette Grand Sport C7 K. S Edition 2018 クーペ Deluxe Edition特典 ドレスアップ不可 2017 スポーツカー エアロ交換不可 GT S Roadster 2019 オープントップ 2017 SUV GT 2015 スポーツカー 2016 ホットハッチ () 1967 クラシック 2017 ホットハッチ 2008 ラリー Lancer Evolution X K. S Edition 2008 ラリー Deluxe Edition特典 ドレスアップ不可 Lancer Evolution X K. S Playstation Edition 2008 ラリー PS4初回特典 ドレスアップ不可 Lancer Evolution X K. S Xbox Edition 2008 ラリー XBOX初回特典 ドレスアップ不可 Lancer Evolution X K. 2 2018 スポーツカー 911 Carrera GTS Cabriolet 991. 2 2018 オープントップ 911 Targa 4 GTS 991. 2 2018 スポーツカー 2018 スポーツカー 911 Turbo S Exclusive Series 991 2018 スポーツカー エアロ交換不可 911 Turbo S Exclusive Series Cabriolet 991 2018 オープントップ エアロ交換不可 911 Carrera RSR 2. NPC専用。 前作まで走行していたFord Explorer及びFord Crown Victoriaのタクシーは登場しない。 BMW 2007年• BMW 2006年• Ford 2013年• Chevrolet 2006年• 2009年• GMC 2019年• Dodge 2007年• Infiniti 2005年 パトカー [ ] パーム・シティの車両。 NPC専用。 車種は共通しているが、昼は交通課、夜はタスクフォースの車両が巡回する為、カラーリングが異なる。 また、ライノユニットである装甲車はタスクフォースのみが使用する為、昼間には出現しない。 同様に、スパイクベルトもタスクフォースのみの使用で昼間には設置されない。 Chevrolet Camaro Z28 Shaw 2014年• Chevrolet Corvette Grand Sport C7 2017年• Dodge 2012年• Ford 2008年• Ford Explorer Police Interceptor Utility 2013年• Ford Explorer Police Interceptor Utility Mercer 2013年• Rhino Armored Truck EA TRAX [ ] 本作は昼と夜によって選曲が変わる。 またガレージでのみ流れるトラックも存在。 feat. - Momma I Hit a Lick• Alvaro Diaz - Pro• Anna Lunoe - 303• Bear Grillz ft. Bok Nero - Don't Stop Get It• BJ the Chicago Kid ft. Offset - Worryin Bout• Blac Youngsta - So What• BlocBoy JB - Mercedes• BlumBros x MAKJ - LS6• Systema Solar - Carnavalera• Bomby, Apache - Con Mucho Son• Bonobo - Linked• Bumbasee - Tooth And Nail ONEDUO Remix• Burna Boy - Collateral Damage• Kabaka Pyramid - Murder Music• DeeWunn and Leo Justi - Back It Up, Drop It• Denzel Curry ft. - BIRDZ• - Bubble Up• Eve ft. Konshens - Reload• Brother Leo - LIITA• Gente de Zona ft. El Micha - Hazle Completo El Cuento• Gente de Zona ft. Gloria Groove - Coisa Boa• Impish - Hive• - Tu Manera• Savage - Turn Up• King Of The Rollers - Guiter Track• KLTR - Levantate• Logic ft. Machine Gun Kelly - el Diablo• Melii ft. Odalys - Copy• MNKYBSNSS - Otro Lugar• Mustard ft. Kidd Keem - Man's First Inhibition• NVDES - Rock And Roll• Play-N-Skillz - Pegadito• Radamiz ft. Sa-Roc - Goddess Gang• SOFI TUKKER - Swing• The Tribe Of Good - Turning It Up For The Sunshine Friend Within Remix• - Fading• Toro y Moi - Ordinary Pleasure• TroyBoi - Say Yeah• Tycho - Easy• Valentino Khan x Kayzo - Novocaine• Whiney ft. Kwam - Doin' It For Time アップデート [ ] この節のが望まれています。 2020年1月28日 製、製、製ステアリングコントローラーへの対応。 チャットホイールの実装。 有料アイテム・マップキーの追加。 QOL改善、その他不具合の修正• 2020年3月3日 新イベント「ブラックマーケットデリバリー」追加。 新車種にAston Martin DB11 VolanteとMcLaren F1追加 F1は有料。 QOL改善、その他不具合の修正• 2020年6月9日 本作最後のアップデート。 クロスプレイの実装。 日本語吹き替え声優 [ ]• 岡本幸輔• Arika Aizawa• 横田大輔• 塙英子• 鈴宮早織• 渡部俊樹• NFS Heat Studio [ ] 本作の発売に先立って、向けに無料で配信されたモバイルアプリである。 このアプリでは本作に収録されるクルマの大部分を収録し、そのクルマに対してペイント、パーツのカスタム、ラップ デカール の貼り付け、車高の上げ下げやキャンバー角の調整を行うことができる。 このアプリで作成したクルマは本編のガレージから反映させることが可能。 注釈 [ ]• なお、ここで装着されているエアロは装着できないが、アップデートでHero Editionとして追加された。 足回りのカスタムしかできない車もある。 疑似覆面パトカー「ゴースト」仕様と思われる• 通常のパネルトラックに加え、救急車と積載車のバリエーションが登場する。 通常ゲームプレイには一切登場しないが、データ上には交通課、タスクフォース両方のカラーリングのものが存在している 脚注 [ ] []• ファミ通公式サイト• 2019年8月21日閲覧。 IGN Japan 2019年11月27日. 2020年5月10日閲覧。 Yamanaka, Taijiro 2019年11月21日. AUTOMATON. 2020年5月10日閲覧。 IGN Japan 2020年6月9日. 2020年6月9日閲覧。 株式会社インプレス 2019年11月15日. GAME Watch. 2020年5月10日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• この項目は、に関連した です。

次の

ニード・フォー・スピード ヒート トロフィー攻略 アクティビティの場所 in ポートマーフィー

ニード フォー スピード ヒート セーブ

もくじ• ニードフォースピードヒートの特徴 昼は合法、夜は非合法 昼夜で別々のレースが用意されています。 REP 名声 を稼ぐ 夜レースでREPを上げて、レース、マシン、カスタムを解除。 それを昼レースで稼いだ金で買う。 REP上げとキャッシュ稼ぎ、昼と夜のいったりきたりで進行します。 以下のように、昼夜でシステムが非対称です。 非対称なのは、夜レースの仕様が特殊なため。 詳しくは次の章で解説。 ・ファストトラベル 昼は発見済のガレージやショップにファストトラベル可能。 夜は「ヒートレベル」が0のときだけ可能。 つまり夜はほぼ使えません。 レース開始地点にはファストトラベルできないので、自走で行きます。 面倒くさいという意見もあるけど、全部ファストトラベルできたらオープンマップの意味がないわけで。 自走距離は適度なのでイラつくことは無いかと。 最新のグラフィック 映画っぽい画作り。 前前作「2015」に近いフォトグラフィック。 ポストエフェクト山盛りでエモい仕上がりです。 それに加え、ネオンをイメージじた半透明UIがオシャレ。 夜限定の「2015」と違い、昼も走れるのが本作の凄いところ。 モストウォンテッド時代のNFSが「2015」以上のグラフィックで遊べる感じです。 密度の高いマップ マップは架空の地域、パームシティー。 イメージはマイアミ。 正直、プレイ開始直後は「パッとしないな」と思いました。 広くもなく、派手さも無いので。 でも走れば走るほど、 過去作を超える作り込みが実感できます。 というのも、マップの密度が高い。 都市、工場地帯、ロケット発射場、港など、どこかで見たようなエリアが全部入ってる。 それら全エリアに色んな物がギュウギュウに詰め込まれています。 どこでも走れるのはもちろん、壊せるオブジェクトが沢山。 柵からガソリンスタンドまで、たいていの障害物はスピードを維持して壊せるのが楽しいです。 「」のように立木やトラクターに激突してスピード0にはならず、積み木のようにボコボコボコ~と崩せる。 天候&時間の変化もあり、マップが表情を変えます。 昼は朝~夕と表情が変化。 昼夜問わず降る雨の水滴、路面のテカりが美しい。 ・最新のグラフィック ・密度の高いマップ ・変化する天候&時間帯 この組み合わせにより、 過去最高のゴージャスなNFSを堪能できます。 夜限定かつ何も無い場所が広がる「2015」の峠や高速、「ペイバック」の岩場や平原から数段パワーアップした印象です。 「ペイバック」に引き続き、ラリーのようなオフロードが走れます。 もちろんドリフトイベントも健在。 大味な挙動 挙動を一言でいうと大味。 カーレースというよりカーアクション。 やたらとクネクネする道で一般車を避け、警察との激しいバトルを楽しむにはこの大味さがちょうど良いです。 マジメにタイムを競うようなゲームではないので、オートマでかっ飛ばしガシガシぶつけりゃ良い。 「ペイバック」の反省か、チェックポイント判定がユルいのも嬉しい。 どう見ても通ってないのに通過扱いにしてくれます。 ラインを外しても致命傷にならないのでラフに走れるし、反則的ショートカットが可能。 ブレーキやサイド引いて曲げるのもアリ リッジレーサーみたいな感じです。 でもリッジと違い、滑るほど遅い。 ドリフトが遅いのは、車を複数台用意させるためでしょう。 「2015」のようにドリフト仕様車で全イベントこなせると味気ないので。 プレイ中、ほぼアクセル R2 ベタ踏みなので指が疲れます。 握力の限界がプレイの限界。 キー設定させてくれ~ その他 前作「ペイバック」は、 ・チューニングがガチャ ・車をカテゴリ別に用意する必要があるため常に金欠 ・主人公3人が切り替わる など、少々ややこしい仕様でした。 特にガチャ要素が不評。 その辺、本作はシンプルです。 嬉しい追加要素もあります。 アバターはムービーに反映されます。 髪型や服装を変更可能。 実はキャラモデル自体、ゲーム開始後に変更できます。 レースの報酬でレアパーツを入手。 ・エンジン換装 実装はPS4作品初。 過去作にあったかは忘れた クリアするだけなら使わないけど、やり込み派には嬉しい要素。 ・フェラーリ、トヨタ復活 フェラーリが入るだけで車のラインナップが一気に華やかになりますね。 夜レースのギャンブル性にハマる ネオンを前面に出したパッケージからわかるように、本作の目玉は夜。 大味な挙動とテキトーなコースなので昼レースは単調です。 対向車と警察でイライラする夜レースこそ本作の醍醐味。 夜レース最大の敵は対向車。 なるべく右側通行して避けたいところ。 でもクネクネと曲がり続けるレースではそうもいかない。 てか一般車とのスピード差が200km超えるので追突でも大惨事になります。 さらに、 警察とのバトルがPS4作品の中で最高にハード。 命がけで非合法レースを取り締まる警察は、本気でプレイヤー車をスクラップにするつもりです。 ただハードなだけはありません。 夜のREP稼ぎはギャンブル性があるから熱い。 夜の非合法レースのスリルを、報酬が増減するリスクリターンで表現しています。 レース後や、警察に追跡されると「ヒートレベル」が上昇。 ヒートレベル=REPの倍率です。 ヒートレベルを最大の5まで上げると、もらえるREPが5倍!2万ポイントが10万ポイントにはね上がる! 反面、ヒートレベルが上がると警察の追跡が激しくなります。 捕まるとヒートレベルを1にされた上、頑張って昼に稼いだお金まで没収で大惨事。 「 REPポイントが確定するのはガレージに帰ったとき」 この仕様も重要。 レースに勝ってポイントを稼ぎ、警察と絡んでヒートレベル=倍率を上げても、ガレージに帰るまでに捕まると全てが水の泡になります。 ようするに、 ヒートレベルを上げるのはハイリスクハイリターンなギャンブル。 強烈なリスクリターンの味つけが効いてます。 車には耐久ゲージがあり、衝突するとダメージを受けます。 車のダメージが限界を超えて大破しても逮捕扱い。 よって警察にアタックしまくるのは無謀です。 必死で逃げるしかない。 ダメージはガソリンスタンド通過で回復 3回まで。 本作をプレイすると、夜に光り輝くガソリンスタンドが神に見えます。 REPをガッツリ溜め込んでから捕まると、立ち直れないほどの精神的ダメージを受けます。 苦労して解放したヒートレース95%到達から一般車と衝突、さらに壁に直行のコンボで大破したときの悔しさといったら。 ギャンブル中毒な悔しさで、プレイをやめられない止まらない。 頭がヒートして、タイトル「NFSヒート」の意味がわかります。 しつこい警察と稼ぎのギャンブル性は賛否が分かれるところ。 「2015」「ペイバック」に比べると万人にはおすすめしにくい、昔ながらのNFSが好きな人向けの作風です。 警察は無限に湧いて、ベイブレードのようなキレた挙動で突っ込んできます。 いくらクネクネ走って、Uターンしても磁石のようにくっついてくる。 まるで追尾ミサイル。 インチキブーストで追いつかれ、いつの間にか囲まれ、車体をゴリゴリ押しつけられて、どうしようもない。 警察が苦手とするジャンプ台、引き離せる直線もガソリンスタンドも無いエリアだと詰みます。 「理不尽に警察に追い回されるのがストレス」な方には不向き。 最初に選んだ車 日産180SX をテキトーにチューンするだけでクリア。 効率良く稼げば5時間ぐらいでクリアできそう。 「2015」の濃厚な実写ムービー、「ペイバック」の復讐劇に比べると見劣りします。 ストーリーが薄いせいでクリアまで「ただ稼ぐだけ」になり、作業感が強い。 この薄味は、 無個性なアバター主人公の弊害といえます。 僕はアバターのカスタムに興味が無いので、「ストーリーを薄味にしてまで車ゲーの主人公をアバターにする意味あるか?」と疑問です。 ロードが気になる場面は以下の3つ。 でもまあ許せる範囲。 ゲームの面白さを損ねるほどではないかと。 車の強化が進めば警察と延々絡めるので、ガレージに戻る機会は減ります。 とはいえ、 ・2位以下でもけっこうポイント 金、REP がもらえる ・レースクリア直後にリトライすると、クリア分のポイントがもらえる この仕様により、走り切るメリットが大きいからリトライの必要性は低いです。 勝利にこだわらなければリトライのロードでモタつくことは少ないかと。 最大の難点は、前述の通り R2押しっぱで人差し指の握力&トリガーのバネが消耗することです。 それに比べたら、上記の2点なんて取るに足らない。 オマケ攻略:効率の良い稼ぎ方 最後にちょっとした攻略を。 効率の良い、REP&お金の稼ぎ方を紹介します。 警察はジャンプが苦手。 100%失敗する。 よってジャンプ台があれば簡単に逃げ切れるので、ジャンプ台周辺を拠点にするとヒートレベル上げが安定します。 おすすめは北東エリア。 上画像を参照 川を挟んだジャンプ台を跳べばパトカーが次々と川へ落ちます。 北側のガソリンスタンドを利用しながら川の周辺をグルグルしてヒート5まで上げて、北側ガレージに抜ける。 これで逃げ切り安定。 2、3回レースで勝った後、ヒート5まで上げて帰宅すればREP10万ぐらいは簡単に稼げます。 さらに稼ぎたい場合は、ヒートレベルを上げた後「ヒートレース」へ。 参加条件:ヒートレベル3~ ヒートレースはREPとお金が両方もらえます。 問題はヒートレース後、追ってくる警察からどうやって逃げるか。 対策は、 ・アクティブスキル「修理」+パッシブスキル「レーダー妨害」を装備 ・頑張ってジャンプ台まで走る、立体駐車場に隠れる どれも確実とはいえません。 スーパーカーを入手すれば最高速で引き離せます。 良い車を入手するまでは根性と運! 反則的なやり方が色々あるようなので、楽に稼ぎたい方はyoutube動画を漁ると良いかと。 まとめ:懐かしい悔しさと熱さ=ヒート シリーズ集大成といえる出来。 新規プレイヤー向けというより、PS2「モストウォンテッド」あたりの時代を知るシリーズファン向け。 最新グラフィックが楽しめる一方で、懐かしい悔しさと熱さがあります。 大味な挙動で警察と激しく競り、あげく捕まると頭がヒート。 大学時代に「NFSカーボン」でひたすら警察とバトルした日々を思い出しました。 目新しさはなくストーリーは薄味だけど、NFSシリーズファンなら存分に楽しめる良作です。 そんな本作がいまいち話題にならないのは前2作、「2015」「ペイバック」のせいでしょう。 どちらも、ストーリーが楽しめて新規プレイヤーが遊びやすい良作。 なのにセール時は800円になっちゃう。 一方、本作は6000円。 この圧倒的コスパ差では、本作を推しにくい。 でも過去作の良いところを集めたPS4最後にふさわしい作品なのは間違いないので、予算に余裕があればぜひ。

次の