キムチ 焼きそば レシピ。 キムチを使って作るアレンジレシピ

キムチを使って作るアレンジレシピ

キムチ 焼きそば レシピ

豚肉とキムチを使った料理といえば、まずはもちろん、シンプルに炒めあわせた豚キムチ。 それからこれを煮込めばキムチチゲになるし、ご飯を入れて炒めれば、キムチチャーハンになるわけだ。 だったら中華麺を入れて炒めれば「キムチ焼きそば」になると思うところなのだが、これまでお目にかかったことがなかった。 しかし作ってみれば、ウマイことは知れた話だ。 要はキムチチャーハンのご飯のかわりに、ただ中華麺を入れるというだけの話。 中華麺を炒めるには汁気が必要なので、チャーハンの時よりは、酒を多めに使ったらいいと思う。 キムチ焼きそばの作り方 キムチと肉はじっくりと弱火で炒め、麺を入れてからはちょっと火を強くする。 といっても、そうそうは失敗しないと思うので、とりあえずは思った通りに作ってみるのもおすすめだ。 フライパンに、• ゴマ油 大さじ1• ニンニク 1かけ (みじん切り)• 豆板醤 小さじ1 を入れて弱火にかけ、2~3分じっくり炒めて味をひき出す。 豚肉 50~100グラム• キムチ 豚肉と見た目同量 を入れて、さらに5分くらい、弱火でじっくり炒めてキムチの味をしっかり引き出す。 酒 大さじ2• みりん 小さじ1• 薄口醤油 小さじ1• コショウ 1~2振り を入れ、1~2分炒めて味をなじませたら、焼きそば用中華麺・1人前を入れて、中火にする。 箸でほぐしながら2~3分よく炒め、味をみて塩加減をして、ニラ・4分の1束(ざく切り)を加え、2~3混ぜしてニラがしんなりしたら、火を止める。 マジで普通にウマイすよ 好みで粗挽きコショウをかけて食べる。 いやこれマジで、普通にうまいっすよ。

次の

HPゼロでも作れるのに呆れるほど旨い!!!【豚キムチ焼きそば】

キムチ 焼きそば レシピ

キムチは韓国が発祥の漬物で、白菜・塩・唐辛子・にんにくなどを使っています。 日本で作られている和風キムチは浅漬けに調味液を使ってキムチ風に仕上げて、日本人の口に合うように作られています。 韓国式のキムチは魚介の塩辛が発酵したものを使用しているため、独特の発酵臭があります。 キムチはそのまま食べるのはもちろん、スープや炒め物にもよく合いピザの具材にも使われて洋風の料理にも使われます。 キムチは発酵食品なので体によく、キムチに含まれる乳酸菌はヨーグルトの100倍と言われています。 好き嫌いが分かれるキムチですが、体にいい栄養素を多く含んでいるのでぜひ料理に取り入れましょう。 この記事では、「キムチ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 お箸が止まらないおいしさの、キムチとニラのチヂミのレシピ。 作り方はボウルにチヂミ粉入れてしっかり混ぜて、ニラとキムチをカットします。 生地の半分と、ニラとキムチの半分の量を混ぜます。 フライパンに胡麻油を熱し、生地を入れて広げて両面がカリッと焼けたら完成です。 失敗しない味付けで、キムチとニラが絶妙にマッチしています。 お酒のおつまみにもぴったりの一品。 キムチは発酵食品です。 様々な栄養が豊富に含まれています。 キムチにはダイエット効果があります。 唐辛子の成分であるカプサイシンが脂肪を燃焼する効果があります。 また食物繊維が豊富に含まれているため便秘解消にも効果的です。 キムチは発酵食品ですので乳酸菌が含まれています。 キムチの漬け汁にも乳酸菌が含まれていますので汁ごと料理に使うと良いです。 キムチは辛くてクセになる食材です。 そのままでもおいしく召し上がることができますが、炒め物や鍋などの煮込み料理などにもよく合う食品です。 中でも煮るレシピは豊富にありますのでおすすめです。 この記事では、「キムチ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 キムチは朝鮮半島の保存食であり、厳寒期に備えて作られるようになりました。 白菜などの野菜・唐辛子・にんにく・魚介塩辛などを使った発酵食品で、独特の臭いと味がするため好き嫌いが分かれることもあります。 唐辛子を大量に使っているためかなり辛く、乳酸発酵による酸味とうま味がご飯によく合います。 キムチに含まれる乳酸菌は、腸内の善玉菌を増やして腸内環境を整える効果があります。 その他にもビタミンB群や食物繊維も豊富で、体にいい栄養素を多く含んでいるのでぜひ毎日の食事に取り入れたい食材です。 豚キムチやキムチ鍋などキムチを使った人気料理も多く、和の食材だけでなくチーズやマヨネーズなどともよく合い、色々なアレンジを楽しめるのも魅力です。 この記事では、「キムチ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 日本でも今や一般的に食べられるキムチ。 キムチには乳酸菌が豊富に含まれていますが、キムチの乳酸菌は植物性乳酸菌で、動物性乳酸菌よりも酸に強く、胃を通り抜けて生きたまま腸に届きやすいという利点があります。 そのため腸の善玉菌を増やして、腸内環境を整える効果があるんです。 腸の調子と免疫力は関係するため、腸内環境が良ければ、免疫力保持につながります。 また、糖質や脂質の代謝を促すビタミンBや整腸作用のある食物繊維も多く含まれているので、ダイエットや便秘に悩む人にはおすすめです。 生で食べられるキムチは、サラダにトッピングするのもおすすめです。 マンネリしがちなサラダに、ほど良いアレンジを効かせてくれます。 この記事では、「キムチ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:サラダ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 キムチは白菜などの野菜を塩漬けして唐辛子や香味野菜などで漬け込み発酵させた食品です。 唐辛子の辛味が特徴的で、そのまま食べるのはもちろん、寒い冬には鍋やスープに入れて食べると体も温まりますよね。 キムチに含まれる乳酸菌は植物性の乳酸菌で、胃酸に強く生きたまま腸に届くことから、腸内環境を整えてくれる作用が知られています。 熱にも強いとされていますが、生きた菌を体内に取り入れるにはなるべく50度を超えない調理方法をおすすめします。 キムチと他の野菜を併せ腸活にチャレンジしてみてくださいね。 この記事では、「キムチ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 キムチは漬物のひとつであり、野菜の塩漬けを意味する「沈菜(チムチェ)」という言葉からきています。 日本ではあまりなじみがありませんが、韓国ではキムチを保存する冷蔵庫があります。 キムチを作る時に欠かせない唐辛子には、辛み成分の「カプサイシン」が含まれています。 また主材料のひとつでもあるニンニクは、アリシンという匂い成分が含まれており、キムチが発酵する過程でビタミンB1と結びつき、アリチアミンになります。 このアリチアミンには、筋肉疲労を回復させる作用があります。 キムチは保存のきく発酵食品でもあるので、腸内環境を整える乳酸菌も含まれています。 キムチを色々な材料と組み合わせ、キムチ料理を楽しんでください。 この記事では、「キムチ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:あえる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 チーズケーキは、ケーキの中でも代表格の1つ。 プレゼントや手土産としても人気ですよね。 大きく3種類の作り方があるチーズケーキですが、その歴史は古く、なんと古代ギリシャまでさかのぼります。 日本でポピュラーになったのは、1960年代。 クリームチーズが発売され、冷蔵庫の普及とともに、チーズケーキが家庭でも親しまれるようになりました。 この記事では、チーズケーキの基礎知識から始まり、チーズケーキの種類、チーズケーキのコツに加え、ベイクドチーズケーキ、レアチーズケーキ、スフレチーズケーキ、スティックチーズケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 パンケーキは、ヨーロッパ発祥の食べ物で、小麦粉に、卵や牛乳、砂糖、ベーキングパウダー等を加え、鉄板等で焼いた料理です。 日本では長年ホットケーキの名で親しまれてきました。 近年は、カフェのようなパンケーキを家でも作りたいという方が増え、レシピ数も非常に多いので、どの作り方が良いのか迷ってしまいますよね。 この記事では、パンケーキの基礎知識に加え、基本のパンケーキ、ふわふわパンケーキ、厚焼きパンケーキ、もちもちパンケーキ、和風パンケーキ、お食事パンケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

次の

キムチ焼きそば 、 賄い、つまみに大活躍!

キムチ 焼きそば レシピ

こんにちは~筋肉料理人です! きょうの料理は私の賄い、そしてビールのつまみに作ったりもする、キムチ焼きそばです。 焼きそばって、それだけで食事にもなるし、ほんのちょっとスパイシーに作ればビールのつまみにもバッチリ美味しいです 自宅で焼きそばをつくる時、私は普通にを使ったり、をアレンジしたり、を使ってみたりと、色々なバリエーションで作りますが、蒸し麺の中華麺と粉末ソースがセットになった、市販の焼きそばを使うことが一番多いです。 スーパーで3食セット売ってる、お手頃価格のアレです!お値段安く、中華麺なので日持ちがするから、冷蔵庫に入ってる確率が高いです。 買ってきて忘れた頃でも大丈ってのが嬉しい。 中華麺が日持ちするのは、中華麺をつくる時に使うカンスイの効果で、カンスイのアルカリが長持ちさせてくれてるんじゃ無いかなと思います。 若い頃はこれを2人分、野菜なしとか食べたましたが、今はほんの少し体のことを考えるようになったので、野菜でカサ増しして1人分を食べてます。 それで満足できるようになったのは、年を取ったからかな・・・・ って事で、早速、レシピを紹介させてもらいます。 2)フライパンにサラダ油を入れて中火にかけ、豚こま肉と冷凍むきエビを炒めましょう。 冷凍むきエビは凍ったまま入れて大丈夫です。 豚こま肉の色が変わってきたら、白菜キムチを加えて炒めます。 3)白菜キムチの水分が飛んできたら、もやし、電子レンジで温めた焼きそば麺を加え、付属の粉末ソースをふりかけます。 日本酒、キムチの汁をかけてほぐしながら炒めましょう。 麺をほぐしながら炒め、全体が馴染んできたら味見します。 薄い時はキムチの汁を加えて味を調えます。 頃合いになったら皿に盛り付けましょう。 キムチ焼きそばの完成です~上の写真では彩りにパクチーを散らしています。 パクチーの代わりにニラを一緒に炒めたり、仕上げに刻みねぎ、青のりでも構いません。 味は白菜キムチの旨味がしっかり入って美味しいです。 ピリ辛で旨味があるので、ご飯もビールもいけます。 このレシピでは日本人向けの白菜キムチを使っています。 本場風のキムチを使う時は、砂糖を少し加え、甘味を入れてつくると美味しいですよ。 キムチ焼きそば、賄いにも、おつまみにもおすすめです。

次の